• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こるまろのブログ一覧

2018年12月09日 イイね!

米子城フェスタ

米子城フェスタ朝から出雲沖の護衛艦「いずも」を見に行った後、返す刀で「米子城フェスタ」に向かいました。

出雲から米子へ、例によって下道ドライブ。 

10時開始の米子城フェスタに着いたのは11時半であった。





米子城フェスタ 
alt
三の丸広場(湊山球場)をメイン会場にグルメ屋台(マルシェ)やステージイベントなどが催されます。
10時からは湊山山上の本丸で天空カフェなるものが開かれる。

しかし、一番の目的はお城の専門家の解説を聞きながら巡る米子城ウオークに参加することです。

なお、同様な米子城ウオークは、これまで2016年と2017年に続けて参加しています。

2016年: 米子城を極める! 現地ウオークに参加 (前編) , (後編)
2017年: お城学者 加藤理文さんとめぐる! 米子城 (前編) , (後編)


出遅れて11時半、米子城跡裏手の駐車場に到着の図です。 

米子城フェスタ開催中でほぼ満車状態でした。 空きスペースを見つけコルベットを捻じ込む。
みんカラは車のSNSですが、今回は車の写真これ1枚で終わります。

米子城は標高90mの湊山山上に天守閣が築かれたお城でした。 

到着するなり、すぐに山上の本丸まで登山しました。 天空カフェ気になる。

あれが天空カフェか。 行列が出来ている。

ところが、最後尾に並ぼうとすると、スタッフから「ここまでで品切れです」との宣告を受ける。
まだ昼前なのに・・出鼻を挫かれた。 天空カフェは大人気で朝から行列が発生してたとか。 

地元の有名珈琲店がこの日だけの特別なコーヒーを無料振る舞い。

一杯一杯丁寧にドリップしており行列は進まない。 コーヒーに有り付くまで1時間待ちという・・。

米子城跡の本丸・天守台跡からは360度パノラマの景色が望めます。 天気も恵まれました。

天空カフェは残念でしたが、朝は護衛艦「いずも」を見に行ってたから仕方ない。

天守台跡から三の丸広場(湊山球場)の内野ダイヤモンドが見える。(画像中央)

最近の米子城跡は樹木の伐採が進み、これまで見れなかった三の丸が見えるようになりました。
今度はあの三の丸広場(湊山球場)まで降りてみます。

米子城フェスタのメイン会場となっている三の丸広場(湊山球場)の入り口。

広い外野芝生の上にグルメ屋台(マルシェ)が並び、ステージイベントなども開催されてました。

天空カフェでコーヒーに有り付けなかったことで、気分は急激にトーンダウンしていました。
気分が乗ってない証拠に中の写真、賑わいの様子を一枚も撮ってない。 スネていた。
グルメ屋台(マルシェ)を一つ一つ覗いてみるも・・ 全く気乗りせずそのままスルーして外に出る。


米子城フェスタ会場を大きく離れて、駅前通りにあるカフェレストランにしけ込むことに。

これまで何度か訪れてるお店ですが、いつも離れた場所に車を停めて歩いて来ていた。
それが、今回新たな発見として実はお店の専用駐車場があることに気が付き驚く。 余談ですが。

カツカレー頂きました。

このお店ではこれが一番。 どうも、ご馳走さまでした(^^♪


機嫌を取り直したところで米子城フェスタ会場に戻ります。 午後の米子城ウオークに期待したい。

本部テントでウオーク参加の整理券を貰う。 34番だ。

後で知るのですが、最終的に70名の参加となったようでウオークは2つのグループに別れました。
整理券34番は、お城の専門家である城郭ライター・城メグリストの萩原さちこさんと歩くグループにぎりぎり入れることに。


14時の米子城ウオーク開始時間となって集合。

画像中央に城郭ライター・城メグリストとして有名な萩原さちこさん。

ここでは米子城ウオークのガイドマップや米子城プロジェクトの缶バッジが配られた。



米子城ウオークのスタート。 まずは三の丸から二の丸への入り口となる枡形虎口から。

要所要所で萩原さんの解説が入る。

枡形虎口を囲む石垣には「矢穴」の教材・見本とも言える最適な石垣が残っています。

矢穴とは、石材を割るのに矢(鉄クサビ)を入れる長方形の穴。 この矢穴の大きさや形によって使っていた道具・矢(鉄クサビ)が分かり、いつ頃の時代に作られた石垣なのかが分かるとのこと。


