• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

nop_allのブログ一覧

2018年09月21日 イイね!

i-MiEV最近の電費状況

i-MiEV最近の電費状況中古で購入したi-MiEVですが、じわじわと走行距離を伸ばしつつあります。

9月に入って、ここ浜松では日中は真夏日を記録することがありますが、朝晩は少し涼しくなってきて、通勤時にエアコンを使う頻度も落ちてきています。

i-MiEV 10.5kWhの最近の状況です。

エアコンオフであれば、会社までの約50kmの通勤も満充電で余裕で2往復できるようになってきました。


これは2往復した後のメータ写真で、バッテリ残量は1セグ点滅状態でした。


これは満充電からの走行距離。93.1kmとなっているので1往復は47km弱です。


この時の航続可能距離は7kmと表示されていました。

93.1km+7km=100.1kmはギリ走れるようです。

ただしこれはリーフでも同じですが、航続可能距離の表示って、SOCが少なくなって来た時にはリニアに変化せず、実際に2km走っても航続可能距離が1kmも減らない時があります。

電費マネージャでの電費は11km/kWhと表示されているので10.5kWhのバッテリ容量であれば

10.5kWh×11km/kWh=115.5kmは走れることになります。

とはいえバッテリ容量0%まで走れるわけではないので、90%まで使えるとすれば

10.5kWh×0.9×11km/kWh=103.95km

100.1kmとほぼ同じなので、こんなものですかね。

8月の暑い時には朝の通勤時のみエアコンONで、2往復すると0セグで航続可能距離も1kmとか2kmとか表示されていました。朝晩ともエアコンONでは2往復できませんでした。

冬は起電力も少なくなるので、ヒーターを使わなくても2往復が厳しくなる…かな。

おそらく10月末頃までは、ここ浜松ではEVにはよい季節になると思われます。
Posted at 2018/09/21 06:22:12 | コメント(2) | トラックバック(0) | i-MiEV | クルマ
2018年09月20日 イイね!

Leaf Spy取り始めから今日までのSOH(2)

先日「Leaf Spy取り始めから今日までのSOH、Hx、SOC」ということでSOHの変化を見ましたが、ブログやスクリーンショットを漁ってみたら、もう少し前からのデータを見つけることができました。

ということで、それらを取り込んで(と言っても2~4月の3点だけですが)再度グラフにしてSOHの変化を見てみます。

今回のデータはリーフを購入して約1ヶ月後の2018年2月20日~2018年9月18日までのデータになります。


これは AHr、Hx、SOHの各値の変化です。

AHrとSOHは値こそ違うものの、ほぼ同じ変化をしています。
Hxは購入直後は急激に値を増やしましたが、走行毎にログを取るようになった直後4月中旬頃から変化が穏やかになっています。ひょっとして外気温の影響?ちょっと不明です。


これはSOHのみのグラフ、先日も話題にしましたが、7月に異常なほどSOHが低下している以外は、その他の月はゆるやかな変化です。
ログ記録し始めた4月11日頃にも一度カクっと大きく低下はしています。


見た目に7月の異常変化前より後の方が右肩下がりの傾きが大きいような気がしましたので、1日当りのSOHの変化度を計算してグラフに重ねてみました。

気のせいだったようで、車に乗っても乗らなくても、概ね1日当り0.01ずつ減少していることになります。
1年でSOHが3.65減少することになります。(泣)
KAKUさんは0.02減っているとのことですが、私の0.01と何が違うのかは不明です。

ただ1日当りの減少も、0.02の時もあれば0.01より少ない時もあります。
これは何に由来するのか、ログの中を見ていたら、Oddが記録されているので、走行距離との相関を取ってみました。


長距離走った後に大きく減少するとか、少ない減少で済むとかは関係ないようです。
いったいこのバラツキは何に由来するのだろう…。

結局今回もまた、はっきりとした結論は出ませんでしたが、とりあえずZE1でのこのような記録を公開していくことに意義があると思いつつ、今後も続けていきます。

「この値との相関を取ってみて」という要望がありましたらコメントにて指摘ください。
2018年09月18日 イイね!

日産純正ナビに物申す

日産純正ナビに物申すZE1リーフには日産純正ナビを付けています。

このナビですがリーフのwebでは「EV専用NissanConnectナビ」と紹介されています。
が、使っていて気に入らないのが高速道路走行中のインフォメーション。画面の左半分に出るICやSA、PAが出てくる領域です。

冒頭画面はそのスクリーンショットです。

何か気が付きませんか?(画面を押すと拡大されます)

富士川SAには急速充電器が設置されています。
右側の地図表示の画面の中にはSAに24h運用のNCS認証の充電器があるアイコンが表示されています。

左側のインフォメーションの富士川SAの箇所を見ると、富士川SAにある設備のアイコンが並んでいます。
が!この中に充電設備のアイコンがないのですよ。(怒)

