• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

kitakazeのブログ一覧

2021年05月26日 イイね!

半世紀前のアルバムから出てきた写真

半世紀前のアルバムから出てきた写真
最北もやっと朝晩のサイクリングが辛くない気温に。

それでもジャケットの下にはスキー用のインナーで保温。

オフシーズンに入り身体を動かすことをサボっていたせいで

手足の節々が、まるで油の切れた機械の様相

頑張ると、いたる所からキーキと音が出るんじゃないか?といった具合。












alt
冒頭の写真はいつものノシャップ岬からの利尻島。

休憩しながら離島から戻ってくるフェリーが静かに進むのをぼーっと眺める。

広場では観光客の姿をチラホラ見かけるが、やはり数は少ない。

のんびりとした時間はとても心地よいのである。












alt

帰宅すると、母方の叔父が本棚の片付け中に古いアルバムが出てきたと届けてくれていた。

中身は僕が生まれた頃の写真が100枚程。四捨五入すると半世紀前に写したものだ。

色々と懐かしい光景がちらほら、そして車の写真も数枚。


















古いアルバムから①
 alt
母親の実家の庭先で抱えられる僕。
後ろは爺さまのクジラクラウン。
道楽モノ故に、全く実用性のない2ドアHT。
背伸びしてソアラを買ったのも。
歳をとったらクーペに乗りたいと思っているのも
この爺さまの影響が大きいのである。









古いアルバムから②
alt
父と自分、360ccのLJ20。
幼少期の我が家には何故かジムニーが3台もあった記憶。
5歳のときにドアに指を挟んで指先が紫色に変色した事件有り。
もしトヨタ車だったら指が無かったかも。ジムニーの建付の悪さに感謝。
いわゆる「四駆」好きは、この頃に刷り込まれたのだろう・・・













alt
ついでに10数年前の長男くんとプラドを写したもの。
僕も40年前と同じことをやっていたりする・・・。
思春期の頃は父を見て、こんな親父には成りたくないと思っていたんだが。
最近は声も姿も似てきたと周りの人が言う、やっぱり親子なんだなぁ。



 
Posted at 2021/05/26 20:11:52 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2021年05月15日 イイね!

日帰りドライブ

日帰りドライブ
往復でおおよそ400kmのドライブ、

帰り道で撮った一枚の写真。

利尻島だけがスポッと夕日に照らされて素晴らしいショーを魅せていた。








早朝に我が家を出立して南へ車を走らせる、

緊急事態発令前ギリギリのタイミングで開かれてる長男くんの部活応援へ。














alt
眠い目をこすりながらトコトコと片道3時間。

応援席はソーシャルディスタンス、声を出さずにメガホンを叩くだけの応援。

残念ながら決勝に残ることは出来ず。

精一杯頑張った結果だ、次を目指せ。














alt
応援も終わり時間はすっかりとお昼過ぎ
腹ペコな我らは士別市で昼食を。
5月1日にオープンしたばかりの新しい道の駅。
「羊のまち」ということでジンギスカンのセットで。
甘辛く下味の付いた厚切りの羊肉がグッド。













alt
今回は時間に余裕があったのでちょっと寄り道。
音威子府町にある小さな記念館へ。
「エコミュージアムおさしまセンター」は
現代彫刻家の砂澤ビッキ氏の作品が並ぶ。













alt
特徴あるデザインの作品が並ぶ
陳腐な表現だが
「生きる」を感じる事ができる










alt 
ビッキ氏の作品を初めてみたのは
音威富士スキー場にあったトーテムポールだが。
いつの間にか無くなっていたのが寂しい。
民芸品店を営んでいた事も、
今どきのプリントで作られる、安っぽくケバい看板と違い
とても素敵な看板だなぁと思う。












alt
アトリエのあった場所の片隅にスキーが。
裏側にシールの張ってある物
実用品だったんだろうなぁ。









 

alt
氏の使っていたスキー靴やカメラも、並ぶ。
小さなミュージアムだが
見ごたえがあり、作品の力強さに圧倒された。





「自然は作品に風雪というノミを加えていく」と意志を示し
野外の作品が風化することで完成するという考え。

ヒトは自然に贖うことは到底出来ないのだから
これも正解のひとつなのだろう。

コロナの時代に一つ考えさせられた時間となった。








 












 
 alt
色々寄り道をした帰路。一刻一刻暗くなり始める。
走っていると重そうな雲が空一面を覆っていたが、
利尻島の上だけにポッカリと雲の隙間が。
壮厳な光景を前にすると不思議、
とにかく気持ちがよく、その時その場所にいる事をただ喜べたのである。










