• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

copper.のブログ一覧

2016年07月30日 イイね!

補器バッテリー上がり(3回目)

バッテリー上がりというかあげたの確か3回目なんですが、
前2回はアクセサリでオーディオいじってたりしたので仕方ないんですけど
今回は何もしていません。
ご存知のようにリモートコントロール付き車は毎日14時から10分間だか自動充電されるんですけどね。
先週末は乗れなかったんですが、金曜日に1時間弱ほど乗っています。
走行用バッテリーのSOCは95%だったので、電池切れで充電停止ってわけでもないはず。

こないだ付けたドラレコは常時通電にしているので、こいつがダメなのかなぁ。
前のやつも駐車録画はしてたんですが、家に駐車中は忘れなければ電源コード外してたし、
電圧が下がると自動停止する機能もありました。
バッテリー寿命だったらやだなぁ。
でも寿命でも、プリウス用にD端子アダプタを使うつもりです。
純製品は6万だか7万でしょ?高すぎますよ。

うーんamazonのプライムデイでアクセサリーソケットのUSB電源アダプタとか買ってないで
スターターになるリチウムイオン電池を買っとけばよかったかなー
USB電源の、Quick Charge3.0のを買ったんですが、そんな対応機器持ってませんでした。
今使ってるスマホ充電で電流測ったら、買い替える前アダプタと同じ1Aくらいしか流れてませんでしたよ。


まったくアウトランダーPHEVの話をしないのでクルマがネタを提供してくれたんでしょうか。
いまのところアウトランダーPHEVでは何も新ネタは無いのですが、強いて言えばこれがすごい欲しい。

デュアルクス レインクリア D2R/Sバーナー
どうよこのハロゲン色のHIDバーナー
でも我慢…。

こんなのもありますが(高)。
LEDバルブならいつもの中華通販サイトで3000Kで検索すれば類似品たくさん出てくるので、それでいいかな。
ポジションランプも白いLEDやめようかなぁ。
ちなみにAZ-1は年代的に黄色のヘッドライトも、アンバーの車幅等も車検OK。
車幅等は最初からアンバーですし。古いクルマの特権ですね。
Posted at 2016/07/30 02:21:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年07月18日 イイね!

AZ-1 復活日記 そのじゅうろく

AZ-1 復活日記 そのじゅうろく東北方面では楽しい行事があったようですが、
私のは御不動様なのでまだ我慢。

「家でボンネットの塗装落としてくる?」
ということで持ち帰ったボンネット。
教えてもらったFRP用の塗料剥離剤を入手し、三連休だったので作業してみました。
いや、月曜休みなの金曜日まで知らなかったですよ。
仕事先で「作業してくるので、問題出たら電話しますね。でも対応は火曜日かなぁ」
と言われて、なぜ火曜なんだろうと素で思ってました。
知らずに今日仕事に行ってたかもしれません、危なかった。

さて、通販で買った剥離剤。

アクアストリップというやつで、10層程度の塗装のみ剥がしてゲルコート含むFRPにはダメージがないとのこと。
船舶用のようです。
これを検索していたら、船底は滑らかにしないと水の抵抗が馬鹿にならないそうで速度が落ちてしまうとのこと。
そういやレーシングマシンも空気抵抗削減に、けっこう入念にワックスがけすると言われたことが。
今でもワックス使ってるか知らないですけど、今はもう塗装じゃなくてシート貼ってるんじゃないかな。

蓋の開け方がよくわからないのですが、周囲をハンマーでひっぱたいてコインでこじれ、
と書いてあるような気がします。
その通りにやってみると開きました。

うーん、ちょっとキモいかなー。
そうそう、右下に写っているのは鉛バッテリー専用のドライバーです。
ターミナルのナット用スパナと、セルの蓋開閉用のコイン状部分があるドライバー。
あると便利ですが無くてもまったく困らないという。
しかも最近はセルの蓋なんて開けないですしね。


よーく撹拌してみると

おいしそうになったような気がします。
これなら剥離剤嫌いの私でも飲めそうです。

これをボンネットに塗ったくるのですが、コテバケを使えという指示をすっかり忘れてここまで来てしまいました。
部屋の塗装に使ったコテバケがまだある気がしたんですが、もう刷毛で塗ります。
確かに塗りにくい。薄いと剥離しないし。
剥離されずやり直すのは面倒なので、なるべくぽってりと塗っていき、
乾燥を防ぐためラップ掛けします。

ヘッドライト裏やエアスクープのところの裏が未処理なので、乾いちゃうかなぁと思ったのですが、
このまま一晩放置。


翌日…

ぎゃーーーー!




え、見えないって?
見ないほうがいいですよ?
本当に見たいんですか?
見ないほうがいいと思うんですが。

見ないほうがよかったでしょ?

