• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

happy37のブログ一覧

2020年05月26日 イイね!

突然のフィッシング詐欺

突然のフィッシング詐欺










先日、Chromeで調べものをしていたら、

この画面が突然現れました↓






「親愛なChromeユーザー様 

あなたは2020年5月24日のラッキービジターです。

アンケートに答えていただいた方に「ありがとう」を込めて

Apple iPhone 11Pro

が当たるチャンスを差し上げます」



これは

もちろんご存じのように

フィッシング詐欺です。






この種のフィッシング詐欺は2年振り?

久し振りに見ました。

懐かしい~(笑)



皆様の中にも、

これが現れた経験のある方が多いのでは。









今回閲覧したのは植物図鑑のサイト。

検索エンジンにヒットしたサイトを

クリックした途端に別タブにこの表示が出ました。








「OK」をクリックすると次の画面へ。




アンケートに答えると、

わざとらしく

「在庫確認をしています」

のメッセージが(笑)






そして

「本日は次の商品が選べます」

と表示されます。

しかも「期間限定 100円」!!

詐欺と分かっていても

「期間限定」と「100円」の文字に

心が大きく揺れ動きます(笑)






下にはユーザーの喜びのコメントが。

もちろん全部嘘っぱちですね。

クリックすると次画面へ。





メール入力画面が出てきます。




右上に「オファーの残り時間」のタイマーがありますが、

これ、残り時間0秒になると

再び残り時間59秒からカウントし始めます(爆)




試しにデタラメなメルアドを入力して

「持続する」をクリック。

規約の「同意」欄にチェックを入れなくても次に進めます(笑)






すると

フィッシング画面が登場。




ここの残り時間のタイマーも

0秒になったら再びカウントが始まり

それをエンドレスで繰り返します(笑)




カード情報を入力して更に進むと

ゲーム会社と契約するサイトに誘導されることもあるらしいです。









最初の写真の画面の再読み込みをしたら

こちらが表示されました。

別バージョンのフィッシング画面ですね。




これも以前から使われている内容と同じです。



ほかにも

「親愛なSiriユーザー」

「親愛なSafariユーザー」

「親愛なInternet Explorerユーザー」

など色々なバージョンがあるようです。





最後に、念のために

ウイルスチェックをしてみましたが

ウイルスを仕込まれた痕跡はありませんでした。

しかし、ウイルス対策をとっていない場合は

十分な注意が必要ですね。





ちなみに、

これらのサイトが出てきた場合は

そのタブを閉じれば何ら問題なしです。






詐欺ちゃん達は、

これからも手を変え品を変え、

あの手この手で騙そうとしてくるのでしょうね(笑)





盗人の石川五右衛門が

「浜の真砂は尽きるとも

 世に盗人の種は尽きまじ」

という辞世の句を残しているぐらいですから

いつの世も、

人の金を狙う悪人がいますね(^^;





「自分は大丈夫、騙されたりしない」

と思っている人が被害に遭うのだとか。

あ、ワタシのことだ(笑)




世の中にうまい話は一つも無い

という格言を改めて心に刻みたいと思います(^^)








Posted at 2020/05/26 21:07:58 | コメント(17) | トラックバック(0) | パソコン・スマホ・デジタルグッズ | パソコン/インターネット
2019年12月27日 イイね!

「圧倒される速度」のM.2 SSDに入れ替え

「圧倒される速度」のM.2 SSDに入れ替え











メインマシンのブートディスクは

SATAインターフェイスのSSD。

2.5インチのいわゆるボックスSSDです。






これを

PCIe Gen3x4インターフェイスの

爆速NVMe M.2 SSDに入れ替えました(^^)






SATA・SSD→M.2 SSD

というSSDの入れ替えです。





SATA・SSDの速度は

通常、

シーケンシャルリードで500MB/S前後。





対して最近のM.2SSDは

シーケンシャルリードで3000MB/S以上。

SATA・SSDに比べ6倍以上の「圧倒される速度」です!





