• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

レッズレノンのブログ一覧

2016年07月31日 イイね!

緑のパワーに癒されて...。

緑のパワーに癒されて...。

昨日は

埼玉県立歴史と民俗の博物館で

「古代高麗郡-考古資料から考える-」

聴講。


建郡1300年!!!




(「大宮公園駅」、新しくなってた!)







先日行った「笠石神社」にある

国宝の石碑も

渡来人の高い技術により

つくられたものでした。

(笠石神社にも、

『特別展「高麗郡1300年-物と語り-』

ポスターが貼ってあって

偶然の一致にビックリ。

宮司さんとも、お話が弾みましたー)



今日は、午後から

雨の可能性もありましたが

「古峯神社」へ!

(8:00出発!!)

午後になっても雨はまったく降らず

青空の中、ドライブできました。





到着。




竹からお水が出てます...。




拝殿。






屋根に「天狗さん」。




ご朱印をいただくために

拝殿の中へ。

とーーーっても広いです。




「どんなご縁があるかなー」ということで

特にご朱印の種類は指定せず。

(15分待ちくらいでした)





楽しみにしていた

古峯神社神庭「古峯(こほう)園」!




橋を渡って...。


すこし上れば。




そこには、

パラダイス!!




「峯松庵」。


高台には

「峯の茶屋」。








絶景かなー!












「峯の滝」。








こんなに贅沢な空間で

こんなに癒されてしまって

「入園料 300円」なんて!


また来ます!!



来るときに気になっていた神社、

「大葦神社」に寄り道。

(「神舟神社」という気になる名前の神社は
次回に寄ろう)


独特の雰囲気で

小さいけど、古社のたたずまい。




最後は、鹿沼総鎮守「今宮神社」へ行きます。
(..... 続く)




Posted at 2016/07/31 18:14:33 | コメント(2) | トラックバック(0) | 神社仏閣 | 日記
2016年07月24日 イイね!

博士、水ロケット2号機生産完了!

博士、水ロケット2号機生産完了!


思えば

1号機の生産

4年前の、夏。






4年経って

博士の

新型・水ロケットの飛行距離やいかにっ!?



生産工場、外観。




生産工場内部と

完成見本。




製造中。




博士のお友達とともに

約1時間で生産完了!

じゃんっっ。


早く外へ

行こ、行こ。


まずは、燃料の注入。
(ペットボトルの2,3割が目安)


空気を圧縮してー。
(30回くらいのポンピングが目安。
ペットボトルの内側が水蒸気で曇るのが合図かもしれません。
あと、触ってみての固さでも判断できます)


1回め、
発射!!


わわっ、

発射角度が低すぎたぁーーー。





2回め。

助手のわたくしめが

発射角度を調整。

いざっ。


ぷしゅーーーーっっ!!


美しい軌道を描き

けっこう遠くまで飛びました!!


3回め。

角度をもっとつけて。

ぷしゅーーーーっとナ!!!!


正面に見える木をはるかに超えて

向こう側の斜面にまで飛びましたー。

30~40mは飛んだかな??

(探すのと、行って帰ってくるのがタイヘン...)


楽しい時間はアッという間に過ぎ、

時刻は終了時間の、12時。



このあと、どこに行こうかなー。


.........「逆井城」に決定!!











んーー、

いつ来てもそそられます。






子どもたちは

歴史のロマンよりも

たくさーんのキノコに

大コーーフン!!


ミノムシ発見。


美しい土塁。




帰りは、道の駅「さかい」に寄って。




わたしは「ソーダソフトクリーム」。


子どもたちは「プリン」。


雲は少し多めでしたが

夏らしい、いい天気の中

いろいろと楽しめました♪




Posted at 2016/07/24 17:58:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 体験学習 | 日記
2016年07月23日 イイね!

ちょー楽しい♪ ニボシの解剖。

ちょー楽しい♪ ニボシの解剖。
我が家の

夏の恒例行事、

『親子科学教室』。

昨年 はこんな感じ)


********************************************

『NPO親子科学教室 

タネと発芽・煮干しの解剖』


共催:NPO埼玉たのしい科学ネットワーク


ハトのエサの中にはいろいろなタネが入っています。

さて、どのタネが発芽するでしょう。

台所のタネはどうでしょう。


煮干しは知ってますか?

煮干しって簡単に解剖できるんです。

生じゃないから血は出ないし、

しかも内臓や体のつくりがちゃんとわかります!!

