• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

代打オレのブログ一覧

2018年10月21日 イイね!

あさらかん(久しぶり)

昨日は体育の秋でした。



息子DJは何食べてるんだか、メキメキと大きくなりまして、レンタル自転車はマウンテンバイク。
ワイドレンジ、21段変速のマシーン。

僕は変速無し、ギア固定のママチャリです。
ある意味、EVみたいに未来的な変速機構とも言えます。
つまり、モーターが低速から高速まで対応。
モーターとは、僕の足、なんですけどね。
結果、直線をかっ飛ばすDJのマウンテンに追いつくためにフル回転の僕の足は、ごく短時間で臨界点を突破するに至ります。

そんな昨日と変わって今日。
春はあけぼの、と言いますが、秋もあけぼの。
今朝、コソコソと家の便利なクルマこと、シエ○タをどかしてエリーゼを出します。
シエ○タの車外温度計は10℃。
どうりで冷えます。
う~、さむっ!
JLD2017で入手したドライジャージを羽織って出発!
道中、一部で霧。



峠の電光温度計は4℃でした。
下界の自宅付近で10℃なら、山は一桁だろうとは予測していましたが、既に一桁前半でした。
スパルコのグローブを防寒用に着用。
屋根はオープン、足下はヒーターlevel1。

ヒミツ(?)の展望台から見下ろす吉和の下界は雲海かな?と期待しましたが、到着する頃には晴れ。

それはそれで良い景色のスポットです。



ここを教わってから、もう4年が近づくんだなぁ。
時間の経過は早いなぁと、つくづく感じます。
季節は高いところから、低いところへと降りていきます。



紅葉も徐々に下界へ拡散していくのでしょうね。
小さい秋が、少しずつ大きく。
秋は凡庸な人も、ゲイジュツ的に変えてくれます。

さ、集合場所へ向かおう。
今日はボッチあさらかんかな~
ワクワク♪



先客居た!!
しかも2台!!!



ずいぶんお久しぶりの黒NSXさん。
真ん中は(@_@)さん。

お互いの近況などをお話。

黒NSXさんが、僕のエリーゼの近くに来られてクンクン。
「クーラントみたいな甘い匂いがします」
「ぎくっ!」

軽くチェックしますが、特に問題はなさそう。
水位も普通です。
多分、キンモクセイか何かの香りが漂ってきたのでしょう。
よね?



初代NSXはやはりかっこいいです。
直線基調のボディ、タイトで前寄りなキャビン、控えめのリアウイング。
車検はディーラーさんで通されたそうです。
意外とリーズナブル、というか一般的な実用車と変わらないお値段だったようです。

おっと、見慣れないクルマが入って来られました。



フェアレディZですよね?
確かZ31。
リアのテールライトのガーニッシュには200ZXの文字。
セリカXX、70スープラ、FCのRX-7、AE86にも、なーんとなく似ています(個人の意見ですよ)。
フロントマスクはナイトライダーのトランザムにも似ているかな~



キャビンのぱきぱきした折り目は、ロータスエスプリぽくもある??
あー、いずれも個人の意見です~。
以前、まるしさん他にお会いされたことがあるようですよ。
ご予定あるようで、先に帰られました。

僕も次の予定のために退散します。



明るくなってきたので、改めて証拠写真を。

紅葉の中を駆けます。

三台連ねて走っていましたが、信号や道路工事に阻まれて、いつしか一人旅。



行きではやせ我慢のヒーターlevel1でしたが、帰り道は気温も上がり傾向にもかかわらずヒーターlevel2に。
そろそろひざ掛けが要りますね。

ちょっと遅刻した次の予定も無事に終え、帰宅への道中に気づきました。
ふと気づく…



どこ行ったんだろう。
いつの間に?
いつから??