左側のインフォメーションはこの先のIC、SA、PA情報を簡単にスクロールして確認することができますが、ここで充電設備のある/なしの情報が確認できない。
右側の地図画面でこの先のSA、PAを確認するのって、至難の業ですよね。
少なくとも走行中のドライバーにさせるなんて正気の沙汰じゃないと思います。

EV専用NissanConnectナビと銘打っておきながらこの仕様、何かおかしくありません?
ガソリンスタンド情報が出てもリーフじゃ全く無意味で嬉しくないです。EV専用ならここは整備ができるということで、スパナか何かの工具のアイコンでいいでしょ。
ここには充電器のアイコンとリアルタイムに空/満情報を出してくれないかなぁ。

それとも設定でこの左側にも表示がされるようになるのかな?なるんだったら無知ですみません。(^^;
Posted at 2018/09/18 22:10:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | リーフ | 日記
2018年09月17日 イイね!

終ってしまった

9月16日は「EVOCカンファレンス2018 in HAKONE」に参加して有意義で楽しい1日を過ごすことができました。

この日に関する話題は後日ブログにてネタにしますが、同じ日(厳密には17日ですが)に自分としてはもう一つ重要な出来事がありました。

以前ブログの「ラジオ録音と再生環境」にてAMリスナーであり、番組を録音保存する環境構築をしていることを上げておりました。
そんな楽しみにしている番組のひとつに「中島みゆきのオールナイトニッポン月イチ」があったのですが、この日で最終回を迎えました。

思い起こせば中高生から社会人なり立ての頃に聴いていた「中島みゆきのオールナイトニッポン」。
これは1979年4月2日~1987年3月30日まで放送されました。これも惜しまれながら終った番組ですが、2013年4月14日にまさかの再開がされたのが本番組です。
毎週ではなく月イチでの放送で、静岡県では放送がされていなかったので、radikoを地域外からゴネゴネして聴いていました。

まぁ、始めがあれば終わりもあるわけで、いつまで続けてくれるのかなぁと常に不安ではあったのですが、先月の放送でまさかの次回で最終回であることが告知され、今回も惜しまれながら終っていきました。

番組は直前に起きた北海道胆振東部地震を「あんな時代もあったねといつか笑顔で話せるように」という復興を願う内容のリクエスト曲「時代」でしめくくるという、印象深い終り方でした。
最終回の告知を聴いた時から、最後は「時代」で終って欲しいなぁと思っていたのですが、今回の北海道胆振東部地震を受けて、もうこの曲しかないだろうと思っていたので、ある意味自分としては満足な終り方でした。

終ったのはすごく残念ですが、またいつか再開してくれることを期待しています。
Posted at 2018/09/17 20:34:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | 生活 | 日記
2018年09月15日 イイね!

EVOCカンファレンス2018 in HAKONEに参加(電費編)

「EVOCカンファレンス2018 in HAKONE」に参加してきました。
※これは9月17日の投稿ですが9月15日~16日の出来事でしたので9月15日の日付で投稿しています。

会場は名前のとおり箱根でした。
私の家から会場まで、最短の往復で350km程度の距離になります。
これはi-MiEVでもZE1リーフでも、確実に途中で充電が必要になることを意味します。
さて、今回どちらの車で参加するか…自分としてはカスタムしたi-MiEVで行きたかったのですが、翌日仕事でしたので、なるべく充電回数の少なくなるリーフを選択しました。
すまん、i-MiEV!

ということでルートを選定です。

こんな時は日産のN-Link OWNERSが便利です。
現在のバッテリ容量や100%、80%の容量からルート探索をすると、目的地に到着した時のバッテリ容量を計算してくれます。(あくまで予測ですが)
途中に充電ポイントを経由地に選択すると、そこで80%まで充電したことにして次の経由地か目的地までのバッテリ容量を計算してくれます。

ルートに関しては、最短で行くのではなく、高速を使って沼津で降り、1号線で箱根を登るルートを選択しました。
沼津か三島の街中で充電して、山登りに備えるという計画です。

自宅を出発地に設定し、沼津や三島の充電ポイントを地図上から探します。
充電場所としては、静岡日産自動車(株)清水町店か日産プリンス静岡販売(株) 沼津店を考えました。GoGoEVで調べてみると清水町店は出入りがしにくいという情報を得たので、沼津店にしました。
ということで沼津店を経由地に目的地を会場に設定し検索をすると、思ったように1号線を登ってくれません。
仕方ないので経由地2と3を設定し探索です。


これが探索結果です。

沼津店到着時46%のバッテリ残量で、そこから80%まで13分で充電して会場には53%で到着するということです。
時間は3時間半くらい。会場に8時30分頃到着するとして…5時頃家を出ればよい計算です。
これなら帰りも同じルートで帰って、同じ沼津店で充電してから高速に乗るというのがよさそうです。
N-Link OWNERSからリーフのナビにこのルートを転送できるので、転送して準備完了です。

