• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やーまちゃんのブログ一覧

2008年12月18日 イイね!

若者の自動車離れ!?

最近の自動車業界、とてつもない逆風にさらされていますね。
少し前までは若者の車離れと騒がれ、いまはアメリカ発の世界恐慌とも言われる不況の嵐です。

ホンダはF1からの撤退、次期型NSXの開発中止、スズキとスバルはWRCからの撤退。
発表されているのはそれだけで、きっと他のメーカーでも開発凍結なり破棄されている次期型車も
あるだろうしこれから発表になる、レースからの撤退なんてニュースがあるかもしれません。

国内レースのSGTも、いろいろと問題が渦巻いています。
GT500も、新しい車両規定に適合するマシンで参戦するのはトヨタだけで、参戦チームも
トヨタと日産は1台づつ減るかもなんて言われてますし、ホンダは・・・ですしね。

モータースポーツは、スポンサー企業の支援があってこそですから、景気が悪くなり広告費が
圧縮されればモータースポーツへの支援が薄くなってしまうのも必然でしょう。

FNは、現時点ではオートバックスがスポンサーになっているARTAが参加できないようです。

最近はカーナビが純正になり、若者も車から興味を失い、オートバックスやイエローハットも相当に
販売面で打撃を受けているようですね。

そんなわけで、今日は世界恐慌に関しては、どうにも語りようが無いので、少し前まで問題に
なっていた若者の車離れに対して、ちょっと問題が有るかもしれませんが、考えを書いてみます。

ちょっと同意を頂けない意見かもしれませんが、ずっと思っていた事なので書いてみます。
それではいきます。

基本的に車好きって改造好きじゃないですか。
そして、若い時ほど爆音とか極端な事をしますよね。(少なくとも、わたしは…)そんな若者が、
レースに憧れ、レースを観戦し、オートバックス等で直管マフラーを買い、車高調を買い、
山や埠頭や高速道路でレーサーの真似事をして道路沿いの住人に迷惑を掛けながらも、
車を中心に生活しオッサンになって車好きが治らず無駄に大きいクラウンやセドリックなんかを
買う層というのが、自動車に関連する会社や自動車産業を中心にする社会を支えてきたのかな、
と思います。

しかしながら、そんな自由気ままに迷惑掛け放題な車好きの違法改造車は警察が厳しく
取り締まるようになり、オートバックス等では違法改造部品を売らなくなり、オイル交換等の
作業もしてもらえないという違法改造車には厳しい環境になりました。
そうなると、ライトな改造車がカッコいいと思って乗っていたような層は、そんな警察に
捕まり罰金取られて、オイル交換もしてもらえないような改造車はメンドウになり車の改造を
しなくなり、それまで車に、投資していたお金が余り、他の楽しみを探して、そちらへ投資するように
なり、車というモノへの興味が薄れてしまったのかなと思います。

当然、こんな人も居たってぐらいで、そうじゃない違法改造は嫌いで純粋に競技がという人も、
たくさん居たとは思います。そんな人は、いまもSGTやFNを支えてくれているんだと思います。

基本的に、遊びって学生時代とか先輩の影響を受けるじゃないですか。
それが、ここ7~8年ぐらいって警察の取締りが厳しくなり、車遊びに興味のある若者が減り、
そして、後輩に影響を与えた先輩とか、近所のカッコ良い改造車に乗るお兄さんが減っていき
年々と取締りの強化に反比例して急坂を転がるように減ってきたのが、ここ最近の若者の
車離れといった結果なんじゃないかと思うのです。
そして、車遊びがマイノリティになり、結果、車は遊ぶものから移動の足にあれば良いものになった。

それが、いまのコンパクトカーとミニバンに傾倒した日本の現状なのではないでしょうか。

当然、世の中からは爆音マフラーが減り、違法改造車に悩まされていた方は住みやすくなったと
思います。それは、当たり前の権利を取り戻したのであり、ものすごく良い事だと思います。

それに自動車会社には、こんな悩みもあるようです。
交通警察24時とかの番組でルーレット族やローリング族の放送があると、お客様相談センターへの
お叱りの言葉が激増したそうです。『あんな改造車を売っているようなメーカーの車は買わない』
とか『改造できないような車を売れ』といった内容の。
そんな背景もあり、改造車のベースになるような若者にも手に届くコンパクトスポーツカーが
無いのは自動車メーカーにとっては、問題のひとつが片付いた事になるのかもしれませんね。


まあ、風がふくと桶屋が儲かるっていう、昔の人の言葉がありますね。
この言葉、素晴らしいですね。昔の人は、良く知っていますね。
わたし的には、違法改造を取り締まると車が売れなくなる。こんな感じ!?