車でも何でも

速いことは良いことですね♪




ちなみに「M.2」は

「エム ドット ツー」と読むのが一般的ですが、

決まりはないので読み方はどうでも良いかと。
 





あ、すべてPCのお話になりますので、

興味のない方はスルーされて下さいm(_ _)m





しかし、

スルーすると

M.2SSDに入れ替えれるとどうなるのか?

という大事なことを

永久に知らないままになってしまいますよ(笑)









【新M.2 SSD】


今回、新ブートディスクとして入れ替えたのは

ADATAの「XPG SX8200 Pro PCIe Gen3x4 M.2 2280」の

2TB「 XPG SX8200 Pro ASX8200PNP-2TT-C」。











シーケンシャルリード3500MB/S

シーケンシャルライト3000MB/S

の文句なしの「圧倒される速度」!



(下が本体、上はヒートシンク)

5年保証であることに

耐久性に関するメーカーの自信が読み取れます。

その指標であるMTBFは2百万時間。

平均して2百万時間に1回の故障です。

2百万時間を年数に換算すると228年3カ月と23日。

生きてませんから(笑)

でも、

その1回が明日ということもあり得る?

( ̄□||||!!








大きさはD22×W80×H3.5mm

重さは8g。



こんなに小さいカードが2TBものデータを納め

超高速で転送するのですから

オドロキモモノキです(@@)

windows95の時代なら軽く1億円以上?








【ヒートシンク装着】

PCに装着する前に

別に買ったヒートシンクをM.2に取り付けます。

この製品にはヒートシンクが付属していましたが、

少し頼り無かったので別に買いました。






最初に付属の熱伝導テープを











M.2ディスクの両面に貼ります。










それをヒートシンクでサンドイッチ。










付属のネジで固定









ところが2TBのM.2ディスクは両面にチップがあるため

1TB以下のものに比べ厚みがあり、

固定用のネジが途中までしか入りませんでした。




それでもしっかり固定されたので

ま、問題なし(^^)










【MBへの装着】

次はMBへの装着です。

私のPCのMBには三つのM.2のスロットがあり、

その中の真ん中のスロットに装着しました。










装着作業終了♪














【M.2 SSDの初期化】

続いてPCの電源を入れてwindowsを起動。

1番下にディスク5として認識されました。










しかし、このままでは使えないので初期化作業へ。



GPT形式で初期化。

でもこれが後で困ったことになるとは・・・

そのことは後で出てきます。
















ドライブ文字は取りあえず「M」に。

この文字はブートディスクになった時点で

自動で「C」に変更されます。












【素のM.2 SSDのベンチ】

初期化後、素の状態でベンチを測定。

すると驚愕の速度が!



カタログ表記には少し届かないものの

まさに「圧倒される速度」です!

この速さ、

車に例えるならF1マシンです!(@@)







