• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

スパグラのブログ一覧

2018年08月30日 イイね!

B8型 Audi A4アバントのショートインプレッション

B8型 Audi A4アバントのショートインプレッションケイマンGT4のドライブレコーダーにリヤカメラ増設するため、ディーラーに一泊入庫となった。代車として用意されたのが、このAudi A4 アバントだ。

車検証には「平成21年9月」(2009/9)とあったので、先代のB8系の前期型ということになるだろうか。フロントフェンダーには「S line」のロゴが貼ってある。距離は2万キロ台。

ディーラーを出る時に「普通の車ですよ~」と言われた。「ポルシェに比べて」という前置きが省かれているのだろう。
実際走り出してみると、フワッとした乗り心地と軽い動き方に「なるほど、普通だよなぁ」と思った。

けれども、やはり「普通」では終わらなかった。最初に感じたのはフロントの引っ張り感だ。それで改めて車内を見渡すと、助手席正面には「quattro」の文字が誇らかに輝いているではないか。

実は私は、エンジン縦置きのクワトロを運転するのは初めてだった。だから私が感じたのは、フロントが引っ張っている感覚だけではなくて、同時にリヤも押し出している、独特な走行感覚だったのだ。

ひとことで言えば走りの安定感ということになるが、やはり四輪それぞれが独自に生み出すトラクションは、直進時やコーナリング時はもちろん、車線をふと変える時にも、独特に堅実で俊敏な走行感覚を生み出すものだ、と感心した。それは四足で地面をつかんでは蹴り出して走る動物のようだ…と思っていたら、quattroのエンブレムにはGecko(ゲッコー)というヤモリが使われていると知って驚いた。

これを知って、その魅力の虜になってしまうと、Audiのクワトロからはなかなか離れられないと思った。しかも、低回転時から35.7kgmものトルクを発する、2L4気筒直噴ターボエンジン(TFSI:Turbo Fuel Stratified Injection)と、7速Sトロニック(DSG:Direct-Shift Gearbox)の連携も素晴らしく、211psで1,730kgものボディを動かしているとは思えない軽快さだ。

1,730kgというのは車検証記載値で、前後重量比は930kg:600kg≒54:46だから、ややフロントが重いがそう悪いわけではない。むしろ、そのちょっとしたアンバランスをクワトロで押さえ込んで走る感覚が面白かった。

それで思い出したのが、911ターボSの走りの独特さだった。もちろん、RRベースの四駆だからリヤの方がずっと重いし、パワーもボディも全然違う。けれども、地をつかんで這いずり回るヤモリ(Gecko)ような感覚は、極めて濃厚で強烈な911ターボSの味を薄めたもののように感じる。

             *       *       *       *       *

Audiの仕組みを色々調べていると、しばしばスバルのことが出てきた。そもそも、私のポルシェディーラーの親会社はスバルなのだ。そしてポルシェとAudiの親和性は言うまでもない。

ポルシェの水平対向エンジンはスバルに通じ、スバルの四駆はのAudiに通じる。そんな遠いような近いような、人と機械の結びつきや対話、感覚がとても面白いと思った。だがしかし、BMWで得られるものをAudiに求めるのは難しいとも思った。結局は、どちらも悪くないのだ。
Posted at 2018/08/30 03:21:52 | コメント(11) | トラックバック(0) | 試乗 | クルマ
2018年07月28日 イイね!

雨のケイマンGT4

雨のケイマンGT4降ったりやんだりの小雨だったのが、急に粒が大きくなってきたと思ったら、いきなり豪雨に変った。

やっぱり台風だけのことはある。ものすごい水しぶきで、回りの車もよく見えなくなった。フォグランプを点けようか迷ったが、スイッチを探るよりも前方に注意を集中させる方がマシだと思ってあきらめた。

納車時に、雨に弱いタイヤだから、できれば雨の日は乗るな、とアドバイスを受けていた。溝が浅くてハイドロプレーニングを起こしやすいそうだ。だから路面の光り方や、わだちの水たまりに注意しながら、80km/hの規制をぴったり守って真っ直ぐ走っていた。