帰宅してから運転席下へともぞもぞとダイブし、カーペット周辺、シートの下とかをチェックしましたが、見つからないひと粒のボルト。

仕方がないので、DIYの友、□ーナンへ。
流石にドンピシャのボルトはありませんでした。
M5の10mmはコレだけかぁ。



応急処置です。
ちょっとアタマが出っ張ります。
ググってみましたが、同じネジは見つけられないので、応急処置が恒久的処置になるかも。
ひとつだけ出っ張っているので、ステアリングの向きがブラインドタッチで分かります!

ま、ブラインドタッチで分かるからと言っても、何の役にも立ちませんが~
運転中はちゃんと目視しましょう。
なはは。
Posted at 2018/10/21 20:43:30 | コメント(8) | トラックバック(0)
2018年10月14日 イイね!

ロータスカップ(岡山)観戦

昨日は息子DJの運動会でした。
今日は秋祭に参加らしく、DJを残して出発!

朝日に向かって走ります。



小谷サービスエリアには既にトミーさん。



曜日師匠さん→素うどんさん→トミーさんの、由緒正しいホイールが早着されていました。
レーシーです。

ここが集合場所だった、ロータスデーに向かう日を思い出します。
あれから1ヶ月半か。
あぁ、まだコメント返しが…。



今日はトミーさんと2台で岡山国際サーキットを目指します。
ちなみにこの頃、まるしさんはあさらかんへ駆けていたようです。
気温は推定ですが20℃未満。
トミーさんは漢のオープン走行!
僕は軟派にクローズでヒーターONです。

トミーさんがコミュニケーションツールを持たせてくれました。



「トミーさん、どうぞ!」
「はい、どうぞ~(ズガァァァ!!)」

オープンで高速道を駆けるトミーさん。
風切り音がデカい。
道中は順調に流れました。
機関も良好!
岡山県の和気インターチェンジを降り、下道を30分くらい走って到着!



ええ天気の岡山国際サーキット!
僕は6年ぶりくらいの再訪でした。

まずはロータスカップのブースで、ロータス広島のスタッフさんにご挨拶。
パドックも冷やかします。




今日のロータスカップはV6エキシージが6台参戦とのこと。



ナンバープレートは関東の地名ばかりでした。
中国地方まで足を伸ばすのは大変だったろうと思われます。
ちなみに岡山でのロータスカップ開催は今回が初めてらしいです。



9時20分からのロータスカップ予選を見届けてから、会場内をトミーさんとぷらぷら。
今日は色々な走行会が企画されていました。
ヴィッツのワンメイクが最大勢力ですね。



たくさん、全国から集っていました。
ディーラーさんが多いですね。
ご苦労様です。



他にもVITAやポルシェ。
ホンダ勢、カローラに、軽自動車も。



トミーさんが、「ロータスがいる!」と。
行ってみました。



ん?
このイカツい白いエリーゼは…
HKRさん!
お久しぶりのご本人にご挨拶。



エリーゼはワイドボディで相変わらずの迫力。
聞くとロータスデーの富士にもいらっしゃっていたようです。
エンジンルームのホンダが美しいです。



元々搭載されていた2ZZはサーキットユーズだと、メンテナンスに随分お金がかかったそうです。
ホンダエンジンへのコンバートは長い目で見たらお金の節約になる、とのこと。
HKRさんくらいサーキットを走り込むなら、それも解らんではない気もします。

HKRさんが走るのはCTという走行枠。
CTはサーキット・タイムアタック?



ホンダエンジンのエリーゼは意外と静かに、でも速い!
シビックRほかとの混送でしたが、断トツの速さでした。
軽自動車のミラ(?)も力走していましたが、HKRさんに3週で捕らえられて周回遅れに。
15分間の走行を終え、ピットに帰還。
30分間は部外者(トミーさんや僕)は、車両に触ってはならないルールとか。
オフィシャルの方が、それとな~く目を光らせていらっしゃいました。

1台だけ参加のクラスだったのでトロフィーは無しだそうですが、表彰されるHKRさん。



副賞はご当地の葡萄でした。
岡山ならでは、ですね。
HKRさんにヨコハマのシール…、いやステッカーをいただきました。



結構デカい。
どう使うかなぁ。
HKRさんは先に帰路に。
朝、大阪を発たれたのは午前3時台だったとか!
お疲れ様&ありがとうございました!
またお会いしましょう!

