• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

老師♪のブログ一覧

2014年09月14日 イイね!

DIAMOND PRINCESS



PHOTO 老師 14.09.14 小樽港
使用カメラ:NIKON D300S / D5000


先週の撮影で船シリーズの撮影は終わりのはずだったのですが、
もう一隻することにしました。

以前紹介したサン・プリンセス号の兄弟船であるダイアモンドプリンセス号が
入港する事がわかったので。

午前5時前の小樽港マリーナ。
朝陽のマリーナを撮ろうと思ってこの一枚を撮った後に外海を見ると
もうその船影がある。

6時入港の予定だけど、絶対に早く防波堤を越える。
撮影ポイントへ急いで移動した。



まだ太陽が雲の間から顔を出さない午前5時頃。
ダイアモンドプリンセス号は防波堤の手前にいた。



もう小樽港とは一直線の位置。
湾内に入っていきます。



タグボートが横についています。
防波堤の間を間もなく通過。



港内に入りました。
サンプリンセス号と似ている部分もあればブリッジ周りとか後ろは
かなり違った形状をしています。
シルエットはかなり似ていますが。



勝内埠頭に接岸するために姿勢を直します。



昨日だったらサンプリンセス号もこの勝内埠頭にいたのですが、
兄弟のこの2隻を1枚の画にしたいところ。



画面奥の第3埠頭に居る船がTHE WORLDという分譲型の客船で
個室型の非公開の船。
それを背景にダイアモンドプリンセス号は進みます。



午前5時40分過ぎ、ダイアモンドプリンセス号接岸。



石狩湾にはまだ太陽が顔を出さない。
雲が低く伸びて太陽を隠しているから。

夏ならもう陽が高くなっている頃なのに。



・・・午後5時前の小樽港。
私は白防波堤の付け根でカメラ三脚に固定して構えています。



入港を撮ったのだから出港も撮ろうと思い、朝撮った場所に近いところで
カメラを固定しました。
出港時間は午後6時。



出港時間になると薄暗くなって船の灯りもはっきりしています。
動く夜景を撮るのはカメラの限界との勝負になり、
設定がきつくなる。



防波堤の切れ間からまっすぐに出るために船は後退して行きます。



どんどん暗くなって船の船室の明かりがはっきりしてきます。
カメラの設定は感度を上げて露出を開き、シャッタースピードをどんどん
下げていくことに。



ノイズが出るからこれ以上感度を上げたくない~。
ダイアモンドプリンセス号は防波堤の方へ進み始めます。



防波堤を出た瞬間。
釣り人がシルエットになっています。



白防波堤と赤防波堤の真ん中辺り。
この辺りで撮影も限界に。



タグボートともこの辺で別れます。



ダイアモンドプリンセス号は外海へ。
夜の航海に向かいます。



Posted at 2014/09/14 21:53:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 フォト | 日記
2014年09月07日 イイね!

小樽港 日の出と日の入 「にっぽん丸」



PHOTO 老師 14.09.07 小樽港
使用カメラ:NIKON D300S / D5000


<午前7時過ぎの色内埠頭>

直前まで降っていた雨は上がり、青空と太陽が広がり始めた。
海は雲の切れ間から降り注ぐ太陽の光に照らされて輝いていた。

色内埠頭には海上保安の巡視艇が停泊している。
だが、その周辺には釣り人の姿が絶えない。

見たところは大した釣れてはいないようだが。

マリーナからクルーザーが出始めている。
どこまで海を散歩するのか。




午前8時前、タグボート「たていわ丸」が動き始めた。
これが動くということは入港時間が近いということ。



赤灯台の方へ向って行った。
今回はタグボートも画の一部として考えている。
決して脇役ではない。



「にっぽん丸」の姿が防波堤の外に。
その手前をクルーザーが白波を立てて通過していく。



LNG(天然ガス)のタンカーの後ろを進むにっぽん丸。
石狩湾新港へ入るためにここで待っているのか・・?



赤灯台越しににっぽん丸の姿が鮮明になってきた。
朝陽とモヤで500mm望遠レンズでは白っぽくぼやっと写ってしまう。



タグボートが迎えにいきます。
ここまでくれば船影もはっきりします。



にっぽん丸は第3埠頭へ接岸。
私が居る色内埠頭はその向い側になる。



左:手宮側 赤灯台  右:東小樽側 白灯台

200mm望遠レンズで引き画を撮る。



タグボートがにっぽん丸の横に。

色内埠頭からの撮影は朝だと逆光になります。
前日に下見してそれを承知での撮影でした。
あとはPCでの調整ですけど。



港内に入ったにっぽん丸。
第3埠頭に入るには船首を右に向けなければなりません。



背景には赤灯台。
タグボートはにっぽん丸の影になっています。



ここで方向を直して第3埠頭へ直進。



まもなく接岸です。
石原裕次郎の「俺の小樽」が流れ始めた。



タグボートはこの時にロープをにっぽん丸船尾から受け取ったのかな?



