• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かわらのジョナのブログ一覧

2018年11月21日 イイね!

紆余曲折

2012年、1992年車を2003年に購入し9年乗ったトゥデイが
普段使用には不具合が発生しつつあった。
嫁「みっちマン」のペーパードライバーの解消を目的に、
車輌の入替えを検討する事となった。

といっても、車輌への拘りが強い二人。

二人が出した条件として…
AT車、4ドア車、FF、安っぽく感じない、
(出来れば)車高は低め、ターボ、軽自動車…

みっちマンの要望から、中古車からの選択。
テレビ局タイアップの中古車イベント行ったら、
まんまと談笑している様子がニュースで流れていた(笑)

みっちマンの一択で名前が挙がったのが
「JB7 ライフディーバターボ・ブラックアメジストパール」
(写真はNA)

インテークのバルジがお好みだそうで。色も「紫」のやつ…と。
前期型のDターボは、我が親父が乗っているからワタシ的に却下。
音も静かだし、このサイズとしては車高も1.6m無いし、まぁいいかと。

次にワタシの希望「HG21S セルボSR」

車高がまずまず低く(153.5cm)、全体的な纏まり、バランスも良い感じ。
しかし、この時既に新車販売は終了しており、
販売台数も決して多く無い為、玉探しに難航。

次もワタシの希望「L405S ソニカRS」

これは更に車高が低く(147cm)、プロポーション的にもワタシ好み。
軽にしては高級な作りらしく、申し分ないとは思いましたが、
何せこれも更に売れていない車で、この時既に生産終了。
従ってコレも同じく難航。

後に知り合うN-ONE乗り→S660の某氏もソニカオーナーということで、
やはり目の付け所が…それ位イイ車(のハズ)


ワタシの希望したDとSの方は、グレード的に厳しく、
ライフは色指定までしなければ玉はありましたが、
そこは拘りが…ね。で、結局暗礁に。

(当時新型)JC1ライフディーバ

これも新車でしたが視野に入れたものの、ビミョウだと言うし。


そんな時に野望が…
古い車をレストアして乗る…

「JA5トゥデイ」テクノロジカル仕様。
但しMTでは無く3AT。
しかし、100万もの金掛けて、
結局趣味車は流石にダメだろうと諦め…

結局、紆余曲折しながら現在に至る訳です。
未だに見かけると、セルボ、ソニカ、トゥデイ…イイ塩梅で。
特に…トゥデイ(笑)
Posted at 2018/11/21 22:21:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車輌 | 日記
2018年11月12日 イイね!

N-ONEでモータースポーツ

2013年に購入し、速攻ジムカーナ始めた「N-ONE」ですが、
もう6シーズンも戦ってきました。

ノーマルでは厳しいことを悟り、速攻車高調を導入した2013年でしたが、
この頃はまだ「N-ONEレース」なるモノも始まっておらず、車高調はストリート用のみ。
ノーマルに毛が生えた位の手探り状態の1年。

そこでボチボチ軌道に乗り始めた2年目(2014シーズン)から振り返って見ようかと。

2014シーズンは、タイヤ・ホイールを15インチ化、待望の「TE37」投入、
タイヤはスポーツライクに振ったつもりで、TOYO DRB NITTO830を投入、
ブレーキパッド変更、キャンバーをチョッと付けて挑みました。
今時の車、水温計も無い為、水温管理の為、水温計とエアダクトも導入。
進化はしたと思いますが、タイヤが厳しかったのが本音。
N-ONEでですら、効かないのが分かる位。
JMRC東北戦シリーズを追い、裏技で準優勝でしたが、
N-ONE的にはマダマダ発展途上だった事が、動画で証明できると思います。

JMRC東北戦「SUGO」513



2015シーズン。メカニカル的にバージョンアップを図る意味で、
シートをノーマルから、EK9用のレカロ化。プラグもレーシングを投入。
吸気系の見直し、フジツボのN-ONEレース用マフラーを投入。
タイヤはレースでも使用されて結果の出ていた「ECOPIA」投入するも、壁にぶち当たる結果に。
コーナーのロール、タイヤのヨレ、加速のタイムラグ…これらの緩和は徐々に進んできました。
それでも、立ち上がり加速は、コーナーリングからの流れの悪さで、パッとしない現実。
動画でもあからさまに感じます。
もてぎジムカーナシリーズでチャンピオンにはなったものの、まだまだ課題の残る状況。

