• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

happy37のブログ一覧

2017年02月27日 イイね!

妻とランチデート

妻とランチデート
















会社の同期の退職祝いがありました。

同期と言っても生まれ年が幾つか違いますので、定年の年齢に達した者から順次辞めていきます。

昨年までは送る立場だったのに、今回は送られる側になりました(^^)




会場は某ホテル。










お互い37年間、ここまでよく頑張ってきたものです。



定年と言ってもみんなまだ元気ですが(笑)










翌日は妻をランチに誘いました。

前から連れて行こうと思っていた店に、もちろんスカイラインで行きました。



運ばれてきた料理を見て「こんなに~。私食べきれないわ。」と(^^)









ところが直ぐに「さぁ、食べましょう。」と気持ちを切り替えるところは、さすがは女ですね(笑)













確かにボリュームたっぷり♪












「食べきれないわ」と言ったはずの妻なのに、順調なペースで食べていきます(笑)













東京に行っている長女は、いつものように水族館に行ったようです。

水族館好きは私の血を引いたのでしょうね。

娘が子供の頃、関東の水族館は全て回り、北海道や新潟など各地の水族館に連れて行きました。












アサリの具がたっぷりの味噌汁。











和食の〆は茶碗蒸しが好みです。




てなことで妻のご機嫌伺いのランチでした(笑)




Posted at 2017/02/27 19:24:36 | コメント(11) | トラックバック(0) | 食べ物 | グルメ/料理
2017年02月26日 イイね!

屋久島・その2 人は自然に抱かれて優しくなる

屋久島・その2 人は自然に抱かれて優しくなる












屋久島の2話シリーズの最後です。





屋久島の森に足を1歩踏み入れると、そこにはコケの世界が広がります。



屋久島の年間降水量は平地で4,000㎜、山間部で1万㎜。

東京の年間降水量が1,400mmですから、いかに雨が多い島か分かると思います。

この雨が屋久島の豊かな自然を育んでいるんですね。


日本には約1,800種のコケがありますが、そのうち640種が屋久島に生息しているそうです。

屋久島は世界有数のコケの島なんです(^^)

雨が多いからこそのことですね。













この風景、一度は見たことがある人も多いのではないでしょうか。

観光スポットにもなっている「コケの森」です。

映画「もののけ姫」の森のイメージとなったことから、「もののけの森」とも呼ばれているようです。



ここに佇むと、不思議と穏やかな気持ちになっていきます。
















同じ場所を冬に撮影してみました。

何千年もの時を感じつつ、静かに時間だけが流れていく、そんな場所です。
















丸い屋久島の東側にある安房川。

真ん中よりやや右側の尖った山の明星岳は、比較的簡単に登れる山です。



夏になると安房川では「流れ船」が運航されます。

いわゆる屋形船ですが、屋形船と違うのは、先ず上流まで遡って、そこからは水の流れに任せて

川を下るという点です。

まさに川の流れに身を任せ、澄み切った川面を眺めながら、川を流れる涼しい風に頬を冷やさ

れ、渓谷の景色を楽しみつつ呑む地元の焼酎「三岳」の味は格別です(^^)


















安房川に掛かる安房橋。



三岳を飲み過ぎて火照った体を冷やすのに丁度良い橋です(笑)















島の西側。



この島を1周する道路は99キロメートル。

車で数え切れないぐらい1周しました。

そのほか自転車でも1回、徒歩でも1回1周してみました(^^)












上の写真の付近で撮ったヤクザル。



ヤクザルはニホンザルの亜種です。

ニホンザルよりは一回り小さいですね。これはヤクシカも同じです。

隔絶された島の動物が小さくなるのは「フォスターの法則」とか「島の法則」と呼ばれているようです。

アイソレーションによる矮小化(Dwarfism)ですね。

逆に小さな生き物は大きくなる巨大化(Gigantism)する現象が起きるから面白いですね。

島には巨大はゴキブリがいますから(笑)

















