• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

灸太郎くんのブログ一覧

2017年06月28日 イイね!

2017アゼルバイジャンGP ―【イラチ】ベッテル対【天然ワル】ハミルトン― 【乞うコメント欄参照】

2017アゼルバイジャンGP ―【イラチ】ベッテル対【天然ワル】ハミルトン― 【乞うコメント欄参照】.





今日は梅雨の止み間、結構蒸し暑くなりました。

少し風があったのがせめてもの救いでした。

***************************************

【コメント欄、「やーまちゃん」さんによる状況解説をぜひ併せてお読みください】

大荒れのレースとなった、
バクー特設市街地コースでのアゼルバイジャンGP。

特に物議を醸したのが、セーフティカー解除時の
トップ二台、ハミルトンとベッテルの走り、

◆「ハミルトンにわざとぶつけたのではないか?」

◆「ベッテルに対しブレーキテストをしたか?」という疑惑です。

こちらで動画が見られます。
https://www.formula1.com/en/video/2017/6/Race__Vettel_and_Hamilton_collide_under_the_safety_car.html

***************************************

まずは(話題の中心の)ベッテルの疑惑。

設置カメラの正面からの映像では、ハミルトンの横に並びかけたベッテルが
進路を変更してハミルトン車に軽く当てたようにも見えました。

しかし車載カメラからの映像では、
ベッテルが「当てるために」舵を切るアクションを起こしたようには見えませんでした。

当方の見解では、

①怒りにかられたベッテルがハミルトンに並んだ際、二台が並行でなく、
 進路が右に向いていることに気付いていなかった可能性がある。

②左手を挙げ、ハミルトンに抗議(と共にカメラに向けハミルトンの直前の行為をアピール)するのに気をとられ過ぎ、右手にも力が入ってわずかに舵が切れたのではないか。
(フォーミュラカーは乗用車と比べ、わずかなハンドル舵角で大きく反応する)

③当たった際のベッテルは、衝突を予期していたようには見えなかった。

以上の状況から察するに、
ベッテルは当てるつもりはなかったのではないか、と考えました。

***************************************

一方のハミルトンの疑惑。

メルセデスチームによれば、
「ハミルトンがコーナー出口ブレーキを踏んでいない」証拠データを提出したとのこと。
http://ja.espnf1.com/mercedes/motorsport/story/236953.html

では、「ブレーキを踏んでいない=減速していない」なのか?

現行車両規定でのF1は、回生ブレーキを使用しているため、
スロットル(アクセル)ペダルを戻しただけで強力に減速します。
(ドライバーによっては通常のブレーキの使用に違和感を生じるほど)

減速していなかったとしても、追突直前の映像では、
通常加速すべきコーナー出口で、少なくとも加速してはいなかったように見えました。

メルセデスチーム曰く「セーフティカーは150m前にいた」とのことで、
追いついてしまう恐れがあった、とのことですが、この区間であえて加速しなかったのは、
後ろがかなり詰まっている状況で無理があったようにも感じました。

また、「それ以前の周回と変わらない操作をしていた」とのことですが、
カーブを抜けたところでは生理的に加速してしまうので、
逆にハミルトンは加速に移るタイミングを、
許容範囲と思われる中で、意識してわずかに遅らせたのではないか?
というのが当方の考えたところです。

理由は、
◆「この時点ではなく、レース再開時(ピットレーン入口通過時)のセーフティカーとの距離を保つ」
◆「レース再開時、車間を開けて速度を乗せてくる可能性がある後続車を牽制する」
の二点です。

それにより、今回のように追突されるリスクはあり、
後続の車間がかなり詰まっていたことはハミルトンには誤算だったように思います。

言い換えれば、セーフティカーが遅すぎた、ということにもなります。

***************************************

昨2016年のチャンピオン争いで、速さではほぼ互角のニコとルイス、
一番の違いは「接戦でどこまできわどい走りを「自然に」できるか」だったように、
ハミルトンの走りは反則を取られない程度の”毒”を自然に含んでいるように思います。

過去4度の王座はチームメイト同士のバトルか、独走での戴冠だったベッテル。
レース中の無線が話題となるように、
普段は冷静ながら、時として激しやすい性格は、
シーズン終盤でのタイトル争いを分けることになるかもしれません。

   ◇   ◇   ◇

ここで思い出されるのが、2007年シーズン、
豪雨の中での富士での日本GPです。

アロンソのクラッシュによりセーフティカーが入り、
①ハミルトン②ウェバー③ベッテルの順位で走行中、
ハミルトンが減速したため、ウェバーにベッテルが激しく追突!
ウェバーとベッテルはその場でリタイヤとなったことをご記憶でしょうか?

ハミルトンとベッテルはどちらもデビューシーズン、
片や新人ながらポイントリーダー、
片や当時最年少ながら速さを見せつける驚異の新人同士で、
この件の後、セーフティカー走行中に先頭車両は極端なペースの上げ下げをしないよう
通達がされました。

**************************************

当方はこの二人による今回の件、ジャック ビルヌーブがコメントしたように、
https://f1-gate.com/villeneuve/f1_37308.html
明らかに速度の出ていない状況での感情的な場面は大きな見せ場であった、
と解釈したいと思います。

<追記>
最終的なFIAによる裁定はこちら。
https://jp.motorsport.com/f1/news/f1-ベッテルの-体当たり-事件に対するfiaの再調査についての声明全文-926346/?tp%5B0%5D=23&s=1
Posted at 2017/06/28 19:58:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | モーターレーシング | クルマ

プロフィール

「@やーまちゃん 「替われるものなら替わって見ろ」ってなところでしょうか(笑)」
何シテル?   09/19 11:34
灸太郎くん(キュウタロクン)です。 以前の記事へのコメントも大歓迎です♪ 古典的スポーツカー、GT、レースカー。 特に“血の匂いがする”猫背のベルリネ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

重曹ブラストを試してみます 
カテゴリ:科学技術
2017/03/09 11:29:29
 
ミッション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/28 17:55:59
夢を追って 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/11 13:23:56

お友達

所有車銘柄・老若男女に関わらず、同行の士は歓迎ですが、
いたずらに人数を増やすことには興味がありません。
コメント・イイね!等、ある程度やり取り重ねた上でお願いします。

「お友達」か否かでコメント・メッセージ等の制限もいたしません。
楽しくやり取り・意見交換できる方を希望します。
41 人のお友達がいます
hiro5150hiro5150 * パパンダパパンダ *
ひろぽん∞☆ひろぽん∞☆ * yanagidayanagida *
Disco-4@東京Disco-4@東京 * ぼうんのうぼうんのう *

ファン

52 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
第三期、またまたユーノス(笑) (新車当時、周囲では誰もロードスターとは呼びませんでした ...
ホンダ バモスホビオ 灸三郎くん (ホンダ バモスホビオ)
ステンレスたわし実験車 ”灸三郎くん” 号です♪ 慣れ親しんだアクティ一門の欲張りバージ ...
ヤマハ RD125-II ヤマハ RD125-II
2ストローク二気筒”リトルツイン”。自作Junkyard Special。 胸のすく吹け ...
イタリアその他 その他 マランカ125 (イタリアその他 その他)
MALANCA ― 知る人ぞ知るイタリアの125ccスーパースポーツ、 マランカ125の ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.