「2015切谷内ジムカーナシリーズ」179



2016シーズン。そこで大幅な見直しに着手。
クスコストリートショックでは現在行っていないという「減衰調整とストローク加工」を
政治的手法(笑)で実施。バネレートは4kg→7kgへ。
バネも今話題の「KYB」へ。これがワタシの好むフィーリングにマッチ。
リアスタビの追加、タイヤも待望だったスポーティタイヤ「ポテンザRE003」を投入。
大幅な変化を得ました。走りもようやく安定した感じ。

「2016切谷内ジムカーナシリーズ」190



2017シーズンは5年目という事もあり、OH的な意味合いもありSPOON製品で引締めを実施。
先ずは「リジカラ」目に見張る様な変化は無いものの、全体的に引き締まった感。
バッテリーやエアクリーナーも新調。タイヤは前年のRE003に復活のPlaysでバランスは良好。
極端な事はしていませんが、確実的に走行リズムは良くなってきている感触。

「2017切谷内ジムカーナシリーズ」111



2018シーズン。メカニカル的な改良は全く行わず、
RE003に替わり導入したのが「ADVANフレバV701」とPlaysの組み合わせ。
ここで完全ラベリングに基づいた「4輪Ecoタイヤ化」
他車に比べると、全てにおいて確実に不利な条件ですが、それでもまぁ
何とかそこそこの結果だったのがN-ONEの凄いところで。

ジムカーナ桃豚カップ「新協和カートランド」113


タイヤのお陰か、雨でも不安定な挙動はあまり無く、この車高でも不安要素は少ない。
でも、絶対的に頂点に行くのは無理なのは現実の話。
といっても、今の生活条件的には、これしかダメな状況なので、
少し来シーズンは何か施してみようかな。
Posted at 2018/11/12 22:37:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | N-ONEでモータースポーツ | 日記
2018年11月02日 イイね!

正真正銘の「R-Eco」

R-Eco…ざっくりした規定は、
①FF/FR車で、1,600cc以下の無過給、排ガス規制
平成10、12、17年の適合認定を受けたガソリンエンジン車輌。

②RV車輌。

③ディーゼル車輌。

④モーターを使用している車輌。

⑤年式・排ガス規制を問わず無過給の軽自動車。

我が家のN-ONE、①と⑤には該当せず、③④も勿論該当しない。
だからといって他のクラス(インテグラやシビックのクラス)も有り得ない。
で、②に掛けてみたJAFカップ。
そう、N-ONEは車検証上「箱型」では無く『ステーションワゴン』なのです。
ステーションワゴン=RVなら可能かと。
結局問題無く通して頂け、無事に参加出来ました。

某ダートラチャンピオンとも話しましたが、
2ペダルで、サイドも「足」なんだから、このクラスで問題無いだろう…と。

おまけに、我が家のタイヤは「BSプレイズ」「YHフレバ」という、
ラベリング上「エコタイヤ」を使用だし。

今回のJAFカップでは、金曜の練習会で4本走行し、
前日の公開練習で2本、当日本番2本走行と、
計8本走行し、終わってみたら、
何と!実燃費20.25km/Lを記録。

実際自分自身でもこの数値実は驚いた。
給油もセルフで行ったから、殆ど給油口ナミナミ(28.70L給油)

正しく「エコ」以外の何物でもないだろう ( `ー´)ノ

まぁ、ハイグリップタイヤを履いたら、
更にタイムが伸びる訳でも無いからEcoタイヤな訳だが、
全体結果で前回も書いたが、自身のタイムの2秒以内に
9台(自身含む)いるのは、かなり快挙だと思われる。

そう考えると、キャストスポーツは勿論、
ワゴンRやムーブ、N-WGNやデイズ…これらも走行は可能かと…危険か?
Posted at 2018/11/02 21:23:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | N-ONE | 日記
2018年10月30日 イイね!

JAF CUP 全国オールスタージムカーナin北海道

決戦は10/27・28北海道初開催。
実家から30分かからない会場。
今年の春から目標として行動。
東北の推薦を頂きJMRC併催クラスに、
自身二度目となる「JAFカップ」参戦を果たしました。

実は20日には北海道入りして心の準備…
そんな訳も無く、前半はイツモ通り「トラック野郎」ロケ地調査。
その話はまた別の機会に。


東北地区からは、ワタシを含め7人のエントリー。
PN2クラス アナ駆動選手
PN3クラス 佐藤宏明選手
SA1クラス 関勝哉選手
SA1クラス 武田秀樹選手
SA1クラス 小武選手
SA4クラス 佐藤英樹選手
R-Ecoクラス ワタシ