おおむねきれいに剥がれていますが、一部残っているところもありました。
が、それよりも気になることが。

ゲルコートが荒れて剥がれているような気が。
グレーのは、最初柔らかかったんですが、洗浄なんかしていたら固まってしまいました。
キレイに取れたところもあるんですけどね、サーフェイサーかな。

ちょっと800番で研いでみます。

パテを入れると大変な感じの面積。
パテ入れておこうかと思ったけど、相談してこのまま見てもらうことにしました。
Posted at 2016/07/18 23:59:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年07月11日 イイね!

AZ-1 復活日記 そのじゅうご

AZ-1 復活日記 そのじゅうごエンジン側のバルクヘッドにアルミ等の金属テープを貼ると、けっこう放射熱を反射して室内環境が良くなる、との話で、何に使うのに買ったのか覚えていない未使用ステンレステープを持っていたので貼っていただきました。
で、そんな話をしていたときに、金色のやつがいいという話題になりました。確かに人工衛星は金色のフィルムをまとっていますよね。
人工衛星のはクソ高いだろうし入手もできないでしょうからいいんですが、
民生のでも金色のやつは性能良くてもお高いよねーなんて話をまたしていたら
「性能より色が大事。金色。かっこいい。」
とのお言葉だったので期待に応えられるものを探しました。
もちろん金色で、ガラスクロスを挟んでいて450℃まで耐えると書いてあります。
温度は嘘だと思うし、もしかすると数年で色も抜けそうな気がしますし、まさに二の次の性能。
完璧に希望どおりです。
demon tweeksで売ってる15Feet5000円のやつじゃないのでご安心を。
こんど持っていきますね。

そういやよくエキマニに巻くやつ、あれ英語だとwrapなんですね。
bandageで検索しても出てこないわけだ。
で、「バンデージ」で検索するとgoogle様は勝手に「バンテージ」で検索するんですが
bandageですよね、ばんで・じ。


さて、エンジンを積むと足回りが無いと困るだろうなと思って、事前に用意することにしました。
今まではMSダンパーと、某ジムカーナ選手に譲っていただいたB-specのバネを使っていたんですが、
バネレートはF3.0k/R3.5kで、MSダンパーだとF3R4の減衰設定以外に選択肢がありません。
かなり硬くて、街乗りではあんまり動いてる感じがしないんですよね。
それと、ダストカバーが蛇腹じゃないのでアッパーを分解しないとシャフトの状態が見えず、
かと言って分解も面倒だし使うならアッパーは交換しないといけないし、
減衰調整が固着してる気もするし(F3/R4以外使わないのでいいんですが)
ちょっとあの足回りは苦手なので換えることにします。
あの当時ってスプリングは構造変更で改車検が必要だったんですよね。
なので、マツダスピードでは要改車検パーツでB-specの表示になっていました。
いい時代になったもんだ。

と言ってもAZ-1用の足回りはもはや選択肢もなく、
「競技しないんでしょ?KYBのSRでいいじゃん」と言われつつ
さすがにそれではハッタリが利かないので最初アラゴスタを作ろうかと思ってたんですが
セット品のバネが前後とも3kとかおかしかろと思っても標準的なバネレートがまったくわからず、
いちおう固有振動数を計算してみました。
車重720kg、重量配分44:56(ほんと?)とすると
F3k/R4kで2.18Hz/2.23Hz。リヤが3kだと1.93Hz。
このくらいが乗り心地重視ぽいですが、
結局F4/R6のバネが付いた10万円のにしてしまいました。
在庫残1だったのでちょっと焦ったのもありますが。
これだとF2.51Hz/R2.73Hz。実用車(私のアウトランダー)は1.75Hz程度。体が耐えられるんだろうか。
MSダンパーもストロークしなかったしなぁ。

注文したらすぐ届いたんですが、

この梱包か…
細かい説明書も無し。付属してた長いパイプもなんだかわからず。


へー、この値段で倒立なのね。
そもそも売る側が細かいこと一切書いてないですし、ぜんぜん仕様を知らずに買っています。
知ってたのはバネレートと、問い合わせて知ったスプリングのIDくらい。

値段的にアッパーのピローボールがへたりそうな気がして、
ダメになったらすぐに換えられるように見ておこうとトップナットを外そうとすると…

ぐにっ
…どんだけ締めてんの。一瞬でヘックスなめました。
インパクトで締めて組み立ててるんだろうなぁ。
WERAのレンチ使っても無理そうだし、
インパクトで緩めて致命傷になっても困るのでもういいです。


ねじ部はフッ素セパレート漬けにし、亜鉛メッキしたみたいな付属の鉄プレートは上をスラストベアリング、下を樹脂/ステンレスのプレートに交換しておきます。

そして梱包しなおし。

amazon箱にキレイに収まりました。

それでも自動車パーツで一番好きなのは足回りなので、
不明点だらけですがむしろ楽しみではあります。
ここのところ車内から一発でセッティングできるのにずーっと乗ってるので、
セッティングするのめんどくさいですけどね。
Posted at 2016/07/12 01:24:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2016年07月08日 イイね!

