• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

93chouのブログ一覧

2018年10月31日 イイね!

デザイナーへの憧れ

デザイナーへの憧れ子供の頃は車の絵を描くのが好きだった、スーパーカーだけでなく自分で考えたオリジナルの車を描いて夢に見ていた

それは大人になった今でも変わらず自分が自動車メーカーのデザイナーや主査の立場だったらどんな車を造るか想像している、自分だったらどんな新型にするのか、もし社長だったらラインナップはどんな車種を揃えるのか、もちろん海外に負けないスーパーカーはどんなデザインで性能にするか想像は尽きない

そんな憧れの夢の車を造るKen奥山さんの車を見てきた

奥山さんの代表作フェラーリ エンツォ
ピニンファリーナのデザインコンペをモンテゼーモロ社長にダメ出しされ、奥山さんが温めていたF1イメージのアグレッシブなデザインスケッチを15分で仕上げOKをもらったのは有名な話、ピニンファリーナの特徴的な空気を開口部から吸入しリアから吐き出す風の流れが見えるようだ

今回の展示で一番気になったエンツォのデザインスケッチ
F1のモチーフや風の流れが見事に描かれていた、自分的にはNGになったコンペの方のデザインも見たかった、保守的だったがきっとエレガントなデザインだったに違いない

残念だったのはKode Zeroがモックアップだった事
アヴェンタドールのシャーシを改造した細部の作りを確認したかった、ストラトスZeroのイメージがどの程度再現されていたのか次回に期待

奥山さんは現在もヤンマーの取締役でもある、当然トラクターや船舶のデザインも担当しているヤンマーのボートは釣り船のイメージが強く遊び心よりも機能優先のイメージが強い
X39コンセプトクルーザーの様な格好良いボートの登場を待ち望んでいる、日本にもヤマハやレクサスに続く海外に負けないエレガントなボートが更に増えてほしい

工業デザイナーとしてはアイ キャッチャーとしてのデザインだけでなく使いがってや機能も含めてデザインしなければならない、それでもコンセプトモデルの時から市販されるとイメージがかなり変わるパターンを多く見かける

どうしてもスタイリングだけでなく保守的な他の分野の人の意見が色々採用され当初の素敵なデザインが野暮ったくなる、大きな企業の中に居るとどうしても販売優先になり色々なしがらみに左右され自分だけの意見が通らない事が多い、最終的に妥協点を探しお互いに譲り合う結果中途半端な物が出来上がってしまう

もっと日本の企業もコンセプトを絞りこみ攻めた製品で海外と戦ってほしい、魅力の有る製品が増えて来ることに期待する まずはデザインからだ

モデナのデザインもあのモンテゼーモロ社長が室内スペースを広げる為に車高を高くした、以後全てのフェラーリは大柄な人でも楽しめる様になった、フェラーリはデザインを犠牲にして実を取ったのだ

今やフェラーリは一部を除き自社デザインを採用しているピニンファリーナの優雅なデザインの方がすっきりして魅力的に見えるのはひいき目だからか

いつの日か自分の理想の車のハンドルを握る時まで、しばらくは布団の中で色々妄想して待つ事にするか
Posted at 2018/10/31 23:13:14 | 日記
2018年10月22日 イイね!

ヤマハSR330インプレッション

ヤマハSR330インプレッションヤマハの新型ボートSR330を試乗してきた、CONCEPT33として2017ボートショーでデビューしてから1年半ようやくそのハンドルを握ることが出来た、結論から言えばSR330は海上のスペシャルティカーだった

外観で目立つのは広いスペースを誇るデッキ部分だ、定員はこのサイズの船としては目一杯の15名を乗せる事が出来る、特にバウデッキは広くここに乗船しての爽快感は笑いが止まらなかった、まさしくアトラクションを楽しむ子供になった気分だった

スターンデッキは円形状のラウンドソファーの様で、パーティーをするには最高のロケーションだ、きっとデッキに備え付けのバーベキューグリルは大活躍するに違いない

SR330の魅力はパーティーが出来る広いスペースだけで無く走りもスポーツボートの様に軽快だから驚く、300psの船外機2基駆けの600psパワーはSR310よりも力強い加速を見せる、試乗当日は波が高くうねりもあったがSR330はまさしく海上を飛ぶ様に滑走した、走波の安定感はヤマハの船底デザインの技術力の高さからだ

意外だったのは大柄な船体に似合わずハンドリングもレスポンスが良い事だ、船外機同士が離れて両端に付けられている為、ちょうど車の逆操4WSの様なノーズが内側に切れ込むクイックな動きを見せる、これは船内機ではとても味わえない楽しさだった

ヤマハお得意のヘルムマスターも装備されジョイスティック1本で簡単に船の操舵が出来る、操作には慣れが必要だが着岸が苦手な自分にはとてもありがたい、ナビや計器類の液晶ディスプレイも大画面で見易いのも現代の自動車に似ている

レジャーにもスポーツにも使えるSR330、弱点を探せばデッキスペースを全面に出したデザインの為トイレやバースの室内高がやや低い事だ、それとフェラーリやランボルギーニが買えてしまう価格だろう

スーパーカーをドライビングする楽しさも素敵だが、SR330で仲間とワイワイ海上パーティーやマリンレジャーを楽しむ、どちらを選ぶかと聞かれたら

そんなのは解りきった事だ、当然 両方に決まっている

マリーナも秋になりゆっくりと時間が流れる、ボートの上でのんびり過ごすには実は今が最高の季節だ

もちろんフェラーリにも
Posted at 2018/10/23 00:41:58 | 日記

プロフィール

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21 222324252627
282930 31   

愛車一覧

フェラーリ 360モデナ フェラーリ 360モデナ
フェラーリ 360モデナ

過去のブログ

2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.