車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • キーワード
  • ブログ
  • みんカラ+
2013年12月07日 イイね!
PB300818_
角川 ヤングエース 2013年11月号 2013年12月号 の レイとアスカ 付録フィギュア
OLYMPUS E-PL3 (Micro 4/3) + Ai-S Micro Nikkor 55mm f2.5

恒例の海洋堂コラボのEva アスカ、レイ付録フィギュア

ネット検索などで見かけた貞本氏のレイ元絵だと、足は地に付いた状態だからこそのぐいっと捻っての振り向きのような塩梅。無重力など浮いている状態でここまで捻ろうとするとよっぽど無理してポーズ取らないと・・・なんて思えてしまったり。

なんだけど、このフィギュアは捻りから来る腰からお尻足へのラインが非常に特徴的で魅力的。
元絵のポーズを再現すべくのアングルよりは、若干背中側に斜めに伸びあがった感じの方が、低重力で、とんと跳ねた雰囲気が出そう。
アスカは無理なひねりは無いので、視線が不自然じゃ無いとこ向いていればOK。
胸を軽く張り出しそこからおなかへのラインがきれいに見える辺り。

そんな二人を組み合わせて、低重力環境ででトンと跳ね上がって浮いているかの雰囲気出せたらな~と。


ただし、相手がエヴアンゲリオンのキャラ二人だし、低重力なんて具合だとすると、自然光よりは人工光、屋内なん感じの方が合うかな~と。
更にアスカの赤は兎も角レイの白のプラグスーツは立体感乏しくなりがち。

てなわけで、部屋の天井シーリングライトと、SeriaのLED9個ついた100均もののミニライト4本くらい適当に。

これで、足がスーッと伸びているあたりと髪の毛、胸のあたりにも陰影が出て、のっぺりせずに見られる辺りで。

カメラ提示のjpg は、環境光も取り込んだもっとオレンジ、や金色寄りで、それはそれで雰囲気はあるんですけどね。


で、アスカの原型作者榎木ともひで氏のブログ記事がこちら


■ ヤングエース12月号付録アスカのできるまで③静止画 ( 2013-10-20 00:05:36 )
http://eyewater.exblog.jp/21217459/

■ ヤングエース12月号付録アスカのできるまで② ( 2013-10-17 00:20:00 )
http://eyewater.exblog.jp/21205628/

■ ヤングエース12月号付録アスカのできるまで① ( 2013-10-16 23:56:45 )
http://eyewater.exblog.jp/21205554/

■ ヤングエース12月号付録アスカ 原型 ( 2013-10-16 19:51:41 )
http://eyewater.exblog.jp/21204524/

すげ~てな感じで。

レイはカプセルQフロイライン 制服編 のてれ氏

カプセルQフロイライン
「エヴァンゲリヲン新劇場版 ヒロインアンソロジー2 制服編」
http://www.kaiyodo.co.jp/kaiyodo_HB/TK_topics/candy/cupsul/frau/eva_heroin2/eva_hiroin2.html


アスカの方が後の号なんで、おそらく榎木氏が後を継ぐ形だったのでは?
もしそうなんだとしたら、
榎木氏の方は、エヴァものもう何体も手掛けているためか、他の原型師と並べた場合でも、自然に並べられるとこに落とし込めちゃうあたり、更にすげ~と。

やっぱり二人並べて、いい具合に収まると気分も良いですしね。

本職の方々が気合いいれて、宙に浮いているかのような撮り方したら、それはもうもの凄いんじゃないかな~とか妄想しつつ、お手軽ショットでした。


★エヴァンゲリオン で検索★ ジャンル指定しないと随分色々出てくるのね(rakuten)
Posted at 2013/12/07 02:14:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真関連 | 日記
2013年12月07日 イイね!
逆光は勝利~とばかりに、近所で開放、bokeh 遊び

Autumn leaves
olumpus E-PL3 (micro4/3rd) + AI-S Micro Nikkor 55mm f2.8 開放

秋の陽だまりを浴びて、柔らかい暖かさに包まれる落ち葉風味。

とか言いながら、一陣の風にあっけなく吹き飛ばされてしまいましたが。
Posted at 2013/12/07 00:44:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 写真関連 | 日記
2011年12月14日 イイね!
まったく持ってとりとめない個人的な思いつきを並べただけですが。

Fate/Zero #11 聖杯問答が面白かった。
今度の土曜 12/17からニコニコ動画でも1週間限定配信。

Fate/Zero - ニコニコチャンネル

王とは?
王とは孤独なものか?