二の丸跡はテニスコート。 そして、二の丸跡から望む米子城跡(湊山)。 

以前は生い茂ってた樹木はばっさりと伐採されており、山上の本丸石垣が露(あらわ)となってます。


山腹まで登って2016年に発掘された「登り石垣」です。

登り石垣とは、本来は日本のお城には無かったもの。 豊臣秀吉が朝鮮出兵(1952~1958年)を行ったときに持ち帰った技術といわれ、海に面した軍港を守る目的で築かれた強固な防御施設であった。 

この登り石垣が築かれたと確認できるお城は全国でも僅か5例目。 中国地方では初という貴重な遺構の発見でした。 

現在までの発掘では長さ40m、高さ3m以上を確認。 発掘が進めば100m以上となるかも?
出丸の内膳丸から本丸の天守遠見櫓にかけて尾根を登るように築かれています。


北にある海側に突き出る出丸である内膳丸に立っています。 

そこから振り返ると真っ直ぐ山上の本丸石垣が見える。


本丸まで登ってきました。 本日2回目。

本丸は、標高90mの湊山山頂部に高石垣で囲まれた郭(くるわ)で、天守郭、遠見郭、番所郭で構成されています。 天守郭には、天守、副天守(四重櫓)の二つの天守が築かれていました。

大天守台の3段となってる石垣は、上段が慶弔に作られ、中段が平成に修繕、下段が昭和に修繕、さらに左の小天守台は幕末の修繕となっており、4つの時代の石垣が一度に見れる状態。


番所跡から下を覗き込むと平成29年度の発掘調査で確認された竪堀(たてぼり)が見える。

この竪堀については今年のブログ「米子城跡発掘調査現地説明会に参加」で書いてます。
米子城跡は現在も発掘調査が継続中。 まだ新たな竪堀跡が見つかる可能性もあるとのこと。

米子城は海側に登り石垣、その反対側に竪堀という2つの防御の要が共存したお城でした。


本丸を登り切って、ここが360度パノラマの景色が望める山頂部。

この時点ではもう天空カフェは跡形もなく撤去されて、コーヒーの残り香さえ無い状態。

天守台跡。 ここで小休憩。 登山の後は吹く風が心地よい。


東側の景色は三の丸と城下町の米子市街。 遠くには日本海が広がる。


副天守(四重櫓)跡の方向。 南側遠くにある大山は厚い雲に覆われて見えてません。


北側の方向。 米子港が見えてます。


天守台跡の崖っぷちで城郭ライターの萩原さちこさんの解説を聞く。


ちょうどそのとき、三の丸跡に建つ大学病院からドクターヘリが飛び立ち気を取られる。

内膳丸上空を通過。

今年3月より基地病院としてドクターヘリ事業を開始。


鳥取県全域と、兵庫県北西部・島根県東部と隠岐島・岡山県と広島県の北部をカバーします。

関西広域連合で導入された鳥取県ドクターヘリの愛称は「KANSAI・おしどり」。


本丸から北側の森の中に降りると、ここは平成27年度の発掘で確認された水手御門下の郭。

水手御門下の郭は、中海側に張り出しており、深浦側(船が入る港)に続く道の途中にあります。

水手御門下の郭には廃城時に?人の手によって崩されたという石垣群が残る。


いったん本丸に戻り登り、今度は南側に降りていきます。

本丸から降りる際に振り向き見上げる高石垣は壮観。

こちらも平成27年度の発掘調査で見つかった八幡台の郭。(はちまんたいのくるわ)