土曜日になって、朝出発して高速が事故渋滞したり充電ポイントで先客がいたりすることを考え、夜のうちに移動してしまって、箱根の道の駅かどこかトイレ付きの駐車場で朝を向かえ会場入りする計画に変更しました。

ということで、土曜の22時過ぎに出発です。
最初はプロパイロットにて80km/h設定で走っていたのですが、トラックの多くが80km設定のようで、こちらを抜くのに追い越し車線を長いこと走行していたので、こちらを75km/h設定に変更です。
夜のうちに駐車場に着けばよいのでのんびり行くことにしました。
それにしてもプロパイロットでの高速道路走行は快適です。


途中富士川SA付近で7777kmになりました。

高速を降り、沼津店で小雨の降るなか充電です。

この時間なので誰も充電していませんでした。
到着時の電池残量は50%で、予想の46%より若干よい値でした。75km/h速度設定が効いたのかな。

80%で充電を止めようとしたのですが、誰も待っていないのでここで一つ考えが浮かびました。
おそらく30分で90%までは充電できそうです。
80%で会場到着が53%、もし90%まで充電できれば63%として、箱根からの強烈な下りを考えれば、55%くらいで高速に乗れて、高速もどちらかと言えば下り基調なので、充電しなくて自宅まで帰れないか?ということ。
もし厳しければ、ほんの少しここ沼津店で充電すればよいです。

ということで90%まで充電して出発しました。

2時30分頃に会場手前のトイレ付きの駐車場に到着しました。
道の駅は満車で車を停められませんでした。(充電器は空いてましたが)
ここで、バッテリ残量は65%で、なかなかよい結果です。
とはえいえ、9月になってリセットした電費が箱根の山登り前は8.5km/kWhでしたが、箱根到着時は8.0km/kWhに落ちていました。
やはり箱根の山登りは電費には厳しいです。


朝です。
自宅静岡県西部はこの日は晴れる予報でしたが、箱根は小雨でした。

自分はその昔、EF-7のCR-Xで車中泊をしてましたのでリーフなら超快適です。(^^;

17日はカンファレンスを楽しんで、帰路に。(カンファレンスのおおまかな話と感想はまた今度)

箱根の山下り直前のバッテリ残量は61%でした。下りきって63%。
沼津店近くで59%、これなら充電せず家までたどり着けそうです。駄目なら途中のSA上で充電すればよいし。

結局自宅に帰ってきてバッテリ残量11%で、走行可能距離58kmでした。

気になる15日と16日の電費は…


こちらが15日、高速を降り急速充電するまでの電費で、8.3km/kWhでした。


こちらが16日、山登りして下って家までの電費で、8.2km/kWhでした。

各区間(走行回数毎)での電費はこのようになります。


16日の4~8は車中泊中に電源ON/OFFをしたものが1走行回として記録されてしまいました。

箱根の山登りが4.1km/kWhと、やはり電費が悪いですね。
会場から牧之原SAまでの電費は箱根の山下りを含んでいるので、10.2km/kWhとかなり良い値です。下り切ったところでコンビニ休憩でもして電源ON/OFFして走行回を別にすればよかったかも…。
牧之原SAから家の近くのコンビニも高速走行とはいえ下り基調なので9.2km/kWhと良い値ですね。
帰路もほぼ75km/hでのプロパイロット設定で走りました。

今回の行程では、涼しかったので、全てエアコンオフです。
唯一車中泊明けの朝に、屋内の結露解消にクーラーをONにしたくらいです。

総じて電費的には良かったのではないかな、というのが感想です。

Leaf Spyの結果等は明日以降に…

プロフィール

「EVOCカンファレンス2018 in HAKONEから無事帰ってきました、内容が濃くて行ってよかったです。」
何シテル?   09/16 23:06
今のところメイン使用であるS2000と、その他車や自転車、ガジェット類諸々を話題に。 リーフ契約を機に、みんからを始めました。しばらくはリーフ関連の話題が中心...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

EVオーナーズクラブ 【EVOC】 
カテゴリ:EV関連
2018/06/28 12:54:43
 

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ S2000 ホンダ S2000
初期型S2000からこっそり乗り換え。あらゆる面がピーキーだった初期型と比べ、若干マイル ...
日産 リーフ 日産 リーフ
フィットハイブリッドから乗り換え。オレンジというよりは茶色…いやウ○コ色だなぁ。
三菱 i-MiEV 三菱 i-MiEV
気が付けば3台目のEVです。ミニキャブ・ミーブに自由に乗れないので、中古ですがついつい購 ...
三菱 ミニキャブ・ミーブ 三菱 ミニキャブ・ミーブ
設置した普通充電設備を活かすためミニキャブ・トラックから変えました。中古です。親に奪われ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.