• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

こるまろのブログ一覧

2018年06月20日 イイね!

FDAで行く仙台遠征1日目 瑞鳳殿

FDAで行く仙台遠征1日目 瑞鳳殿5月8日~10日に行きました2泊3日の仙台遠征を振り返る連載ブログの続きです。

宿泊ホテルに荷物を置き、早速日本100名城スタンプ活動のため、仙台城(別名:青葉城)跡を目指しました。

仙台駅前からバスに乗って行きます。



仙台市中心部の観光スポットを一方向で循環する仙台市観光シティループバス「るーぷる仙台」
alt
平日は夕方まで20分間隔で運行。 13時発に乗りました。

既に午後ですが、お得な一日乗車券を利用しました。(620円)
alt
同時に地図(路線図)や観光スポット案内が掲載されてるパンフレットも頂く。

運転席後ろの席に座った。
alt
「るーぷる仙台チョロQ 政宗号発進!」の広告が気になる。

パンフレット裏側にも「るーぷる仙台チョロQ」が。 1個1000円か。
alt
これは旅の思い出・乗車記念に1個欲しいと思いました。

バスに揺られつつ、車窓から初めて訪れる仙台市内の風景を眺める。

パンフレットの地図にある観光スポットに目をやり、仙台城跡以外にも何処かに寄ってみようかな?という気分になった。

バスが瑞鳳殿(ずいほうでん)前の停留所に停まると乗客がぞろぞろと降りていく。 

瑞鳳殿て何だ? 有名なのか? 思わず釣られてとっさに飛び降りました。

降車してからるーぷる仙台バスをパチリ。

ちょっとだけ寄るつもりで急ぎ足で歩いた。 瑞鳳殿とはいったい?

長い急な坂道が続く。

息も絶え絶えで坂を上りきる。 すると、ここから先は有料ゾーンでした。 

もう後には引けないので入場料550円を払って足を踏み入れます。

豪華な飾りの門があった。

この門は「涅槃門」(ねはんもん)と呼ばれる瑞鳳殿の正面門。  涅槃とは煩悩を取り去った悟りの境地となる状態を意味し、広くは来世(死後の世界)という意味にもなるそうです。

門の横の入り口(通用門?)を潜って中に入る。

さらに石段を上がって先に進みます。

また門がある。 (本殿前の唐門を兼ねた拝殿)

その門を潜って先に進む。


ここが瑞鳳殿の本殿。


・・・。

これで終わり? (この時点でも瑞鳳殿が何なのか理解できてない)


瑞鳳殿は伊達政宗公の「霊屋」(たまや)と呼ばれる霊廟です。 政宗公は地下に眠っています。

政宗は寛永13(1636)年5月24日、70歳の生涯を終えると生前の遺言通り、ここ経ヶ峯に葬られました。

瑞鳳殿は翌年10月に完成しています。 本殿の扉は普段は閉ざされており、政宗の命日や新年の拝礼式など特別な場合に御開帳されるそうです。 なお、本殿は仙台城の方角を向いてるらしい。

昭和20(1945)年の戦災により焼失し、現在の建物は昭和54(1979)年に再建されたものです。


桃山様式の豪華絢爛たる廟。 漆極彩色によって仕上げられた彫刻を眺める。


樽酒がお供えしてある。 ここで長年の疑問が再沸。

日本酒の銘柄でよく使われる「○○政宗」とは、やはり伊達政宗公にちなんだものなのでしょうか?

本殿両脇には、殉死した家臣15名および陪臣5名の宝篋印塔が並ぶ。


瑞鳳殿は伊達政宗公が眠るところ。 いわゆるお墓でした。

そう理解して石段を降りる途中、瑞鳳殿資料館というのがあることに気が付いた。

瑞鳳殿が空襲で焼失して再建される際に行われた発掘調査で見つかった貴重な資料が展示。
そんなに広くなくさらりと拝見する。 展示物の撮影はNGでした。

以上で終わりかと思いきや、さらに順路が続くことに気が付く。

森の中を歩いて進んだ。

正面に見えてきた建物は感仙殿(かんせんでん)。


感仙殿は二代藩主伊達忠宗公の霊廟。


そのお隣にあったのが善応殿(ぜんおうでん)。

何やら修繕工事中?

