車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • キーワード
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2013年03月23日
田貫湖へ富士山を見に行きました 「休暇村富士」
久々に富士山を見に田貫湖へ行きました!   
昨年「休暇村」のQクラブに入会してから、各地の「休暇村」めぐりにはまっております! 
今回は年に二回「ダイアモンド富士」を見ることが出来る宿として有名な「休暇村 富士」へ行くことにしました。 「休暇村富士」は富士山西側の本栖湖から少し下がった、名瀑「白糸の滝」の近くにある「田貫湖」の畔にあります。
「休暇村 富士」は「ダイアモンド富士」が見える、4月中は半年前から満室になっていたので、比較的空いていた3月中旬に予約をしました。
結婚する前は世田谷に住んでいたため富士山方面にはよく行っていましたが、結婚後は混雑する都心を抜ける必要がある東名や中央高速方面には中々足が向きませんでしたので、久々に富士山を堪能しに行くことになりました。
千葉県の柏からは常磐道と首都高速を経由して中央高速に向かいます。 平日の首都高の大渋滞は覚悟して出発しましたが、案の定首都高速に入ったと同時に渋滞が始まり、なんと2時間走ってもまだビール工場すら見えてこないのだ!(ユーミンの中央フリーウェイね)
結局中央高速道の起点になる調布まで2時間以上も掛かってしまいました。 
中央高速に入ってしまえば富士山入り口の「河口湖インター」まで1時間ほどで付きますので、途中の「談合坂サービスエリア」に寄って昼食を食べましたが、渋滞がこんなにひどくなければ富士山周辺で食べる予定でしたので残念です。 また当日はあいにくの曇り空で「河口湖インター」を出ても富士山は見えませんでしたが、取り敢えず以前テレビの中継で見た「西湖いやしの里 根場」を見学しに行く事にしました。 
 西湖からの富士山  西湖いやしの里①
西湖いやしの里②「河口湖インター」を出てから河口湖から西湖への道を抜けて進んでいくと、ようやく西湖々畔で富士山を見ることが出来ました。 早々に車を停めて写真を撮りますが、あいにくと雲が多く富士山全体を望むことが出来ません。 しかし明日も富士山を見えるかどうか分からないのできっちり撮影しておきます。
西湖々畔から少し登った所に「西湖いやしの里 根場」の大駐車場があります。 ここは西湖周辺にあった茅葺屋根の古民家などを一箇所に移築し、文化的遺産と民芸文化などを合体させた施設としてオープンしたもので、以前訪れた「奥会津・大内宿」などを参考にしている感じです。
大内宿は元々あった集落が観光化したのに対し、ここは官民合体で観光施設にした違いを感じます。
まあ大内宿ほど商売全面ではないので、いい意味で比較的静かで落ち着きますね。 もちろん食事処や甘味処、体験施設など完備でした。

 休暇村 富士のバイキング  オプションのソーゼージ盛り 
「西湖いやしの里」で少々お土産を買ってから、「休暇村 富士」に向かいます。 途中、富士五湖ではマイナーな「精進湖」や「本栖湖」、霧で有名な「朝霧高原」などを経由して田貫湖付近まで近づきましたが、とにかく細い道が多くてナビを使っても2回ほど迷ってから、ようやく「休暇村 富士」に到着しました。 やはり人気の宿だけあり平日(金曜)ですが満室になってました。 チェックインして四階の客室に入りましたが、曇っているため窓から富士山は全く見えません。 晴れてたら夕日の赤富士でも撮ろうかと思ってましたが、いつもの様に私はお昼寝し、奥さんはさっそく温泉へ向かいました。
夕食は前回行った「休暇村 館山」と同様のバイキングですが、今回はオプション料理で休暇村周辺の牧場産の「ソーセージ盛り」も予約してあります。 ここのレストランは食事時間の指定が無いため時間によっては割と集中するようで、当日もやや混んでいました。 休暇村のスタッフはどこも感じが良く、ここでもすぐに席に案内されました。 バイキングの内容ですが、前回の館山のような「海の幸」などの目玉が無いためごく普通ですが、一応名物の富士宮焼きソバや「桜えび」の天麩羅がありました。 ただ、桜えびの天麩羅は「かき揚げ」ではなく、一尾づつ揚げているため最初は「天カス」が落ちているのかと錯覚して笑っちゃいました。
 日の出前の富士  富士の日の出①
 富士の日の出②  富士の日の出③
夕食後は温泉に入り久々にのんびりした時間を過ごしているうちに、段々と星空が広がってきましたので、どうにか富士山からの日の出を見ることが出来そうです。
休暇村 富士翌朝は5時前からカメラを用意して日の出を待ちますが、もうすでに客室の窓から夜明けの富士山のシルエットと田貫湖に写る「逆さ富士」を堪能できます。日の出が始まると夢中で写真を撮り捲くりますが、何と言ってもほとんど人工物がファインダーに入らないシチュエーションは最高ですね。
目一杯写真を撮って満足したところで朝食を食べにレストランに向かいますが、ここからも富士山と田貫湖が良く眺められます。 個人的には夕食より朝食のバイキングの方が好みであります。
音止めの滝休暇村をチェックアウトして外へ出ると建物の背景にまるで絵に描いたような富士山が望めます。 「休暇村 富士」は今まで行った休暇村に比べ、温泉や料理はまあまあでしたが、休暇村で1・2位を争うこのロケーションが人気の秘密なんですね、と妙に納得であります。
休暇村を出発したら近所にある「白糸の滝」と「音止めの滝」を見学しに行きます。 ナビ指示に従がって「白糸の滝」付近まで行きましたが、中々入り口が分かりません。
何とかお土産屋さんの中にある無人駐車場に車を停め、お土産屋さんだらけの見学コースを進みますが、どこも工事中と立入禁止です。  帰って調べたところ、世界遺産登録に向け今年中は環境整備の工事が続くそうです。 そんな訳で滝つぼにも行かずお土産屋さんの隙間から写真だけ撮りました。
まあ、まわりは工事だらけでしたが両方とも滝自体は、日本の滝100選に選ばれるほど見事な瀑布を望めました。 白糸の滝は幅が広いので虹が架かっていました。(白糸の滝へ行く予定の人は注意しましょうね)
「白糸の滝」を後にして、河口湖インター方面に向かいますが、途中の「道の駅 朝霧高原」に隣接した「あさぎりフードパーク」に寄ってお土産を購入します。 ここは朝霧高原周辺の有名処の直販店舗が集まった施設で、「道の駅」では購入できない本格派のお土産が手に入ります。

