• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

lotus,jps,club会長のブログ一覧

2018年11月29日 イイね!

捨てられないカレンダー

捨てられないカレンダー素敵なイラストを描く仲間のyasushiさんから来年のカレンダーが届いた

今年も早いものでもう来週から師走!カレンダーも1枚のみ。

今年は特に早く感じた一年だった。



車を趣味にしていると知り合いのショップなどからもカレンダーが届く。

今までも車のカレンダーを毎年事務所に掛けるが12枚めくって車種を確認、なぜかそのままに・・・・



切り取り線で切って捨てる事が出来ない!

ポスタータイプもあまりにも車が美しくてポスターとして再利用できるかも?

そう考えると捨てられない。




平成最後のカレンダーとして大切に置いておこう。

数年前のロータスヨーロッパが表紙のカレンダー、これも真っ新のままだ!

自分にとって大好きな車のイラストはインテリアなのです。


関連情報URL : http://lotusjps.info/
Posted at 2018/11/29 22:07:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月25日 イイね!

ART HARBOR OSAKA レセプションパーティーへ参加

ART HARBOR OSAKA レセプションパーティーへ参加普段はジーンズかスエット!

軽装が楽だし好きだ、たまにはジャケットでパーティーに参加するのも気分がいい。

真珠のようなクラシックカーを集めた「CLASSIC CAR AUCTION」と

コンテンポラリーアートを集めた「ART FAIR」に参加させいただけるチャンスが巡ってきた。



お世話になっているOさんのシェブロン、良い機会を有難うございます。



Jaguar XJ220c



TOYOTA2000GT






会場には100台のレーシングカー、スーパーカー、クラシックカーが所狭しと飾られる。



来場者の駐車場も・・・お~!全部は画像アップ出来ませんが





高そうな車がズラリと並んでます。

トークショーでは車が大好きな片岡〇之助さんがゲスト。






中でもポルシェ911にぞっこんでした!もちろん開催日が11月22日 イイフフウフと言うことで

奥様のお話も聞かせていただけました。

桂〇美さんのウエディングファッションショーもモデルさんめっちゃ綺麗!



自分が横に並んだら人間とは思えんやろ。。。てくらいスタイル抜群でした。

景観アーティスト、庭園デザイナーの石原〇幸さんの盆栽、とても味わい深い作品の数々、

数憶する盆栽には驚きました。


このような時間を過ごせることは滅多にないのでとても良い経験になりました。

ご招待いただいたOさん、Glionグループの皆様ありがとうございます。

関連情報URL : http://lotusjps.info/
Posted at 2018/11/25 22:49:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月12日 イイね!

107th TSM 高雄サンデーミーティングに参加!

107th TSM 高雄サンデーミーティングに参加!ロータスヨーロッパには絶好のドライブ日和!

仲間と高雄サンデーミーティングに参加した。



午前8時前に駐車場に到着、紅葉とセブンがええ感じやん♪



セブンのボンネットに紅葉が・・・秋やな~



綺麗なランボルギーニミウラSとブガッティEB110

フェラーリもたくさん来ています

その他の当日の様子はlotusjpsclubホームページでも確認出来ます。



今回のテーマはスーパーカー&レースホモロゲ車



主催者のSさんはヨーロッパS2で参加、現場を仕切る!



アストンと紅葉?



空気の綺麗な場所だから・・・i8?



スーパーな仲間も登場で華やかになる



存在感抜群のランボルギーニカウンタックLP400



ブガッティも独特なスタイルやね~



アルファロメオモントリオール、この車のスタイルも最高!



早起きはキツカったが仲間ととても楽しい時間が過ごせた!

関連情報URL : http://lotusjps.info/
Posted at 2018/11/12 13:48:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月05日 イイね!

ロータリー旧車ミーティング 2018 in 淡路

ロータリー旧車ミーティング 2018 in 淡路FD購入後初のイベントに参加!

FさんのRX-3,いつものスーパーカー仲間と淡路ハイウェイオアシスへ

今日のオアシスはバイクが凄いぞ!



仲間の348オーナーKさんから聞いた話しによると淡路島バイクフェスタが開催されていると


そちらも興味があるが今日はロータリーミーティング!

車もレアなモデルがたくさん会場に来ていました。



初代カペラロータリークーペ(S122A) 、懐かしいな~

恐らく1970年式くらいでしょうか?





ルーチェロータリークーペ、コスモスポーツに次ぐ第二のロータリーエンジン搭載の車です。

三角窓が無いのでハードトップでモデルです。



2代目のルーチェ、ボディタイプは4ドアセダン、2ドアHTのほかにカスタム(4ドアセダンに2ドアHTの

フロントマスクを装着)の3種。また、後にバンやワゴンも追加された。

ロータリーとは関係有りませんが気になる車なんです・・・

ベレットGT



三菱ギャランシグマ



三菱デボネア



SR311



スズキGT750、ワイルド7を思い出します!