ちなみに今使っているSSDのベンチはこちら↓



こちらも速いけどM.2には遥かに及びません。







横道にそれますが

HDDも随分と速くなってきましたね。



古いタイプのHDDのベンチ。



普通こんなものです。






ところが最近のHDDときたら

こんなに速くなっています。



↑今年購入した6TBのHDDです。

ランダムの低下はあるものの

倉庫用としては十分な速さです。








【クローンディスクの作成】

今回はこのM.2をブートディスクにするのですが、

OSやアプリをいちいちインストするのは

時間と手間が掛かって面倒この上ありません。





で、今回は

クリーンインストールはやめ、

ディスクをクローンすることによって

M.2のブートディスクをチャチャッと作ることに。





ディスクのクローンにはこのフリーソフトを使用↓

EaseUS Todo Backup







EaseUS Todo Backupによるクローン作業が正常に終了。










【クローンしたM.2をブートディスクとする作業】

クローンしても

そのままではブートディスクになってくれませんので

MBのUEFIでブートディスクの設定を変更。












そのまま設定保存を選択しenterを押すと

windowsが起動。





のはずが・・・





起動しない・・・















原因はあれかな・・・






ということで、

もう一度イチからやり直すことに。





windowsが起動しなかった原因は

M.2を初期化するときに

パーテーションスタイルをGTPにしたことだと思われます。



元のSSDはMBRだったのに、

新しいM.2はGPT。

これが原因でクローン化されたwindowsが

「あたしは一生MBRさんでないとイヤ!」

と駄々をこねているのかもしれません。







M.2をもう一度初期化し、

今度はMBR形式にしました。





すると、

今度はwindowsが起動♪

クローン化による新ディスクへの引っ越し成功です。








【クローンM.2ディスクのベンチ】

クローンによってブートディスク化したM.2の

ベンチを計測。



素の状態でのベンチに比べると

速度が少し低下しています。

M.2本来の性能が発揮されていません。

クローンではやはり速度が低下しますね。




このままでいくのか、

それとも本来の性能を引き出すために

面倒なクリーンインストールでやり直すのか、

悩みどころです(^^;








【SSD入れ替えによる変化】

最後に

SSDをM.2に入れ替えたことによる変化をザックリと。

当然のことですが、

ディスクから(へ)の転送に関するものは速くなり、

転送後の処理に関するものは変化はありません。

ちなみに起動速度以外は正確な計測はしていません。

面倒なので(^^;






○起動速度

windowsログイン完了までの時間




旧SATA・SSD=21秒

新M.2 SSD   =21秒



変らーなーいー(笑)

今年9月に買ったノートPCは僅か7~8秒なのに(汗)

これってMBの高速起動をオンにしていないから?









○ゲーム

転送速度が数倍上がったことで

劇的とは言えないものの

ゲームの立ち上がりが速くなりました。

起動時に大量のデータの転送を要するPCゲームには

M.2の「圧倒される速さ」が威力を発揮しますね。

もちろんゲームデータは

M.2ディスクの中にパーテーションを切って入れてあります。












○ソフトの立ち上がり

少しだけ速くなりました。

ソフトの立ち上がりの高速化は、

各ソフトの仕様やCPUなどのハード性能の方が

大きな要素になりますから、

M.2による劇的な効果はありませんね。








○写真現像・編集

こちらの作業は主にCPUの性能によるので、

今のところSSD入れ替えの効果はなし。







○ディスク間のデータ転送


●HDDとの転送

HDD→M.2 SSD  最大約170MB/S

M.2 SSD→HDD  最大約170MB/S


こちらはHDDの性能以上は出ないので

こういう結果は当然ですが、

次のSSD間の転送にはガッガリ(涙)





●SSD間の転送

M.2 SSD→SATA・SSD  約200MB/S前後

SATA・SSD→M.2 SSD  約200MB/S前後


どちらの方向でも

HDDとの転送速度とほぼ同じとは(T T)

これはインターフェイスが

M.2 SSDはPCIe Gen3×4であるにもかかわらず、

SATA・SSDはSATAであるためでしょうか。

せめてSATA・SSDの上限である500MB/Sは欲しいです。

コード類はSATA3対応にしているので

理論上は可能なはずなのに・・・

L(・o・)」 オーマイガ








あれ?



あれれ?



ということは



期待に胸を膨らませて

M.2を導入し

ブートディスクの転送速度を数倍上げても

起動速度やソフトの立ち上がり、作業速度が

劇的に数倍上がるってことは無い

せいぜい少し速くなる程度

ってことですねく("0")>





ところが

そんなことは分かっていても

少しでも速度を上げたいのが

人の悲しい性。




しかも

少しでも速度が上がると

ニタリとほくそ笑んで自己満足に浸る

救いようのない悲しい性。






あっ、

笑っているそこのみんカラユーザーさん、

人のことを笑えますか?