屋久島と言えばやはりウミガメですね。

ウミガメの産卵を撮りに、夜が明ける前に起きて眠い目をこすりながら何度永田浜に通ったことか。

これは何度も通って、やっと撮れたウミガメの産卵です。



ウミガメは光を嫌いますので、夜はフラッシュを使えません。

そのため朝方までノンビリ残って産卵しているウミガメを探すのですが、これがなかなかいない。

撮影場所は屋久島の北西にある永田浜。

ここに上陸して産卵するアカウミガメの数は北半球一とも言われています。















産卵を終えてゆっくりと海に帰っていくお母さんカメ。



卵から孵化した子カメは海流に乗って北太平洋をグルッと回ってカリフォルニア、メキシコ沖まで

行き、運が良ければそこで成長して約20年後に屋久島に戻ってきます。

無事に戻ってこられるのは5000匹に1匹と言われていますから、子ガメにとっては命懸けの過酷

な旅です。













永田浜の夕焼け。

悠久のロマンを感じます。



水平線のやや右に見えるのは約40㎞離れた硫黄島(鬼界ヶ島)




  終わり
  
  屋久島シリーズにお付き合いいただきありがとうございました(^^)







Posted at 2017/02/26 11:18:22 | コメント(16) | トラックバック(0) | 屋久島 | 旅行/地域
2017年02月24日 イイね!

屋久島・その1 神秘なる島

屋久島・その1 神秘なる島
















神秘的な雰囲気が漂う、世界自然遺産の屋久島。

そこは豊かで多彩な自然に溢れています。

その屋久島に2年間住んでいました。

今回は、屋久島の素晴らしい自然を少しだけご紹介します。






樹齢6千年とも言われている巨大な屋久杉の「縄文杉」

何度も縄文杉に会いに行きました。

縄文杉の前で涙を流す人もいます。それだけ圧倒的な存在感があります。



ちなみに屋久杉と呼ばれるのは樹齢1千年以上の杉だけ。

それ以下の杉は単に杉としか呼びません。















宮之浦岳への縦走路。

雄大で変化のある景色が最高です。
















九州最高峰の宮之浦岳山頂。

360度の素晴らしい展望に感動!

2年間で8回登頂しました(^^)  中央向こうに見えるのは永田岳。



南の島とはいえ冬は2メートルの積雪があった年もあり、ヨーロッパアルプス登山経験の方がここ

で凍死される遭難が起きていますので、冬は厳冬期登山並みの装備と準備が必要です。













翁岳方面。色々な奇岩が面白いです。
















太忠岳の天柱石。

岩の高さは40m。ツルツルの岩なので簡単には登れません。

というか、怖いので登ろうとも思いません(^^;


















こちらは比較的手軽に登れる太鼓岩。

映画「もののけ姫」で登場した犬神「モロの公」の住処のモデルとなった場所ですね。

ここから屋久島の山々を見渡すとモロになった気分を味わえます♪


















モッチョム岳の山頂。

高くて狭くて怖いです(^^;

















屋久島の樹氷。

幻想的な景色に酔いしれました。

















枯れてもなお立ち続ける屋久杉。














仲間たちと冬の登山。

一番寒そうにしている右から2番目が私(笑)







   その2へ続く





Posted at 2017/02/24 19:56:35 | コメント(5) | トラックバック(0) | 屋久島 | 旅行/地域
2017年02月23日 イイね!

思い出のテーブルとお別れ

思い出のテーブルとお別れ


















オーダーメイドで注文して19年間使ってきた我が家のリビングの天然木製テーブル。



テーブルクロスは傷を隠すために掛けています。












テーブルクロスを取ると沢山の傷が(笑)
















でも、この一つ一つの傷には我が家の歴史があります。



この傷は長女が、これは次女が、これはチョコがと、それぞれ思い出があるのです。

このテーブルを囲んで子供達は成長し、私たち夫婦はこのテーブルでたくさんの会話をして長年

連れ添ってきました。

そんな家族の思い出がいっぱい刻まれた大切なテーブルですが、あまりにも傷だらけなので入れ

替えることにしました。













それに椅子も破れてしまっているので。

椅子の破れは、保護されたカールが我が家に来た時にかじったたものです(涙)

