• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

紺ウサギのブログ一覧

2018年06月24日 イイね!

レクサス LS500hに乗ってみた♪(*´∀`*)

先日、東京ミッドタウン日比谷にある"LEXUS MEETS... HIBIYA"さんにて、レクサスの
旗艦車種となるLSにチョイ乗りしてきましたので、そのお話をば。

alt

今回試乗したグレードはLS500h Version Lになりますが、500と銘打っているので5リッターの
V8かと思いきや、3.5リッターのV6+THS(4段ATを組み合わせたマルチステージハイブリッド)の
組み合わせでシステム総合出力は360馬力弱となりますが、大柄で重たげな車体だとどうなん
でしょうかね?!

alt

alt

前置きはこのぐらいにして、試乗開始時間の少し前に受付で手続きをした際にお台場
方面や国会議事堂周辺、あるいは汐留のイタリア街やゲートブリッジなど様々なドライブ
コースを選べましたが・・・

軽くドライブしてみたいと思いつつも、時間帯的に銀座や有楽町を始め各所で混むだろうと
考えてお台場方面をチョイスし、準備が整ったところで試乗車の前に案内されました。

シートとミラーを合わせつつ、スタッフさんよりいくつかの項目をご説明いただき、その中で
驚いたのはスタッフさんがレクサスオーナーズデスクに電話し、こちらが先程選んだお台場
方面コースのルートを送って欲しいと一方を入れたところ、しばらくしてナビにルートが表示
されたことで・・・

↓のようなことが本当にできるんですね\(◎o◎)/!



そしてスタッフさんの同乗なしでOKなのにもビックリしつつ、いざ路上へ。

アクセルに少し足を乗せる程度だとまずモーターで発進して、
そのうちにエンジンが介入
しますが、自分が乗った時は駆動用バッテリーの容量が十分ではなかったためか思った
よりも早くエンジンが掛かっちゃいました(;´∀`)

歴代のLS(日本だと3代目まではセルシオ)だとエンジン音も静かってイメージだったのに、
この代では敢えて聞かせちゃえってしたのか、イメージに反して結構無遠慮にエンジン音が
室内に入ってきます。

まぁそれでも、エンジンサウンド自体はVWゴルフ5のR32やパサートR36のそれを少々優しく
した程度の快音ぶりなので、敢えて聞かせようとしたのも解る気がします♪(*´∇`*)

今度はメーターパネル横にドライブモード切り替えスイッチがあるので、各モードをそれぞれ
ちょっとずつ試してみると・・・

COMFORT(デフォルト?)モードはパワーユニットの制御は後述のECOとSPORT S/S+の
中間ぐらいで、乗り心地はエアサスを奢っているためランフラットタイヤを履かせていても
至って安楽です。

SPORT S及びSPORT S+モードでは最初からエンジンも介入し、スタートダッシュだけでなく
中間加速をしたい時でもダイレクトに反応をするように制御され、乗り心地は路面の凹凸を
気持ち拾いがちと少々硬めになります。

ECOモードではその名の通り省燃費に振った制御になるため、全体的にモッサリした動きに
なり、乗り心地は上述のCOMFORTと同様なので、20型や30型のプリウスのガタイを大きく
して乗り心地を良くした感じと言えるかも(;´∀`)

そしてパドルシフトで少し遊んでみると、有段ATと電気式無段変速を組み合わせたことで
バーチャル10速AT状態になっていることで、これまでのトヨタ系ハイブリッドでは考えられ
ないほど変速入力に対してダイレクトな反応なのに驚きを感じたのと同時に・・・

たとえばエンジンを現在のV6のNAではなく、NXやRXならびにISやGSにも搭載されている
2リッターの4発ターボ(8AR-FTS)をベースに排気量を上げた仕様にするか、今のカムリに
搭載されている2.5リッターの4発NA(A25A-FXS)をベースにターボかS/Cを加えた仕様に
して、(馬力は多少小さくても構わないので)モーターをトルコンATと一体化できるほどの
サイズに収め、その代わりに駆動用バッテリーの容量を大きくしてなおかつPHV化したら、
電気式無段変速に有段ATと大掛かりにせずともドライバビリティが向上するし、現状では
(所々にアルミを用いても)FRでも車重が2t以上ありますがパーツの点数が減るだろうから
多少なりとも軽量化できるでしょうし、動力や省燃費性能などあらゆる面で今より良くなる
だろうにとも思いました(;´Д`)