あなただって

車を弄ってはニタニタして

自己満足に浸っているではありませんか。

あれと同じですから!ヽ( ̄▽ ̄)ノ 








そんな悲しいPC物語でした(^^;








Posted at 2019/12/27 22:34:03 | コメント(6) | トラックバック(0) | パソコン・スマホ・デジタルグッズ | パソコン/インターネット
2019年12月23日 イイね!

臨場感が半端ないウルトラワイドモニター

臨場感が半端ないウルトラワイドモニター











PCはデュアルモニターにしていますが、

その一方の色再現能力に劣化が見られ始めたことから、

これを機に、

今までの

グラフィック用モニター×2台体制を

グラフィック用+ゲーム用の2台体制にすることに。








ゲーム用であれば

それなりの臨場感のあるモニターを!

ということで

ゲーム用ウルトラワイドモニターの

「UltraGear 34GL750-B」34インチを導入。



通常のワイドモニターの16:9に対し

こちらは21:9と超ワイド化されています。

しかも34インチ♪




解像度はフルHD2560×1080。

ゲーム用なので4Kは不要。








ゲーム用モニターとして重要な

リフレッシュレートは非常に高い144hz。

応答速度は5ms(GtoG High)と充分な性能。





応答速度は数値が低いほど高性能に。

しかし大切なのは中間色の応答速度を表すGtoG=Gray to Gray

単に応答速度が「1ms」とカタログに記載してあっても

それは原色の応答速度なので当てにならず。

大切なのはGtoGの応答速度。

これが良いと滲みの無いとてもクリアな動画になります。








特に気に入ったのがパネル。

本製品はIPSパネルを使用しています。



モニターのパネルの種類はTN,VA,IPSの三つ。

ゲーミングモニターの多くは安くて応答速度の速い

TNモニターを使用しています。

しかしTNパネルには視野角が狭く発色が悪いという弱点が。






一方IPSパネルは視野角が広く発色が非常に良いのですが、

何しろ高い(^^;

それに応答速度はNTパネルを下回るという弱みも。




ところがこの製品は

それらの弱点を克服した上に、

IPSパネルのもうひとつの弱点である

画面の照明の反射を大きく軽減しています。

完全なノングレアではないものの

ハーフグレアのこの製品、

長い時間使っても目がそれほど疲れません。








HDR10対応ですが

これはあまり効果を感じられません。

使わない方がキレイです(笑)









上から見ると歪曲画面であることが分かります。



「あ~あ、無駄な散財だこと」(byカール)笑









右が今回導入したウルトラワイドモニター。



左はグラフィック用の

ナナオの「EIZO」4K31.5インチワイドモニター。









ゲームをするときは1画面に切り替え。











21:9対応ゲームの

ライズ オブ ザ トゥームレイダー。



ララとの冒険が楽しいゲームです♪

(前ふたつのゲーム画面写真もトゥームレイダー)








とてもテンポの良いゲームで本編は24時間でクリア!












↓アサシンクリードオデッセイなんて

本編クリアに90時間も掛かりましたから(汗)









トゥームレイダーは

続編のシャドウ オブ ザ トゥームレイダーも

やりたいと思っているワタシ(^^)





そんな1月半前に購入したウルトラワイドモニターの

年内駆け込みブログでした(笑)





で、

ネットを見たら

その時から5千円も値下がりしている(@@)

たった1月半で・・・

ヤケ酒を呑みたい気分(涙)





「在庫なし」のお店が多い時に

早まって買うものではないことを

改めて思い知らされました。

学習能力に欠けるワタシ、

また同じことをするのだろうか(笑)






あ、

半端無い臨場感と迫力の

ウルトラワイドモニターには大満足です♪







Posted at 2019/12/24 22:08:05 | コメント(5) | トラックバック(0) | パソコン・スマホ・デジタルグッズ | パソコン/インターネット
2019年09月19日 イイね!

