• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

レッズレノンのブログ一覧

2018年10月17日 イイね!

やっぱり、将軍家のお庭はスゴイ!!

やっぱり、将軍家のお庭はスゴイ!!


「お台場海浜公園」から







ゆりかもめで

「汐留」まで約10分。


そこから、少し迷いながらも

数分で「浜離宮恩賜庭園」着。


江戸時代から続く庭園では、

都内唯一の海水の池です。





「大手門橋」を渡り

入り口を入って左に「三百年の松」。





「旧稲生神社」、「水上バス発着場」を経て

お目当ての「将軍お上り場」へ。





三毛、みっけ♪


「灯台跡」。




「将軍お上り場」!!



「将軍お上り場」は、

徳川将軍が船で浜御殿に来た際に上陸する場所で

14代将軍・家茂と15代将軍・慶喜にとっては

悲しむべき上陸地点でした。





家茂は計3回上洛していますが、

江戸に帰ってくる際には3回とも

ここに上陸していました。


その3回めのご帰還は、

悲しいことに、亡骸となっての帰還...。

 
15将軍・慶喜は、

鳥羽伏見の戦いに敗れ、

大阪城から江戸に逃げ帰り、

慶応4年1月12日、「将軍お上り場」に上陸しました。


勝海舟らが出迎えますが、

ここで勝海舟が慶喜に対して一言。

「敗戦の責任はあなたにあります」。


大東京の中に今でも残る、

時代の転換点を見てきた「お上り場」で

しばし物思いにふけります。



昔から使われている「水門」。



かつては、ここ浜御殿で

将軍さまが鯨を上覧されたんですよねー。



*************************************************

寛政10(1798)年5月1日、

暴風雨によって品川沖に一頭の鯨が迷い込んで来ました。


江戸中で評判になり、それを聞きつけた代官が検分に来て、

将軍・家斉が浜御殿で上覧することが申し渡されます。


5月3日、漁師たちは鯨に縄をかけ、浜御殿沖まで船で引いていき、

将軍に供覧したそうです。


家斉はたいそう喜び、

こんな歌を詠まれたそうです。


うちよする 浪は御浜の おにはぞと
         
くじらは潮を ふくはうち海


*************************************************


この寛政の鯨騒動は

「享保の象」

「文化のらくだ」とともに

江戸動物三大事件として語り継がれています。

(この象さん、なんと「浜御殿」で12年も飼育されていましたヨ!)





「庚申堂鴨場」。

(写真は、ごく一部)


今回、鴨場なるものを

じっくり見ることができましたので

長年の疑問が解決いたしました‼

(これはまた別の機会に...)






「中島の御茶屋」。




「富士見山」からの景色は

絶景かなー。





























「中島」から

「富士見山」を望む。


「燕の御茶屋」


「鷹の御茶屋」













将軍さまも

寒い朝には

土間に作った炉で

芋や栗を焼いて、

田舎の風情を楽しんでいました。



「鷹部屋」。








帰りは

「中の御門」から出て

新橋駅まで徒歩で。



(「浜離宮」、滞在時間2時間超。

大いに満喫いたしましたー。)



Posted at 2018/10/17 21:57:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 歴史 | 日記
2018年10月14日 イイね!

「エメラルダス」乗船!

「エメラルダス」乗船!



この8月に就航したばかりの

「エメラルダス」に

本日乗船。





浅草からお台場まで

約50分の

快適クルージングへ、いざっ。




「竜馬」と「ホタルナ」。




「ヒミコ」はデッキがないので

すぐにわかります。




松本零士シリーズ

一番艦!!






1時間前から並びます。


「吾妻橋」をくぐり、

「エメラルダス」登場!!!


テンション、上がりまくりです。


早速、乗船。














「神田川」と「柳橋」。


「東京消防庁」の船、

ご苦労様です。


「佃島」だっ。


「勝鬨橋」。


「築地大橋」。


さよなら「築地市場」。


「東京タワー」。


「築地市場」と「浜離宮」は

お隣さんだったのかー。


(お台場に着いたあとは

「ゆりかもめ」に乗って

「浜離宮」をたっぷり散策します。


お目当ては、戊辰戦争時、

慶喜が江戸に逃げ帰ってきたとき上陸した

「将軍お上がり場」。


そのあと、

勝海舟が「負けたのはあなたのせい」と

慶喜を諫めたのも、この場所!)


鯨のしっぽっ⁉


船内カフェ。






もう低い橋はないので、

デッキに上がってOK!!












「レインボーブリッジ」。


ほんとの「お台場」。

(品川第六台場)


「フジテレビ」。


「海舟」!!


もう着いちゃった。


















今度は「ヒミコ」に乗ります。






東京を水上から見る。



大都会東京の中に

大江戸の景色も

垣間見れて

とってもエキサイティングです!