と言った問いと、それに対する具現化された解を提示してみせるあたり。

世界や価値を王のみならず臣下配下の民で共有する。更に具現化し恋焦がらせてこその王、それを体現し示し道を切り拓いてこその王。

この王という言葉を

ブランド
フラッグシップ

キング
恋焦がれ病まないもの
魅力

なんてあたりに置き換えたら。


今までの日本のメジャーなメーカーは国策としての護送船団で保護を受け、メーカー故の世界や価値間とはまではいかないものの、メーカー自身が若者、チャレンジャーとして、価値観を世の中とシンクロ共有しながら、より豊かで向上した世の中を国家レベルで共有しその中の一つの駒として牽引していたと思われる。

復興発展と言った上昇気流の勢いが衰えて全体としての方向性が維持できなくなり護送船団方式崩壊・解体後は、圧倒的な何か?を示すことができなくなってしまった。

かってのお上ありき、お上優先で、どうしても国策に沿っているか?互いに権益、利益を享受できるか?なんてあたりのしがらみ?が出てきてしまうのだろうか。

医療用機器を取り扱い、厚生労働省などとのつながりが強いカメラ系メーカーが保護され、省庁との関係が薄い新興IT企業が叩き潰されるなんてあたりはまさにそのものだろうし。


ところで経済成長が停滞した国で提示し受け入れられやすいものは?

安易に高級品や、価値を高めた(その分価格もあがった)高付加価値のものを提示していてはユーザー側が結局持たず続かない。
価値が上がり、高くなれば買い替えの頻度も落ちて当然。

となると一度輪に入ってもらったユーザーを逃さない。


信頼
安心
サービス

製品単体だけでなく、アフターケア含めたサービスの総合力

先進性、期待感よりも安心感、信頼感。



しかしそれは面白いのか。
目を輝かせることができるのか?

停滞した世の中でも新しい命が生まれ育まれる。
本当に停滞しきってしまったら、破壊と再生からの再構築が必要なのだろう。

丁度発生した震災といった有事さえも、できればチャンスとして上手く利用すべき。
しかし見事に利権、権益、規制が動きを止めてしまった印象。

そんな停滞した世界ではどうしても感動に出会える機会は減ってしまう。
守りが最優先となってしまう。


生命を、魂を揺するものに出会えるか?

車であればやはり、圧倒的な性能を誇る高級車やスポーツカー。
ガジェットであれば先進機能をこれでもかと詰め込んだ無茶な高級機やその試作品。
コンセプトモデル。
もしくはデザインとして圧倒的に目を見張る訴求力を秘めたもの。
カメラもやはり到達点としてのフラッグシップがあると言う事実。
そこから部分的ではあれ、フィードバックがかかっているであろうと言う期待。


どこかで、圧倒的なエゴだけれども、非常に魅力的な価値を示し具現化できるか?

王侯貴族不在でもエンジェルが居るアメリカだからこその、アメリカンドリームの一つの具現として、スティーブ・ジョブズが率いたアップル。
土地や利権と言ったしがらみから離れた部分で、現実に即しつつブレが少ない普遍的な価値を問えたからこその世界展開。

車であればフェラーリ、ランボールギーニなんてはエゴの塊だろうし。
ロータスなんてもそのエゴの出方はお国柄だろうし。

昔のヨーロッパでのブランドやパトロンは王侯貴族のエゴの体現でもあっただろうし。
その作り上げあられ、具現化された価値を継承し続けることでの伝統。

ドイツはベンツ、BMW

では日本は?