ここには石垣に使う石を割る作業に使われた場所である痕跡が残るそうです。

山腹の森の中には米子城跡で見つかった中で最も古いものとされる石垣がある。


普段から訪れやすい米子城跡ではあるが、こうしてお城の専門家と一緒に歩き、解説を聞きながら巡るのは、新たな知識や気付きがあって大変貴重な経験です。 

以上、約2時間ゆっくりと巡り歩いた米子城ウオークは終了。 ありがとうございました。


このまま駐車場に降りて帰りたかったのですが、流れ的に米子市中心にある歴史館まで歩きます。


この場で挨拶があり正式な解散となりました。 お疲れ様でした、ありがとうございました♪

この日の歩数計は18,849歩。 もっと歩いた気がしたが意外と歩いてない。


さて、米子城フェスタは終わりましたが、実はこの翌日も関連イベントがあったりします。

この件、まだ続きます・・。<(_ _)>
Posted at 2018/12/09 19:18:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | コルベット | 日記
2018年12月08日 イイね!

出雲沖に護衛艦「いずも」 2

出雲沖に護衛艦「いずも」 2以前に『出雲沖に護衛艦「いずも」』というブログを投稿したのですが、今回のブログはその翌日バージョンとなります。

すなわち、熱心にも2日連続で出雲沖の護衛艦「いずも」を見に行ってます。

前日は午後見に行き逆光で上手く撮影出来なかったから、改めて翌日朝も見に行ってみたというのもあります。



護衛艦「いずも」が出雲にやって来る。 出雲沖での特別公開。
alt
しかし、学生中心の特別公開だったので、乗艦しての見学は諦めてます。


前日の午後に続き、翌朝も行ってみた。  なお、この日が特別公開の当日です。

まずは北側にある展望台辺りからアプローチしてみる。

出雲沖に投錨してる護衛艦「いずも」

海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」は、いずも型護衛艦の1番艦で、2番艦の「かが」とともに海上自衛隊最大の艦艇です。 艦名は令制国の出雲国に由来。
全長:248m、最大幅:38m、排水量:基準19,500トン/満載26,000トン

海は前日の大荒れが嘘のように穏やかでした。 

特別公開では見学する学生たちが作業艇により、近くの漁港からピストン輸送されます。

そして、肝心の撮影の方は逆光だった前日よりも少しはマシな程度でした。 

やっぱり艦体が黒く写ってしまう。 しかも、空は霞んでおり背景にある三瓶山は見えない。


撮影場所を変えてみます。 海岸線を南進する。 

護衛艦「いずも」をバックに2ショット撮影・・ のはずが、後ろの軽トラックが写り込んでしまう。

お願いして後ろに停めてあるBMWの軽トラックを少し移動してもらった。


護衛艦「いずも」をバックに2ショット撮影です。

他に一緒に写せる良い場所が無いのは前日探してみたから知っている。

この場所から眺める護衛艦「いずも」です。

周りで同じように眺めてる人たちの中には「いずもが出雲に帰って来た!」と感激してる人も。
でもそれは違うような・・。 艦名は「いずも」でも出雲が生まれ故郷では無いし・・。
あと、画像は無いですが護衛艦「いずも」から作業艇が出て近くの漁港に向かうのも見えました。

駐車場所から下に降りて浜を歩いてみる。 


低いところからアプローチして護衛艦「いずも」を撮影とか工夫してみる。




さらに撮影場所を変えてみます。 海岸線を南進する。 


艦尾側からの撮影。 ここからの角度が一番明るく撮影出来ました。




さらに撮影場所を変えて海岸線を南進。 神を迎える稲佐の浜にやってきました。

前日は強風のため砂嵐が起きてましたが、この翌朝は至って穏やか行楽日和。

稲佐の浜からは防波堤の向こう側。 遠くに見えます。 

南側に回ってきたので護衛艦「いずも」の向きは左向きに。

最後に弁天島越しに見る護衛艦「いずも」です。

以上で満足し終了としました。

前日から2日続けて出雲沖の護衛艦「いずも」をわざわざ見に来ました。 

護衛艦「いずも」を見たのは初めて。 いつかは乗艦しての見学がしてみたいものです。


なお、この日は「米子城フェスタ」の開催日だったのですが、朝早く出雲沖の護衛艦「いずも」を見に来ています。 この後、米子城フェスタに向かいました。 この件、続きます・・。<(_ _)>
Posted at 2018/12/08 00:13:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | コルベット | 日記
2018年12月07日 イイね!