善応殿は三代藩主伊達綱宗公の霊廟。


感仙殿も善応殿もまた昭和20(1945)年の戦災により焼失し、現在の建物は昭和60(1985)年に再建されたものだそうです。

9代周宗の墓、11代斉義の墓、11代斉義の妻・芝姫(あつひめ)の墓。

瑞鳳殿が何か分からずに立ち寄ってみれば、思いがけずお墓参り三昧の展開となりました。

しかし、仙台城に行く前にここに寄っておいて良かったかも。

長い坂道を下り、バス亭に向かいました。

坂道の途中にあった瑞鳳寺。

藩祖伊達政宗公、二代伊達忠宗公、三代伊達綱宗公の御位牌安置所であるとのこと。

これより先は拝観料必要とのことで覗いてみるだけです。

バス亭に向かい再びるーぷる仙台に乗りました。

やはり「るーぷる仙台チョロQ 政宗号発進!」の広告が気になる。

またも運転席後ろの席に座った。 定席か。

次は仙台城跡で降車します~
Posted at 2018/06/20 12:01:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年06月19日 イイね!

FDAで行く仙台遠征1日目 出雲→仙台

FDAで行く仙台遠征1日目 出雲→仙台自身初となる仙台そして宮城県の旅は思い出に残る特別なものとなりました。

5月8日~10日に行きました2泊3日の仙台遠征を振り返る新連載シリーズを満を持してここに開始させて頂きます。





出雲空港でFDA(フジドリームエアラインズ)は出雲⇔名古屋線が就航されてましたが、これに加えこの春から新しく「出雲⇔静岡」線と「出雲⇔仙台」線が就航開始となりました。

1月投稿のブログ「FDA新路線 この機に乗じる」で既報の通り、航空券発売と同時に「出雲⇔静岡」と「出雲⇔仙台」双方の予約・購入をしました。

搭乗45日前までに予約・購入する割引運賃「45割」にて、今回の就航を記念した限定価格が設定されています。 早速飛びつき、この機に乗じて3月に静岡、5月に仙台に行くことにしたわけです。
alt
先に行った3月の静岡については、ブログ「FDAで行く静岡遠征1日目」、「FDAで行く静岡遠征2日目 山中城」、「FDAで行く静岡遠征2日目 小田原城」、「FDAで行く静岡遠征 駿府城」、「FDAで行く静岡遠征3日目 掛川城」で纏めブログを投稿しています。

静岡の次は5月の仙台行きを楽しみにしていました♪

仙台遠征の主な目的、テーマです :
・ 「出雲⇔仙台」線就航記念限定価格でFDA航空機に搭乗する
・ 自身初の仙台および宮城県旅行
・ 日本100名城スタンプ活動

なお、東北地方としてはずいぶん昔に福島県の白河に行き泊ったことがあり、東北地方に行くのは今回が人生2度目となります。


仙台には5月8日~10日の2泊3日で行きました。 ですが現地滞在時間は実質48時間です。

5月8日の搭乗日当日、出雲空港ターミナル前の無料駐車場に停める。
alt
遠征中はずっとここに停めることになるので、端っこの駐車スペースに停めています。

搭乗待合室からFDAの航空機がやってくるのを眺めました。
alt
登場したこの機体に期待を胸に搭乗します。

仙台行きの機体はFDA#4号機グリーンでした。
alt
杜の都仙台をイメージさせるグリーン色。

10時30分の出発。 静岡遠征のときと同じく前から3列目の窓側席に座りました。
alt
定席か。

離陸!
alt
宍道湖上空を上昇していく。

仙台までは約1時間半のフライト。
alt
その間ずっと厚い雲に覆われ地上の景色を見ることはありませんでした。

機内サービスではコーヒーを頂きました。
alt
そして、仙台銘菓「萩の月」が振舞われた。 次第に仙台ムードが高まっていく。

着陸態勢に入って雲の中を下降していくと海が見えました。 
alt
太平洋か。

仙台空港に着陸します。 12時の到着。
alt
ワクワク。

着陸!
alt
うわ~、とうとう来てしまったよ。

初めて降り立った仙台の感動に浸る。 (実際に仙台空港が所在するのは宮城県名取市)

仙台空港から仙台駅までは仙台空港アクセス線の電車に乗って行きます。
alt
おっと、これは?