朝の雨がウソのように晴れて暑い陽差。
青空が鮮やかに。



ロープを埠頭の掛ける場所に。
船を固定します。



シャッターを切ったらちょうどカモメがすぃ~っと。
画にアクセントになるのでいいタイミングでした^^

にっぽん丸は定刻通りに接岸。
早くもバスが埠頭に出入りを始めました。



<午後5時 祝津展望台>

出港風景を撮るために来た。
東小樽から撮ろうかとも考えたが、サン・プリンセス号と同じ画を
撮るのも・・・と思いここに。

若干の計算もあって。



防波堤を越えてにっぽん丸の姿が湾から出てきました。
防波堤は画面のもっと右側に位置します。



にっぽん丸の背景は張碓近辺。
この祝津の展望台の場所は意外と出っ張っているんです。



札幌JRタワーが見えています。
太陽がちょっと雲の中でこの辺は陽は翳っていました。



でも、日和山灯台を通過する時は夕陽が船体をオレンジに染めて
ここで計算はハマりました。



この画を狙ってました。
出港時間と日没時間が折り合わないと。
こっちへ来て正解でした。



雲が低く多い今日の夕方だけど、
この灯台方向だけが夕陽に照らされて。



太陽は雲の中へ・・。
夕陽はダメだこりゃ。
積丹半島だけ見えてる。



にっぽん丸はこれから礼文かな?
石狩寄りに航行してるからそうだろう・・。

船の撮影はこれでおしまい。
最後はもっともいい形で終えました。

<おわり>


Posted at 2014/09/07 21:18:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 フォト | 日記
2014年09月06日 イイね!

港風景 ⑥ 「サン・プリンセス号 入港・出港」



PHOTO 老師 14.09.06
使用カメラ:NIKON D300S / D5000


午前5時40分頃の小樽港マリーナ。
豪華客船「サン・プリンセス号」の入港を撮影する前に寄ってみた。

朝陽がもう少し低い時を撮りたかったが・・・。



東小樽の白防波堤の付け根で三脚を立てて
カメラを固定。
レンズはF2.8 80~200mmで間に合う。
500mmも持ってきてはいるけど、そこまでの望遠は必要なさそうだ。



午前6時過ぎにはもう外海にサン・プリンセス号の姿がある。
入港予定は7時だったはず・・。
1時間早く入港になるのか・・・?



コンテナ貨物も入港待ちしてる。
この船も時々撮る貨物船。



コンテナ貨物とサン・プリンセス号との位置関係はこのぐらい。
タグボートがサン・プリンセス号を先導します。



今日は晴れているのでいい画になるかな。
出港を前回撮ったけど、入港もほしいところだし。



間もなく小樽港の防波堤に接近。
オタモイ岬が背景に入ってきます。



赤灯台が船首の先に見えています。
防波堤に入るまでもう少し。



白防波堤が船の中心に。
この画が欲しかったわけで。



勝内埠頭に間もなく接岸。
背景には巡視艇の姿も写り込んでいます。



サン・プリンセス号が向きを変え始めたころ、1羽のカモメが
画に飛び込んできました。

「かもめが翔んだ日」はまさにこんな情景を歌っていると思います。
もっとも、カモメは恋した船乗りのことですが。



タグボートが横から押して間もなく接岸。
フェリーが後ろに居ますけど、フェリー乗り場寄りに接岸したようです。



フォトの時間を見ると6時43分。
これが勝内埠頭への接岸時間となります。

結果、20分早いだけになってる。
こういうのを撮ろうとしたら1時間早く動かないとダメだということですね。



<午後4時前の小樽港>

祝津から出たと思われるヨットが3つ。
先週大きな大会があった後だから、もうさほど出ているヨットもなし。
おそらくはもうシーズンオフか・・?

ヨットを撮ろうとしたら防波堤から撮らないとある程度の画には
ならないし、海の色がきちんと出なかったりで意外と厄介ではあります。



出港風景の足りない部分を撮影するためにマリーナ側から
再度撮影することにしました。



午後4時を過ぎてこれから出港するクルーザーもいるようです。



天気が曇り空だよ。
陽が翳ってしまって画面がちょっと暗め。
夕陽に照らされて欲しいのだけど。



午後5時前にサン・プリンセス号は勝内埠頭を離れて
防波堤を越えようというところ。



白防波堤を越えて外海に出ました。
夕陽でちょっとオレンジ色になって欲しかったんですが、
朝の天気からはこの曇りは想像できませんでした。



タグボートが船首に来ました。
押して方向転換だと思います。



増毛連山がこのモクモク雲の中にあるのですが、
まったく見えません。
それでもちょっと夕陽でオレンジかかったからいいか・・。



これで豪華客船「サン・プリンセス号」の撮影は終了です。
日曜の朝はにっぽん丸の入港シーンの撮影にかかります。

それでこの船シリーズは一応の撮影終了とするつもりです。
鉄道撮影並みに一気にこの2週間で行いましたが、
小樽港でも撮るつもりなら撮れるという事ですね。

<つづく>






Posted at 2014/09/06 19:57:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 フォト | 日記
2014年09月03日 イイね!