この日は道中で白バイやパトカーを多く見かけ、調子こいてスピードを上げてキップを切られ
たらカッコ悪いことこの上ないので、ある程度のところから終いまでは法定速度+αの速度で
走りましたが、それならば邪魔にならないタイミングでACC(レーダークルコン)など安全装備を
試してみようと思い、実際に試してみると・・・

キチンと前を走る車に合わせてスピード調節してくれますし、日産の"プロパイロット"よろしく
カーブでステアリングを操作する際にアシストしてくれたり、車体に付いているカメラのお陰で
ぶつかりそうになると警告音や映像を交えて教えてくれたりと、至れり尽くせりと見るか大きな
お世話と取るかは人それぞれでしょうが、少なくとも・・・

安全装備の進化ぶりには目を瞠るものがある
思いましたね!Σ(´∀`;)

そしてクルマをじっくり見て撮れるタイミングが出来たので、ようやく外観〜内装の感想をば。

まずは外観から・・・

alt

レクサスの各モデルが採用しているスピンドルグリル+キツ目の顔立ちですが、品の良さが
感じられます。

※バンパー下の処理を穏やかにしたらもっと品が良くなる気がしますけどね。

alt

サイドを見ると、先代までのセダンルックから一変して4ドアクーペと呼べそうなスタイルに
なったので、メルセデスのSクラスやBMWの7シリーズ 、アウディのA8がライバルと書かれて
いることが多いのですが、実際はメルセデスだとCLS、BMWだと6シリーズのグランクーペ、
アウディならA7がライバルになるやもしれませんね。

お次は内装について・・・


alt

諭吉さんが1,500人以上いなくなる価格なので、シートの出来映えや目や手に触れる部分の
質感は当然ながら悪かろうはずはありませんが・・・

alt

インパネ全体のデザインを見るとちぐはぐな感は否めず、その最大の元凶は・・・

alt

メーターパネルを単眼式にしてしまった事に尽き
ますね・・・( ;´Д`)

以前に販売されていたLFAや、現在発売中のLCのようなスポーティーなイメージを持たせたい
意図は読めますが、デザインに統一感を持たせたいのであればメルセデスのSクラスやEクラス
みたいにメーターパネルにも大型の液晶を採用する、単眼をそのまま生かすのであれば同じく
レクサスのRXのようにナビ等のモニターを出すようにすればチグハグさがなくなってスッキり
すると思います。

alt

また、ナビやオーディオをコントロールするタッチ機能付きのコントロールパッドの操作性が
出来の良くない家庭用ゲーム機のコントローラーと大して変わらないレベルなのは萎えます。

例えばBMWのiDriveやアウディのMMI、及びマツダのマツダコネクトよろしく大径のロータリー
スイッチ兼ジョイスティックにすると、操作性が大幅に良くなりそうですね。

そして後席に腰掛けてみましたが・・・

足下は余裕があるもののクーペルックの弊害がモロに出て、頭上空間は座高の高めなボク
ですと拳を横にしてようやく1つと余裕がありません。

代々LSは役員車として使われるケースも散見されましたが、今回のはあまり向いていないの
かもわかりません

※もっともトヨタブランドでクラウンがあるし、高級な線を狙うならセンチュリーもあるだろうし、
近年ならばアル/ヴェルもあるので、社用車あるいは役員車として使いたければその選択肢
でも別に良いでしょ?って話かも(;´∀`)

今回初めてLSに乗ってみて、良い点と悪い点を挙げてみます。

【良い点】
・破綻のないスタイリング
・安全装備の充実度の高さ。
・ドライブモードの味付け。
・快音とも言えるエンジンサウンド。
・パドルシフトの応答性の良さ。

【悪い点】
・FRでも2トンを超える重い車重。
・未だにPHVではないところ。
・インパネデザインがちぐはぐに感じられるところ。
・ナビ等のコントロールデバイスの出来の悪さ。
・頭上空間の狭い後席。

先代から11年ぶりに満を持して登場した今のLSですが、正直なところこの手のクラスのクルマ
作りに関しては、近年ではインパネデザインがちょっと色っぽくなったメルセデスのSクラスや、
スポーティーとラグジュアリーをうまく両立させているBMWの7シリーズ、及び元々エレガントな
雰囲気ながら現行モデルではハイテクも織り交ぜたジャガーのXJなどヨーロッパのライバルに
一日の長があると思いましたし、アメリカ市場では好セールスが期待できるかもしれませんが、
LSがかねてより不得意としてきたヨーロッパ市場では今回も苦戦を強いられるでしょうね。

このモデルをこの先何年継続していくか?は分かりませんが、年次改良やマイナーチェンジで
改善や熟成を重ねて、ライバルに少しでも追い付いて欲しいものです。

些か苦言混じりとなりましたが、貴重な経験をさせていただき、LEXUS MEETS... HIBIYAの皆様に
感謝して乱文を終わらせます。

alt
Posted at 2018/06/24 09:53:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2018年06月21日 イイね!