鉄道むすめだ。 杜みなせちゃんはみんカラの特定ユーザーのブログでよく見るので知っていた。
alt
ガラスショーケースにある鉄道むすめグッズが気になるが、ここはスルーして先を急ぎます。

改札を抜けホームに出ると、またもや鉄道むすめを発見!
alt
思いがけず足止めを食らう。

周りの視線は気にせず、杜みなせちゃんの自動販売機を撮影しました。
alt
「ようこそ宮城へ!!」の歓迎の言葉に仙台そして宮城県に来たのだと実感が湧いた。

自動販売機を撮影してたらホームにいた電車は行ってしまったのでその次の電車に乗りました。
alt

仙台駅に到着して。
alt
駅を出て駅前の歩道橋上から振り返り駅舎を撮影。 下にはバスターミナルがあります。

宿泊ホテルは仙台駅から徒歩数分。 訳ありシングルで2泊7800円でした。
alt
荷物のキャリーバッグをフロントに預けて、すぐさま仙台での活動を始めます。

「FDAで行く仙台遠征」のブログ続きます・・。<(_ _)>
Posted at 2018/06/19 12:56:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | カマロ | 日記
2018年06月18日 イイね!

どら焼き祭り2018

どら焼き祭り2018毎年6月に開催される日本一のどら焼き祭り。

土日2daysのうち、自衛隊車両展示がある日曜日に行ってきました。(土曜日のほうはJR西日本の出展)

過去はこんな感じで行ってます:
2013年2014年2016年2017年



大山鏡ヶ成で行われたオープンカーの集い「おははく」から、どら焼き祭りにやってきました。

米子港の臨時駐車場に。 1日40万個、世界一のどら焼き工場は画像右後ろの方角にある。

今年は丸京製菓創立60周年。 どら焼きの生産量は日本一と同時に世界一を誇ります。

まさに日本一のどら焼き祭りだ。 


自衛隊の車両展示です。 賑わう会場の中心にこのような特殊車両が置いてあった。

高機動車。  陸上自衛隊が装備する人員輸送用車両です。  一般道路の高速走行性能に加え、高い最低地上高およびタイヤ空気圧調整装置により、優れた路外機動性能も有する。

軽装甲機動車。

戦略機動および戦場機動などに使用される。 固定の搭載火器は無いが、乗員が天井ハッチから身を乗り出して5.56mm機関銃の車載射撃および軽対戦車の誘導弾の車上射撃が可能である。

この軽装甲機動車も陸上自衛隊からかと思いきや、航空自衛隊美保基地からの展示でした。

美保基地もまた今年は創立60周年でしたね。

自衛隊のブースでは貰い物をたっぷりと頂きました。

ノート、ペン、消しゴム、クリアファイル、それにステッカーなど一式。 ありがとうございました。


さて、どら焼き祭りではどら焼きを好きなだけ食べられます。

どら焼き作りの実演。 販売だけでなく出来立てどら焼きの無料試食もあった。

買ったり貰ったりして、いろいろなどら焼きや和菓子を食べます。


どら焼き食べ方アレンジで「ティラミスどら焼き」というのがあったので買って食べてみました。

冷やして美味しいティラミスの下にはティラミスが浸み込んだどら焼き。  ティラミスは美味しいが、湿ったどら焼きは微妙だ。

どら焼きをそのまま揚げた熱々ホッカホカのあげどらも買って頂きました。

この時点で早くもお腹はどら焼きで満たされてます。 甘いものばかりそんなに食べられない。

ブログ的にはずっとどら焼きを食べるのが良かったんですが、他のものが食べたくなりました。

どら焼き以外にグルメ屋台コーナーもあって、月並みですが若鶏の唐揚げを頂きました。
この唐揚げが思いのほかデカかったです。 あっという間にお腹いっぱいだ。


お土産を買って終了とします。 

工場直売コーナーでお安くお買い求めできました。

今年は特別に創立60周年を記念した福袋がありました。

一袋買って帰ることに。

ちなみに、お土産と買い食いで2000円消費。 1000円で1回のガラポン抽選会は2回トライ。
しかし、2回とも敢え無く末等の白玉出て、どら焼き1個ずつもらいました。


帰り際、米子港から大山をバックに。

空気は澄んで見通しは良かったのですが、大山山頂は雲が掛かってましたね。


60周年福袋の中には可愛いどら焼きの携帯ストラップも入ってました。


どら焼き祭りのお土産、どら焼きと和菓子がいっぱい。

これで当分の間の備蓄はOKです。
Posted at 2018/06/18 12:45:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | ボクスター | 日記
2018年06月18日 イイね!