さて、トミーさんとランチタイム。
ゴージャスなビュッフェでした~
食べかけで汚い写真ですが…



料理の種類は少な目でしたが、どれも美味しかったです。
意地汚く、元を取るぞ!とは思わないながらも、ちょっと多めにいただきました♪

コース上ではヴィッツたちが走りだしたので高台から観戦。



イコールコンディションでしょうから混戦です。



かなり気合いが入ってます。



エンジン音が静かで、縁石を踏んだときのバタバタ音が良く聞こえました。
EVでレースするようになったら、無音に近いのが常識化するのでしょうね。
午前中に走ったVitaの爆音を聞くと、音ってのは迫力のひとつの大事な要素だなぁと感じました。

ロータスカップのスタートまでの間、トミーさんと駐車場をぷらぷらとパトロール。

トミーさんと僕の向かい側に駐車されていた黄色いエリーゼ。
広島ナンバーでした。



後でお会いできたオーナーさんはトシマルさん。
まだ20代の青年でしたー。
すごいなぁ。

ガンメタのエリーゼも広島ナンバー。



こちらも後でオーナーさんにお会いできました。
温厚そうな、素敵なご夫婦でした。
僕は最近、広島某所で見かけたエリーゼそのものでした。
何だか嬉しいです。

グリーンストライプのエリーゼS2。



ローバーエンジンモデルでした。
マフラーが僕のと同じぽい。
広島ナンバーでしたが、初めて見るエリーゼと思います。
オーナーさんには会えず。
いつかお会いできるかな?

オレンジのエリーゼは、どこのナンバーだったっけ?



この他にも黄色い岡山ナンバーのエリーゼCRがいらっしゃいました。
写真を撮ってなかった…。
オーナーさんと少し話せましたが、岡山は正規ディーラーさん消滅で、一時期の広島に状況が近い様子です。

こちらも黄色。
V6エキシージ。



北九州ナンバーでした。
これって、前にLEONさんが試乗されたクルマでは…。

ロータスカップ直前のパドックへ。
ペトロナスカラーのV6エキシージ。



ドライバーはTipoの編集長、佐藤さん。
いつも拝見しています(ちょっと誇張ですが…)、突撃ご挨拶しました。
ロータスデーのレポートに多めに紙面を割いてくれていたし、ほんと良い雑誌です、Tipo。
特に広島や中部の方はニンヤリできる記事なので、まだの方はぜひ購入を!
ちなみに来月号はロータス特集ですよ♪

佐藤選手、出撃準備。



カッコいいなぁ。
誌面では割とカジュアルな印象のレポートが多い気がしますが、今日は引き締まった雰囲気でした。

ご贔屓の相手が明確になると、レース応援は白熱します。
佐藤選手は順位をひとつ落として3位に。
上位を狙います。



前の白い2台は速く、接戦でしたが3位フィニッシュ。



ご本人はちょっと残念だったかもですね。

赤はサーキットに映えます。



青もカッコいい。



ナンバーつき車両ですし、音はそんなに大きくありませんでしたが、スピード感のあるレースでした。



↑トミーさん。

ロータスカップのブースにご挨拶してサーキットを後にすることに。
良いサーキット観戦の1日でした。

若干の渋滞を抜けて広島に到着。



トミーさん、いつもありがとうございます。



しばらく行けてないし、来週はあさらかんに寄りたいなぁ。
Posted at 2018/10/15 03:11:41 | コメント(5) | トラックバック(0)
2018年10月07日 イイね!