するとある所で、軽い減速ショックと同時に、とてもうるさかったタイヤ音が急に消えた。おー来た、これか、と思ったが、我慢しておとなしく走り続けた。スピンに入るような気配は全然なかったが、水面を浮んでいるようなものなのに、前に進み続けられのが不思議だった。

じきにステアリングにグリップ感が戻り、タイヤが路面をこする轟音も響き始めた。道の悪い関越道をこれ以上走るのは嫌だったので、世話になっているディーラーに寄り道するのはあきらめて、まだ新しくてトンネルもある圏央道を使って帰ることにした。

             *       *       *       *       *

こうやって思い返してみると、これほど強く感じたことがなかったあの水面浮遊感は、雨に弱いタイヤのせいばかりではなくて、ケイマンGT4という車だからわかったのではないかと思う。それほどに、普段からタイヤの音と手応えが大きく、ステアリングが重く、視点とシートが低く、エンジンとギヤの変化が音と響きで身体中に伝わってくるのだ。

そういえば、大雨に遭う前はPCCBの実力も知ることができた。右車線を快走していたら、いきなりトラックが左車線から入ってきたのだ。私はとっさにブレーキを踏み込んでちょっと腹を立てただけだったが、隣の席で「危ないっ!」とパニックに陥りかけた女房が、後から変に感心しだした。「…と思ったけど、面白かった、すごく不思議な感じ!」彼女の言いたいことは何となくわかる。魔法のように一瞬で、速度が何のショックも残さずに吸われて消えたのだった。

PCCBで面白かったことはもう一つあって、一般道で普通に停まるような時でも「ざわぁ~」という、巨大な円盤を挟み込む音が聞こえるのだ。他の車でも、洗車後の濡れたブレーキが時々そんな音を立てていたし、耳障りなブレーキ鳴きに悩まされることもあったが、それらとは違う「停めるぞ」という音がするのだ。
Posted at 2018/07/28 22:50:09 | コメント(17) | トラックバック(0) | ポルシェ・ケイマン | クルマ
2018年07月15日 イイね!

ボクスターGTSのクルマレビュー

ボクスターGTSのクルマレビュー注文から半年後、やっとディーラーに届いた車は白いラッピングに包まれていた。まるでボクスターの形をしたケイマンのようで、心がときめいたのを覚えている。
そう思って、このレビューの写真(過去のブログ記事で使ったものばかり)を見直したら、驚いたことにみな幌を閉じていた。レビュー読み返してみても、結果的に自分はボクスターGTSの走りの側面に強く惹かれていたのだと思う。高性能のオープン・カーを求める人には、最高の車だ。
Posted at 2018/07/16 00:23:04 | コメント(0) | ポルシェ・ボクスター | クルマレビュー
2017年10月02日 イイね!

真紅のカレラ・カブリオレ

真紅のカレラ・カブリオレ雨の多い夏だった。10月に入って、ようやく日陰の風が爽やかになった。そんな週末、ALPINA B3Sカブリオレのオーナーだった元みん友さんが、新しく手に入れた車に乗って颯爽と現れた。

「赤」い「カブ」だとは知っていたが、実際に見ると、とても深みのある、「真紅」と呼ぶにふさわしい美しい色だ。「ルビーレッド」というカラーネームかもしれない。

内装は、赤っぽい素焼きの陶器のような「テラコッタ・レザー」で、ボディの真紅との絶妙なコントラストが優雅だ。

ギヤは、ポルシェが誇る2ペダルマニュアルの「PDK」。この997型後期モデルから採用された。PASMとスポーツクロノの定番オプションも装備されている。メーターはカレラならではの5連、しかもすべてアナログだ。

グッとアクセルを踏み込むと、変速時にエンジン音だけが変わる、PDK特有のスムーズな加速がとても気持良い。この快感と素速さは、MTには決して真似できないと、よく思う。