フェラーリディノ



FC3Sカブリオレ



今回は広島でも7ミーティングが開催されていたようです。

ノーマルFDは私の1台のみ、また次の機会に情報収集で参加したいと思います。

主催者の皆さんOld Rotary Association ,Japan
ありがとうございました。





関連情報URL : http://lotusjps.info/
Posted at 2018/11/05 10:17:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月29日 イイね!

最高速度の差が245m/h

最高速度の差が245m/h和歌山県元気長谷毛原会スーパーカーイベントに参加した。

当日の様子はlotus,jps,clubホームページで確認できる

会場で気になった車を3台選んでみた。

最も早い車の最高速度は350km/h、そのうちの最も遅い車が105km/hと言われた・・・・

その差245km/h!

古いレアな個性のある車達、スーパーカーでなくとも魅力を感じる年になってきたのか。。。



まずは2台のランボルギーニアベンタドール!




ランボルギーニ・アヴェンタドールS”ロードスター、もちろんルーフが取り外せる

オープンタイプのアベンタドール!

座席後方にあるリアウインドウはボタン一つで上下に開閉。

ウラカン・スパイダーでもこれは同様で、ミドシップマウントされたエンジン、6.5リッター

V12自然吸気(740馬力)、の咆哮を直接聞ける醍醐味が味わえる!




オープン化によって補強がなされ、その分重量が50キロ増してはいるものの

車体重量は1625kgへと増加(クーペ比+50キロ)し、

0-100キロ加速は3.0、最高速度は時速350キロ。




一方の白いクーペモデル、ランボルギーニ アヴェンタドールLP700-4 4WD

6.5リッターV12自然級気エンジン。8250rpmで700psを発生する高回転型パワーユニットは、

7段ISRトランスミッションと組み合わされる。

公表データは0-100km/h加速2.9秒、最高速350km/h



70年代ランボルギーニカウンタックLP400Sから40年、安定した速さのフラッグシップモデル、

出るか?出んか?解らん300km/hなんて話が夢が有って良かったのかなぁ?

次はこの車。

シトロエンアミ6、1961年に登場した最初のアミは当時まだ珍しかった矩形ヘッドランプの

お蔭かヒョウキンな顔にクリフカットと呼ばれる大胆なルーフ後端の処理、

ボディサイドのプレスラインなどが特徴である。

外観以外のベースは2CVで空力の良さ?多少マシだったのか車重は650kg、

最高速は105kmと言われた。



AMI6には、その後1964年、ブレークボディが追加されます。そのモデルがコレ!

クリフカットのモデルよりこのルーフの方が好きだな~、以外と凡人なのね

ちなみに「アミ」とは友達の意味らしい。なんとも可愛らしいお洒落な車だ・・・

その後のモデルはアミの初期型の特徴、歯抜けの様なフロントグリルも無くなった。



そして国産代表が三菱ランサーGSR!



1973年登場の初代ランサー!当時国産スポーツカーと呼ばれるにはDOHCでなければ・・・

ファミリーカーとしてデビューしたランサー、ホットモデルのGSRまでも心臓部はSOHC1600cc、

しかしながらDOHCに匹敵する動力性能を発揮した。



国際ラリーでも大活躍、73年というデビュー年に豪のサザンクロスラリーで1位から4位まで独占。

74年には世界ラリー選手権であるサファリラリーでジョギンダ・シンの手による

ランサー1600GSRが優勝。

76年にもサファリラリーであのチャンピオンカーのランチア・ストラトスを抑え、1位から3位を独占。

当時派手さは無く、地味な存在のランサー。

カエル顔のルックスが友人の間でも好き嫌いが別れた車だ。

だが知るひとぞ知る名車、というのが当時の印象だった。

のちにランサー・エボリューション、通称ランエボとしてラリー界を席巻、

その大先輩がランサーGSRなんですね。

関連情報URL : http://lotusjps.info/
Posted at 2018/10/29 20:30:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「捨てられないカレンダー http://cvw.jp/b/1480252/42244312/
何シテル?   11/29 22:07
よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス ヨーロッパ ロータス ヨーロッパ
子供の頃からの憧れの車、ロータスヨーロッパ、 最高だぜ~!
マツダ RX-7 マツダ RX-7
気になっていたFD3S-RX-7を購入しました。 ロータスヨーロッパと2台楽しく乗って行 ...
日産 サニー 日産 サニー
直結5速、軽量なボディ!峠でもサーキットでも速かった!
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
30年以上前、4バルブのエンジンレスポンスに驚いた!いい車だ

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.