LSEもいよいよ・・・

過去帳入りするんですね(´;ω;`)

以下は小田急ロマンスカーの公式Facebookページの記事より。
---------------------------------------------------------------------------------

【LSE引退まで残りわずか。】
<【第1弾】LSEの思い出をみんなで集めよう!LSEみんなの思い出帳>


1980年の運行開始から今日まで多くの人を目的地まで送り届けてきた特急ロマンスカー
LSE(7000形)。そのLSEも2018年7月10日をもって、営業運転を終了します。

そこで、LSEの思い出をみなさんで語らえる場を3回にわたってロマンスカーFacebookに
設けたいと思います。

=================
6月15日(金)~7月11日(水) 18:00
【第1弾】LSEの思い出をみんなで集めよう!LSEみんなの思い出帳
6月21日(木)~7月11日(水) 18:00
【第2弾】LSE、38年間ありがとう!LSEを送る言葉帳
6月28日(木)~7月11日(水) 18:00
【第3弾】LSEラストランをみんなで撮ろう!LSE最後の雄姿アルバム帳
=================

第1弾の今回は、「LSEみんなの思い出帳」。

LSEにまつわるみなさんの思い出を教えてくれませんか?
展望席に初めて乗った日のこと、箱根に旅行した日のこと・・・など、LSEに関するみなさんの
思い出を集めます。

思い出のお写真もあれば、コメントと一緒に是非載せてください。

コメント欄をみなさんの思い出コメントで埋め尽くしましょう!
たくさんの方のご参加をお待ちしています。

・応募期間:6月15日(金)~7月11日(水) 18:00

【注意事項】
※コメントは250文字程度まででお願い致します。
※写真の推奨サイズは1MB程度でお願い致します。
※写真は、投稿者の方が撮影したものに限らせて頂きます。
※写真に投稿者以外の人物が写る場合は、本人の許諾を得て、第三者の著作権や
肖像権を侵害しないことを確認できたものを投稿してください。
※一般の方が立ち入り禁止となっている区域、危険な場所からの撮影はしないでください。
※不適切な投稿と判断した場合は、事務局側で削除させて頂く場合がございます。
※いただきましたコメントや写真を、小田急電鉄主催のイベントなどで使用させていただく
場合がございます。

コメント欄からお問い合わせはいただけません。

LSE思い出キャンペーンに関してのお問い合わせはこちらからお願い致します(平日10時~
18時まで)。

support@romancecar-lsecampaign.net

※お問い合わせの際は、上記アドレスをコピーしてご対応ください。

その他、ロマンスカーLSEありがとうキャンペーンについては、こちらのサイトもご覧ください。
https://www.odakyu.jp/romancecar/lselastrun/

alt

---------------------------------------------------------------------------------

一時期は小田急ロマンスカーのイメージリーダー的存在だったHiSE(10000形)の
展望席、及び小田急線内のみならずJR御殿場線に乗り入れる運用もこなし、2階
建てグリーン車も連結されていたRSE(20000形)にいつかは乗りたいと思っており
ましたが、何もしないうちに両形式ともハイデッカー構造が災いしてバリアフリー法に
対応出来ず、6年前に引退して乗れずじまいになって後悔した経緯もあるので・・・

※HiSEの一般車には何度か乗りましたし、RSEの異母兄弟車にあたるJR東海の
371系の2階グリーン席に一度乗ったんですが^^;

一昨年の秋から冬にかけてGSEの登場予告がなされ、これは即ちLSEの引退も近い
ことを意味しているので、葬式鉄が騒ぎ出して席が取れなくなる前に乗っておかなきゃ
また後悔するぞと思い、昨年は都合三度乗りましたが・・・

念願の展望席もしっかり堪能できたので、
後悔
せずに済みました♪(*´Д`*)

alt

と言うわけで・・・

ありがとう&さよならLSE(ToT)/~~~

海老名に博物館が出来たときにまた会いに行きますね♪( ;∀;)

alt
Posted at 2018/06/21 22:49:04 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年06月20日 イイね!

