• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hisaoのブログ一覧

2017年06月22日 イイね!

今年もメロンを

一昨年 ・ 昨年 と、東北に住む妹と 愛知の ( 当時の ) いつものタイヤ屋さんへ、富良野からメロンを送っております。
一昨年の関連ブログ その1
一昨年の関連ブログ その2
昨年の関連ブログ

その富良野の農家さん ( 直販店 ) からダイレクトメールが届きましたので、ちょっと早いかなと思いながらも富良野まで1号機 ( Euro-R ) で買い出しへと。

草むらにたたずむパンダさんを何頭も横目にして富良野市中心部に到着。 そこからさらに しばし走って農家さんエリアに到達。
6月後半の平日。 農家さんの直販所はまだ全店舗は開いていない様子。
シーズン本番は7月になってからかな?

DMを送ってくれた直販店は開いており、先客も2台ほど。
入っていくと昨年と同じ女将さん ( 農家の現当主の奥様 ) と娘さんが接客しておられました。
メロンだらけの店内は、メロン嫌いな私には (;_;



女将さんと世間話を。
私:「 まだ少し時期が早かったですかね? 」
将:「 今は最初に収穫する品種がそろそろ終わりになって、来月から2番目のが出荷になりますね 」
私:「 昨年きたのは7月10日頃だったので、その2番目だったでしょうかね 」
将:「 たぶんそうですね。 今並んでいるのよりは少し大きな玉になります 」
私:「 この春って妙な天候でしたよね~ 」
将:「 本当にね~。 気温が安定しなくってたいへんだったわー 」

メロンの栽培は2月から、種から発芽させて、接ぎ木して etc. etc . . . . . 6月に出荷開始。
手間 も 費用 ( ハウスの資材・暖房の燃料代・その他 ) がかかって (;_;


私:「 でも何故に北海道でメロンなんでしょうね? 本州の方が暖かいから育てやすいでしょうに 」
将:「 寒暖の差がいぃんですかね? 」
私:「 高価になっちゃいますねぇ 」
将:「 関東の北側とかでも作ってますけど、こちらとは畑の回転は比べものにならないですね 」
私:「 ですよね~。 暖かいですもんねぇ 」
将:「 雪が少ないのは大きいですよねぇ・・・・・ 」

なんとなく、2人で少し落ち込む。。。。


私:「 観光シーズン始まりました? 」
将:「 たまに来るお客さんに メロン無しじゃ申し訳ないのでお店はあけてますけど、まだまだ 」

結局、お店にならんでいる6月物はパスして、7月になってから収穫される品を送ってくれるようにお願いをして帰ってきました。
味の良しあしではなく、玉の大きさが7月物 ( 品種 ) の方が少し大きいとのことなので。。。
今年も1玉 2,000円 (0_0
私は苦手ですけど、メロンって高いな~ (笑



帰宅してから近所の郵便局へと。
私:「 昨年、メロンの地方発送のパンフがありましたよね? 」
郵:「 夕張メロンの? 」
私:「 いえ、ここいらの街の 」
郵:「 それでしたら今年は7月にはいってからの予定です 」
私:「 了解です。 またその頃にきます 」

こちらは昨年、たしか1玉 1,000円くらいだったはず。
こちらも妹に送りつけて味くらべをさせてしまいましょう。
「 同じだったよ 」 とか口を滑らせたら、来年の富良野産は いつものタイヤ屋さんだけにしまょ (^_^v
Posted at 2017/06/22 11:55:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本当に独り言 | 日記
2017年06月19日 イイね!