日本って、特別なものであっても垣根を取っ払って生活に取り込み直結連動しすぎてしまう。
しかしそれこそが日本とも。

すると、若者をターゲットにした、生活に直結する夢を提示ってのも大事。

そういう意味では GT-R なんてはまさに日本らしい車なんだろう。
また、ホンダと言えば、世界相手のGPに果敢に打って出た、チャレンジ精神旺盛なメーカーとしての認識。

NSX なんてはホンダらしさの象徴。
昔空冷エンジンで打って出たように、圧倒的なパワーよりも効率を最優先してみせる。
アルミ素材をふんだんに使い軽量化、レスポンス良いエンジン、そして切れ味鋭いミッドシップ。



ところで戦後派は、社会すべてが、若者、チャレンジャーで居られたのではないか。
古いもの、古い価値を排除し新しいものに塗り替えることが良しとされた。
夢見ることが良しとされた。

その辺が普通であり常識と思い込んだ世代が、「今時の若者は」なんて言ったら、それはむしろ若者から大人になり、後進を育成することを怠ったからこそ出てきてしまう言葉になってしまうのではないだろうか。
新しいもので塗り替えることが優先された世代、時代。
温故知新、継承と言う感覚を喪失した世代。

そんな世の中で育まれた世代が若者向けと言って提言するものは、時代錯誤で頓珍漢なものが出てきてしまうのは無理がないのかも。

成長期故の未成熟な社会、特殊な一過性の潮流だったからこそなんて部分はあったのかも。

そうなると、SNS、ソーシャルと言ったキーワードで世代間の継承が図りうるコミュニティはとても大事になってくるかも。

メーカーとしてSONYはインフラや国策と離れた民衆、大衆による消費をメインターゲットにしていたからこそ、データ・コンテンツの取り扱いが最優先と刷新を図っている印象。

日立・三菱といった旧財閥系、また東芝あたりはインフラなど社会的仕組みと密接な実物ありき。

一方松下は白物家電が主体。

今と今後の日本がメインターゲットだと、高機能・高級品では数はさばけない。

となるとモバイルとカメラにスポット。

シャープであればガラパゴス。

カシオはG-Shock,コンデジなどをタイアップ・限定品としてなど。

色々な訴求の仕方、セールスポイントはあるだろうけれども、エゴイスティックな拘りを持ったフラッグシップがあることでの訴求力、圧倒性。
これには変えがたいものがあるんだろうな。

そういうい訴求力、求心力。圧倒的な魅力や期待。
安易に乗りがたい世の中ではあるけれども、徹底的なサービス主義よりも、期待や夢を託したくなるモノゴトをそれでも提示具現できる企業が、夢や理想スタイルを託したくなる羨望としてこれから嘱望されるんだろうな。

それでも徹底的な現実を見定めたサービス主義体制を組めるところが、結局のところ強いのだろうけれども。
Posted at 2011/12/14 08:58:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2011年09月05日 イイね!

おおぐち通商店街納涼夜店2011にて

 

夏祭りを浴衣美人と楽しみつつ撮影もしちゃおうというおいしいお話につられて、JR横浜線大口駅のおおぐち通商店街の夏祭りに行ってきました。

大口駅 - Wikipedia

納涼夜店2011 ~ 今年は時間が変わります - 大口通商店街 - イベント情報 

 

まだ日中の陽射しがある、思い切り西日の逆光。

背景思い切り飛ばしちゃいました。

DSC_9523_R_A 

Nikon D5000 + AFS DX Nikkor 35mm f1.8 G

曙通りと言う通りで、電灯が特徴的です。

ちなみに、上の写真と大体同じ位置から同じ方向の別写真です。

メインの通りじゃないんですがこの人出。

DSC_9507_R_M 

Nikon D5000 AF-S DX Nikkor 18-55 + Rowa 0.45x WideConversion
Topaz Adjust Edited

今回の浴衣と夏祭り撮影のお話、WillVii の みんぽす 経由で話があがってきていました。

実は、2009年8月に夏祭りと浴衣をテーマに撮影会参加しませんか?という企画がみんぽす経由であったのですよね。

しょういちさん

シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM レビュー …ナゼお祭りの屋台を狙うのか | SorryFull