プレ米子城フェスタ

プレ米子城フェスタ続・日本100名城に選定された米子城は標高90mほどの山上にあり割と気軽に登れる山城です。

11月上旬、食後の運動のつもりで登ってみました。






お昼ご飯は炉端居酒屋のランチ営業で。
alt
本日のお魚定食は何かな・・? 

ここのランチにはオートメーション的に野菜バイキングが付きます。
alt
お皿に野菜を盛ってきました。 湯豆腐も野菜扱い。

本日のお魚定食は「カレイの煮付け定食」でした。
alt
大きなカレイの半身の煮付けがメイン。 甘い出汁で美味しかったです。

カレイの煮付け定食全体像。
alt
想定外は苦手な温玉が付いてたこと。 思い切り醤油を掛け序盤に食べて片付けました。

カレイの煮付けを美味しく頂いた後はコーヒーとデザートとして野菜バイキングからフルーツポンチ。
alt
お腹いっぱい。 どうも、ご馳走さまでした(^^♪



食後の運動と称して米子城です。 標高90mほどの湊山にありちょうどいい。
alt
裏手の駐車場からは山上の本丸石垣群は見えません。

10分~15分ほどで登れます。 森の中を登ると、山上の本丸石垣が見えてきました。
alt
米子城は大天守(右側・天守閣)と小天守(左側・四重櫓)の2つの天守があったお城でした。

鉄門跡には桜が咲いてました。 十月桜。(冬桜?)
alt

本丸に上がって。 本丸は広くて遮るものも無く360度パノラマの景色が望めます。
alt

天守台跡から望む米子市街と遠くに日本海。
alt

カマキリがいました。
alt

天守台跡では、地元テレビ局クルーが何やら収録中。
alt

コーヒーカップを片手に、週末の米子城フェスタではここでスペシャルなコーヒーが飲めますよとPR映像の収録中であった。
alt
(金曜日夕方のローカルニュース番組内で放送されたの視ました)

そう、この週末には米子城フェスタが予定されてました。
alt
360度パノラマの景色が望める米子城の本丸で天空カフェが開かれるとのこと。 

しかし、それよりも2年前から続けて参加してる米子城ウオークが気になる。

実はこのブログは後日投稿する「米子城フェスタ」の振りになってます。 この件、続きます・・。<(_ _)>
Posted at 2018/12/07 12:31:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | コルベット | 日記
2018年12月07日 イイね!

初寄港! コスタ・フォーチュナ

初寄港! コスタ・フォーチュナ待望の初寄港となるコスタ・フォーチュナ(102,669トン)を朝から夕まで歓迎する客船活動です。

イタリアのコスタ・クルーズ社が当港に送り込む刺客もとい客船は、これまでのコスタ・ヴィクトリア(75,166トン)、コスタ・ネオロマンチカ(56,769トン)、コスタ・セレーナ(114,147トン)に次ぐ4隻目になります。