(しかも、¥1,560なりっ)



人の営みって

すばらしい!!!



関連情報URL : http://www.suijobus.co.jp/
Posted at 2018/10/14 19:13:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | お出かけ | 日記
2018年10月08日 イイね!

こりゃまたスゴイの、出てきたぞ。

こりゃまたスゴイの、出てきたぞ。
先ほど

久しぶりに「TOKYO CRUISE」のサイトを見ていたら、

またまたスゴイ船が就航していました。



その名は

エメラルダス」。














******************************************************

「子供達が見て思わず乗ってみたい」と思う船を目指した

「ヒミコ」の就航から約14年、

その姉妹船であるホタルナの就航から約6年、

「エメラルダス」はシリーズ第三弾となります。


座席の指定が出来るコンパートメントを3か所設けました。
(コンパートメント料金にはドリンクチケット4枚が含まれています。)


船内では同氏の代表作「銀河鉄道999」「クイーンエメラルダス」のキャラクター、

星野鉄郎、メーテル、エメラルダス達による観光アナウンスが流れています。

******************************************************










さぁ、今から予約だっ!!



Posted at 2018/10/08 19:46:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | お出かけ | 日記
2018年10月07日 イイね!

江戸城の御殿が現代にある、という奇跡。

江戸城の御殿が現代にある、という奇跡。

昨日は人間ドックのあと、

時間があったので

喜多院とその周辺を散策。



(「人間ドック」専用レストランは

相変わらずおいしくて、ゆったりできます)







1時間ほどで

「喜多院」着。





今回の参拝の目的は

お寺用御朱印帳の購入。


いまの寺院用御朱印帳がいっぱいになったので、

喜多院で3度めの購入です。


いままで購入してきたなかで、

喜多院の御朱印帳の紙質が一番いいようです。

裏写りもしにくいし、

書き手の方からも

すごく書きやすいとほめられたこともありました。


値上がりはしていましたが、

いままでは1,000円でしたので、相場より安すぎでしたね。









「多宝塔」をじっくりじっくり眺めたあと

「江戸城の御殿(現在は、客殿・書院・庫裡)」に向かいます。


(「庫裡」でご朱印帳を購入)




「喜多院」の歴史は、奈良時代にまでさかのぼれますが、

平安時代には、勅願所、

その後、慈恵大師(元三大師)をお祀りし

関東天台宗の中心となりました。


正安3(1301)年には

東国580カ寺の本山に。


................. そして、慶長4(1599)年。


天海僧正(慈眼大師)がご住職となることで

幕府にとって重要な

非常に格式の高い寺院となるのでした。

(↑これ、江戸城の御殿の移築にあたって重要!!)



寛永15(1638)年1月、

川越に大火が起こります。


これにより、

現存の山門(寛永9〈1632〉年建立)を除き

堂宇はすべて焼失



そこで3代将軍・徳川家光は

堀田加賀守正盛に命じてすぐに復興にかかり、

江戸城・紅葉山の別殿を移築して、

客殿、書院等に当てました。


家光誕生の間春日局化粧の間があるのはそのためなのです!


この「家光誕生の間」。

いつ見ても

異次元に引き込まれるような威厳を放っていて、

たぶん一日中ここにいても飽きないと思います。

(格天井には、狩野派による81枚の花の絵、

お庭は「紅葉山」を模した立派な庭園です)


今回初めて、家光が使った

「厠(トイレ)」と「湯屋(お風呂)」も見ましたが、

昔から公開してたかなーー??


建物内での写真撮影は厳禁ですので

ぜひ、400円払って見てみてください。

歴史好きの方ならば、決して後悔しません。

(わたしならもっと払います!)


そして、

「春日局化粧の間」。


こちらも柱の目の通り方や

四隅の面取りなどに気品の高さが感じられます。

(万が一の際に使うと思われる

中2階に通じる、取り外し階段も必見です)


ん~~、住みたい!


(家光誕生の間は左端の奥です)


(江戸城・紅葉山を模した庭園)


(ちなみに、「川越氷川神社」境内にある「八坂神社」は

寛永14(1637)年に建てられた「江戸城二の丸東照宮」

移築したものです。)

江戸城内の宗教的建造物の遺構としては

全国唯一の存在として、

その歴史的価値が高く評価されているそうです。

ここにも、もう一つの軌跡が...)