SAIKA先生

mono-logue: 浴衣美女を撮る

こちらの記事関連での夕暮れ時の浴衣姿、自分も撮って見たいよなぁ~と印象に残っていました。ただ、上記リンク記事のようにしっかりした撮影会になっちゃうと、自分の入門用カメラとキットレンズじゃお話にならないし、参加させてもらっても厳しそうだな~と。

 

しかし今回は、もうちょっと気軽な夏祭り全般の雰囲気を味わいつつという事だったので参加させて貰いました。

 

で、大口駅に到着してみたら、駅はかなり静か。

え、本当にここだよね?

と、祭りが開催されているはずの通りに辿り着くと、これが混んでいること。 

集合地点に辿り着くまで一苦労でした。

一瞬集合地点見失い、XperiaでGoogleマップ出して位置確認しちゃいました~。

で、やっと到着。

神奈川県横浜市神奈川区大口通6−1
045-401-4321

モノフェローズの detch さんが若旦那を務めるきものの店 かやぎやさんを休憩や荷物置き場など協力いただき、撮影、お祭りまわらさせていただきました。

 

DSC_9594_R_MDSC_9531_R  

改めて見て思ったのですが、この看板、ひらがなを立体にしていて、金属加工だとしたら文字の周囲を囲う部分って職人技の曲げももいいところでは?

 

今回浴衣モデルを務めて頂けるのが、踊ってみた ‐ ニコニコ動画(原宿) で活躍されているNICOLE!(ニコニコミュニティ)のユニット馬琴(まこと) (bakinchan) :Twitter さん、ぐり子 (gurico15) :Twitter さんのお二人。

ダンスユニット組まれているだけあって、ペアでのポーズもとっても自然。

うっとりの一枚いただけました。

金魚が2匹入っているあたりはちょっとしたハプニングがあったからなんですが、おかげでこの絵撮らせて貰った部分も。

DSC_9568_R  

Nikon D5000 + Nikkor 50mm S.C.Auto f1.4

いや~人物を撮るのって難しいですよね。

ポイントポイントでぐいぐい踏み込んでいかないと良い写真難しい。

かと言って、踏み込む自信が無いと遠巻きだったり、望遠頼みだったり。

今回かなり混雑するという情報、更に夕暮れ時ということで、暗い望遠だとついていけない。

 

と言う事で自分は、

Nikon D5000 に AF-S DX Nikkor 35mm f1.8G

Olympus E-520 に マウントアダプタ経由で

Nikkor 50mm S.C.Auto f1.4

Nikkor 105mm f2.5 A.I

なんて辺りを、撮りながら基本としてみました。

明るいレンズはMFとなるオールドレンズしか持っていないんですよね。

ただ、明るいレンズ開放側で撮っていけば、写りこんでしまう人々を処理する事も少なくて済むという胎はありました。その分ピンボケとのトレードでもありますが。

 


 

曙通りでは自主バンドのミニライブやカキ氷など。

なかなかのひとだかりでしたね

 

P8288283_RP8288237_R

 

 


おおぐち商店街の通りに出て綿アメ。

今回の参加者2グループに別れ、自分は馬琴さんグループ。

夕暮れ時で綿アメとあわせて柔らかい感じで~。

とか言いながら、AFがきかないMF 50mm F1.4 開放でピント合わせきれていなだけなんですけど。

焦点距離50mmなんですが、 フォーサーズのOlympus E-520 に付けているのでAPS-C半分相当で、35mmフィルム換算で実質100mmのレンズになっちゃってます。

P8288133_R   

Olympus E-520 + nikkor 50mm f1.4 S.C Auto


 

ところでこちらのおおぐち商店街の納涼夜店。

すべて商店街の各お店の方々の手作りのお店だそうで、プロの方はいらっしゃらないそうです。

ですので、特徴的な夜店のテントなんてもなし。

また、発電機のどろどろ言う雑音もあまりなし。

夜店のテントが少なく開放的で空も良く見える

発電機のビートが乏しいのが、良くある夏祭りと明確に違うとこでした。

その分子供たちも安全安心感は強そうです。

 