19年振りにノートPC購入

19年振りにノートPC購入











多くの人様の前でお話をさせて頂くときは、

データを入れたUSBメモリーだけ持って行って、

そこのPCをお借りし

MicrosoftのPowerPointを使ってお話するのが

重い荷物を持ちたくない私のスタイル。





某日、某シンポジウムのシンポジストの依頼を受け、

いつものようにUSBメモリーだけ持って行き

準備してあったPCにメモリーを刺して

お集まりの皆様の前でお話を始めたのですが・・・



どうしたことか、

PowerPointがバグりまくって大暴走(@@)

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

ナ、ナンテコッター!!

一体何が起きた??




他のシンポリストも同じくバグって大慌て。

PowerPointのデータがバグった原因は、

会場のPCのアプリが正規のPowerPointではなく、

あろうことか

フリーソフトだったことでした(^^;





事前に会場のPCにPowerPointがインストされているか、

シンポジウム担当者に確認した時には、

「もちろんパワーポイントは使えます」

との回答でした。

それがフリーソフトだったとは(笑)




東証一部上場の名の売れた大企業でも

このようなことがあるのですね(;´Д`A ```

オイオイ・・・




テキストと画像程度ならフリーソフトでも何とかなりますが、

私は1枚のスライドの中に多くのアニメーションを設定するので、

フリーソフトだとバグりやすくなります。





こなんなトラブルがあったので、

自分のノートPCが必要かも、と思うように。





それと、

旅行先でデジカメの記録メディアの容量を気にせず

気持ちよく写真と動画を撮るためには、

やはり持参したノートPCによるデータ保存が必要かと

思い始めていたことから、

ノートPCを購入することに決定!





ということで以下PCネタになります。

興味の無い方はスルーを(^^;







旅行にも持って行くノートPCですから

とにかく小型軽量に拘りました。

PowerPointが動き、

デジカメ写真データの転送が出来れば良く、

ハイスペックである必要はありません。

とにかく小型軽量が優先です。








届いたノートPC(^^)

DynabookのPGZ63JL-NNB-K



OS Windows 10 Home 64ビット

CPU インテル Core i5-8250U
   1.60GHz(ターボブースト最大3.40GHz)
   4コア/8スレッド

メモリ 8GB(DDR4-2400) 

Cドライブ 256GB SSD

ディスプレイ 13.3型ワイド (16:9)FHD
   LED液晶(IGZO・ノングレア)
  1,920×1,080ドット

Wi-Fi IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠

重量 0.799kg






PCは自作派ですから

久し振りの完成品PC購入です。

19年振りです(笑)



そしてPCは自作よりも

完成品を買った方が安上がり

であることを改めて実感(; ̄ー ̄川







小さい!








薄い!







軽い!



流石は0.779g!

1キロを切ると軽いです♪







小型軽量でも手抜きの無いインターフェイス!



USB3.0×2

LANポート×1







HDMI出力端子×1

USB Type-C×1

microSDスロット×1









このノートPCにしたのは、

小型軽量であることが最大の理由ですが、

それともうひとつ、

最近広がりつつある

USB Power Delievry(PD)対応であったこと。






PD対応のノートPCであれば、

AC電源が無くともPD対応のモバイルバッテリーで充電ができ、

しかもノートPCのUSBコネクタから

スマホなどの他のデバイスの充電も出来ます。

便利なんです(笑)








セッティング作業










Cドライブがファイルで溢れ返らないよう、

パーテーションで仕切ってDドライブを作っておきました。









Wi-Fiにもつないで終了♪









デスクトップPCの31インチと27インチの

合計58インチのディスプレイに比べ

ひと際小さい13.3インチ。



小さいだけならGPDの小型ノートPCがありますが、

GPDはディスプレイが小さ過ぎて見送りました(^^;

せめて13インチほどは欲しいです。









1TBのポータブルSSD。

旅行に持参しデジカメのデータを保存します。



BUFFALO USB3.1(Gen1) 対応 SSD-PG1.0U3-B/NL

僅か110g!