2つの標本で、自由研究もバッチリです。

********************************************

【受講料】1,600円。教材費別途 500円。

【定員】20組


◆ 午前 10:00〜12:00

ハトのエサに入っているタネの種類を調べて標本を作ります。

続いて、その中でどんなタネが発芽するか調べます。

さらに台所のいろいろなタネの発芽についても調べます。


◆ 午後 13:00〜15:30

煮干しを解剖します。

心臓をはじめいろいろな内臓から筋肉、神経まで取り出して、

標本を作ります。


さらに、魚が食べているプランクトンも観察します。

一日を通して、子供たちはもちろん、

大人の方でも驚くことが多いと思います。

作った標本はそのままお土産になり、

夏休みの自由研究にも役立ちます。




今回も、会場は

なじみの文教大学。


午前の部のテキスト。


ハトぽっぽのえさ。

意外といろんな種類のタネが入っているようです。


下段真ん中が「コーリャン」。

初めてちゃんと見ました。




...... 全部で12種類入ってましたー。


このハトのエサに水をやると

さー、はたして芽が出るのかッッ??


答え:出ます。


ただし。

「麻」は、たまーに発芽しかかるものもあるようですが

伸びずに枯れてしまいます。

栽培されちゃうと、タイヘン困ってしまうので

麻は『熱処理』されています。


ではでは。

台所にある「タネ」は水をやると

発芽するんでしょうか?


キュウリのタネは蒔いても発芽しません。

ヒトが食べる段階ではキュウリは

全然熟してないからです。


熟したキュウリをスライドで見ましたが

まーー、でかくなりますヨ。


イチゴの表面についてるタネ。

あれは発芽します!

お米は「玄米」なら芽が出ます!



午後の部は、いよいよ煮干しの解剖!!

煮干しの原料、カタクチイワシの

成長過程。


稚魚は「しらす」ですね♪


んで、「煮て」から「干す」から煮干し。


ということは、「イカ」の煮干しやら

「アジ」の煮干しやら、

いろんな種類の煮干しがあります。

(イカの煮干し)



さぁ、2種類の煮干しが配られました。


頭と胴体を手で分けて...。


頭の上から、これまた手で

タテに2分割すると...。

ハイ、脳みそ出ました。


(カタクチイワシくん、怒ってます...)


先生方にも見ていただきながら

着々と解剖作業は進んでいきます。






エラのすぐ後ろに「心臓」。

新鮮な酸素を取り込めますね。

エラからはアンモニアを出すそう。


背骨の下には黒い管がありましたが

これは血が固まり黒くなった血管。

背骨にがっちり守られてます。


背骨の上には、細ーい糸状のものも見えます。

これは、脳から続いていますが、

「神経」です。


煮干しの解剖で

神経まで確認できるとはっ!

これには驚きました。


脳の後ろには「耳石」。

身体の傾きなどを感知します。

その断面は木の年輪のような同心円状のもので、

1日に1本が形成されるそう。

これは日輪(にちりん)と呼ばれ、

年齢推定を日単位(!!)で行うことができます。

何を食べていたかも、耳石からわかるんだそうです。


煮干しの「筋肉」だけでだしを取れば

最高のだしになるようなので

いつか食してみたいです。

(筋肉には「うまみ」成分が満載)



最後は

『チリメンモンスター』探し!

これがまた、楽しい!




ヘンなの、いるいる!!






本日「煮干しの解剖」をご指導いただいたのは

小林先生。


『煮干しの解剖教室』のご著者です。

さっそく購入しようと思います!

ご指導、ありがとうございました。


帰りの駅までの途中、

大学のそばにあった

「大房稲荷神社」にお参り。


次女は来年、中学生。

「親子科学教室」は

今年で最後になるのかな~。




Posted at 2016/07/23 23:10:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | 体験学習 | 日記
2016年07月18日 イイね!

暑中寒晒しそばと、観音さまと。

暑中寒晒しそばと、観音さまと。


江戸時代、

季節外れの暑い時期に

将軍に献上していたという「お蕎麦」を食べに。


いざ、「出流」の郷へ!



途中、「ラピュタ」に出てくる

炭鉱の町(?)みたいなところ(石灰工場)を通り

(これがまた、スゴクいい感じなんです!!

いろんな構造物を見れます)、


(↓これは、別ルートでの帰り道にて)


(この、良質の石灰が取れる山が、
このあと訪れる
「出流山満願寺」の奥の院にある「観音さま」に
つながります)


「鹿出没注意」「落石注意」の看板を

何度か横目に見ながら、

家を出発して

2時間後にとうちゃーく。


「いづるや」さんは混んでいたのでパスして

「岩本屋」さんへ。




寒晒しそば(限定1万食)の「もり(800円)」を注文。


サービスでおいしいお漬物なんかもいただき。

じゃんっ。


(普通のお蕎麦との差が少々わかりにくかったのですが
ほのかな甘みは感じました。おいしかったです!)


