• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shonan breezeのブログ一覧

2013年01月31日 イイね!

子猫日和・・・(いつもの温泉宿へ)

子猫日和・・・(いつもの温泉宿へ)今日はおまけのコーナー担当の葉っぱがアップさせていただきます。

とても暖かだった今日・・・
久しぶりの平日の休日を戴き  shonan breeze と
今年2回目のいつもの温泉宿へ行ってきました。




shonan breeze が心を込めてワックスがけしたピカピカのフリード君を駐車場に止めて・・・



ワクワクしながら玄関へ・・・(o^^o)





玄関では・・・



看板犬のムーさんがいつもの姿でお出迎え~♪


早朝で貸切状態の温泉では  shonan breeze も・・・



あるがまま・・・



なすがまま・・・

ひと時を堪能していたようです。

温泉に浸かったあとは・・・



やわらかな陽射し中でまったりと・・・




猫たちと戯れ・・・




元気の広場にある「金運の湯」では・・・




お金たちも疲れを癒してもらいました。

お友達をたくさん連れて戻ってきてね!   (葉っぱのひとりごと・・・)


そして、帰りは寝ていたムーさんも駐車場まで・・・



お見送りしてくれました。



「気をつけて帰れよ~」



ん、じゃね~!   *これは私ではありませんょ~・・・(^^;;


                                by 葉っぱ
Posted at 2013/01/31 20:40:44 | コメント(2) | トラックバック(0) | さりげない日々の綴り | 日記
2013年01月29日 イイね!

狭い道はスピードを抑えよう・・・<鉄道模型で見るスケールと距離感>

  
タイトルは少しひねりましたが、今日も主体は鉄模ネタです。(^^;;

まずこの画像から・・・

スケールの異なる2つのレールに同じ体格の車両たちを並べてみました。




スケールは実物の軌間1067mmを基準に以下の通りです。

車両が       約 1/150
レール左が   約 1/160 (Zゲージ 軌間 6.5mm)
レール右が   約 1/120 (Nゲージ 軌間 9 mm)


さて、皆さんはどちらの車両が遠くにみえますか?



そんなの並べたんなら同じに決まってんだろ!(`・ω・´)




そう言えば確かに~・・・ (^^;;






では、

車両たちをどけてみましょう・・・





そして、

質問を・・・

どちらのレールが長~い雰囲気にみえますか?

では・・・



う~ん、何だか左の奴が長い雰囲気に見えなくも・・・








実は・・・







ご覧のように実際は左の方が若干短いんですが、同じか少し長い雰囲気に感じなくもありませんね。


   ・

   ・

   ・


では、本物のシーナリーではどうでしょうか・・・

いつも通勤で通っていた場所ですが、定期券も無いので今回は便利なストリートビューでご紹介させていただきます。



まず、中央の京急本線上から・・・



この本線は標準軌と言われる軌間1435mmのレールです。


幅の広い線路上で見ると、向こうの駅まで歩いていけそうな程近くに見えますね!


普段1067mmの見慣れた目でこうして京急など標準軌の踏切に立つと、周りの風景がこじんまりと見えたり、逆に軌道が甚だ大きく感じてしまうかも知れません・・・




では、


次に右端に見える狭軌1067mmが並ぶ三線軌条まで移動してみましょう・・・




ハイ!僅か10歩程で到着~ shonan breeze は意外と足が長い?


ストリートビューって便利 (^^)v






あらら!

ちょうど大切な位置に女性がかぶっちゃいましたね・・・

でも凄く可愛いオネーサン♥・・・  コラ! ヽ(`Д´)ノ


ところで、どうですか?・・・ オネーサンの方ではないですよ~!

幅の狭い線路上で見ると、意外と距離感を感じませんか?


   -------------------------------------------------------------------------------


「同じ距離でも遠くに感じてしまう・・・」

こうしたシーンは普段ハンドルを握っていても結構潜んでいるものです。


「遠く見えても意外と近いケースが・・・」

狭い道では、やはりスピードの出しすぎにご注意を・・・







<おまけ>   *以下は鉄ちゃん向けの情報で、ここからが本題です。
----------------------------------------------------------------

では、次は同じレールの組み合わせでもう少し実際に近いシーンを見てみましょう。

中央のスケールを境に、それぞれ車両4両分程の待避線を組んでみました。

*中央の画像は模型ではなくGoogle Earth上で比較対象に近い場所を探しアングルを調整。



      画像①             画像②             画像③  
  


画像①

やはり軌間の狭いレールの方が長~い雰囲気に見えますね!