Ecoクラスの規定上、N-ONEが受理して貰えるか、ドキドキモノでした。
この件に関しては、waka7旦那や、NCMLの聡さん、
東北ジムカーナ部会長にも相談させて頂きお陰様で無事通過。
でも蓋を開けると2台エントリーというサビシイ状況。

このR-Ecoクラスは2007年に設けられたクラスで、
実はその創設初年度の参加メンバーで、シリーズ準優勝したのがワタシ。

金曜の練習会から参加。千歳を走るのは確か4年ぶり。
天候は晴れ、風邪は強めだが寒くは無い。
午前2本、午後2本の走行。まぁ大きな問題も無く終える。

土曜日公開練習。朝から強風か吹き荒れる。
前日設置していたテントの脚がネジ切れるアクシデント。
走行もミスコースからのスタートとなる。

この日、迷友RyoさんとYouさんが観戦に来てくれた。
本戦日だと忙しいだろうし、気持ちの問題も…と気遣い頂いた。
が、ワタシ的には殆ど緊張感も無くヤッていたので何ら問題は無かったんですが(笑)
この日の荒れた天候は半端なモノでは無く、下手をすると競技続行困難もありうる酷さ。


決勝日、朝は早い。5時出発にも拘らず、我が母親は可愛い息子の為に、
朝用の弁当をこしらえてくれ、それを持って会場へ。
今回、「工藤ホンダ」秘伝のチューニングを施し挑んだJAFカップ。
車の動きは、更に良くなった印象。最終調整を行う。

コースは金曜練習、公開練習の応用版。
フリーターンという、N-ONE史上初めてのコースに戸惑う。
悩みに悩んだ結果、セオリーの逆で挑戦を決める。

完熟歩行を済ませた途端、ポツリポツリと雨が降り始める。
急に雨足が強まり、慌てて屋根のある所に急ぐ。
その時、足元にハイドロが起こり、不安定になる。
その途端「横転」。右テールサイドを強打。
その後軽いムチウチ。


スタートはウェットでしたが、その後路面はドライに移行。
ワタシ達JMRCの併催クラスの時は、ほぼドライ。
しかし、セオリー無視したワタシは痛恨のミスを誘発。
ヒトリ「オートテスト」を実施。
ライバルのマーチも別のミスを犯し、互いに沈む。


この日の来客は、久しぶりに会ったS真弓さん、舟橋さん、透さん、
田辺さん、ハヤトくん、金子くん、内藤さん等々。

昼食のケータリングは豚丼、石狩汁、じゃがバター(丸ごと1個)、厚切りベーコンと
ソーセージの焼き物詰め合わせ…ボリュームあり過ぎ。
'https://minkara.carview.co.jp/image.aspx?src=https%3a%2f%2fcdn.snsimg.carview.co.jp%2fminkara%2fuserstorage%2f000%2f046%2f365%2f737%2f2ee129f8e7.jpg?ct=2160f2df5849'
流石北海道と言うべきか。 (waka7さんリンクで画像拝借…m(_ _)m)



2本目、こうなったらイツモ通りの自分の走りに切り替える事に。
スタートから内周に入る所は「ノンブレーキ」(笑)
イチかバチか試したら、意外とイケた。
そこからリズムが安定。その後も大きなミスも無く、
我がN-ONE的には申し分無い走行で締め括る事が出来た1分36秒658。
でも結果は2位。2秒半程足らず。
N-ONEで(AK12)マーチ相手に2秒半なら大したものかと。



我がN-ONEの2秒以内に86/BRZ、GDBインプレッサ、
CZ4Aランサー、BMW M3、ローバーミニ等8台おり、
これらとN-ONEの差が2秒以内なら申し分ない…だろうと。


WOMENクラス流石に「華」やか。

賞品も華やか。女性の心を掴む心理。
男はそうは行かないと思っていたら…やっぱりね(笑)


我らがチームディライト SA1阿戸選手がJAFカップ初優勝。
小武君準優勝、武田選手3位、関選手5位表彰台に。


アナ駆動選手がPN2 クラス見事優勝。
PN3佐藤宏明選手5位表彰台
SA4佐藤英樹選手準優勝と東北勢優秀な成績。

JMRC対抗戦も東北・関東連合が優勝旗を勝ち取りました。

そんなこんなでJAFカップ無事終了。
月曜夜帰りの船は折からの強風にヤラレ、かなり揺れましたが、
8時丁度にフェリーから吐き出され、9時には出社しイツモの生活に戻るのでした。
Posted at 2018/10/30 22:46:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | N-ONEでモータースポーツ | 日記
2018年10月15日 イイね!