椅子はほぼ全部全滅でした。



これは誰が破いたの?と聞かれ「覚えていません。」としらばっくれるカール(怒)













新しいテーブルと椅子。
















ゆったりまったり出来るように、椅子はややハイバックのものを選択。



キャスター付きなのでとても楽です。















さっそくだらける妻(笑)



座り心地が良すぎてグ~タラな我が家になりそうな予感(^^;













ついでにチェストも入れ替えました。

「言うことを聞かない時はここに入れるよ。」と脅されて神妙なフリをすカール。


















使わなくなっていた娘たちの机も捨てました。

長女の机。



この机で勉強をしていた娘の姿を思い出すと、捨てるのが何だか切なくなります。














次女の机。



悲しくなりますが、時には断捨離も必要ですね。




あと、ワタシ用の机を新調することにしました。

3月に届く予定です。

何?それは断捨離になっていないじゃないか!という突っ込みはご容赦を(^^;






Posted at 2017/02/23 21:06:00 | コメント(8) | トラックバック(0) | 徒然日記 | 日記
2017年02月22日 イイね!

既に頭の中は春真っ盛りの犬

既に頭の中は春真っ盛りの犬



















こちら鹿児島は、少しずつ春の気配がやってきています。

が、我が家の楽天犬カールの頭の中は既に春真っ盛りです(^^;
















ボ~と春を見ているカール(笑)














何か考えているようで何も考えていないカール。















この犬は悩みとか葛藤とか、そんなこととは全く無縁です。















手術した足は少しずつ良くなってきています。














まだ短時間しか走れませんが、全盛期の半分ほどまでに復活しつつあります。
















相変わらず何も考えないでボ~としているカール(笑)
















メス犬らしき犬を見つけると、おもむろに動き出すカール。

本能のおもむくままの行動は恥ずかしいので止めてもらいたいものです。



少しは飼い主に似て自制心ある行動を心掛けて欲しいと思います。














「お父さん、あの犬の方へ行こうよ!」



この犬ったらまったく何を言っているんだか。

でも、飼い主の女性、なかなか良い感じじゃない?

ん、行こうね。













カール、早くおいで!

向こうへ行こうね♪






おわり(笑)






Posted at 2017/02/22 21:59:43 | コメント(10) | トラックバック(0) | 犬と猫 | ペット

プロフィール

「ウインドウ撥水コーティングの効果持続期間はワイパーの使い方で大きな差が出る! http://cvw.jp/b/2074461/42281987/
何シテル?   12/12 20:15
Happy37です。 平成28年の七夕に、34年振りにスカイラインに戻ってきました。 MGのスネーク風に言えば「待たせたな」(^^) プロフィール写真...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/2 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    

リンク・クリップ

初心者だから言える「ここに気をつけて、イタリア旅行!」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/12/03 19:29:18
イタリア旅行【14】 さよならイタリア、最高だったよ!(最終回) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/30 07:43:49
「ナンバープレート自動隠し」機能が追加されました! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/16 21:25:44

お友達

車と、人、犬、猫が好きな方,ウェルカムです♪
278 人のお友達がいます
☆じゅん♪☆じゅん♪ * TAKE4TAKE4 *
龍騎士龍騎士 * にゃご吉ーRにゃご吉ーR *
ジョー 矢吹ジョー 矢吹 * 伊勢伊勢 *

ファン

638 人のファンがいます

愛車一覧

日産 スカイライン 日産 スカイライン
平成28年、34年振りにスカイラインに乗ることになりました。 スカイラインと言っても昔の ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
2年半乗ったマツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)20S-T AT(スノーホワイト)。 ...
ヤマハ FJ1200 ヤマハ FJ1200
平成5年から10年まで5年乗りました。 ツアラーらしく安定感十分の高速走行性能バツグンの ...
トヨタ マークII トヨタ マークII
今から34年前(2017.2時点)、新婚時代の私たち夫婦がスカイラインの次に乗った車。 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.