朝7時、灯台がある岬の公園の駐車場から活動は始まります。

ここから暫くいつものパターンとなりますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。<(_ _)>

歩いて公園内へ入ると、既にコスタ・フォーチュナの姿が見えてました。 もう来てた。

初見のフォーチュナ。

いつものようにゆっくりと入港する様子を眺めます。 毎回のことだが飽きない。


コスタ・フォーチュナは、2003年11月当時イタリア・クルーズ史上最大の大型客船として就航。

コスタ・クルーズ社初の10万トン超クルーズ客船でした。

遠くでは優雅にゆっくりに見えてても、目の前に来ると結構なスピードで進んでると感じます。

コスタ・フォーチュナと競争するように公園内を急いで走って駐車場のコルベットに向かう。

コルベットに飛び乗ったら、次の撮影スポットまで走って先回り。

車から離れてカメラを構える。

コスタ・フォーチュナが後ろを通り過ぎるところでパチリ。


距離を越えた一方的な2ショット撮影をしました。


寄港岸壁に向かうコスタ・フォーチュナを見送る。


続いてはいつもの対岸に廻ってきました。 長~い船体のフォーチュナ272m。


コスタ・フォーチュナはこれから接岸するところ。 巨大な船体の向きを少しずつ変えていく。


接岸。

見届けたところで、朝の部はこれで終了。

この日は朝から美保基地のC-2輸送機がよく飛んでました。


朝の一仕事を終えた後は、コメダ珈琲に寄るのがいつものパターンです。


3種類から選べるモーニングは大体いつも名古屋名物おぐらあんです。

トーストに塗るのは、いちごジャムか?バターか? 今回はバターを塗っといてもらった。

バターが塗られたトーストにおぐらあんをたっぷり乗せて美味しく頂く。

朝コメダは落ち着く。 新聞や車雑誌を読んで過ごした。 どうも、ご馳走さまでした(^^♪


-----------------------------------------


長いインターバルを置いた後、午後の部が始まります。 今度は出港を見送ります。


持ち場に戻って再びいつもの対岸です。

朝はどんより曇り空でしたが、午後は晴れ間も見えるようになってきました。

またも距離を越えた2ショット撮影を執り行います。



続いては寄港岸壁に入場です。

警備員さんの指示に従い並べて停める。

コスタ・フォーチュナ

船籍:イタリア、全長:272.2m、全幅:35.5m、総トン数:102,669トン、乗客定員:3,470名、乗組員数:1,068名

当港への初寄港です。


今回のクルーズ: 釜山(韓国)~束草(韓国)~ウラジオストク(ロシア)~(洋上)~金沢~境港~釜山(韓国)~仁川(韓国)


乗客:約2,800名(主に韓国人)


岸壁上ではぶらぶらして過ごしますが・・

時おり韓国人乗客に頼みに応じて記念撮影を撮ってあげたりします。

出港前のお見送り行事は万灯のパフォーマンスでした。

大きな万灯を肩、腰、顎、額に乗せてバランスを取る妙技が披露された。

上空では美保基地のC-2輸送機が繰り返し飛んでます。 飛行訓練?






出港の時間となり離岸です。 手を振ってお別れ。 


ですが、この出港の段になって急に左側から暗雲が立ち込めてきました。


あっという間に厚い雨雲に覆われる。


大雨が降り出したので岸壁の端から後退し、後方にあるテントの下に避難してます。 

ここであっさりとお見送りは終了。 解散。


ですが、この日はさらに朝も訪れた撮影スポットまで追い掛けました。 ここまでするのは珍しい。

細かいですが、この画像にも右側から飛んでくるC-2輸送機が写っています。

コスタ・フォーチュナが通り過ぎるところでまたも2ショット撮影。

コスタ・フォーチュナ真ん中上に小さくC-2輸送機。 3ショットか。

初寄港のコスタ・フォーチュナ、朝の入港から夕の出港までねっとり粘着しましたね。


旋回するC-2輸送機を撮影。 C-2も朝から繰り返し飛んでいた。

実はこのコスタ・セレーナ初寄港の数日後、美保基地C-2輸送機体験搭乗の機会がありました。
貴重な体験搭乗。 (ブログ: 美保基地C-2大型輸送機体験搭乗 (前編)(後編)

それで飛んでるC-2輸送機が余計に気になってた次第です。
Posted at 2018/12/07 00:00:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | コルベット | 日記
2018年12月06日 イイね!

美保基地C-1&YS-11展示機の限定公開

美保基地C-1&YS-11展示機の限定公開航空自衛隊美保基地にあるC-1及びYS-11の展示機が限定公開されるとのことで現地に出掛けています。









C-1及びYS-11展示機の限定公開。(初)

公開時間は15時から17時までと限定的。


展示機は美保基地敷地内の南端に設置され、普段からも金網フェンス越しに見ることができます。

YS-11

これは以前に・・ 今年8月の美保基地納涼祭に潜入する直前に撮った写真です。

C-1

ちなみに、美保基地納涼祭に潜入したときのお話はブログネタとしては成り立たず、無かったことにして深い闇に葬っています・・。(汗)


・・と、普段から展示されてる訳ですが、今回の限定公開とはいったいどのような内容なのか?




