• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2022年03月19日

35GTR、、

日本を代表するスポーツカーと言えば、スープラやGTRやRX7などがあげられると思います。

ここ数年アメリカへの輸出がこの手のスポーツカーの中古価格相場を上昇させているのが現実になってます。

35GTRは今年をもって生産を終了し、新しいモデルへとシフトするとかアナウンスされて、今年に入ってから35GTRの中古車価格がビックリする程上がってて、少し興味が湧き後期型を購入してみました。

投資とかと言う意味では無く、購入し楽しんだ分値落ちをする車なのですが、購入価格で売却出来る可能性が非常に高いと判断したわけです。



過去32GTRや33GTRなども乗って来まして、何十年か振りの日産車。
ドアの開ける音や閉めた時の音、サイドブレーキの引くあの感じなど、懐かしくも思えるし進化がみられないとも言えます。

イギリス人の友人はヨーロッパ車は無駄にお金を掛けて重量や費用が増えるけど日本車はとても効率の良い車を造るから好きだ。と言う。
要するにドアの開閉に重みは必要無い事だったり、上質な革を多用しなくてよかったりする日本車の造り方を指してるのかなと。しかしエンジンやミッションなどは世界中から良い品質の物を使い手を抜かない。そこが人気の1つなんだと言っていた。

そこら辺も含んで35GTRを乗ってみる。
エンジンを始動した時に、ミッションからカラッと音がする。これはゲトラク製のミッション独特のカラ音であるらしい。80スープラでクラッチを多版式に交換された方ならその音が懐かしく感じると思います。
そして絶えず後方からミーって音も聞こえる。これもミッションの電子制御クラッチシステムからなる音らしい。
それが正常であり35GTRである証みたいな、、笑

エンジン始動するだけで随分特別な違和感を感じます。笑

続く。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2022/03/19 10:16:22

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

R34GT-R 最近乗り始めた1年 ...
タコのはっちゃんさん

W124 300DT アンダーカバ ...
foxtrottさん

結婚記念日ドライブの巻
JZ Supraさん

Mercedes-Benz190E ...
ABCマートンさん

マニュアルミッション
noppo.さん

この記事へのコメント

2022年3月20日 9:25
騒音規制によりGT-Rの欧州販売を3月をもって終了とのアナウンス。
15年前になるデビュー時の試乗で圧倒的なゴジラパワーには、圧巻。忘れられないインパクトでした。
50thは、特別感があり目の当たりにしてグラグラ…買えないけどね。
200万時代に32ブラック買っておけば…いまさら。
やっぱりアリストがいいや( ̄▽ ̄)
コメントへの返答
2022年3月20日 19:22
Norioさんお久しぶりです(^^)コメントありがとうございます!
騒音規制なんですね!まーまーGTRは静かだと思っていましたが欧州では引っかかるんですね、、他の部分もきっとあるんでしょうけどね!
とにかく国産車でこれだけパワフルな車はGTRだけでしょうかね!! 世界に殴り込みしただけあります(^^)
Z32も確かに平成をジャックしたし、日産の代表でもありましたね!! 新しいZを手に入れてはどうでしょうか⁇(^^)

16アリスト大事にして下さい(^^)

プロフィール

「プロフィール画像とネームの変更、、」
何シテル?   04/25 11:27
ヨーロッパ車が好きです。ノーマル+アルファの改造が丁度良い年頃です(^^)
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2024/2 >>

    123
45 678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

リンク・クリップ

half 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/15 15:56:13

愛車一覧

BMW 3シリーズ ツーリング BMW 3シリーズ ツーリング
マイナー前からの乗り換えでマイナー後の320d Touringです。 バンパー前後、メー ...
アウディ R8 (クーペ) アウディ R8 (クーペ)
絶滅危惧種と言われるV10エンジンに乗りたくて購入。 いたって普通の車と感じる程乗りやす ...
日産 NISSAN GT-R 日産 NISSAN GT-R
日本を代表するスーパーカーと言っても過言ではないと思います。 エンジンパワー・足回り・ブ ...
BMW X7 BMW X7
7シリーズのSUVとして2019年に発表された時から気になっていました。X7のラインナッ ...

過去のブログ

2024年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2022年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2021年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2020年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)
© LY Corporation