暇な時間に ぶつぶつと m(_ _)m

平和な夜の夜勤は暇で、それは良いことなのですが なんともはや (-_-;

暇なので、キャロルへのスロコン取り付け手順他をネットで探しておりました。
そうすると、けっこうたくさんの情報が見つかり なんとなく安堵 (^_^
その過程で、アイドリングストップ機能をキャンセル製品が多々販売されているのを発見。
アイドリングストップ機能を常時OFFしたい人って多いってことなんですね。
確かに わからないでもない (-_-;


キャロル ( スズキ車 ) に限らない様ですが、デフォルトがアイドリングストップ機能ON状態。
エンジン始動後に、任意で機能解除スィッチを操作してOFFにする。
いったんエンジンを止めると、再始動時には必ずON状態になろうとする。

「 なろうとする 」 というのは、機能ON/OFF にはいくつかの条件がある様で、その条件群を判断して車側がON/OFFを決定するらしい。 乗っていて明らかにわかる条件は、サブBATTの電荷と どこかしら外気温に影響を受ける部分の温度。 他はますますわからない。

で、
デフォルトで機能ONになろうとするのを回避してやろうというのが、市販の製品な様子。
純正で運転手が行う解除動作は、解除 ( OFF/ON ) 押しボタンの操作。
機能ON状態からボタン長押しで機能OFF状態へ。
再びの長押しで機能復帰 ( ON状態 )。
たぶん、エンジン制御系のECUボックスではなくサブコンボックス内のマイコンの足を一本短絡させ、短絡をマイコンが認識した時点で ON/OFF/ON・・・の切り替えなのでしょう。 人間の操作に関するロジックは他のスィッチと同様でしょうから、ありえない操作に対する保護も一通りとられてはるはず。



ここからは オタッキー な内容になります。
ついでに、簡単でも回路図を記すと語弊が生じそうなので文面だけにて m(_ _)m


市販のキャンセル製品は、その価格帯が妙に高額なのと妙に低額なのとの二分化されている。
市販されているということは、自作する人も多々おられるというはずで、探すとやはり多々ヒット。
高額な製品と同様な発想で自作されているのであろう方の回路は、石を使ってタイマーを設定して、エンジン始動後から普通な人が車を発進させるであろうよりも早いタイミングで数秒間だけ解除ボタンを押したと同じ状態にすることで、車側が機能ONさせていたものを、運転手が操作することなくOFFにさせるというもの。
もう1パターン。 もう少し安価に、石は使わずにリレーにCRの時定数で時間軸を構成して石を使った回路とほぼ同様な機能を実現してらっしゃる様子。 CRでの時定数ですので、始動失敗からの即座な再始動であやうくはなるかもしれませんが、まず車側への悪影響は無いであろう回路っぽい (^_^

一方、
安価な製品と同じなのであろう、公開された回路図を見る。
リレーが1個だけ。 5端子のトランスファーリレーが1個だけ。
コイルの両端には、ACC と GND。
アイドリングストップ解除ボタンの両端子をつなぐように接点を割り振っている。
トランスファーを使っているにも関わらず、なぜか方接点はOPEN。
ど~みても ・ ・ ・ ・ ・ ・ 動作しないよねこれ (-_-;
動作しないだけなら かまわないけど、リレーの動作を単体でチェックできない人がこの回路をみて作ったら車側によからぬことが起きないか?
勿論、上記の通り 保護はとられているはずだけど。
ふむ、動かない。
こんな簡単なものを把握できないはずはないって意地になって考えるが思いつかなかった (;_;
あきらめて 「 誰か親切な解説をしてくれていないかしら 」 とネットをさ迷う。
発見。
「 セルを回している間、ACCは電圧低下していくから、リレー ( コイル ) の閾値を下回っている間は解除ボタンを押していると同じ状態になり、ACCの電圧が復帰するとボタンを離した状態に戻るのではないかしら 」
とのこと。
なるほど、気が付きませんでした。
確かに ACC と エンジン制御系 の電源とでは電圧の推移がが異なる ・ ・ ・ ・ ・。
でも ・ ・ ・ ・ ・ まぁ~いーのか (^_^;





※自分の車で、SWのON/OFFでの該当箇所の電圧・電流を確認できる人なら大丈夫だよね。
Posted at 2017/06/19 21:03:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | 本当に独り言 | 日記
2017年06月18日 イイね!