限定公開の当日はあいにくの雨模様でした。

しかも、限定公開の時間が近付くにつれ、雨は強くなり次第にどしゃ降り状態になってきた。

途中立ち寄ったセブンイレブンでは、車内から店内まで走る僅かな瞬間でもびしょ濡れに。

雨に濡れても欲しかったのは、狐どん兵衛2個買うと貰える吉岡美穂のクリアファイルでした。


15時前に美保基地の現地に着いても大雨の状況は変わらず。

この大雨のため、15時からの限定公開は中止となり、暫くの間見合わせることとなった。

大雨の間は車内で待機します。 最新情報はフェイスブックとツイッターで更新されるとのこと。

ちょうどつい先日のマツダファンフェスタのため登録したばかりのツイッターがここでも役に立った。

金網フェンス越しに撮影。 限定公開はこのまま中止で終わるかと思われたが・・

雨の方は徐々に弱まってきて・・ 15時45分から始めるとの知らせをツイッターで確認。

金網ゲートの前で開門待ち。

ここで機内に入れるのはC-1のみとの説明があった。 YS-11は外から見るのみ。

開門して敷地内に足を踏み入れました。 雨でお足元が悪い中、展示機にアプローチします。



YS-11輸送機型

2017年の美保基地航空祭でラストフライトし退役となりました。

YS-11の展示機は外から眺めるだけです。

YS-11には乗ったことが無いので、今回密かに機内に入れるかと期待してましたが残念。


C-1輸送機

美保基地では後継機のC-2に換装が完了しています。

C-1輸送機には昨年の体験搭乗で乗ることが出来たのが思い出です。

昨年のブログ: 美保基地C-1輸送機体験搭乗 (前編)(後編)

大きな機体を間近で眺める。 丸い。


尾翼にある美保基地のマークは因幡の白兎がモチーフ。


後ろから失礼。

夜は展示機のライトアップもされてるそうです。

この頃には雨は小雨が降ったり止んだり。 

翼の下で雨を凌ぐ。

C-1の翼下からYS-11を望む。


C-1の機内には少人数ずつ乗り込んで見学することが出来ました。


今年は美保基地60周年と大山開山1300年祭であった。


機内に乗り込んで貨物室後ろ側の様子。


前側を見て。 椅子とか外されててすっきりとした印象。


この機体の番号は8003、製造年月は1973年12月でした。


コックピット内にも入れました。 機体の大きさの割に狭い印象。

部品はいくらか外されてました。

とりあえず操縦席に座ってみる。

C-1の見学はこんな感じ。


なお、外にはテントの設営もあり、そこではVRのゴーグルを付けての飛行体験も出来ました。

以上、展示機の限定公開でした。 

大雨で中止になるかと思いきや、無事に見学が出来たのは良かった。

ありがとうございました♪




もう夕暮れ、すぐ近くにある米子空港の駐車場に移動。 

バックは香港航空の旅客機A320-200

米子⇔香港便は、これまで週2便で運航してたところを、この日から週3便に増便されました。

空港ターミナル内では香港からの乗客歓迎や増便記念セレモニーがありそれを見学。(画像無し)

以上。

-----------------------------------------


連絡事項:

先日のマツダファンフェスタで撮られた集合写真を入手しました。

787B右横最前の好ポジションで写っています。(白丸で塗ったところ) 

これはとても良い記念になりますね。

先日投稿したブログ「マツダファンフェスタ2018in岡山 2日目(後編)」にも追加で貼り付けました。
Posted at 2018/12/06 06:57:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | ボクスター | 日記

プロフィール

「水割り。ようやく700ml一本空けました。」
何シテル?   12/09 20:17
はじめまして! みんカラはじめました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

美保基地航空祭2018① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/30 21:10:29
美保基地航空祭前日編w 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 22:02:24
平成30年5月6日今年初の遠征。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/17 22:16:49

ファン

155 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
⑦’99シボレー・コルベット 憧れのコルベット、購入してから今年で19年になりました。 ...
シボレー カマロ クーペ シボレー カマロ クーペ
⑫’96シボレー・カマロZ28 そもそもカマロってまともな人なら買わない車だと思ってま ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
⑬’98ポルシェ・ボクスター  初代ボクスターはデビュー当時からずっと気になってました。 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
⑩’99メルセデス・ベンツSLK230コンプレッサー オープンカーが欲しくなって10年3 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.