また、分岐を含む曲線は 490R 715R と、狭いレールの方が急曲線なのですが同じか緩やかにさえ感じられます。

特に模型の制約の多いレイアウトスペースでは、これら「長く見える」、「緩曲線に見える」という面は、大きなメリットとなります。

画像③のように、同じ4両の車両を並べても前後に余裕がありますね。


画像②

右半分が京急本線、左は先ほどの三線軌条から分岐した狭軌1067です。

画像①と②を比較すると雰囲気が似てると思いませんか?

そうなんです!

同一スケール1/150~1/160として見ると、正に狭軌と標準軌が併走するシーンにそっくりなのです。

右側の111系湘南色を京急の車両に置き換えて走らせたくなりますね!

でも困ったことに軌間は近いにしても、そのままではレール高がオーバースケールで標準軌の雰囲気とは微妙にかけ離れてしまうのです。

やはり、レールも標準軌、狭軌それぞれファインスケール化が望まれます。

結局、単一ゲージ (N 軌間 9 mm)で我慢を強いられてしまうのですね!





あらためて今回の記事でスケール、軌間のことを取り上げてみましたが、最後にこの画像を・・・

前回ご紹介したレールの部分をルーペで拡大したような・・・という雰囲気をご理解戴けたものと思います。
https://minkara.carview.co.jp/userid/1596292/blog/28146562/





<参考情報>  今回ご紹介したKATO 113系2000 の加工情報です。
-------------------------------------------------------------------------------



この車両は改軌とカプラーのBODYマウント化、及び種別幕の透過加工とライトのLED化のみです。

種別幕はT社のキハ58の余剰パーツをご覧のように穴あけ加工して突っ込んであるだけで、まだ照明加工はやっていません。(臨時か団体が欲しい~)




先頭車(付随車)の改軌台車とカプラー



動力車の改軌台車とカプラー

ギア丸出しですが、メンテ性はご覧のとおりです。(^^;;



本日も長文乱筆にお付き合い戴きありがとうございます。


                                      by shonan breeze
Posted at 2013/01/29 15:25:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 鉄道模型 (1/150) | 趣味
2013年01月26日 イイね!

久しぶりに昔のコーラス仲間と・・・


今日は仕事帰りに昔のコーラス仲間の集いに shonan breeze と一緒に参加・・・

実は、 shonan breeze はバンド主体に音楽活動をやっていましたが、昔は今回の仲間とコーラスをやっていた時期もあるんです。もちろん私も一緒に・・・

少し意外でしょ!



久しぶりの再会で、昔話に花を咲かせ・・・



少し経ったら自然と声をあわせてしまいます。

やはりコーラス仲間ですね!

時間のブランクも感じさせず、すぐに昔のままのハーモニーが・・・





皆さん大先輩の方々ばかりですが、今でもほとんどの方が現役で中には有名な合唱団を率いてあちらこちらで定期コンサートを開いたり、地域の合唱団を指導したりとすごい方々も多くいらっしゃいます。




手作りのお料理とお酒で宴もたけなわ・・・




中には一昨年の大震災で被害を受けた宮城県のこんなお酒も・・・




さりげなく添えられています。





楽しい時間はあっという間に過ぎ、気がつけば深夜に・・・

次回は更に多くの仲間とまたやろうね!

再会を約束してそれぞれ帰宅の途に・・・



                                 by 葉っぱ


Posted at 2013/01/26 01:45:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | さりげない日々の綴り | 日記
2013年01月23日 イイね!

カプラー買いに行ったはずが・・・<オハニ36入線>


久しぶり(いつもの?)の鉄道模型ネタです。

先日、いつもの tamtam 相模原店へカプラー(連結器)を買いに行ったら、どういう訳かついでにこんなものが一緒に・・・



実は、少し前に旧型客車たちが入線しましたが、一番端に連結する奴がなく、いつもの特価コーナーでこいつ オハニ36 がなんと 1.1k円 迷わずGET!