キャロル _ 行き詰まり感 (-_-

キャロルちゃん。昨年の春の終わりに納車して、四季を一巡したものの行き詰まりを感じているのが実際のところ (-_-

根本からまったく欠けてしまっているものを どうこうすることは不可能だから、
隠れて見えてきていないものを見えるようにすれば、
何かしら足せるものを見い出すことができるかもしれない。
まずは、隠れているものが有るのか無いのか探らなければ。。。


燃料消費は、
アベレージで 24km/L程度。 狙っても 29.5km/L が精一杯だった。 カタログの 33.0km/L は遠い。
足は、
後ろ足がどうにも理解困難。雪融け早々に 荷室に40kg程のセメントと砂利を積んで走ったら挙動がトっ散らかった。 細かく ジオメトリーがうんぬんのレベルではないらしいことだけは理解した。。。
エンジンは、
電スロであることを差っ引いても、私の希望をアクセルペダルから伝えられる度合いが低すぎる。

新車で買える乗用車の最廉価なモデルである。懐が広いはずはない。
であるなら、私が今と考え方を変えて接しなければ実力が見えてくることはないのであろう。

率直に、自動車を道具として扱ってみよう。
しかし私はその基準を自分の中に持ち合わせていないから扱えない。
ならば金で解決するしかない (^_^


ということで、
まずは燃料消費を設定者の数値に近づく可能性を追うための基準を入手しましょう。
使ってみないと出来具合は判らないが、一番安価で市場での実績がありそうなのはこれ?


衝突軽減システム車 スズキ用 なので、タイプは 3-drive・α 3DA-B かな?
価格は ・ ・ ・ ・ ・ ・ 必要なハーネスを合わせると3万円くらいなのが、通販だと1万円も安い。
通販は避けたいところだけど、ここでの1万円は大きいなぁ (-_-;

スロコンの設定で、燃料消費は改善するのか?
であれば、スロコンにならって踏めば同等の数値が記録できるはず。
オートクルーズで、燃料消費は改善するのか?
であれば、オートクルーズにならって踏めば同等の数値が記録できるはず。
もしも 3-drive に任せても改善しなかったら ・ ・ ・ ・ ・ オートクルーズは楽だってことでよしとしよう。

取り付けの様子を みんカラ で探しましょ (^_^
Posted at 2017/06/18 08:24:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 軽自動車って | 日記
2017年06月16日 イイね!

もう少しで4年

愛知 → 北海道 へ越してきて ( 出戻ってきて ) 4年が経とうとしております。
流石に年単位で時間が流れれば、地名の読み方も 北海道流がよみがえってきます。

がしかし、

読めなかった (-_-

最初に この川名の表示板?に気が付いた時は 「 ・ ・ ・ ・ ・ 」 になってしまい、

2度目には 「 さんか? . . . . まさかねぇ 」 と思い、

3度目に通った時に 「 あっ、裏面は ひらかなで書いてある 」 と気が付き、

4度目に通った時にようやく ひらかな表記を ちゃんと読めました。

( かなり ぼやけていますが )

そのままかい (-_-メ
Posted at 2017/06/16 13:57:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 本当に独り言 | 日記
2017年06月15日 イイね!