2018 ジムカーナ 切谷内最終戦

とうとう決戦の時がやって来た。
「愉快な仲間たち」クラスと呼ばれる、最も熱いクラス。
シリーズトップの「せきしんフィット」を先頭に、2位は同率で三人がヒシめく、
血で血を洗う一大抗争の火蓋が切って落とされていた様なクラス。
その3人にワタシも含まれる。

そんな戦いに東北地方戦からヒットマンが送りこまれる。
みっつマン(みっちマンじゃないよ)ノートeパワーに良幸フィット。
この二台は間違いなく「荒らし」にかかってくる。

完熟歩行。3本で終了予定が…「4本目行こう~」の言葉に乗る事になり、結局4本(笑)

前述のノートにフィットが3台、デルソル2台、
シビッククーペ、アリスト、ノア、ラパン、アイそしてN-ONEの軽12台での戦い。
全てAT(CVT)車。

1ヒート目早々に良幸フィットが1分2秒800を叩き出しトップに。
全般的に振るわない中、ワタシが良幸フィットと0.029秒差に詰寄り1分02秒829で2番手。
ガラガラ声フィット、せきしんフィットとポイント上位勢が総崩れに加え「負けねぇヨ!」のみっつマンノートも沈む。

そうは言ってもうかうか安心は出来ない。
上記者は2本目核爆弾スイッチを押すかの様に、爆撃にやってくる。

午後からダートラ戦もある為、マキの進行。着々と進む。

みっつマンノート、タイム大幅に詰めるもののトップには及ばず。
良幸フィットもああ幅タイムダウン更新ならず。
シビッククーペも2秒以上縮めるも、
デルソル・アリストも大幅に詰めるものの、やはりトップにはやや届かず。
ワタシの番。1本目より殆どスムーズに事は進める事が出来た。がしかし、ゴール直前加速不良でスピード出ず、約0.04秒タイムダウンで終了。
そんな時ワタシの次のゼッケン「ガラガラ声フィット」がベスト更新1分02秒605を出してトップに浮上。最終ゼッケン「せきしんフィット」も上位には食い込めず、
ガラガラ声フィット、良幸フィット、N-ONEコ、みっつマンノート、シビッククーペ、デルソルの順。
1分02秒605~2秒以内に7台がひしめき合い、全日本かと思わせる位の接戦でした。

小春さまイツも有難う 早速…

走行動画4連発!

第3位のワタシ 1分02秒829(1本目)


第2位 良幸フィット 1分02秒800(1本目)


優勝 ガラガラ声フィット 1分02秒605(2本目)


おまけ(笑)みっつマンのノート 1分03秒021(2本目)


3位自体は残念な様な嬉しい様なですが、走りは精一杯だったので満足行った大会でした。
Posted at 2018/10/16 20:05:13 | コメント(1) | トラックバック(0) | N-ONEでモータースポーツ | 日記

プロフィール

「何かが失敗したのでもう一度 http://agmsc.site/wp-content/uploads/2018/10/2018JAFカップGM_暫定エンリスver2.pdf」
何シテル?   10/18 22:33
文化系だったワタシが、モータースポーツに縁を頂き15年が経過。 ジムカーナから始まり、スノートライアル、サーキット走行会を経てレースへ。 04年 JMR...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

モータースポーツ、旧道探索、映画トラック野郎…等々で仲間となってくれる方、来る者拒まずですので、よろしくメカドック!
78 人のお友達がいます
いぃいぃ さがすけさがすけ
smv@7bsmv@7b スポルテ660スポルテ660
SSDSSD 太志丸太志丸

ファン

40 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ シビックタイプR KMSあらいぐまディライトEK9 (ホンダ シビックタイプR)
2代目の相車。正式発表前にオーダー。当初は普段乗り兼用でしたが、03年秋に「全日本ジム ...
ホンダ N-ONE 前輪☆駆動ホンダN-ONEコ (ホンダ N-ONE)
モータースポーツを戦っています。レースでは無く、日本では殆どいないジムカーナ車輌。 日本 ...
ホンダ トゥデイ ディライトゥデイ (ホンダ トゥデイ)
3代目相車、03年冬にセカンドカーとして購入。 Kチャレ・Kフェス等ジムカーナで常勝歴 ...
ホンダ シティ GA2盤尻のジョナサン号 (ホンダ シティ)
初代車。GA2シティ CZi。カルタスGT-iが欲しかったのだが、中古のタマが殆ど無く、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.