      P8288160_r

Olympus E-520 + nikkor 50mm f1.4 S.C Auto

P8288166_R

Olympus E-520 + nikkor 50mm f1.4 S.C Auto

商店街の各店舗のご主人方が出す露天なので、アイテムや料金100円や200円からなのですよね。子供がお小遣いで色々手出せるのが嬉しい。小さなお子さんが嬉しそうにしている様子がよく目に付くお祭りです。

ところで今年は震災での電力不足を考慮して終了時間の前倒し。

裸電球使用の自粛などがなされていました。

例年であれば、更に裸電球などで夜店の賑わいもすごいのかもしれません。

 

P8288172_R            DSC_9622_R

電球なんても、商店街の軒先から吊り下げてあったりでした。

でもそれが、手作り感たっぷりで、下町人情味溢れる夜店の感覚高めていました。

 

 

圧巻の「ジャンボ宝引き」

商店街屋根部分に綱を渡して、その綱を引いての宝引き!!

綱を引いて持ち上がったアイテムは?と言う単純だけど判りやすいですし演出効果高く、夢や期待が膨らんじゃいますね。

 

これは引く側

DSC_9633

 

こっちがその反対

商店街上部の4色の飾りつけ、夕暮れ後の青い空と垂れ下がった綱が印象的でした。

DSC_9636

 

綱につながっているアイテムも一律でティッシュやポリラップじゃないとこが、頑張っていますよね。

DSC_9642


 その宝引きの綱がバックになったちょっと不思議な背景。

そしてもう日も沈み暮れてしまっているけど、商店街の照明で浮かび上がる馬琴さん。

P8288180_R P8288216_R

Olympus E-520 + nikkor 50mm f1.4 S.C Auto |Olympus E-520 + Ai Nikkor 105mm f/2.5

            

 


今回の夜店開催中での撮影にご尽力頂いた、かやぎやさんの detch さん。

こちらの若旦那の計らいで、商店街での撮影了解頂き、休憩や荷物置き場なども提供していただき祭りも、撮影も楽しむことができました。

ところでお店の方ですが、和装全般扱われているので着物から小物、巾着と多彩に揃っていました。

このお店の中で、アイテム撮り大会みたいなことしても結構面白そうな勢い。

DSC_9687_R

Nikon D5000 + AFS DX Nikkor 35mm f1.8 G

以下の各アイテム、Olympus E-520 に Micro Nikkor 55mm f2.8 付けて撮ってみました。

35mm 換算 110mm相当になっちゃっていたりしますが。

カラフルだけど、和テイストでシックなな巾着袋

 

P8288267_R_D

和風のマスコットの飾りもあります。

 

を、ニャンコ先生だ~。

しかしいまどきのニャンコ先生と、従来のニャンコ先生って?なんて話も。

夏目友人帳 - Wikipedia

いなかっぺ大将 - Wikipedia

にゃんこ先生と言ったら・・・だよね。?!

P8288249_R_A_DP8288250_R_A_D2

その先の魚を狙っている図(おい

P8288276_R_A_DP8288261_R_A_DP8288279_R_A_DP8288272_R_A_DP8288262_R_D  

朱色が艶やかでした。


更に店内に空間作っていただいて浴衣軍団、そして囲まれた若旦那~。

DSC_9713_R_A DSC_9731_R_A

 

浴衣で嬉しそうな女性達、夏祭りに溶け込んだ撮影会となりました。

また機会あったら参加させて頂けたらと思います。

 

flickr に以下のセットで写真アップしていますので、お暇ならご覧ください。

NICOLE

Makoto

おおぐち納涼夜店

2011_mofe_yukata

2011_kayagiya

 

Posted at 2011/09/05 07:36:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | インターネット関連 | パソコン/インターネット
2011年06月16日 イイね!