 あさぎりフードパーク内のお店とお土産  朝霧高原の富士山(望遠撮影)
 朝霧高原の富士(広角撮影)  朝霧高原の富士(超望遠撮影)
お酒が大好きな奥さんは富士の伏流水で仕込んだ日本酒と、サツマイモ専門店で特製イモケンピを購入です。 「あさぎりフードパーク」を出た所の高原で、富士山の写真を撮りましたが、ここからの角度から見る富士山は中々バランスが良くて気に入りました。 今回の旅行の写真は殆んど昨年購入したデジカメ「FinePix S100FS」で撮影しています。 朝霧高原の富士が見事なので、光学ズームの実力を検証を兼ねて広角と望遠を撮り比べて見ましたが(上の2枚)、結構満足のいく写真が撮れました。 Mamosunの年代になると今流行の一眼タイプのカメラよりも、実装専用ズームレンズで広範囲をカバーできる「ネイチャーカメラ」の方が断然楽なのですね。「道の駅 なるさわ」の富士山
河口湖インターに入る前に「道の駅 なるさわ」に寄って休憩を取り、ここで最後の富士山の写真を撮影しましたが、ここから見える富士山は丁度頂上が尖ったように見えました。
今回は富士山の西側を1/4周ほど周っただけでしたが、それでも見る場所や時間によって富士山の表情が刻々と変化していきますので、やっぱり富士山は奥が深いなぁ~と実感しました。
帰りは土曜日の午前中でしたが、やっぱり調布手前から渋滞が始まり、首都高もあちこち渋滞しており結構疲れて帰宅しました。 実装距離は何だかんだで約450㌔ほどでございました。  
このブログをクリップする
※クリップとは?

気に入った記事(ブログ・パーツレビュー・整備手帳など)をマイページに保存して、いつでも見られるようになります。

ブログ一覧 | | 旅行/地域
Posted at 2013/03/23 06:52:57
現在価格を調べてみる
イイね!
タグ
この記事へのコメント
2013/04/03 02:09:14
フクピカを検索していたらmamosanさんのブログにたどり着きました。

車が汚れていると我慢できずにすぐ洗車しちゃうタチなんですが
これってあんまり塗装によくないよなあと思ってました。
結構前の記事みたいですが参考にさせて頂きました。

コメントへの返答
2013/04/03 07:11:05
のぶたろうさん
コメントありがとうございます。
洗車後のピカピカの車体はいいもんですが、やっぱり洗車する度に少しづつ傷が付いていくんですよね。
汚れが酷い時は、最初の水洗いを私は素手か薄手のタオルで、泥汚れ等をやさしく洗い流してからシャンプーで洗車をして、出来るだけ傷付かないように注意しています。

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

プロフィール
車や模型いじりの好きなオヤジです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2014/9 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
リンク・クリップ
Mamosun ホームページ 
カテゴリ:お勧め
2010/09/02 08:30:50
 
お友達
ファン
12 人のファンがいます
愛車一覧
スバル R1 スバル R1
2007年暮のガソリン高騰で、シルビアS15から3年落ちのR1R中古車に乗り換えました。 ...
過去のブログ
PR
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
プライバシー
©2014 Carview Corporation All Rights Reserved.