メンテナンスの秋!

本日午後、広島市某所へ向かいます。
オープンにして駆けると気持ちが良い秋の曇天。
原爆ドームの近くを走る平和なひととき。



素うどんさんが声をかけてくれて、メンテナンスの集いです。
いつもありがとうございます。
僕のメンテナンスネタはシフトリンケージブッシュ交換。



純正のブッシュはゴム製で劣化しちゃうそうです。
結果、シフトフィールはブヨブヨに…。
調達したのは硬い樹脂のパーツ。
数ヶ月前くらいから、時々、シフトレバーがセンターに戻らない症状があり、この部位が悪化しているだろう、ということでの交換です。

別のメンテナンスで一緒に作業されるトミーさん。
まずは僕のエリーゼに取り付いてくれる二人。



え?
僕?
カメラ係です(笑)

エリーゼの下部といえばフラットなフロア下。



萌えます。
実に萌えます。
アンダーパネルとディフューザーが、素うどんさんとトミーさん、一部手伝いの僕により取り外され、むき出しになったリアセクション。



萌えます。
実に萌えます。
メカメカしいのはオトコのロマン。

交換するのは↓の赤○のところ。



U字のピンとリングワッシャーで固定された中にあるゴムブッシュです。
緑色の→を見て素うどんさんが解説してくれたのですが、ドライブシャフト横に固定されたネジ部の、ドライブシャフトとの異様な近さ。
攻めた設計!
不思議な設計、とも。
こういう部位を守るためにも、アンダーパネルは必需品です。

作業が進み、装着されていた劣化している予想のシフトリンケージブッシュを一目見て、素うどんさんが「嫌なモノを見てしまった」とボソリ。
なんと、既に軟弱なゴムとは明らかに違うブッシュが装着されている、とのこと。

取り外してみると、その素材は…



金属製!
既にガチガチに対策強化されていました。
一応、調達していた新しい樹脂製のブッシュに交換しましたが、シフトレバーがセンターに戻らない症状(時々発症)の原因がブッシュではなかったというのは、どういうことでしょう。
どこか別の患部があるのか…。
ちょっと気になります。
取り外された金属製ブッシュ(金属でもブッシュって言うの?)は持ち帰りました。
パーツクリーナーできれいにして保管しとこうかなぁ。
ま、将来、使うことはないと思いますが…。

続いてはトミーさんの番。



足まわりにローダウンブラケットを仕込みます!

さくさくと作業。
素うどんさんのリードにトミーさんと僕がお手伝い、の構図。



僕もちゃんとお手伝いしてますんで。
トミーさんからいただいた写真。




素うどんさんの「第三の手」に徹します。
ブラケットの取り付けは、手元の見えない場所へのボルトナット締結作業も。
ブラインドの作業に必要なのは…



目をつむっているからといって、寝ているわけでもサボっているわけでもないのです。
過去の施工例から手こずるであろう想定がありましたが、割と滞りなくすんなり作業完了!



フロント、リアとも20~30mmダウンしたようです。
やったね、トミーさん!



カッコいいじゃ~ん♪

自分のクルマじゃなくても、仲間のクルマが変化すると、何だか嬉しいもんです。

次のカスタマイズはホイール・タイヤ交換とのことですが、ツライチ狙いのスペーサーも検討されているようです。
ワクワク!

素うどんさんはおうちの便利なクルマの500Xで来られていました。



通称デカチンク。
トミーさんにご挨拶し、素うどんさんのデカチンクと併走の帰り道。
エリーゼから見ると、やはり大きい。
堂々とした体躯です。



素うどんさんからもらった写真ですが、デカチンクの車内から見る、
後続のエリーゼは…




見えない!
まるで忍者です、エリーゼ。

にんにん。
Posted at 2018/10/07 18:45:07 | コメント(8) | トラックバック(0)
2018年09月30日 イイね!