このレビューはWillVii株式会社が運営する レビューサイト「みんぽす」のレビュー企画に参加して書かれています。無償での配本は受けていますが、本レビュー掲載は無報酬です。また、WillViiは掲載内容に一切関与していません(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)。 (WillVii株式会社みんぽす運営事務局)




レビューサイト「みんぽす」のレビュー企画で


これからスマートフォンが起こすこと。 [単行本(ソフトカバー)]
本田 雅一 (著)
単行本(ソフトカバー): 222ページ
出版社: 東洋経済新報社 (2011/5/20)
ISBN-10: 4492580891
ISBN-13: 978-4492580899




の募集がありました。

本田 雅一氏はPCデジモノ幅広く取材されていて twitter でも最新情報 tweet が目を引き思わず読んでしまいます。

iPhone、スマートフォンや従来のフィーチャーフォンやガラケーって一体どうなるの?というあたり気になっていましたので、これはと飛びつかせて頂きました。

届いた本を見てびっくり、著者サインも入っていました。

そう言えば、著者、本田氏が twitter で 5月に 黒バックに銀のサインてどうなんだろう?みたいなこと呟かれていました。
あ~これの事だったのか~。

感謝!!





飄々と提示された各端緒を紡ぎなおすとそこに来るべき必然が描き出されていた



戦後復興と経済躍進に伴いやって来たデジタルから、更に一歩前進したスマートという軸足が出来上がっていた事が一貫したストーリー仕立てで最後にがつんと落とし込む調子ではなく、煩悩の呟きの如く飄々と網羅されることで振り返るとそうなるべく必然に到ると言う書き口。


図らずも東日本大震災でTVや従来メディアの代替として、また別視点を浮き彫りにしながら浮上したtwitterのタイムラインやUstream、ニコニコ動画などのネット中継。その背後には、一部の熱烈なマニアに支えられ、アングラとして扱われていたネットから大きく躍進を遂げ、いつでもどこでもシーンを選ばすコンテンツやメディアに触れたい、更に自らもなんらかの発信を通じて交流を行うのに都合の良いクラウドを主軸にする、デジタルから一歩咀嚼されたスマートネィティブという存在が居たからこそ。


高性能PCを頂点とするデジタルの世代までは、コンテンツはハードに応じたメディアとしてパッケージにされ流通されていた。しかしここにスマートフォントと言う切り口が加わり、何でも出来る高性能よりも、よりシンプルに直ぐに使え、更にシーンに応じたハードに移し替えて持ち出せることを提示し形にしたアップル。一度この味を占めたスマートの住人はコンテンツを個別のパッケージで部屋に所有するよりも、いつでもどこでも好きなときに、好きなハードで利用することを志向しだす。そこにはクラウドコンピューティングが必然としてある。


従来のケータイはキャリアに配分された帯域をMaxとして各ユーザーに専用ソフト専用ハードを通じて部分的に切り売りしている状態。しかしスマートフォンはクラウドが前提となり帯域の超過は必然。スマートフォンになればキャリアがハードやソフトの枠で括り付ける事は難しく、ユーザーがappsを好みで組み合わせ利用する。当然利用者側のニーズは従来のケータイよりもクラウド、スマートの側により開かれている。そこにサービスをシフトしていかざる得ないキャリアの宿命。同様にコンテンツもハード毎のパッケージで縛り付ける事は困難で、クラウドでの利用権を前提としてそこからメディア毎の価値や便宜を供与していく方向に向かざるえない。


ユーザーが利用する端末がシフトすれば、一般消費財、経済の枠組みも影響を受ける。そのあたりは更に未来像の展望として元SCEの久夛良木健氏による特別寄稿に引き継がれる。本書に書き出された様々な事象を眺め紡ぎなおしてみると、確かに突然変異の如く、しかし必然としてのシフトが待ち受けている事が垣間見えてくる。