光学ディスクからインストするアプリがあったので、

ポータブルDVD/CDドライブを購入。



BUFFALO DVSM-PLV8U2-BK/N








USB Power Delievry(PD)対応のモバイルバッテリー。

使う機会は余りないかもしれません。



Charmast 10400mAh モバイルバッテリー Type-C 18W PD対応 QC3.0 急速充電 3出力ポート【PSE認証済み】 iPhone Android対応






Aタイプ×2、Type-C×1の合計3つの出力ポート(^^)



198gの軽さ。

軽さを優先しましたが、容量は10400mAhと十分。

これ1個でノートPCを100%まで充電できました。

所要時間は2時間半ほど。

iPhone6Sなら4回は充電できます。








USBハブも一応揃えました。







小型軽量がウリのノートPCとはいえ、

CPUがインテルCore i5-8250Uであり、

メモリーが8GBしかありません。

メイン機のデスクトップPCの
 
 CPU 8コア16スレッド 最大4.7Ghz

 メモリー 32GB 3600Mhzにオーバークロック

に比べればはるかに低い性能です。




果たしてどのぐらいの処理能力があるのか、

不安を覚えつつテストしてみました。




■動画編集

付属の動画編集ソフトCyberLink PowerDirector 16で

動画を編集してみたらサクサク動くじゃないですか♪

これは予想外です。

ただ4Kになると重くなるかもしれませんね。



■RAW現像

通常はデスクトップPCでしているRAWの現像を、

ノートPCでテストしてみました。

結果、ニコンZ7の4575万画素のRAW現像に、

1枚で10数秒かかりました。

予想どおり遅いですね。

しかも複数枚同時に現像するとファンがうなり始めます。

それでも799gからすれば大健闘だと思います。





■メディア間の転送時間

デジカメの写真データが入ったXQDカードを

アダプタを介してPCのUSBに刺し、

そのデータを同じくUSBに繋いだポータブルSSDに転送。

54GB/1500ファイルの転送に要した時間は11分。

かなり早いです。

これはメディア本体の性能によるところが大きいですね。






自分を無理矢理納得させて

買ったかもしれないノートPC(笑)、

これから使い倒していきます(^^)







Posted at 2019/09/19 22:22:42 | コメント(6) | トラックバック(0) | パソコン・スマホ・デジタルグッズ | パソコン/インターネット
2019年08月27日 イイね!

iPhone6Sのバッテリ-交換でポイントアップ\(^▽^)/

iPhone6Sのバッテリ-交換でポイントアップ\(^▽^)/












ワタクシの支配人・奥様が


「この頃スマホの充電が早いわ。

あっという間に100%になるのよ。

私のスマホってスゴイ!」


と申されるではありませんか(笑)



あの、それってスマホの電池性能の低下ですから。

電池容量が減ったから早く充電出来るのですよ(^^;




奥様のiPhone6Sは購入から3年半。

バッテリー性能が低下してきて当然ですね。




確認してみると最大容量は77%。

やはり劣化していました。



「お使いのバッテリーは著しく劣化しています。」

と表示されています。




「そう?じゃぁ何とかして」

と奥様からのご指示を受け、

さっそくバッテリーキットを密林から届けてもらいました



サードパーティーのバッテリーは発火の恐れがあるので、

実績のあるものを購入。








工具も付属しています。




ショップに持ち込んで交換してもらうという方法もありますが、

時間がもったいないし、

高いし、

それに自分で交換してみせた方が

奥様からの好感度が上昇して

ポイントアップになるのではないかと(^^)

毎年の「一生に一度のお願い」を聞き入れてもらうためには、

こういうポイントアップのチャンスをものにしなければなりません!