アコを走らせる

目覚めてカーテンを開ける ・ ・ ・ ・ ・ 薄暗くて天気が判らない。
時計を見る ・ ・ ・ ・ ・ ・ 4時 (-_-;
二度寝を試みる。
目覚めてみれば、快晴。 そして7時。 今日は休みってことにしよう (^_^

シャワーを浴び、身支度をして、車庫のシャッターを開けてアコを出す。
何方へ向かおうか考える。
昨年夏の 南富良野での水害以降 まだ一度も十勝方面へ行っていないことを思い出したので、十勝の伯母宅を一応の目的地としてスタート。 ナビのモニターはOFF。

富良野経由で走らせる。
木々から枯れた色は消え、すっかり濃淡の緑だらけ。




北海道の中央部を占める山脈を回り込むルートになるので、四方の一方には必ず山が見える。




まだ復旧を終えられていない富良野市以南の河川沿いを抜け、軽い峠で 曲がらないキャロル と 曲がるEuro-R との差をあらためて体感しつつ、十勝エリアに侵入。
南下していた国道が東へ向きを変える少し手前なはずの集落内で左折。
「 たしか伯母の家はここいらから真東だったはず 」 と考えて左折したものの、
すっかり 山と 畑と ・ ・ ・ ・ ・ ここは何処 (-_-?
道に設置された標識に記された地名を見ても、街の名前は知っているけど地図上での場所を覚えてはいないから意味なし。 やっぱり ここは何処???

小さな集落の中の交差点。 角に 豚丼 の のぼりを揚げた食堂を発見。
時刻は11時。 たまには外食もいいかと寄ってみた。
豚丼。 丼に白飯をよそい、少し厚めな豚肉にたれをからませて焼いて乗せた丼飯。
初めて食ったわけではないので、前回 他店で食った時の感想を思い出した。
これって450円で十分にお店の利益は出るよね? 暴利じゃん (-_-メ
レジで百数十円のお釣りを受け取って、走行再開。

不思議なもので、山道は広域農道らしき道に変わり、さらにそのまま進むと立派な片側2車線 ( 4車線 ) の道となった。
エンプティーランプが点いたので、交差点角にあったガススタンドに寄る。
給油してもらいながら店員さんに、記憶にある施設の場所を訊ねてみた。
「 あ~そこでしたら、もしも農道を走るのがお嫌でなければ、この道を真っ直ぐ進んで突き当りを左折してまもなくですよ 」 と 私が走ってきた道を右折した道を指さす。

農道を走ることに抵抗はないので、教えてもらった道を進んでみた。
綺麗な2車線の道。 勿論、センターラインも引かれているし、歩道も両側にある。
流石は十勝。 これを農道とよぶんだー
と思っていたら、数キロ 真っ直ぐ進んだ先で センターラインも歩道も消えた。

突き当りが見えない 真っ直ぐな農道。 勿論、ルーミミラーに写る道も同じ (笑


みん友さんの家も近いなと思ったけれど、こんな天気の良い日は仕事だろうな (^_^
伯母の家でお茶をして帰路。
ひたすらに、畑と 防風林と 山と 光の 十勝エリア。




意地になって ナビを点けずに走っていたら、再び道に迷った。。。

川を渡ったってことは、え~と ・ ・ ・ ・ ・


陸続きという気楽さと、アコに乗っているという気楽さから、楽しめる迷子でした m(_ _)m
Posted at 2017/06/15 10:05:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 本当に独り言 | 日記

プロフィール

「今年もメロンを http://cvw.jp/b/150340/39972493/
何シテル?   06/22 11:55
基本、本田好きですけど、乗らず嫌いしない道楽者です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

キャロルの維持費 
カテゴリ:個人
2017/03/19 15:25:58
 
タイヤBOX (ミスタータイヤマン尾張旭) 
カテゴリ:お店
2011/03/06 08:37:36
 
本田技研 
カテゴリ:メーカー
2005/10/16 07:40:43
 

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ アコード ホンダ アコード
2003.11 ( 0km ) ~ 現1号機です。
マツダ キャロル マツダ キャロル
2016.06 ( 0km ) ~ 2号機
ホンダ アコードワゴン ホンダ アコードワゴン
2008.04.12 ( 52,000km ) ~ 2013.05/E の 2号機。
ホンダ アコード ホンダ アコード
2012.02.12 ( 54,800km ) ~ の 3号機。 2013.06から、 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.