なんて調子でアマゾンに感想いれさせてもらいました。

実は、「これからスマートフォンが起こすこと。」読了後に、著者宛てメッセージつけつつ以下のtweet 飛ばさせていただいていました。




julajp julajp
これからスマートフォンが起こすこと。 本田雅一先生著作 みんぽすモニター読了 図らずも東日本大震災で浮上したタイムラインやネット中継 その背後にはクラウドを主軸にするスマートネィティブが居たからこそなんだなぁ RT @rokuzouhonda #minpos



julajp julajp
これからスマートフォンが起こすこと。本田雅一先生著作 みんぽすモニター 一貫したストーリーで最後にがつんとした調子ではなく、知らない間にデジタルからスマートに軸足が変わっていた事がつぶさに網羅されていた RT @rokuzouhonda #minpos



julajp julajp
これからスマートフォンが起こすこと。本田雅一先生著作 みんぽすモニター 先鋭的包括的なデジタルから一歩咀嚼され、より簡易なスマートに軸足が変わっていく事で、よりパーソナルが近づく RT @rokuzouhonda #minpos



julajp julajp
これからスマートフォンが起こすこと。本田雅一先生著作 みんぽすモニター 利用者側のニーズは従来のケータイよりもクラウド、スマートの側により開かれている。そこにサービスをシフトしていかざる得ない宿命 RT @rokuzouhonda #minpos



julajp julajp
これからスマートフォンが起こすこと。本田雅一先生著作 みんぽすモニター スマートフォンやクラウドを軸に著書に書き出された様々な変化を眺めてみると、確かに突然変異の如くシフトが待ち受けている事が垣間見えてくる RT @rokuzouhonda #minpos





rokuzouhonda 本田雅一
@julajp 感想ありがとうございます。もし良かったらアマゾンの感想にでも書いてくださいね。




julajp julajp
ありがとうございます。淡々とというか飄々と書かれているのですいすい読めつつ振り返ってみると来るべき必然が提示されていました。 RT @rokuzouhonda @julajp @julajp 感想ありがとうございます。もし良かったらアマゾンの感想にでも書いてくださいね。



rokuzouhonda 本田雅一
アマゾンにも感想入れてくれたんですね。高評御礼。 http://amzn.to/iRv4LQ RT @julajp: ありがとうございます。淡々とというか飄々と書かれているのですいすい読めつつ振り返ってみると来るべき必然が提示されていました




julajp julajp
800字超でNG来ちゃうかと思いましたが載せていただけちゃったようです。振り返るとじわじわってのが凄いです。 RT @rokuzouhonda アマゾンにも感想入れてくれたんですね。高評御礼。 http://amzn.to/iRv4LQ



著者本田氏からメッセージ&RT頂いて、これは!とガシガシ書き起こした形でした。

まさに twitter を経由したコミュニケーションですばやい化学反応の賜物となりました。




戦後の復興て、悠々自適な老後の保障、そのための手厚い年金、退職金、それを見込んで車や家を所有し、AVルームを充実するなど、ステータスと所有を頂点に置いた価値観であったのではないか。そこに大量生産、大量消費、そして重厚長大が働くように、そして豊かな老後の為に特定の会社で長く勤め上げる。
経済を手っ取り早く復興成長させるためには、就業率あげ更に、あまり職を変えず職人的に長く勤めさせる。
長く勤められる安心から長期ローンで家を購入。家という商品単位であれば経済も随分回る。

右肩上がり経済前提の行く末にバブルとその崩壊。結果新たな所有という事が現実として厳しくなり、エコ、リサイクルが推進。

経済成長が止まれば停滞期はやってくる。誰もが所有できる、所有して当然と言う、経済を回すために仕組まれた回路は綻んでいく。
そうなれば、余分な所有物はなるべく少なくして身軽に生きるという生き方が出てきて当然。

過ぎたるは及ばざるが如し、の諺が現実として到来したのかも。



そうやって見ると、では自らはなるべく所有せずに、でもより快適にと言った方向はどうなっていくのか?

