• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

よこよこ(y5y5)のブログ一覧

2022年01月21日 イイね!

HA4W HD4W アイ・ミーブ i-MiEV 運転席 (シートヒーター付)を譲ってくれる人いませんか?220121

私がアイ・ミーブに乗り始めて3月で丸8年。
走行距離は3月までに16万キロを迎えそうです。
走行距離が延びると色々と劣化するものです。

現在一番困っているのが運転席の座面。
右足太もも辺りのウレタンが加水分解したみたいで、手で摘まむ(揉むと書いた方が相応しい?)と明らかにウレタンが減ってるのが解ります。

シート下には黄色い粉状のものが落ちてました。

比較用として助手席左足太もも辺りの写真。

運転席側と比べて明らかにウレタンに張りが有ります。

個人的には、HA4W型の純正シートのシートヒーターは大変重宝しています。
特に助手席だとシートヒーター+毛布で蓑虫状態になれば暖房は最小限で済みますし。

今回私と同じHA4W型と小型車になってからのHD4Wの純正シートに拘っているのは・・・

2013年11月14日のプレスリリース
https://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2013/news/detail4723.html

上記に記載されている通り、座面に加え、背面部のヒーターを追加した運転席・助手席シートヒーターはHA4W型以降だけなんです。

このブログを書く前に「とある方」から納車して間もなく外したHA3W型アイ・ミーブのシート使う?と有り難いご提案を頂き、HA3Wの座面+HA4Wの背面で使えないか三菱販売店に確認したところ、シートとしては使えるけど、シートヒーターも含めると難しいのではないか?とのこと。
ちなみに部品単価は、HA3Wの方がHA4Wより高価だそうです。

値段はブツの状態により相談させてください。

関西+αにお住まいの方でお互いの都合が合えばすぐにでも引取りに行きます。
2/20前後でお互いの都合が合えば関東・中部なら引取に行きます。
現地でイス部分の交換が出来る場合でご希望が有れば、私が現在使っている運転席を置いて帰ることも可能です。

レカロやブリッド等の社外シートに交換して純正シート不要な人いないかな?
Posted at 2022/01/21 20:36:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | セカンドカー関連 | 日記
2022年01月11日 イイね!

(追記有)「東京オートサロン2022」で「K-EV concept X Style」を世界初披露! 220111

関係する写真を並べてみます。
2021年12月20日付で公開された「新型軽EV コンセプトカー」


今回「東京オートサロン2022」で世界初披露された「K-EV concept X Style」
左前から・・・


右後ろから・・・


2022.1.14画像追加。

車体右後部の開口部の中には、普通充電(J1772)のメスコネクタが上、急速充電(CHAdeMO)のメスコネクタが下に設置されています。
-画像追加ここまで-

i-MiEV乗りなので、新型軽EVには大いに期待していました。
2021年12月20日付で公開された「新型軽EV コンセプトカー」の写真と比べると、今回の右後ろの写真は同一なので「ウソではない」ものの、「K-EV conceptX Style」を見た感じは、eKクロスそのまんま。正直期待外れです!
アイ(ガソリン車)とi-MiEV、ミニキャブバンとミニキャブMiEVの時と同じく、エンジン車と電気自動車の区別が付かず個性が無いとダメ評価されそう。

以下、2022.1.12追記
別の見方として、まんまeKクロスなら4WD版も発売して欲しいです。
また、eKスペースMiEVの発売が発表されていないことが残念です。

以下、2022.1.14追記
個人的には個性を感じないと思いつつ、値段に敏感な層がターゲットと言うことを考えると「少しでも安くする工夫」と言う考え方やアイ・ミーブで「あの卵形のデザインが気に入らない。角ばったデザインだったら購入してた」と言う人も一定いたそうなので、一定の評価を得ているeKクロスそのままのデザインも不本意ながら有る程度は受け入れないといけないのかも?と言う気もしてきています。
-追記ここまで-

個人的には、少なくとも今のアイ・ミーブをすぐに買い替えることは無くなりました。

現状では、市販EVの駆動用電池は同じ容量のものしか交換できませんが、海外ではZE0リーフにZE1リーフ用の40kWhや62kWh電池を搭載している例を見かけます。
ライフサイクル・アセスメント「LCA(Life Cycle Assessment)」並びに産業廃棄物低減の観点から アイ・ミーブ の 駆動用電池 を合法的に20kWh化出来るレトロフィットに関する法整備に期待します!
2022年01月06日 イイね!

「地方でEVは無理」を検証してみました。220106

先日、旧知の元自動車整備士さんと久しぶりにお話。
その中でEVに関する話に・・・要約すると・・・
・政府が言うほど車の電動化が進むとは思えない。
・1回の充電で30分待つのは無理。
・地方でEVが普及するとは思えない。との発言。

先方からの電話なので、手短に要点だけを伝えて電話を終えました。
一つの例として、九州第2の都市「熊本タウンユース」を想定して軽EVは使い物になるか?を検証してみます。

ザックリと「とある人」の通勤ルートを検証。
実際のご自宅、職場よりどちらも少し遠めに出発地&目的地を設定しました。
熊本市の東部と北部を走って片道16kmでした。

(↓カギ括弧部分の前提条件は非常に重要!考えられるなかでかなり悪めの条件です!!)
「私のアイ・ミーブXの駆動用電池交換直前の劣化した状態」でも冷暖房なしで1kmで1%消費=片道16%
冷暖房用として+20%多めに消費すると見積もって・・・16%×1.2=約20%
満充電で自宅を出発すれば、ご自宅と職場を2往復はできます。(ご自宅と職場2往復で80%消費)
自宅で寝ている間に充電するので、充電時間はロスタイムになりません。