きっと、いまの国内販売がもっと若者に車の興味があり、車が売れていれば、世界恐慌とも
言われる海外の販売が不振でも、もう少し違う展開があったかもしれません。

もう、きっとこうなると、自動車遊びはダサいという時代を過ぎ、過去のモノになってしまった
のではないでしょうか。
そうなってしまうと、もう昔みたいに若い人が無理して車を買うことも無く、足車として必要な
地域に住む人意外は、買う事も無いという事が続くのでしょう。

この、みんカラの年齢分布って、どうなっているんでしょうね。確実にmixiなんかより上かと。
まあ、車を買う事がきっかけになるので、まあ10代は除いても、やっぱり上ですよね。

ま、そんな時代でも、車遊びを止める事無く生きていきますけどね!!!
車検のたびに車高調を車検に通る高さに調整し、フェンダーからハミ出さないタイヤに交換して。
いまはまだフルノーマルですが、早く車検に通らない車にしたい!!!
あぁ、はやくこの不況、どっか飛んで行け~!アルミホイルと車高調を買う勇気を!
Posted at 2008/12/18 17:49:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | SGT&FN | 日記
2008年12月07日 イイね!

F1 ホンダのF1撤退を考える

まさか、こんな時期に発表になるとは思わなかった、HRF1の‘撤退’発表。
そして、いろいろな所で言われていますが、過去2回の休止発表とは違い撤退という
言葉を使ったと言うこと。あえて撤退と、過去に使った休止ではない言葉を使ったということは、
もうF1には参加しないという、
ホンダの意思表示なのではないかと思います。F1というモノが変わってしまった。
これは、やはり今のF1を見ると、スタンダートエンジンの導入とか、純粋に技術競争の場では
無くなってしまったという事でしょうか。
あまりにも、技術開発が進んでしまい、レースが実際に走る研究室では無くなってしまった、
という事でしょう。
今のように、コンピューターが進化して、現物をレースという限界の環境で試用して、
トライ&エラーを繰り返して、だんだんと性能を磨き上げていくというプロセスを踏まなくても、
CAEやCFDで、計算により導き出された形状を、実際に試す場になってしまったレース。
世の中の全ての事象は、数学で表すことが可能らしいですね。
その一端が、CAE&CFDだと思います。
実際、レースの現場へ持ち込むマシンは、ほぼファクトリーで動的車体試験機や、
動的運動解析ソフトでイニシャルセッティングが施され、その出来、不出来が結果を
左右するアイテムにまでなっていました。

これでは、自動車の性能を磨く為にレースに参加しているのか、開発プロセスを磨く為に
参加しているのか、よく分からなくなってしまったのではないでしょうか。

実際問題、開発プロセスを磨くという事の為に、年間500億円というお金を投資する事に
価値を見出せなくなったという事が大きいと思います。
なにやら、ワンメイクエンジンを導入したり、F1がF1でなくなってしまう、500億円もの大金を
投入できるF1の価値とは何なのでしょうというホンダのメッセージなのではという気もします。

F1とは?というホンダの発するメッセージ面から考えると、こんな感じかと。

そして、もう1つ。ある方のブログで見た内容ですが、ある意味納得です。
ホンダの福井社長の会見でもあったように、世界恐慌とも言われる、この不景気の波ですね。
日本でも、やはり非正規雇用の契約解除をしているような会社が、500億円もの
資金を投じてF1なんて遊びをしていて良いのかという意見もあり、わたし的に目から鱗でした。
あぁ、視野が狭い。
これは何と言って良いか、本当に難しく、微妙な問題だと思います。。。

しかしながら、それだけでは無いと思う、もう1つの見方をしてみようと思います。
これが、実際は大きかったのかなと思います。それに加えて、最初に書いた内容が加わり・・・
という事かと。

というのは、第3期のホンダのF1活動に対して思うこと。
どうなんでしょう。本気でF1に取り組んでいたんでしょうか?
BAR時代は、橋健さん、木内さん、田中さんと、ホンダの顔が見えていたような気がします。
しかし、デビット・リチャーズを追い出したつもりになり、100%ホンダになったと思わせた、
06年以降は、中本さんと、デビットリチャーズの配下である憎キ・フライの顔が見えるように、
なったと思います。
この、リチャーズ体制から100%ホンダ出資になったのに、リチャーズ配下のフライを残した
ホンダの意図はなんだったのでしょうか。この辺が、トヨタは富田さんであり、山科さんであり、
日本人というかトヨタ役員がチームの顔になっています。
なんでホンダは、この形を取らなかったんでしょう。不思議でなりません。
そして、ニックフライ。なんか、まともな仕事したんでしょうか?リチャーズが居なくなり、
ホンダ100%でもない隙間の年の05年、撤退会見で福井社長も悔しがっていた、
燃料バラスト事件でも、なにか代表として、仕事をしたんでしょうか?
あげく、琢磨も追い出し、そのうえスーパーアグリにも嫌がらせの数々・・・。
スポンサーにしても、ラッキーストライクが撤退して以降、詐欺とも言われるアースドリームの
代理店に、いいように、やられてしまったようだし。そもそも、マクラーレンより年間予算が
多いって・・・。
お金が無いというより、お金の使い方を間違っていたんですね。
結局、ホンダはフライをコントロールしきれなかったんですよね。
というか、完全にHRF1を乗っ取られてしまったのではないでしょうか。