づくしの会 in 酒蔵

づくしの会 in 酒蔵誘われたら断らないことが、人脈を広げることに繋がるのだろう。

酒蔵の中にたくさんの人が集まり催される飲み会に誘われたので出掛けてきました。

知らない人たちに混じってお酒を飲むのは平気です。

すぐにお酒は人を和ませ打ち解けさせてくれる。


飲み会は酒蔵の2階で催されました。
alt
早めに到着。 まだ少ししか人が集まってない。

広くない部屋に木桶の蓋のような大きな丸テーブルが3つ。 あと壁際にも席が設けられている。
alt
ここで50人の人たちが集まる飲み会が始まる。 実際、宴が始まったら身動き出来なくなりました。
飲み会の宴もたけなわな様子は撮影出来てませんので、全景は始まる前のこの画像だけです。
あとはもう手元の画像だけで終始します。

お品書き。
alt
この会は第42回目となるそうです。 年に1~3回開催で今年はちょうど20周年に当たるとか。

何回か参加した気がするけど、調べたら過去2011年から6回も参加してました。 
2011年7月、2012年3月、2012年11月2013年3月2013年12月2016年3月
(みんカラ始めた2012年途中からはブログにしています) 今回の参加は約2年ぶりか。

人が集まり飲み会が始まりますが、その前にスペシャルゲストからのお話がありました。

手元に資料が配布される。

JR西日本の職員さんから7月1日に運行開始される新しい観光列車「あめつち」の案内があった。


自然や神話を題材とした外装アート。 内装は地元素材を活かした装飾品が施される。

それでいて利用料金は5千円程度のリーズナブルな設定。 鳥取⇔出雲間を走ります。

まさかここで鉄な話を聞けるとは思わなかった。 10分ほどお話を聞いてから乾杯となりました。

まずは、純米吟醸酒の生酒を頂きます。

今晩の呑み始めです♪

この純米吟醸酒の生酒は口当たり良く旨みがよく出ててとても美味しかったです。 
3種類のお酒を呑んで最初の生酒が一番良かった。 結局、最後までこれを中心に頂きました。

料理はお弁当形式でした。

これと別にお吸い物とデザートのフルーツがありました。

地元産の米と牛肉を使った和牛飯がむちゃくちゃ旨かったです。

最後の〆で食べたいご飯ものではありますが、温かく柔らかいうちにペロリと頂いてしまいました。

純米吟醸酒の火入れバージョンを頂く。 あと他に純米酒も頂いた。

前述の通り、3種類のお酒の中で純米吟醸酒の生酒が一番美味しくそれを中心に呑み続けた。

約2時間の楽しい飲み会も終盤。 最後にお酒やグッズが20名に当たるお楽しみ抽選会。

甚吉袋が当たりました。 (1合瓶(180ml)が2本入ります、小物入れにもなる)

ありがとうございました。
Posted at 2018/06/18 03:15:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日本酒 | 日記
2018年06月17日 イイね!

第91回 おははく

第91回 おははく4月から10月の第3日曜日10時~12時、大山の鏡ヶ成で開催してるオープンカーの集い『おははく』

前回5月開催分は水防訓練のため、すっぽかしたので2ヶ月ぶりの参加です。(訓練といっても一般見学でしたが)

今朝は早く目覚めたので始発の自動車に乗って、ゆっくりと余裕をもって大山鏡ヶ成に向かいました。


まずは朝食。 限定グッズ欲しさにチャレンジを続ける毎日連続吉野家の32日目。

朝定食メニューの中からいつも塩鯖定食のところを今回は焼魚定食をチョイス。 お膳が寂しかったので紅生姜を多めに乗せる補填措置をとっています。 「金の茶碗」げっとまでスタンプあと9個。