「山門」(国指定重要文化財)。

1632年建立の

喜多院では現存する最古の建物。






「鐘楼門」(国指定重要文化財)。

建立年代ははっきりしていませんが、寛永10(1633)年に

東照宮の門として建立されたことが記録にみえます。


7世紀初頭の古墳の上に建つ

「慈眼堂」(国指定重要文化財)。



「仙波東照宮」(国指定重要文化財)へ。


元和2(1616)年、

駿府城で徳川家康が亡くなると

一旦久能山に葬りましたが、

元和3(1617)年、日光山に改葬の途中、

3月23日から26日までの4日間、

遺骸を喜多院に留め

天海僧正が導師となり大法要を営みました。


そのことから境内には東照宮が祀られ、

寛永10(1633)年には立派な社殿が造営されました。


ところが、寛永15(1638)年の川越大火により類焼したため、

徳川家光の命により直ちに再建に着手。


寛永17(1640)年に完成したものが現在の社殿です。


(昨日は鉄の門が閉まってましたー)


日本三大羅漢のひとつ「五百羅漢」へ。

天明2(1782)年から

文政8(1825)年の約40年間にわたり建立されたものです。

全部で538体が鎮座。


前回来たときは時間がなく

ゆっくり見られなかったので、

今回は一体も漏らすことなく

じっく~~りと

対話するようにお参りしました。






(今日は暑いぐらいのいい天気じゃのぉ)


(ですなー)


(これ、ヤフオクで3千円で落としたった...)


(スマン。ゆるしてくりやい)


(んーーン。まんだむ。

この羅漢さんの手元の水面には

繊細な線で水紋が彫ってあり、ちょっと感動)


(なんか、このお参りの人、

世俗の邪念だらけじゃノォ)



この「五百羅漢」さんたち、

今にも動き出しそうな(話し出しそうな)

本当に生き生きとした彫刻で、


子どもの頃はコワイ印象でしたが、

人生経験を積めば積むほど

味わい深く感じられてきます!




「喜多院」を離れてのお散歩中、

「喜多院」発祥の地を発見しましたので

行ってみました。


が。


古墳は削られ、

碑が建っているだけでした。



かつて

「北院(現在の喜多院)」「中院」「南院」のなかで

一番の勢力をもっていた「中院」へ向かいます。


途中の「南院」跡。

廃仏毀釈の影響で

こんなんになっちゃってます。


(先ほどの「仙波東照宮」、

これから行く「日枝神社」も

神仏分離令により、喜多院とは別管理に...)


「中院」。


島崎藤村ともゆかりの深いお寺です。





喜多院山門、前方にある、「日枝神社」。

日枝神社というと

「東京」のものを思い浮かべるでしょうが、

こちらが本家本元、

国の指定重要文化財(ご本殿:1611年以前に建立)です。






(ここにあった古墳も、県道を通すために削られています。

喜多院境内に現在ある多宝塔は、そこから移築されたものです)


現在の赤坂・日枝神社は、

文明10(1478)年に

太田道灌が江戸の地に城を築くに当たって

ここから江戸城内・紅葉山に分祀したことにはじまります。

ここでも、紅葉山つながり―!!


最後は

「成田山 川越別院」へ。







バリウム飲んだ後でしたが

元気に歩き回りました......。




Posted at 2018/10/07 12:05:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 神社仏閣 | 日記
2018年09月29日 イイね!

「散り椿」。い~い映画です。

「散り椿」。い~い映画です。こだわりの

オールロケーションによる

美しい時代劇。


事前情報を一切断って

観に行きましたが、

よかったなぁ~~。
















**********************************************

葉室るみ子さん(故・葉室麟 夫人) コメント


耐える新兵衛の背に、男の真情が見えました。


ひとのやさしさと美しさを描きたい。

夫のその想いを大切に結んだ映画の情景が哀しく胸に迫り、

心を奪われました。


天にも届く感動をありがとうございます。

大切に思う映画に出会えた。それだけで仕合わせです。

**********************************************






「大切に思えるものに出会えれば、

それだけで幸せだと思っております」


 ―― 主人公・瓜生新兵衛





関連情報URL : http://chiritsubaki.jp/
Posted at 2018/09/29 17:14:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 映画 | 日記

プロフィール

「やっぱり、将軍家のお庭はスゴイ!! http://cvw.jp/b/861852/42074813/
何シテル?   10/17 21:58
サッカー、フットサル、浦和レッズ、ジョン・レノン、キャンプ、ドライブをこよなく愛する50代です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

AUTOBACS Maxrun Maxrun Excela EZ 175/70R14 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 16:22:58

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ポルテ トヨタ ポルテ
フレンディ + ライフ から乗り換え!!
マツダ ボンゴフレンディ マツダ ボンゴフレンディ
レッズ戦参戦、キャンプ、カフェめぐり、公園めぐりに大活躍のフレンディー、でした!
フォード プローブ フォード プローブ
今となっては懐かしの パッシブシートベルト標準装備。 これで北海道や京都まで ドライブ ...
フォード テルスター (セダン) フォード テルスター (セダン)
5MT車! 当時の私の憧れ、DOHC。 リアビューが今見ても カッコいいです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.