預けられるものは皆預けてしまう。そのかわり、時や場所を選ばず好きな時に呼び出せる。利用できる。

そういうあり方は、今の時代にマッチしてより多岐に渡っていくのでしょう。

カード化やポイントカードが広く行渡るのも、クラウド側に預けておくサービスと交じり合っていくでしょうし。

一方、アイテムとして利用するものですが、カーシェアリング付きのマンションなんてのも出てきていますし。

第60回 電気自動車も利用できる!! カーシェアリング付きマンション増加中 - L-Cruise - 日経トレンディネット



「これからスマートフォンが起こすこと」の中でも、曲や映画などのコンテンツをハードごとにパッケージングして、ほぼ同じコンテンツを何度も入手させる事への危惧が書かれていました。
更に、同じコンテンツをパッケージ違いで入手する場合の何らかのメリットやインセンティブの付与についても言及されていました。



一方で車って、ハードごとに付加価値付与しながら専用パッケージ化して販売する方式の権化。

痛いニュース(ノ∀`) : 「クルマのピンチを救って!」 トヨタ、SNSで若者層に直接“助け”を求める - ライブドアブログ

若者のクルマ離れを食い止めるソーシャルアプリを! トヨタがアイデア公募 -INTERNET Watch



車といえば所有するもの、所有してこそのステータスシンボルとして今まであったと思います。
その前提を180度覆して、好きなときに、好きなものを、好きなように、と言う利用方法が適うような、所有からシェアと言ったビジネスモデルも構築して行かなくてはならないのでは?

と思えてしまいます。

そうやって見渡してみると、別に所有しなくても、利用したいときだけ利用できれば、と言うものはますますクラウドへ、そしてシェアへ。

そしてそういう時代を切り開く端末として、iPhoneやスマートフォンが今まさに席捲しつつあると見て取れそうです。



個人が利用する、普段使いの標準的な端末が様変わりすれば、それが中心となっての商流となるでしょうし。
人々が普通に利用する、スマートフォンで便利に使えるかどうかという事は、とても重要なファクターになっていくと思われます。


端末が変われば、その先に繋がる商品やサービスのあり方も一新されてしまう。
そういう可能性は存分にある。

今までの前提は、ガラケーやPCが暫定あーゲットであったけど、いよいよ本命のスマートフォンに焦点が定まってきたのだなということが垣間見れる。

その辺強く意識させられる一冊でした。

そういえば本の下部に108の(煩悩の?!)注記。
これも必見だったり。


これからスマートフォンが起こすこと。(Amazon)


★これからスマートフォンが起こすこと。 携帯電話がなくなる!パソコンは消える!
本田雅一
東洋経済新報社★(楽天ブックス)

Posted at 2011/06/16 01:54:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「2013年11月12月ヤングエース付録海洋堂 レイ、アスカフィギュア http://cvw.jp/b/176813/31814170/
何シテル?   12/07 02:14
最近あちこちに登録しまくっています・・・。 fc2 (メインブログ-重いです) http://julajp.blog53.fc2.com/ はてな...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
掲示板
<< 2014/8 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
リンク・クリップ
あわせて読みたい 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/07/11 07:36:39
 
アクセスアナライザー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/07/11 07:33:18
 
忍者アナライザー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2007/07/11 07:32:18
 
お友達
帰宅若干遅めで巡回率低いですが、宜しければどうぞ~。
29 人のお友達がいます
つっぢーつっぢー かずっち@大阪かずっち@大阪
ワンダーPWEワンダーPWE 日産大好き♪のり日産大好き♪のり
wiredwired デラ・モモマッヅィデラ・モモマッヅィ
ファン
7 人のファンがいます
愛車一覧
日産 ノート 日産 ノート
2006/01 初期型Rider購入しました ●メーカー&ディーラーオプション ディー ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
勤め出して、自分で最初に買った車 純正オプションmomoステアリング CIBIE のイ ...
ホンダ キャパ ホンダ キャパ
NOTEの前に乗っていました 195/50 15 ローダウン ADDZEST DVD N ...
その他 その他 その他 その他
ZAKU-FWUOOJ型 FWUO-ZAKUにOriginalJoint改修を施したス ...
過去のブログ
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2010年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
PR
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
プライバシー
©2014 Carview Corporation All Rights Reserved.