しかし言うまでもなく、RRであることこそが、この車の最大の特徴だ。MRのボクスターと乗り換えながら同じコースを走り比べてみて、後輪が路面を蹴る力の違いがよくわかった。

車検証には、フロント軸重560kg、リヤ軸重990kg(計1,550kg)とあり、36:64の前後重量比だった(ボクスターは46:54)。相対的なリヤの重さによって、直進時のブレーキの効きや挙動の安定性も上がるのだ。

同時に、コーナリング時の加減速の挙動も独特な、面白い癖を持つようになる。フロントのシャープなマスクとは対照的な、リヤからのグラマラスなスタイルが、それを雄弁に物語っている。

走りに良い季節を迎えて、オープンのドライブが大好きなオーナーA氏は、「緑の中」に限らず色々な道をたくさん走ることになるだろう。その感想を聞くことが、とても楽しみになった。
Posted at 2017/10/02 03:26:14 | コメント(8) | トラックバック(0) | オフミ | クルマ
2017年05月28日 イイね!

BMWディーラー企画のトークショー

BMWディーラー企画のトークショーBMWの地元ディーラーで、自動車評論家の五味康隆氏のトークショーを聞いてきた。テーマはMモデルのことで、レーサーの経歴と自動車評論の仕事などの自己紹介の後、Mの歴史や長所、重量バランスと走りの関係、タイヤ・足回り・ボディ剛性(というより弾性)と動力性能・乗り心地の関係などを、開催中のニュル24時間耐久の話を織り交ぜながら、Mに限らずBMW車全体の魅力に至るまで、初々しい女性MCとの楽しいやり取りの中で聞くことができた。

五味さんはとても気さくな方で、楽しいトークショー終了後も、質問やサインや写真を快く受けて下さった(もっと良い服を着てくるのだった(汗。

もともと自転車競技から乗り物のスポーツに入った方だけあって、車両感覚が優れて鋭敏(たとえばタイヤの右端、真ん中、左端のどこに問題があるか、またボディのどこがよじれているかわかる)なので、それがドライビングのセンスにつながると同時に、評論の言葉にも困ることがないと聞いて驚いた。だからその鋭い感覚が求められて、某メーカーの車両開発協力もしているそうだ。数値化できない感覚をギリギリまで追究して車というモノに具現する。これこそ本来のアートだと思った。
Posted at 2017/05/28 22:37:48 | コメント(13) | トラックバック(0) | BMWというクルマ | クルマ

プロフィール

「B8型 Audi A4アバントのショートインプレッション http://cvw.jp/b/224462/41891912/
何シテル?   08/30 03:21
Porsche Cayman GT4に乗っています。他にBMW120iハッチバック(F20)が妻の車です。 ハンドルネームの「スパグラ」は、初めてのBMW...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ポルシェ ケイマン 
カテゴリ:見てみて!
2015/04/26 18:41:19
 
Porsche Japan 
カテゴリ:Dr. Ing. h.c. F. Porsche AG
2014/07/29 13:18:10
 
BMW Japan 
カテゴリ:BMW.A.G.
2011/12/05 00:55:29
 

お友達

PorscheやBMWに乗っている人、興味がある人、とにかく車好きな人、お友達になりましょう!
430 人のお友達がいます
papanecopapaneco * 使徒F13使徒F13 *
こすこす * tAgtAg *
きたやま(フリーダムズライ)きたやま(フリーダムズライ) * SpecialBoySpecialBoy *

ファン

301 人のファンがいます

愛車一覧

ポルシェ ケイマン ポルシェ ケイマン
ポルシェ ケイマンGT4、左MT。 2016年7月初回登録の中古車、2018年7月購入時 ...
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW120i M Sport (F20)、色はエストリル・ブルー。 妻のBMWとしては ...
ポルシェ ボクスター (オープン) ポルシェ ボクスター (オープン)
ポルシェ ボクスターGTS、左MT。 2014年7月発注、10月生産、12月納車。 [ ...
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW116i M Sport (F20)、色はバレンシア・オレンジ。 妻が約30年ぶり ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.