お次は

「出流山満願寺」へ。


「奥の院」までの山登りの覚悟もできています。


享保20(1735)年建立の「山門」。
(「仁王像」は、足利時代のものだそう)




山門をくぐって左。

こちらも享保年間建立の「薬師堂」。


正面に「ご本堂」。

現在の本堂は、1764年再建のもの。










右奥の「奥の院受付」で

300円を払って。


いよいよ「奥の院」へと向かいます。






行くゼっっ。


わたくし、

自分の体をいじめて

お参りするの、

好きみたいです♪


はぁ~、美しい。







途中、坂道で苦しくなったとき。


モンシロチョウが

目の前に飛んできて、


しばらく「パタパタ」していたと思ったら

これから登ろうとしている山道に沿って

スーーっとはばたいていきました。


まるで「さぁ、さぁ、がんばって!!!」って

言ってくれているかのように。


これには、力をもらいました!!!!!



「女人堂」。

(昔、女性はここまでだったんですね)




「大悲の滝」に到着。

湧き水でできた滝です!







もうひと踏ん張りで

「奥の院」。


最後に崖を登る感じ。






「奥の院」からの眺めー。



思えば遠くへ来たもんだ...。


「奥の院 拝殿」内部。


右には......。




拝殿の奥に

鍾乳石で自然にできた

高さ4mの

十一面観世音菩薩さま(のうしろ姿)。






ここは一見の価値あり。

本当に、自然の営みの不思議さを実感します。

これを見つけた人もスゴイ、の一言。


「お堂を作って、お守りしたい」という気持ちが

湧き出てくるのも当然のことです。


しばし、ここで

ボーーっと佇んでしまいました。

(もちろん、鍾乳洞の涼しさでクールダウンもかねて。
汗でシャツがビショビショでしたー)



名残り惜しいけど。

降ります。



最近よく、武田鉄矢さんが

「降りてゆく生き方」のことを発言されていますが、

わたしも人生を確実に折り返していますので


山道を降りながら

「降りるのも、
足にきてシンドイものだなー(気をつけなキャ)」

「でも、登るときには見えなかった景色がよく見えるし、
心には意外と余裕があるなー」


などなど、

いろいろなことを人生に重ね合わせながら

歩いておりました。


(武田さん:
「人生は降りていくことを大事にしないといけない。
山に登ったら上手に降りるということが、
わたしたちの世代にとって
大事な生きる技術じゃないかな」)


そんなこんなで

スリッピーでごつごつした石が多い山道を

なんとか無事に降りてきました。


おっ、ご本堂が。



この瞬間、ホラ貝が

「よくぞ帰ってきましたね。お疲れー」という感じで

遠くで鳴り響きました...。


これも、グッドタイミング!!



最後に、ご朱印を拝受。





家の階段の登り降りでも

太ももが若干プルプルしますが

心地よい疲れの中、

このブログを書き上げましたー。




Posted at 2016/07/18 19:23:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 神社仏閣 | 日記
2016年07月17日 イイね!

さいたまダービー (-.-)

さいたまダービー (-.-)

しっかし、

会社のアルディージャサポさんと

「さいたまダービー」に行くと

浦和が勝てません!!



(雪だるまクン。

試合前からサエナイ顔で、試合結果を暗示してました...)




53951人もお客さんが入った今日も

先制したものの、追いつかれ

勝ち越したものの、追いつかれ......。


2-2の引き分けに終わりました。




Posted at 2016/07/17 22:35:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | サッカー | 日記

プロフィール

「ここは仙人の住む山?? http://cvw.jp/b/861852/41750905/
何シテル?   07/22 16:22
サッカー、フットサル、浦和レッズ、ジョン・レノン、キャンプ、ドライブをこよなく愛する50代です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

AUTOBACS Maxrun Maxrun Excela EZ 175/70R14 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/07 16:22:58

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ ポルテ トヨタ ポルテ
フレンディ + ライフ から乗り換え!!
マツダ ボンゴフレンディ マツダ ボンゴフレンディ
レッズ戦参戦、キャンプ、カフェめぐり、公園めぐりに大活躍のフレンディー、でした!
フォード プローブ フォード プローブ
今となっては懐かしの パッシブシートベルト標準装備。 これで北海道や京都まで ドライブ ...
フォード テルスター (セダン) フォード テルスター (セダン)
5MT車! 当時の私の憧れ、DOHC。 リアビューが今見ても カッコいいです。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.