Posted at 2021/05/16 08:49:57 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2021年05月11日 イイね!

80年代クルマ界隈の広告表現など⑪ 「88年5月ころ」

80年代クルマ界隈の広告表現など⑪ 「88年5月ころ」
クルマ界隈の懐かしい広告でちょっとしたことを思い出そう!



おっさんの80年代のノスタルジックな記憶。



脳味噌をひっくり返しながらダラダラとチラシの裏的にメモ。











専門知識の無い人がアバウトに過去を振り返っているだけなので



「ウンウン、そうだっけ?」・「そうかもね、知らないけど 」



と適当に首を縦に振っていただけましたら幸いなのです。












【1988年の5月頃の雑誌から】
この年は総理大臣が竹下登、DAIGOのおじいちゃんでしたね。
ドラクエ3が発売、ソウルオリンピック、なだしお事件等など。
今から33年前、日本全体が好景気に湧いた時代。
alt
EOSのデザインの方向性を見せたEOS620。
当時の定価は108,000円と高価で、新品なんかは貧乏少年には買えずじまい。
その後、学生時代に中古で買って基礎を学んだカメラ。

最近ではこの頃の写真熱もすっかり冷めてしまい、
コンデジでいいやぁ、スマホでもいいかぁ・・・と。
そりゃぁ、ニコンがカメラの国内生産を終わらせる訳だ。


 









alt
今の道交法ではこりゃ駄目だろ的なキャッチ。
ケンウッドのカーステ、定価は110,000円。
憧れのシステム、オーディオは派手に光る方がエライという時代。
デッキ、チューナー、イコライザー、アンプ搭載のフルコンに憧れたもんです、
EOSとカーステを合わせると22万弱、
現在はスマホ1台でこの用事が足りてしまうのだから隔世の感。













alt
これも時代の申し子。
箱型のリアスピーカー。
白いハイソカーには必須だったアイテムである。
ミニバンやSUVが主流になってしまいもはや絶滅が危惧される。
光るのが欲しかったけど貧乏な学生には買えなかった思い出。












alt
ケンウッドをもう一丁。今はほぼ見ないCDチェンジャー。
この頃はまだまだ高級品、恐ろしく画期的だったんですよ。
しかし、お金のない若者はチェンジャーはおろかCDデッキすら無い。
レンタルCDをカセットテープにダビングしてデートに臨んだものである。
でも、それはそれで楽しかったんだよなぁ。



しかし、CD10枚=7GB
この程度の音楽データを車内にプールするために125,000円とは
欲しくて必死になってバイトしたアンちゃん達の多かったこと。
今ならスマホ、いや、ストリーミングがある・・・・
こんな甘酸っぱい気持は若い人にはわからんのだろうなぁ。











alt 
この頃のスバルにしては解りやすい広告表現の3代目REX
このスーチャーは
近所のおばちゃんが乗っていてたなぁ。
ミラやアルトに比べて都会的だったイメージ。
黄色の灯火類がスポーティでおしゃれ。
















alt
説明不要のR31。
とにかくTVCMがカッコよかった。
免許を取ったら買うぞと夢見た車である。

そんな思いを拗らせて36回ローンでR32を購入したのがこの4年後。
学校へ行かず、車の為に日夜バイトに明け暮れる大学生が誕生したのである。









 
Posted at 2021/05/11 21:24:02 | コメント(7) | トラックバック(0) | くるま | 日記
2021年05月09日 イイね!