いまHRF1の買い手の1人に、デビットリチャーズが候補に上がっているようです。
リチャーズにしてみれば、数年間チームを離れた間に、ホンダが1/1風洞やら、数々の
投資をしてくれて立派に育ったチームを、二束三文でホンダから買い取って、ぼろ儲けですよね。
きっと、05年にチーム株式をホンダに売却する際は、相当な金額で売却してるんでしょうから。
高くホンダに売って、フライを残しホンダからチームの増強資金を出させ、安くホンダから買う。
いや~、いい商売です。さすが、敏腕ビジネスマンと呼ばれるデビットリチャーズ。

重ね重ね、なんでホンダはニック・フライを追い出さなかったのかな~。これに尽きます。
残念でなりません。

そして、これからの自動車業界は、どうなっていくのでしょうか。
レースというのは、やはりS-GTでも、どうしようもない閉塞感が漂っています。
石油依存の世界、これを転換できるのか?なにか行動をと思いますが、なにやら偽善にも
感じますし、非常に難しく、どうしたら良いのか、どのように進んでいくのか答えが浮かびません。
ホンダは今までF1に投じていたリソースを、小型ジーゼルエンジンの開発などに、
投じていくそうです。

福井社長の言うように、3年後、4年後の展望が見えない。
でも、去年の今頃は、これっぽっちもそんな事は考えもしませんでした。
あ~、この閉塞感を吹き飛ばすような、明るい話題が欲しい!!!

例えば、FOTA主催の新しいオープンホイルのトップカテゴリーに参戦とかどうですか!?
福井社長!!!


Posted at 2008/12/07 14:31:20 | コメント(7) | トラックバック(0) | F1_2008 | 日記
2008年12月05日 イイね!

雷雨の中のドリフト練習会

雷雨の中のドリフト練習会休暇取得して、会社の知り合いの主催するドリフト練習会に
参加してきました。
富士SWのジムカーナ練習広場です。

あいにくの雷雨で、コンディションは最悪でしたが、
ATでフルノーマルのV36には
最高のコンディションとなりました(苦笑)
当日、別の用事で朝からの参加は出来ずに、昼からの参加になり
現地は雨という情報を厚木インターに乗ってから得た為に、
まだ雨の降っていない中井PAの駐車場で、ドリに使うホイルに
履き替えました・・・。

なかなかドライでは、ビスカスLSD程度では、
なかなかドリフトを維持するのも大変で結構、綱渡りになるのですが、
雨でグリップの無い路面では、もう水を得た魚状態!!!

晴れなら写真や動画も撮ってもらえるのですが、なかなか当日の雷雨では、それも頼めず・・・。
写真が無いのは残念ですが、なかなか楽しく走ることが出来ました。

そして、1つ分かったことが。V36セダンは、後ろに16インチを履くことが可能でした(笑)
ビジュアル的には、相当な痛さを発揮していますが、ドリ練には良い情報です。
まあでも、手も入らないほどのギリギリなクリアランスでしたので、ホイルによっては干渉するかも。
わたしが、履く事が出来たホイルは、FC3S純正とかのBBSのメッシュ16インチです。

Posted at 2008/12/07 16:32:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | スカイライン | 日記

プロフィール

「新型イイですね!旧型で気になってた部分が、しっかり対策されてる感じで、欲しくなりましたw @インフィニティG25 」
何シテル?   11/11 22:11
車は純正がイチバンと思っています。 ですが、ナゼだか残念な事に、愛車スカイラインはノーマルとは、 程遠い姿になってしまっています・・・w ブログは、も...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/12 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

PCに行ってきました(その2) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/09 22:35:52
【ビート】【E07A改Spec3千速】慣らし~4回目オイル交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/05 23:09:54
日産車フェアin追浜 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/07/01 20:34:50

お友達

実際にお会いした事がある方、もしくはコメント等でやりとりして知り合ってからお願いします。
96 人のお友達がいます
ミハエル・シューマサシミハエル・シューマサシ * ナインツ@SJ5Cナインツ@SJ5C
toshi-36toshi-36 インフィニティG25インフィニティG25
美富士美富士 TakeTake

ファン

79 人のファンがいます

愛車一覧

日産 リーフ 日産 リーフ
2018年3月に、15000km走行の中期型を中古にて購入。 エアロスタイルで、NOT ...
ルノー メガーヌ ルノー・スポール ルノー メガーヌ ルノー・スポール
2015年6月中旬 納車しました ニュルで乗ったR26.Rの素晴らしいハンドリングに魅 ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
白の350GT TypeSです。 FACE SWAPにより顔面だけ後期仕様で、 内装と ...
日産 ノート 日産 ノート
NOTE Riderです。 フロントバンパー、リアバンパー、サイドステップが専用です。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.