夏なのに恵方巻・・・?!

”8月の恵方巻”なんてチラシを職場近所のセブンイレブンで見てなんじゃ
そりゃ?!と訝しく思いつつ、ブログのネタになればいいかもと考えて持ち
帰ってきました(;´∀`)

alt

なんでも節分は年に四回あるそうで、調べてみたら立春、立夏、立秋、
立冬の前日とのことで確かに間違いではありませんが・・・


alt

恵方巻を売りたいがためにコジツケている感が
半端ねぇなぁと思えてなりませんねwww

alt

じゃああれかい・・・?!

今度は立冬近くでも恵方巻を売るんだよね?

やれるものならやってみろってんだ!

間違いなく俺は買わんけど(・∀・)ニヤニヤ

まぁなんともバカバカしいんだけどそんな風に思った次第です。
Posted at 2018/06/20 21:22:57 | コメント(1) | トラックバック(0) | 飲み物&食べ物 | 日記
2018年06月19日 イイね!

今回の決定は・・・

ビックリともやっぱりとも言えますね!

以下にWebカートップさんの記事を転載します。

---------------------------------------------------------------------------------

ホンダが2019年シーズンからレッドブル・レーシングにF1エンジンを
供給することが決定!

F1名門チームが実力を高めたホンダエンジンを認めた!

ついにかねてから噂になっていたレッドブル・ホンダが、2019年のF1GPシーズンから実現することが
正式に発表された。

alt

2017年秋に、3年に渡ったマクラーレンへのエンジン供給をストップし、トロロッソにワークスエンジン
供給することを決めたホンダF1エンジン。そのホンダエンジンは、2018年シーズンに新生トロロッソ・
ホンダとしてスタートした。

alt

開幕戦のオーストラリアGPでは期待されたパフォーマンスを発揮できなかったが、続く第2戦の
バーレーンGPでは、ピエール・ガスリーが好走を見せて予選7番手を確保。しかもスターティング
グリッドはライバルのペナルティのせいもあって6番手スタートとなった。決勝は並みいるライバルと
互角以上に闘い、第4期F1挑戦以降で最高位となる4位でゴールした。

alt

その後は何度か思ったほどのパフォーマンスを見せられない場面もあったが、第7戦カナダGP
から新しいエンジンを投入。結果こそ芳しくはなかったが、ストレートなどで強力なライバルを抜き
去る姿は強烈なインパクトを与えてくれた。

alt

2019年シーズンからのパワーユニット選択を従来のルノーか、姉妹チームで高パフォーマンスを
見せるホンダか悩んでいたレッドブルは、ついに2年契約でホンダエンジン選択を決定した。
---------------------------------------------------------------------------------

レッドブルのジュニアチームのトロロッソに属し、しかもF1出走経験がさほど無いガスリー
選手が二度も中位で入賞し、先だってのカナダGPではPU交換で降格して予選最下位から
スタートしながら、度々オーバーテイクを繰り広げて入賞まであと一歩のパフォーマンスを
見せたんですから、親チームのレッドブルも・・・

alt

って思ったんでしょうね。

ルノーPUでも既に今年2勝を挙げているだけに、例の焼きパパイヤチームと違って
本当にグリッド上では最高クラスのシャシーを有し、それに上り調子のホンダPUが
合わされば表彰台ばかりか、優勝なんて話も絵空事ではなくなるので・・・

第4期のホンダにとってもまさに千載一遇のスーパー
チャンス到来ですね♪(*´Д`*)

あとはレッドブルが、焼きパパイヤチームのようにチームで頭を張るグフじゃなくて
ザクやその手下のエリックみたいにトラブルの原因をただ闇雲にホンダに押し付ける
ばかりでしっかりと解決に動こうとしないチームでなく、今のトロロッソと同じく何かしら
トラブったら一緒に解決しようよ?と協力的な態度で臨んでくれるチームであることを
祈るばかりです。

と言うわけで、こちらの一曲をかけて今回はお別れです(;^ω^)

Super Chance by 1986オメガトライブ

Posted at 2018/06/19 21:45:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2018年06月18日 イイね!