母の日もやっぱり値引きシールだ!

母の日もやっぱり値引きシールだ!
夕食後にお母さんお疲れさん会

母の日という事で感謝を込めてプレゼントやお菓子を。

ワイワイと一本のロールケーキを家族で4等分。

「長男くんも受験生、志望校に合格できたら来年はこの場にいないかもしれないねぇ。」

そんな話をしながら一時の団らん。

無駄だ、無用だと言われるイベントも多いのだが、そんな事はない。

リラックスしながら家族が何気ない会話を楽しめるのはとてもいい事なので有る。














alt
巷のカーマニアを悩ますお手紙。
しらばっくれるわけにも行かないので泣きながら納付に行く。
サクシードワゴンは重課税で39,600円
C-HRは34,500円
プラドは軽課が終わり50,000円
毎年の事とはいえ子育て中サラリーマンにはデカイ出費である。
ですから、払った分はカーライフを存分に楽しまなければね。




 















さて、9日の夕方に近所のスーパーを散策。
当ブログを見たことの有る方はご存知だろうが、
フードロス問題に一家言を持ち?赤札マニアの私。
この日も捨てられる運命に有る食品をサルベージするのだ(貧)。










 






alt
母の日の一家団欒を彩るロールケーキを売り場から見事に救助。
今日も食品ロスに薄い財布で全力で取り組み、
地球の環境と家庭の平和を同時に守れた事に、そりゃぁ見事な充実感を得たのである。






値引きシール万歳!!







Posted at 2021/05/10 19:32:42 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記 | 日記
2021年05月07日 イイね!

立夏を過ぎたがまだ寒い、

立夏を過ぎたがまだ寒い、
夕方の気温は10度、車の窓を開けると肌寒い空気。

立夏を過ぎて2日ほど経つのだが

まだまだ夏の到来は遠そうな最北端。

今日は仕事で近郊を走るついでに写真を数枚。

トップ絵は45km離れた場所からサロベツ原野越しに見る利尻山。















alt
オロロンラインを走る。
職場のライトバンなので鹿に怯えながらソロリソロリ。











alt
10万㌔の記念写真を逃す。
まだ3年経っておらず、なかなかのハイペース。
それにしてもサクシードは丈夫、10万㌔超えても
スルスル走り、ガタピシも言わず今日も快調。











alt
海沿いの道路から一枚。













alt

 内陸部へ入る、牧草地で草を食む、エゾ鹿一家。
沈む夕日と相まってなんとものどか。
道路に出てくるんじゃないぞー・・・。











薫風の季節、何かと活動がしやすい時期だが
残念ながら感染症の影が日本中に広がってしまった、
早く落ち着いた状況を取り戻し自然の中で
のんびりと五感を磨きたいものである。








Posted at 2021/05/07 22:08:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記 | 日記

プロフィール

趣味と日常の備忘録。 車の話は少ないかなぁ。話題はちょくちょく脱線しますのでご勘弁を! 車いじりは誰でもできる簡単な事しか出来ず、それでも楽しいカーライ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/5 >>

      1
2 3 4 56 78
910 11121314 15
16171819202122
232425 26272829
3031     

リンク・クリップ

ギボシ端子 オス メス どっち?問題・・・をズバッと解決! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/10/03 23:57:20

愛車一覧

トヨタ ランドクルーザープラド トヨタ ランドクルーザープラド
久しぶりのクロカン4駆。 90系・120系に続き3台目のプラド。 冷やかしで取った見積 ...
トヨタ C-HR トヨタ C-HR
通勤、買い物、スキーの足、ロードバイク積載、ヨメ子さんの飲み会送迎に大活躍。 小さな排 ...
トヨタ サクシード トヨタ サクシード
平成17年登録のサクシードワゴン、平凡なスペックで1500cc、4AT、4WD、日本中何 ...
トヨタ エスティマハイブリッド トヨタ エスティマハイブリッド
北海道では冬の事を考えるとやっぱり4WDが安心。 好燃費とモーターアシストによるスムーズ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.