AZ-1 復活日記 そのじゅうよん

AZ-1 復活日記 そのじゅうよんネコ監督の見舞がてらAZ-1の様子を見に行ってきました。
写真は出かける1時間前に届いたもの。これが24本。
炭酸苦手なので手土産にします。


一日外に居るので、体を慣らすのにエアコンを入れずに整備場へ。
コンビニで昼飯を買ってくじ引いたらアイス(森永の練乳氷)当たった。
ネコ監督はすっかり元気になってて、むしろえらいかっこよくなっていましたが、
痛々しい映像は残さないとの保護者方針のため写真は出しません。



さて懸念のフレーム穴、私が意見できるほどアイデアもないですが
いろいろいじくっていると給油口を外せば穴の裏側にかろうじてアクセスできることを発見。


わかりづらいですが、中も錆びてます。錆止めを塗りたくっておきました。
穴は協議の結果、なんとか届くということでFRPでサンドイッチしてふさぐことになりました。
が、どうやらカーボンクロスでふさいでくれたようです。
もはやカーボンフレーム化と言っても過言ではありません。グレードアップしています。

ちなみに穴の場所は給油口のすぐ左。車体右側の同じ場所も同じような状況でした。
給油口に接続するパイプはとうとう代替品が見つかったのでそれを取り付け、
もう一つパイプ待ちでエンジン搭載はもう少し先になったので他の錆チェックをすることに。
フロントバンパーもあっという間に外してくれました。
自分がやると時間かかるのであまり手を出さず。

ということで

すっぽんぽん!

みんカラでAZ-1関連を見るようになったのはほんの数か月前ですけど、
最近すっぽんぽんAZ-1の多いこと。
テールのパネルもきれいに塗ってくれていてありがたいことです。
ドアパネルとルーフパネルは外していませんが、それ以外は一通り確認、
致命的な錆は発見されず一安心。

しっかし

この埃。
乗れば振動や風等でけっこう落ちるんですが、放置すると積もった埃が雨で流れ込んで下まで流れ落ちず、こうやって溜まっていくんですよね。それで乾きにくくなって錆も促進されたりする、と。
洗いたいところですがエンジン載ってからのお楽しみ。
買ってなかったんですが、せっかくなのでバックウインドウプロテクター(バックウインドウパネルに張り付ける、リヤガラスの周りになるモール)も注文しておきました。
これでカウルガーニッシュ(ワイパー下の黒い樹脂パネル)以外のモールは全部買ってしまった。
カウルガーニッシュのモールは単品設定されているんですがモノタロウでは取り扱い終了。
他で買えるかは調べていないのでわかりません。

部品買っている方は知ってると思いますが、
まだけっこう新品部品は注文できます。
オクで廃番って書いてある出品物は全部新品が買えるんじゃないかな。
ルームランプも土台の樹脂が経年劣化で粉々になるとのことで、
自分ちのシーリングランプで経験していたので買っておきました。
モノタロウでもおおむね買えるので便利ですよ。
土日5%、月1回だったか10%引きの日があるので、その辺でまとめて買うといいと思います。

新車で付いていたゴムパイプは、さすがにほぼ全部劣化していました。
今回でゴムの寿命がクルマの寿命ということが身に染みました。
古いクルマが高速で炎上したりしてるのって、
おそらくほとんどはどこからか漏れた燃料のせいだと思うんですよね。
フッ素ゴムのホースならもっと長寿命の気がしますが、
この辺はコストの関係で使えないんでしょうね。
Posted at 2016/07/08 01:08:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「AZ-1 復活日記 そのにじゅうはち http://cvw.jp/b/165266/41899367/
何シテル?   09/01 14:38
なし

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

第4回AZ-1.CARA. OWNERS.MEETING 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/08/01 19:25:16
最終チェックを行っております。もうしばらくお待ち下さい。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/11 18:28:55
三菱自動車(純正) MU670022 プラグ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/08/01 19:12:57

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 アウトランダーPHEV なんの変哲もないアウトランダーPHEV (三菱 アウトランダーPHEV)
13/2/16キター!! 市販パーツが少ないですが、手をかけてやっています。 現在の主 ...
マツダ AZ-1 下町のスーパーカー (マツダ AZ-1)
復活計画開始記念
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.