ヴァンキッシュの夜

ヴァンキッシュ
vanquish
 征服する,破る,負かす,克服する

台風の影響で秋雨の昨夜。
広島市中心街にロータス車を駆る猛者たち(と仔羊の僕)が集いました。
素うどんさんがチョイスしたお店は「焔心」という居酒屋。
エンジン、と読みます。
雨の中、スーパーぽちさん、(@_@)さん、素うどんさん、トミーさん、きこりさん、こうさんが次々到着。
賓客扱いの曜日師匠も、山口県から新幹線(!)で到着されました。



各々、近況を雑談。
お互いの近況に、クルマのトラブルネタがつきまとうのはこの会ならでは。
トラブルからのカスタマイズネタも。
転んでもただでは起き上がらない。
タフな世界です。
エンジンをまわすアルコールも進みます。
カスタマイズの話、カーボン製ボディカウルの話、タイヤの話、サーキット走行の話、一見すると女性のロータス車オーナーさんが、実は男性だよ!とか(笑)、多分野に渡る雑談。

ニューカマーのこうさんはエキシージ260カップを駆る猛者。
アメリカに住んでいたことがあるらしく、トミーさんと現地ローカルなお話もされていました。
素うどんさん、きこりさんとは同年代で、僕より7つくらい若いですが皆さん凄いなぁ。
ぽちさん、曜日師匠さんを相手にグイグイとインコーナーへ攻めます。



曜日師匠さんは鍛え上げた上半身を!
うひょー!



胸に輝くヴァンキッシュ!
ぽちさん爆笑、皆が写真撮影!!

胸から腕がムキムキでした。
曜日師匠さん曰く、「同じジムには肩から足が生えたような方がたくさんいるんだよ」。
今くらいが良いと思います!

レースと猫を愛でられる一方で、自分の身体というマシンの鍛錬も。
ぽちさんもランニングマシンで駆けているし、(@_@)さんはロードバイクの人だし、僕もちょっと鍛えようかなぁ。

「焔心」でエンジンがあったまったので、ぽちさんが手配してくれたお店へ二次会に。



牛タンの煮込み。
極めて美味しいです。
空きっ腹で5皿くらい食べたいくらいです。

曜日師匠さんからお土産で生外郎。



お酒も進みます。
中部の皆さん、山口県のういろうも美味しいですよ~♪



更に3次会!
ワインバーで仕上げでした。



普段、ワインを飲むことがあんまりありませんが、美味しいワインたちでした。

日付が1時をまわった頃に解散となりました。
雨の中、曜日師匠さんはホテルへ。
他の皆さんはそれぞれの方向へのタクシーで散らばり帰路に。
楽しい夜でした。
曜日師匠さんは無事に帰宅できたのかなぁ。
次回は年末に開催です!

今日も雨。
いかにも台風らしいムラのある雨が、家の窓を横殴りしています。
台風進路の皆さん、くれぐれもお気をつけくださいね。
Posted at 2018/09/30 13:35:23 | コメント(10) | トラックバック(0)
2018年09月24日 イイね!

軽メンテナンスとディーラーさん冷やかし

オルタネータトラブルに見まわれた僕のエリーゼ、阿修羅ちゃん。
DIYでバッテリー交換しました。
岡山のカワハラカーズさんに、あんまり状態よくない、と言われたので。
やはり一度干上がってしまった鉛バッテリーは、フルスペックを発揮できないんですかねぇ。

新しいバッテリーの調達先は南米の密林さん。
8500円くらいで入手できました。
先日、ウチの便利なクルマのシ○ンタのバッテリーをイエ○ーハットで交換したのですが、2万円ちょいかかりました。
まあ、あっちの方が明らかにデカかったですが…。



ひとりでコソコソ交換。
積んでいたバッテリーのメモ書きを見ると、丁度2年、11000キロ走行での交換でした。
バッテリーの寿命には諸説あるようで、どこかのメーカーのホームページには2~3年とかって書かれていました。
ならば、一応はそこそこの往生をしたくらいの使用期間なのか?
でも、国産車だと10年くらい無交換ってザラな気もします。
良くわからん世界です。

交換したバッテリーに電気をチャージしてやろうと、軽く出かけることに。
エンジンをかけ、ガレージから出ようとすると、ん?
発進できない。
ブレーキペダル踏んでないのに、ブレーキが効いてロックしてる感じ。
ちょっとアクセル吹かし気味にクラッチを繋ぐと「バリ!」って音が出て発進できました。
帰宅後に確認しましたが、ローターにはパッドが固着していたような跡がうっすらと。



そんな経験あります?

オープンにして曇天の下を軽快に走ります。
到着したのはロータス広島。



今日はロードスターのレースのパブリックビューイングなので来てね!
の案内があったので。



お邪魔したのは午前中だったので、お客は僕ら以外に数名程度でした。
午前中は予選、午後から決勝だったようで、決勝ではそれなりにお客さんが集まったみたいです。
予選では広島マツダの吉田選手が2位でしたが、決勝では優勝されたようだし、現地は盛り上がったのでしょうね~。

あ、今日は息子DJ同行。



通常1000円のところ本日無料開放!のシミュレーターで、今日のレースと同じ富士スピードウェイをMX-5のレース車で走りました。
僕も少しやらせてもらいましたが、なかなか難しい。
リアルな映像でも、ディスプレイ越しだと、距離感やスピード感がかなり分かりにくいですね。
F1とかで採用されている草履みたいなHALO。
不格好ですよね。
前向きのカメラを車体に仕込み、ドライバー前に固定したディスプレイに写したら?と思っていましたが、やっぱり生で直視する景色の情報量にはかなわないようです。

DJはディーラーさんが応援する方向けに提供してくれた軽食のおにぎりを3つ食べました。
これが彼のランチになりました…。
無遠慮&わんぱく。

12時が近づいたのでそろそろ退出。
お!
外にあるV6エキシージは70thアニバーサリーモデルでした。



カッコいいし、どえらい速いんでしょうけど、僕には僕のエリーゼがあるからね。
すぐに限界を超えて、僕の腕には扱えないかもしれませんし。
あとお値段も…。



小雨がポツポツの気配があったので幌をつけ帰路に。
DJはさっそく就寝。

おーい、着いたぞ、起きろ!



幌を外していると…
ん?



ロールバーのとこのウェザーストリップがあっさり剥がれました。
あらー。
調査してみると両面テープでくっつけてあるだけみたい。
経年変化で粘着力が落ちたようです。
なぜか家にあった両面テープで補修しました。



特殊なプラ製ビスとかでとまっていたら厄介な事態だったでしょう。
両面テープ活用はチープですが、補修が簡単って点で理にかなっているのかも。

そんな感じの本日でしたー。



可愛いなぁ、阿修羅ちゃん。
Posted at 2018/09/24 16:17:59 | コメント(11) | トラックバック(0)

プロフィール

「@Foglio-kai さん ロシアンルーレット方式なので、まだ大丈夫です!(?)。」
何シテル?   10/21 21:18
ロータス エリーゼ スダンダード2005年式を相棒に、久しぶりの、愛車と暮らす生活を過ごしています。 エリーゼを知ったのは10年以上前。 クルマ雑誌の誌...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

あさらかん(久しぶり) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/10/21 22:40:11
JLD2018・蓮カフェ編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/07 07:29:05
ちょっと素うどんに似てるwww 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/02 20:52:58

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エリーゼ 阿修羅号! (ロータス エリーゼ)
ウチに来てから、大きなトラブルなく早3年半! またコメント微修正。 ロータス エリーゼの ...
トヨタ セラ トヨタ セラ
初めてのマイカーでした。 平成5年式というのは、登場年である平成2年式が大多数のセラの中 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.