GSで洗車してから屋根オープンにして大山に向かいました。 博労座の駐車場から望む大山です。

久しぶりの大山ドライブ。 天気もとても良くてブナの森を抜けて走るのは気持ちが良かった。

鍵掛峠から望む大山の南壁です。 鍵掛峠に来るのは今年初めてな気がする。

ここではお隣に他の車が居なくなるまで粘って撮影した都合で20分ほど長居しました。

それでも、おははく会場の鏡ヶ成には開始時間の10時ちょうどに到着の図です。

既に数台のオープンカーたちが集まっていました。

お隣に並べることになった新車まだ1年のケータハム・スーパー7とのピックアップ写真。


非オープンカーであることを気にしてか、少し離れて停めてるyuzuさんとジュゴン9さん。


ジュゴン9さんとはブツ交換会があり、先月の美保基地航空祭でのJALステッカーを頂く。

航空祭当日JALブースには寄らずこのステッカーは貰いそびれてました。 ありがとうございました。

続いて、エスコンさん&ドクターバンさんのヴィヴィオT-TOP軍団が到着。


ちょっと珍しい人がいて驚く。 旧車ミーティングではよく会う(5月の2つの旧車ミーティングでも会ったばかり)スズキ・マイティボーイやホンダ・ステップバンなどに乗るマイティボーイ○○さん(みんカラ非登録)が新しく手に入れたというダイハツ・アトレイに乗って大山鏡ヶ成に現る。

おははく初参加どころか、ここ鏡ヶ成にも初めて来たとか。

久しぶりに会うドライブ依存症さんのNCロードスターからの並び。

天気が良過ぎて直射日光の当たる高原の鏡ヶ成はとても暑いくらいでした。

鳥取グループの皆さんも続々と登場。

今月のおははくも多くのオープンカー/非オープンカーが集まり賑やかになりました。

以下、今月のおははく参加車両です。 ※撮影順 (撮り漏れあるかも)

電気自動車?!三菱i-MiEV(アイ・ミーブ)。 
赤いビートの方は最近旧車ミーティングで会うトゥデイRSやソアラに乗る人だと分かり驚く。 とうとうおははくでも出会った。

当ブログにいつも励みのイイね!をくださる腰痛きのこさんのNDロードスター。

ルノー・ウインドをおははくで見るのは自分は初めてです。 ラナーさんインテグラは既に常連。

ドライブ依存症さんNCロードスター、yuzuさんマイティボーイ、そしてジュゴン9さんレガシィ。

自分にとっては馴染みの方たち。

おははく常連のドクターバンさん&エスコンさんヴィヴィオT-TOP軍団。

車8台持ちマイティボーイ○○さんホンダ・アクティ、ハイドラに詳しいY’sロードさんレクサス。

有名なmαri-sukё(マリスケ)さんとは初遭遇でした。(ホンダ・シビックセダン)

ポルシェ・カレラはおははくに参加ではなく通りすがり? でもおははくには高確率で通りすがる車。

おははく第1党のコペン勢は常連多し。 おははく創成期からの常連は銀コペンのDASHさん。

同じく常連スマートXBの(松)さんは優雅に遅めのご出勤でした。 

以上24台と加えて自分のボクスター。 4分割画像で1台収まらなかったので特別に1台画像。

オープンカーの集い「おははく」も集まる車はオープンカー/非オープンカー関係無くなりましたね。
もうオープンカーに拘ることも無いかも。 またコルベットやカマロでも行こうかと。

本日おははくにお集まりの皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました。

次回開催は、7月15日(日)です。 第92回 おははく (オープンカーの集い) 2018/7/15
Posted at 2018/06/17 22:09:59 | コメント(6) | トラックバック(0) | ボクスター | 日記

プロフィール

「ドン・ファンにならなくてよかったよ。」
何シテル?   06/20 14:56
はじめまして! みんカラはじめました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

美保基地航空祭2018① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/30 21:10:29
美保基地航空祭前日編w 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/28 22:02:24
平成30年5月6日今年初の遠征。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/05/17 22:16:49

ファン

148 人のファンがいます

愛車一覧

シボレー コルベット クーペ シボレー コルベット クーペ
⑦’99シボレー・コルベット 憧れのコルベット、購入してから今年で18年になりました。 ...
シボレー カマロ クーペ シボレー カマロ クーペ
⑫’96シボレー・カマロZ28 そもそもカマロってまともな人なら買わない車だと思ってま ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
⑬’98ポルシェ・ボクスター  初代ボクスターはデビュー当時からずっと気になってました。 ...
メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
⑩’99メルセデス・ベンツSLK230コンプレッサー オープンカーが欲しくなって10年3 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.