EVの充電と言うと高速道路のSAで見かけるような急速充電(正確にはCHAdeMO充電)を考える人も多いと思いますが、ご自宅で充電する場合で最も安い方法は、車の付属品の充電ケーブルに繋げる200VコンセントでOKです。


もう一声踏み込んで、ご自宅での電力プランも仮でザっと調べました。
九州電力 電化でナイト・セレクト

基本料金 契約電力が10kW以下の場合 1契約 1,650.00円
夜間単価 1kWh 13.21円 
(追記)再エネ賦課金3.36円/kWh
充電単価=夜間単価+再エネ賦課金=13.21円/kWh+3.36円/kWh=16.57円/kWh

通勤コスト比較
テクトム燃費マネージャー等から・・・
軽EV:一週間に6回(一週間に3回充電・1ヶ月12回充電)
=80%×0.128kWh/%×1.15(充電ロス)×0.7(駆動用電池3割劣化)×12回=約100kWh=約1700円/月(再計算しました)

エンジン車:片道16km×2×24日=768km/月
ハイオクで15km/Lと仮定して・・・768km÷15km/L=約52L
gogo.gsで通勤ルート上の最安値が166円/Lなので、52L×166円/L=約8700円/月

一般的なレギュラーガソリンで20km/Lで計算すると・・・768km÷20km/L=約39L
gogo.gsで通勤ルート上の最安値が155円/Lなので、39L×155円/L=約6100円/月

上記はガソリン代と電気代だけで比較しましたが、エンジン車には少なくともエンジンオイル関係程度の金額を上乗せしないと正当な評価が出来ません。

エンジン車を全否定はしませんが、少なくともご自宅で充電出来るならば、多くの一般的な軽自動車ユーザーの使い方だと軽エンジン車を軽EVに十分置き換えできることを示せたと思います。

ダイハツが昨年(2021年)12月20日の新型ハイゼットトラック&カーゴ+アトレーの発表会で「価格を下げれば軽EVは売れる」と社長が力強く発言されていたのが印象的でした。

バックデータなどを下記に列記します。
電化でナイト・セレクト
http://www.kyuden.co.jp/menu_new-plan.html

一般的なQ&Aは下記をご覧ください。
i-MiEV(X)の運用を開始して3年が経過しました 170525
https://minkara.carview.co.jp/userid/183214/blog/40105727/

詳細な運用データは下記をご覧ください。
i-MiEV(X)の運用を開始して5年で10万キロ走りました(データ編)
https://minkara.carview.co.jp/userid/183214/blog/42951608/
2022年01月05日 イイね!

ミニキャブMiEVが再生産されるそうです。220105

ミニキャブMiEVが再生産されるそうです。220105本日(1/5)の日刊自動車新聞 によると・・・
1)2021年3月まで製造してした車両と同じスペックで2022年度に生産・販売を再開する。
2)価格は見直す。
3)数年後に航続可能距離を延長して価格を抑えた新型モデルを投入する計画。
だそうです。

同じスペックと言うことなら、新型軽EVと同じ20kWh搭載は無さそう。
生産終了直前はLEJ製電池の16kWhモデルだけ。

東芝SCiB電池の復活も有るのか?がこれからの注目点になると思います。
2022年01月01日 イイね!

謹賀新年 220101

謹賀新年 220101あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

担当業務の関係で元日から初出勤してきました。(Top写真)
年末寒波の翌朝だったので車外、車内ともに氷点下でした。


今年2月にアイ・ミーブを新車で購入から丸8年になり、一切の保証が終了します。
昨年4月に駆動用電池が新品になったので、あと数年は乗る予定です。
大きな出費を防いで快適に乗りたいので、個人的には初体験のメンテナンスも時機を見て行う予定です。
Posted at 2022/01/02 11:22:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 最近の私 | 日記

プロフィール

「@nop_all さん。頂いたコメントに対するお返事を含めてブログにしました。」
何シテル?   01/21 20:40
当初「y5y5」で登録していましたが、「よこよこ(y5y5)」に改名しました。 これからもみなさんと色々な情報を交換、共有出来ればと考えています。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/1 >>

       1
234 5 678
910 1112131415
1617181920 2122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

アイ・ミーブ(i-MiEV_X)無充電走行チャレンジ2021夏!約15万キロ車でチャレンジしました!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2021/10/19 17:20:25
C.F.Cみんカラ営業所 
カテゴリ:オーナーズクラブ
2016/02/01 13:22:11
 
三菱-○、日産、トヨタ、ホンダ-× 140204 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/08 11:53:28

愛車一覧

三菱 シャリオ リゾランGT ファイナルエディション (三菱 シャリオ)
前車でシャリオの良さを再確認し、改めてMTが欲しくなり購入しました。 N43W・リゾー ...
三菱 i-MiEV アイちゃん (三菱 i-MiEV)
2005年8月30日・・・コルトMiEVに同乗試乗 2007年11月16日・・・C.F. ...
スズキ アルト アル子 (スズキ アルト)
軽自動車を含めた2台体制とするなかで、シャリオと趣向を変えて相方の意向も考慮して選んだ ...
ダイハツ オプティ ダイハツ オプティ
シャリオ大規模修理&モデファイ後は軽自動車を含めた2台体制とすることを決めたものの 所有 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.