あちこち行ってみた・・・71

昨日は家人が朝の早い便で友達と北海道に旅行するので、4時半起きの5時発で
羽田空港まで送り、その後真っ直ぐ帰るのもアレなので軽くドライブしようと思い、
大黒PAに向かいました。

alt

到着したのが午前5時台終盤だったのか駐車しているクルマはまばらでしたが・・・

あぶない刑事な一台や・・・

alt

可愛らしい見た目ながらも実は超がつくほど硬派な一台や・・・

alt

如何にも'80年代なアメ車など・・・

alt

思わず撮りたくなるような一台がポツポツ来ているところは
さすが大黒ってところか?(´∀`)

alt

そして期せずしてimpact blueの人たちもお見えになった
のにビックリしました!

alt

しばし軽く雑談と撮影会らしき事をした後、一旦横浜方面に向かわれる
皆さんをお見送りして帰途に就きましたが、第三京浜を経由したので都筑
PAにも寄ることに。

alt

そこでも期せずしてVWのヴァナゴンやお買い物ゴルフくんの大先輩と遭遇
出来たことにちょっぴり感激して帰宅しました。

alt

その後、買い物などの所用を済ませ、午後に改めて外出。

途中、狩野英孝さんのあのフレーズを目にしつつ向かった先は・・・

alt

全く自分に似つかわしくない、東京ミッドタウン日比谷です(;^ω^)

alt

そこには自分が乗ってもやはり似つかわしくないレクサスのブランドスペースが
あり、ちょっと入ってみることにしました。

alt

alt

alt

中を見ると、クルマの展示のみならずお値段も含めてお高い雑貨の展示〜
販売をしていたり、カフェスペースその他も設けられており、さながら代官山や
藤沢などにあるT-SITEをギュッと凝縮させた感じでしょうか?

そして予め試乗予約していた↓の一台に試乗することとなりましたが・・・

alt

インプレッションは後ほど改めてupするとして、試乗コースを色々チョイス
出来る点もさることながら・・・

スタッフの同乗なしでOKなのは意外や意外です!

(期間限定でしたが)アウディやBMW、そしてメルセデスでもブランド体感〜
試乗スペースを設けていて、レクサスでもこんなのがあればなぁと以前より
思っておりましたが、こちらが思っていた以上の内容なので、ラインナップに
魅力のあるなしはさておき、クルマ以外のアイテムを交えつついろんな人に
ブランドを体感してもらおうって姿勢に頭が下がる思いがしました。

と言うわけで朝からちょいちょい動いておりましたが・・・

思わぬ人やクルマに遭遇したり、自分に似つかわしくない
ような一台を体験できたりと、なかなか楽しい一日を過ごす
ことが出来ました♪(*´∇`*)
Posted at 2018/06/18 22:42:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「@しるびい さん

ちなみに拝島まで乗り通したバカがここにいます🈲」
何シテル?   06/23 14:17
紺ウサギです。 ゴルフ5 GTI海苔になって6年目に突入しましたが、トラブル無く楽しんでいければイイなと思っております♪ 日頃はバタバタしていること...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

印集 ガンダム スタンプラリー 行きますぅっ!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/23 09:24:04
2017年9月10日 第20回インパクトブルーin秩父2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/15 07:01:14
激走48時間 国道アタック7本勝負 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/24 15:20:13

お友達

出来れば一度以上リアルに絡んで下さってから申請いただければ、大体オッケーでございます^^

ただし、高圧的ないしは心無いコメントやメッセージを多くなさる方に関してはこちらから解除させていただく場合がございますので、その旨宜しくお願いします。

123 人のお友達がいます
ritsukiyoritsukiyo * うづっきーセダンうづっきーセダン *
S.F@AW11S.F@AW11 * 麺屋 魔裟維麺屋 魔裟維 *
kazu23Tkazu23T * KONIKONI *

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) お買い物ゴルフくん (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
2013年4月7日にVW福生認定中古車センターにて購入契約~5月18日に納車され、現在に ...
輸入車その他 内緒 輸入車その他 内緒
公共交通機関及び徒歩、並びにレンタカーでの移動用にw
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
2003年4月10日:納車 2003年4月20日:町田市某所で右直事故(廃車寸前に追い込 ...
フォルクスワーゲン アップ! フォルクスワーゲン アップ!
お買い物ゴルフくんが車検を受けている間の代車でお世話になりました。 トランスミッション ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる