• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

代打オレのブログ一覧

2016年09月29日 イイね!

Elise Back 2!!

メカニックのO野さんから連絡がありました。
発注していたイグニションコイルとプラグコードが揃ったとのこと。

仕事後にエリーゼで○オートさんへと向かいます。
んー。
始動した瞬間から、やはり不調なエンジン。
2000回転を大きく越えてまわすのを躊躇させるフィーリング。
あんまり回すと壊れそう…。
メーター液晶も絶不調。
もう、しっちゃかめっちゃかです。
スピードはあげられないので、軽トラよりも遅いエリーゼ…。
駆け足の速い女の子なのに、かわいそうだよ…。

しっちゃかめっちゃかメーターの動画
↓見られます??

https://youtu.be/2SL0jt2cYzc 

うー、苦しいな…エリーゼ…。
液晶が点いたり消えたり、でたらめの表示がついたり。
今日初めて発症した、スピードメーターのビクッ!ってのは何じゃ??
あ、人生で初めてYouTubeに動画をアップしました。
トラブル動画かぁ…。

どうにか○オートさん到着。
O野さ~ん、よろしくお願いします。
エリーゼが可哀想で泣きそうです…ううっ。

イナバウアー姿勢でエリーゼへ突入するO野さん。



ゴージャスな病院です。

スキャンツール接続!
エリーゼと対話するO野さん。

やはりミスファイア症状が検出されました。
不調部品を摘出し、新品のイグニションコイルとプラグコードをセット。
プラグコードは国産社外品もあったようですが、今回はそこに気が回らず純正品に。
2本セットだったので、全取っ替えです。
イグニションコイルは1・4番シリンダーのみ新品に。



セットは完了しましたが、O野さんは渋い顔。
スキャンツールでミスファイアのエラー信号をdeleteしてもdeleteしても消えないようです。
カットオフスイッチでバッテリーを断絶すると、リセットがかかりECUがまっさらに。
エラー信号も消えたようです。

引き続き、O野さんがあれこれチェックしてくれて、ついに復活!!

帰り道、
行きとは違うドライブフィール。
重さを感じさせないヒラヒラ感。
これぞエリーゼ。
おそるおそる4000回転くらいまであげてみましたが、全く問題ありませんでした!
メーター不調も完治です。
O野さんによると、deleteしてもdeleteしても消えないくらい、ECUにエラー信号が蓄積していたので、それがインパネの不調原因になっていたのかも、との見解。
メカニックさんって、凄いですね。

ちょっとだけ遠回りして帰宅。



おかエリ!
今度こそ、かな??
Posted at 2016/09/29 21:57:06 | コメント(7) | トラックバック(0)
2016年09月24日 イイね!

プラグコード、おまえもか…

○オートさんから不調の根源イグニションコイルが届いたと連絡がありました。
馳せ参じました。
お馬さんのサービスセンターを訪ね、メカニックのO野さんに診てもらいます。
○オートさんへの道中にも、アクセルを踏んでもエンジン回転がぐずつく症状が出ました。

エンジン不調発症

メーター液晶誤動作発生

という関連性があるような気がしたので、
もしかして点火部分じゃなくて、電気制御の、もっと根っこの部分に何か問題があるってことは無いのでしょうか?
とたずねてみました。
O野さんによると、明確に分からないながらも、
ECU(だっけ?)が点火信号を出してるのに、正常な作動をしているよ、というフィードバック信号を受け取れていなくて(あるいはノイズを受け取っていて)、それで液晶表示の誤動作が発生しているのかも、
との見解。
良く分からん様子です。

ともかくイグニションコイルを交換してみましょう、と作業開始。
作業見せてもらっていいですか?とたずねたら快諾いただいたので一歩離れて観察です。



1・4シリンダーのイグニションコイルとプラグコードを外し、プラグコードの抵抗値をテスターでチェック。
ん?
O野さんの動きが止まります。
なぜか続いて2・3シリンダーのイグニションコイルとプラグコードも外し、プラグコードの抵抗値を計測。
んー。

O野さんによると、2つのプラグコードの抵抗値にずいぶんと差異があるとのこと。
もしかすると…プラグコードの問題??

O野さんと相談し、1・4シリンダー側のイグニションコイルと合わせ、プラグコードも交換することになりました。
プラグコードは取り寄せていなかったのどで、発注、後日、合わせて施工することに。
なかなか決着がつきません。



とりあえず元通りに戻してもらい、帰り道。
メーター液晶誤動作は発生しません。
エンジンを吹かすと、なるほどちょっと雑味がある気がします。
シリンダー間で点火の調律狂いが、プラグコードの抵抗の違いで発生しているのかもしれません。
それでも概ね平和に帰宅。

エリーゼ、まさかおまえ、O野さんに会いたいから不調になってるんじゃなかろうね、まさか…

来週、また出直しです。
Posted at 2016/09/24 20:28:33 | コメント(5) | トラックバック(0)
2016年09月22日 イイね!

DB11アンヴェール!

中四国地方でDB11が初公開とのことで、アストンマー○ィン広島のお店へ。

ロータスのオーナーの中でも端くれの部類の僕なので、ハードルは高いお店ですが、DJ(代打Jr.)を連れて行くことでちょっとハードルが下がります。
そう、
これは、ミーハーな父が新しく美しいクルマが見たいのではなく、若人である息子の美的感覚を磨くという教育の一環なのです!
DJを乗せて、エリーゼで出かけると、まさかのミスファイア症状が…。
なんてこった…。
メーター液晶もおかしい。



↑035.8の右は本来はスペースです。
燃料ゲージも右端の更に右にあるはずのない表示が。
部分的にパラパラと誤作動したり、表示全体が点いたり消えたりも。
以前みたいな酷い症状ではないので、ショートシフトで進みます。

道路は順調に流れ、早めに到着できたので、○オートイタリアのO野さんを訪ねました。
相談するとDB11お披露目の間、エリーゼをお預けすることに。
ありがたい対応です。

そんなこんなしていると、某ぽち様に遭遇!
ラピードS、カッコいい!
DJは初めて会いましたが「なんであんな凄いクルマに乗ってる友だちがいるの?」と。
「クルマつながりだよ~。いいだろ、クルマって!」と応えておきました。

セレモニー開始。



「アンヴェール」という儀式に立ち会ったのは人生で初でした。
↑の写真、DB11の向こうにいるちっさいカメラマンはDJです。



美しいクルマです。
プレスラインのエッヂに触りたい衝動。

脱いでも凄い。



逆アリゲーター!
どんな構造のヒンジなのか、メカニズムが気になります。
↓こんな!



ヒンジがぐらついたら、構造的にヘッドライトユニットに干渉しちゃうだろうから、凄くガッチリしている様子でした。

ボンネット下はギッチリです。
タイヤ上部が露出するのはカッコいいです。
タイヤ奥には足まわりがチラリ。



エンジンはV12型5200ccターボ。
デモンストレーションでエンジンONされましたが、野太い音でした。
高回転まで回したらどうなんだろう。

エンジンカバーと三角形のタワーバーはキラキラした結晶塗装。



美しいエンジンルームです。

タイヤハウス内の空気はエアスクープから抜かれる構造。



ここはマメに掃除してあげるべきポイントでしょうね。

タイヤはブリヂストンの…



…S007!
ダブル・オー・セブン。

リアタイヤにはブレーキキャリパーが2つ。
サイドブレーキは別キャリパーなんでしょうね。

後ろ姿もカッコいい。



いや、むしろリアの方がカッコいいかも。
コの字に回り込んだテールランプのデザインは個性的で美しいと思います。
限定スーパースポーツのone-77からの意匠みたいですね。
このテールデザインを見ると、ヴァンキッシュとかのテールはクラシカルで、デザインの方向が変わったことが分かる気がします。

トランクにはゴルフバッグがどうにか2個入るとか。
英国紳士のクルマなので…



純正傘がジョイントされています!

内装は革の極楽浄土。



いやー、いいモノ見せていただきました♪



セレブリティな雰囲気を端っこで感じられました。
そろそろ退散。

僕のエリーゼはO野さんにテスターで見てもらうと、1番4番のシリンダーでミスファイア症状のエラー記録。
1・4と2・3の2つのシリンダーで共有され、2つ存在するイグニションコイルのうち、1・4側が不調だろうという考察をいただきました。
これを交換することを提案され、了解しました。
後日、交換となります。
ちょうど来店されたがっちゃけさん・葉月さんに手を振ってエリーゼでの帰り道、エンジン不調の素振りはありませんでした。
何かの条件が重なると発生するようです。
次の日曜日には愛媛へ行く用事があるし、それまでに完治に至るといいのですが。

帰宅し、いただいた手みやげを開封。



アストンマーティンの簡易カタログ、DB11のネックストラップ、DB11の手帳(!)とロータスの爪きりとかのセット。
手帳はコンパクトで僕はこれまで使いこなせていないサイズですが、好きなメーカーのモレスキン。
嬉しい。
ロータスの爪きりセットは似たようなのを持っているから、どうしようかな。



そーんな、DB11な日でーした♪
Posted at 2016/09/22 19:54:37 | コメント(10) | トラックバック(0)
2016年09月19日 イイね!

八海山

毎度おなじみ、日本酒ブログです。

最初で最後かもしれない今回は、僕のルーツのひとつ、米どころ新潟の銘酒八海山。
お葬式の香典返しに日本酒というのは、ご当地ならでは、でしょうか。
美味しいお米で有名な、南魚沼のお酒なんですね。



清酒。



多分、あんまり高級なグレードではないのでしょうね。
ベースグレードにこそ、その本質が現れるのは、クルマもお酒も同じ、かな?

飲んだ感じは、
あぁ、日本酒だなぁ
ってとこです。
のどの奥でカーッとなります。
評論できる舌がありませぬ。



風呂あがりにエリーゼで瞑想(迷走か?)。
狭いところに入りたいとか、ひんやりしたものに触れたいのは、子どもの頃からの僕の嗜好です。

日本人に生まれた不思議。
(まるしさ~ん、ネタにしてスミマセン)
Posted at 2016/09/19 21:42:37 | コメント(7) | トラックバック(0)
2016年09月18日 イイね!

Lancia Ypsilon

雨の広島。
ちょっと買い物へ出かけるのも今なら安心です。
エリーゼの代車、イタリア産まれのランチアのイプシロンちゃんは雨漏りしません!
水も漏らさぬシールっぷりです。
せっかくのイタリアンベーシックなので(なのか?)、感想を。



5ドアハッチバックですが、リアドアのノブがCピラーにカモフラージュされていて、↑のアングルでは3ドアに見えます。
つまりイタリア人(世界的にオシャレで有名)には5ドアより3ドアの方がカッコいいから、そう見せたいってことなのかなぁ。
ドアミラーが黒ですが、艶あり黒の塗装で高級感アリ。
このクルマはボディカラーがパールの入った白なので、白と黒のコントラストが美しいと思います。
リアは写真撮ってませんがオニギリに見えます!
ボンネットが高いのは歩行者衝突対策なんでしょうね。
ふた周り小さい日産ムラーノみたいなフォルムです。

お顔はコアラですね~
ちょっと不思議な顔です。
グリルはやはり鼻に見えますが、脳内で
「あれは口だ!」
と思って見ると…



「イッヒィィィィ!(笑笑)」
って表情です。
かわいいかも♪

内装はシック。
暗い色調が複数使われていて、かっちょいいです。
素材感もサラッとした感じで心地よいです。

スイッチ類は小指の爪くらいの樹脂パーツが並んでいます。
ちょっと視覚的にうるさいような気もしましたが、インテリジェンスを感じるからデザインの妙、なのかなぁ。
モノトーンの景色なので運転の邪魔にならないです。



夜は都会的な感じ。



僕はバックライトはアンバーが好きですけどね。
あ、ヘッドライトはスモールが基本。
OFFにはできませんでした。
デイタイムライトってやつですね。

トリップメーターの表示切り替えがワイパーレバー先端のボタンとは気づけませんでした。
センターコンソールはピアノブラックってやつです。
高級感~
エアコンは良く効きました。

トランスミッションはシングルクラッチの自動変速。
カリッと走りたくても、流すような優雅な変速です。
「おまえさん、なにをそんなにいそいでいるんだい?」と、スナフキンのように語りかけてくるようです。
「きっちり踏んで行こうよ!」と肩をバシッと叩いてくるようなエリーゼとは違いますねぇ。

エンジンはノンターボの1200くらいかな、と思っていましたが…



900cc2気筒ターボのツインエアーでした!
フィアット500と兄弟車(姉妹?)なのかな。
初体験いろいろだったんだなぁ、このクルマ。
・イタリア車
・ランチア
・左ハンドル
・2気筒

昼過ぎに、○オートのO野さんから連絡ありました。
エリーゼのエンジン不調バリバリの状態はO野さんにも経験していただいていたのですが、翌日にエンジン始動してみたら普通に動いたとのこと。
なので原因が特定できないみたいです。
インパネ液晶の不調証言から、電気系の何かに問題があったとにらみ、バッテリー接続やプラグ、プラグホールの状態も確認していただけたみたいですが、特に問題なし。
これまでの経験から、考えられる全てをチェックいただいたようです。
イグニッションコイルも問題なく作動しており、現状は特に交換の必要がないとのこと。
明日、エリーゼを引き取りに行くことになりました。
あれこれチェックしてもらったので一安心ではあります。
イプシロンちゃんとも明日まで。
明日、晴れないかなぁ…
降水確率100パーセントかぁ…

オマケ
昨日のDJ(代打Jr.)。



交通科学館で曲乗り三輪車。
フェイントできっかけを作り、逆ハンで維持する芸当を練習しておりました。
面白い子です。
もっと攻めろ!

ダメな親?!
Posted at 2016/09/18 20:59:26 | コメント(10) | トラックバック(0)

プロフィール

「@まるし さん ひゃ~!親分!逃げろ~(笑)」
何シテル?   10/16 21:16
ロータス エリーゼ スダンダード2005年式を相棒に、久しぶりの、愛車と暮らす生活を過ごしています。 エリーゼを知ったのは10年以上前。 クルマ雑誌の誌...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

JLD2018・蓮カフェ編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/07 07:29:05
ちょっと素うどんに似てるwww 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/02 20:52:58
どちらに転んでも大丈夫という覚悟 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/08 20:53:16

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

ロータス エリーゼ 阿修羅号! (ロータス エリーゼ)
ウチに来てから、大きなトラブルなく早3年半! またコメント微修正。 ロータス エリーゼの ...
トヨタ セラ トヨタ セラ
初めてのマイカーでした。 平成5年式というのは、登場年である平成2年式が大多数のセラの中 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.