日本語の説明書付き。








説明書に小さなネジを9カ所外さなければならないとありましたので、

ネジを間違えないように図面を作り、

外したネジが無くならないよう

マスキングテープを両面テープ風にして貼りました。

このテープの上にネジを置くとペタッとくっ付きます。



ちなみに説明書では外すネジは9カ所とありましたが、

実際は8カ所でした。

上の方のD2が無かったです。







後は説明書に沿って作業を進めていきます。

先ずは画面はがし。



説明書があるから大丈夫だろうと思っていましたが、

説明書だけでは大苦戦します。

最初の苦戦がこの画面はがしです。

YouTubeにいくらでも動画があるそうですから、

それを見ることを強くお勧めします。

見ないで作業するとワタシみたいに悪戦苦闘します(笑)



ま、悪戦苦闘が楽しいのですが♪








何とかはがせました(^^;







その後はネジを外す作業。

これは簡単です。

元に戻す時のために

外す際はネジのトルク感を覚えておくと良いですね。





説明書にあった一部のネジは外さない方が良かったです。

下の写真の外そうとしているネジの部分です。

図面ではD1とD3(D2は元々無し)、E、Fのネジです。



これを外すとディスプレイとのケーブルが外れてしまい、

ディスプレイが正常に表示されなくなり、

ちょっと慌ててしまいます。

説明書を見ながら正常に復帰させましたが、

ここのネジを取らなければそのようなトラブルは起きません。

何故ここのネジを外すように説明書にあるのか意味不明です。

もしかするとiPhone6S以外のシリーズで必要なのかもしれませんね。






この後、大苦戦の第二弾、バッテリー外しになります。

あまりにも苦戦したため写真を撮るのさえ忘れていました(笑)

悪戦苦闘を楽しみたくない人は

YouTubeを見ることを強くお勧めします!







新しいバッテリーを装着!







画面を元に戻す前に電源を入れてテスト。

ところが画面が乱れます(@@)

先ほど書いたディスプレイとのケーブルが外れたことが原因です。

再び悪戦苦闘(笑)





しかし直りません。

壊してしまったか・・・

と思った頃に正常に。ホッ。




元通りにしてバッテリー容量を確認すると、

100%になっていました♪



今度は充電に時間が掛かりました(笑)

電池に学習させるため、

一旦100%まで充電した後

電池切れになるまで電源ONの状態にして

バッテリーを使い切る作業をしましたが、

電池切れになるまでに6時間半掛かりました。

純正品と同等の性能だと思われます。



奥様も満足(^^)






そして、

ご褒美の刺身(o^∇^o)ノ



刺身があれば何もいらないワタシのことを

良く知っている奥様です。







最近見つけた安いけど美味しいワイン♪



美味しいヽ(*^^*)ノ







デザートのチョコロールケーキ♪









他の店のチョコロールが食べられなくなったと

奥様と娘が言うほどの美味しさ!





あれれ?

これって、

刺身とワインとケーキで満足させて

「一生に一度のお願い」のポイントは

帳消しにしようという奥様の作戦?(笑)







Posted at 2019/08/27 21:51:36 | コメント(19) | トラックバック(0) | パソコン・スマホ・デジタルグッズ | パソコン/インターネット

プロフィール

「@kan13 さん、今年も後少しですね、お互い頑張りましょう!」
何シテル?   12/16 23:37
Happy37です。 平成28年の七夕に、34年振りにスカイラインに戻ってきました。 MGのスネーク風に言えば「待たせたな」(^^) 誕生日:日産スカ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/6 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

[アウディ RS4 (セダン)]Kleers カーボンUVプロテクター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/05/12 09:52:28
この車って、バッテリー2個も要るんやね。。。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/01/08 16:14:02
日産(純正) Carwings 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/07/29 16:35:51

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
平成28年、34年振りにスカイラインに乗ることになりました。 スカイラインと言っても昔の ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2年半乗ったマツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)20S-T AT(スノーホワイト)。 ...
ヤマハ FJ1200 ヤマハ FJ1200
平成5年から10年まで5年乗りました。 ツアラーらしく安定感十分の高速走行性能バツグンの ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
今から34年前(2017.2時点)、新婚時代の私たち夫婦がスカイラインの次に乗った車。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.