帰ったら、家内の葉っぱさんが、「あら!ずいぶん大きな連結器ね~」・・・(>_<)

時折おまけのコーナーを担当してもらっているが、最近はブログに目を通して少し鉄分も取り込むようになったのか・・・(^^;;

いいのやら、悪いのやら~~~




気を取り直し、早速いつものようにお料理開始~♪






いつもの治具で手際よく改軌とカプラー交換・・・

この後、台車でのテストを済ませて組立完了!






レールに載りました~♪

この オハニ36 という車両は荷客合造車といって、ご覧のように真ん中のトイレ・洗面所を境に客室と荷物室が半分づつに分かれています。

昭和30年代は特急「あさかぜ」などにも連結され、その後は全国各地のローカル線で長い間活躍していた車両のようですが、筆者もまだ実車両を見たことがありません。

「荷物」と書かれたところの窓には独特の格子が入り、何だか動物園の檻みたいですね!






最後は、いつものテールランプの点灯テストと試運転の様子です。


この後ろ姿、やはり旧型客車はこの細くて狭いレールに載るのがとても似合っています。 (^^)v

旧客の後ろ姿ってみんな同じと思っていましたが、梯子があったり小窓があったり色々違いがあったんですね・・・


でも、肉眼ではあまり気になりませんが、こうして写真で拡大して見ると連結器の部分だけ異様に目立っています。
端の車両だけは連結器のボディマウント化やブレーキホースぐらいは追加工したくなりますね!








<参考情報>  *鉄ちゃん向けの参考情報
----------------------------------------------------------------


11-702 KATOカプラーN の組立て方



取説に記載されているので、ほとんどの方がご存知のことと思いますが・・・

対になるランナーの黄丸部を、赤丸のように5組まとめて組み上げるととても早く楽に作業が完了できます。

取説など見ない筆者は、当初それぞれランナーから切り落としたものを必死で組み立てていました (^^;;





オハニ36 を分解してみる・・・

まず、ボディ外し・・・



床パーツはこのように中央部のトイレ・洗面所を境に室内も客室と荷室が簡易的に造り分けされています。

荷室のほとんどはご覧のようにライト基板Assyで覆われています。


ライト基板部・・・



基板部は消灯スイッチとLED基板が一体となっておりとても扱いやすい・・・

またこのシリーズはLED先端から光軸に沿って効率よく導光ユニットがセットされていてテールランプは驚くほど明るい。
(旧客はもう少し暗くてもと思うほど・・・)




更に完全分解・・・



床パーツを外すとご覧のように中央部から少しオフセットして鋼板のウエイトが載っています。

  *床パーツを外すには、台車の取り外しが必要です。

  *集電版は取り外す前に裏表のセット方向をよく覚えておきましょう。(中央上部が弓なり・・・) 



再組立て・・・
 



逆の順序で組み上げますが・・・

このウエイトの鋼板は経年変化で真っ赤に錆びてしまいます。
分解ついでに念のため表面を塗装しておきました。(^^;;




再組立て完了・・・



ウエイトが何故かオフセットされていたのでちょっぴり気になり、重心を見てみました。

すると、なんとご覧のように細い床下機器の支点ですが、ほぼ前後左右とも中央でキチンとバランスしています。

ウエイトのオフセットはLED基板や周辺Assyの重量を考慮されているのかも知れませんね。





ついでにオハ47も分解してみる・・・



おや!、こちらは床パーツが茶系の成形・・・
ニス塗りの雰囲気再現には、こちらがいいですね。

そして鋼板のウエイトは、オハニと同じかと思いきや、こちらは前後端まで伸びた大型のもの・・・

分解してみると、いろいろ変化が見られおもしろいものですね!


本日も長文お付き合い戴き、ありがとうございました。m(_ _)m



                                   by shonan breeze
Posted at 2013/01/23 16:38:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | 鉄道模型 (1/150) | 趣味
2013年01月16日 イイね!

大きく見えてもやっぱり小さい・・・< 1/150 の世界>

筆者が趣味で楽しんでいる 1/150 の鉄道模型ですが・・・
 
今日は鉄道模型をご存知でない方にも 1/150 の世界を知って戴けるよう、いつもとは少し違った見方でご紹介してみたいと思います。

----------------------------------------------------------------

20年前に運転していた愛車を比較のため、横に止めてみました。
(かなりポンコツですが・・・)


バックでよいしょっと!

こんなもんでイイかな・・・




ありゃりゃ!



運転していたにしては



何だか小さいような・・・





そうです。運転していた愛車とはいってもこちらは・・・


ラジコンのPAJEROでした~(^^;;

左の小さいやつが1/150の鉄道模型、右は1/10のスケールのPAJEROです。


スケールが違うものを並べると、何だか訳がわからなくなってしまいますね!

実物とは逆に、機関車のほうが踏み潰されそう・・・ (>_<)





実は・・・



いつもこのように大きな姿のようにご紹介している鉄道模型ですが・・・



離れてみると・・・




1/150 の世界って、




こんなに小さいんです・・・

大きさが解るよう、スケールと腕時計を並べてみました。

小さいとは言っても6両を連結すれば、ご覧のように約80cm・・・
実物では約120mもの長さになります。
停車中の駅のホームで、先頭車から最後尾の車両まで歩くことを想像して戴ければ分かりますね!

それでも、1/150 ではダイニングテーブルの上で走らせることが出来るんです。

もう少し近づいてみましょう・・・



これがほぼ肉眼で見ることができる至近距離です。

時計と比べると大きさがわかりますね!



更に近寄ってみましょう・・・



これはもう肉眼では無理で、まさに虫眼鏡で見ている世界です。

筆者のスマホではここまで近寄るのが限界・・・

だからパーツの取り付けや、ご紹介しているようなちょっとした加工も、私のような遠視の者にとってはとても辛い世界なんです・・・

筆者のやっているのは、ご紹介したような1/150~1/160のスケールで出来ている「Nゲージ」と言う鉄道車両の模型です。

是非クリックで拡大し、時計の針と大きさを比べてみてください・・・

*筆者の車両は、Nゲージ(軌間9mm)をZゲージ(軌間6.5mm)の線路を走行できるよう足回りを加工しています。
    (13.01.17 注記追加)
 


<参考情報>  *マニアの方向けの改軌情報 (13.01.17 掲載漏れにつき追加)
--------------------------------------------------------------------------

KATO 3061-1 EF65 1000番台 (PF) 

   *3060-2 EF65 500番台 (F) も同じ構造です。

筆者の手持ちKATO車両の中で、唯一改軌をお薦め出来ないモデルです。
    

理由は、車輪の逃げを取る際、アイドラギア軸受部の肉厚がほとんど確保できず、強度不足でギアが加減速時などの負荷に耐えられない為です。




取り敢えず、黄丸部に肉盛り加工をして強度を確保しています。
ただし、これをもう1組仕上げるのは困難と判断し、ご覧のように反対側は付随台車化し4輪集電としています。

トラクションタイヤは走行試験の結果をもとに、赤丸部のように1軸の両輪に履かせています。
心配した牽引力の低下もなく、集電性も安定しているようです。


こいつだけは2軸駆動・・・

車番も EF65 ⇒ EB65 に変えなきゃダメかな・・・(^^;;



                                   by shonan breeze
Posted at 2013/01/16 15:57:45 | コメント(5) | トラックバック(0) | 鉄道模型 (1/150) | 日記

プロフィール

「雨上がりの水溜まりが好きだ…😊」
何シテル?   05/27 15:44
「生涯青春時代」との思い込みで生きてきましたが、歳とともに少し疑問を抱きつつある shonan breezeです。(^^; 車は時折パーツレビューや整備手...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/1 >>

   1234 5
678 9101112
131415 16171819
202122 232425 26
2728 2930 31  

リンク・クリップ

Twitter (shonan breeze) 
カテゴリ:鉄道模型
2019/03/17 09:45:12
 
泰 茅 轍 道 
カテゴリ:鉄道模型
2018/10/15 22:18:38
 

愛車一覧

ホンダ フリードハイブリッド ホンダ フリードハイブリッド
ホンダ フリードハイブリッドに乗っています。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.