港風景 ④ 「にっぽん丸 追加撮影分 ~出港~」



PHOTO 老師 14.09.02 小樽港第3埠頭
使用カメラ:NIKON D300S + NIKKOR F2.8 80~200mm


午後6時頃の小樽港第3埠頭。
小樽港はおよそ豪華客船が似合うような港ではない。
倉庫が多くてどう見ても貨物船用。

そこに今年は豪華客船が停泊していることがより多くなった。

この日は会社帰りに撮影するためにカメラと一脚を持って家を出た。
せっかくの撮影の機会だから失敗の無い画にしたい。

にっぽん丸の前にすでにタグボートが来ている。
この一週間は大活躍してる。



運河クルーズの船が野次馬かな。
船を見るには特等席だし。

出港のドラが鳴らされている。



タグボートがにっぽん丸の後方へ移動。
見送りのための潮太鼓が聞こえている。



タグボートはにっぽん丸の後ろについてロープで繋いだ。
引っ張り出すの?

このぐらいの船ならスクリューは可変式でバック可能だと思うけど?



<午後6時30分頃>

日没時間が午後6時15分頃なのでついさっきまで明るかったのに
わずかな時間でもこれだけ暗くなる。

にっぽん丸は埠頭を離れた。



埠頭に対して横向きになり防波堤へ向っていきます。

この辺から画的には先に紹介したにっぽん丸の出港風景と繋がります。



第3埠頭の前を通過する場面ですけど、前の土曜日はもっと
明るかったし・・。
完全に船の夜景になってしまった。

感度400 露出F2.8開放 シャッタースピードも1/20と
ギリギリ一杯で撮影してる。
これ以上感度を上げると画面が粗くなるので上げたくない。

連続シャッターでどんどんと撮っていった。
ダメな画は動体ブレで横ブレになっていく。
それでも10枚ぐらい削除しただけで撮影数は50枚ほどに。

印画紙が無いからプリントしないけど、あとでしてみようと思ってる。



午後7時ごろの小樽駅方向の夜景。
中央通を運河前の交差点から撮影してみた。

三脚で固定して撮らないとダメだねやっぱり^^;

にっぽん丸は日曜日に入港と出港を撮影して終了にします。

Posted at 2014/09/03 19:14:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | その他 フォト | 日記
2014年09月02日 イイね!

港風景 ③ 「出 港」



PHOTO 老師 14.08.30 小樽港 勝内埠頭
使用カメラ:NIKON D300S / D5000


午後5時前の勝内埠頭には3隻の船がいます。
海上自衛隊の護衛艦2隻と豪華客船「サンプリンセス号」

サンプリンセス号が午後5時に埠頭を離れます。



午後5時、サンプリンセス号はゆっくりと動き始めました。
この船は先に紹介したにっぽん丸より大きい船。



中央一番上のモニターには何か映像が流れていますが、
映画なのかなんなのかはわかりません。

500mm望遠レンズでその画像を見ることは可能でしたが。



タグボートが防波堤を出るまでエスコート。
船首を防波堤の方へ向けます。



手宮を背景に船は回頭。



ゆっくりと船は進みます。

500mm望遠レンズで撮影していますが、
夕方だけあって画面が暗めになる。
感度を上げずに明るい設定にするにはシャッタースピードを削るしか
ないものな・・。



小樽港防波堤を越えようとするサンプリンセス号。
まるでクジラですねこの画は。



ゆっくりとサンプリンセス号は外海へ。



空は夕景。
オレンジ色の帯が出始めています。



防波堤を出ました。
あまりスピードも変わらないかな。



夏の雲じゃなくなっていますね。
高く青い秋の空。

雲も綿をちぎったような・・。



タグボートがサンプリンセス号の船首に駆け込んできて
「くるん」と方向を変えて寄り添います。



タグボートがサンプリンセス号の方向を変えるために
横から押しているのかもしれません。



サンプリンセス号は積丹半島の方向へ向きを変えて
進み始めます。

背景には増毛連山があるのですが、モヤですっきりとは見えません。



三脚にカメラを乗せて撮っていました。
500mm望遠レンズは大きく重いですからね。

この後に第3埠頭に移動してにっぽん丸の出港を撮影したのでした。
レポしやすいように順番を入れ替えました。

この船の撮影はまだ終わりません。
にっぽん丸の入港と出港の場面をもう少し撮影にかかります。
今日は出港で撮れていない場面を撮影してきましたが、
日没が早くて撮影中にどんどん暗くなって午後6時半の出港では
もう撮れなくなりますね。

<つづく>


Posted at 2014/09/02 20:23:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | その他 フォト | 日記

プロフィール

「青い十勝」
何シテル?   09/11 21:15
十勝インターナショナルスピードウェイで 行われていDTCC AE86ワンメイクレースの 専属カメラマンをしています。 普通車には特に興味がないので記...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/9 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

DTCC・AE86ワンメイクレース DVD完成と今期開幕戦! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/18 06:48:24
ブルーインパルス ~千歳航空祭~ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/21 04:58:34
なんとなく夢工房 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/06 23:27:07

お友達

写真を観る感度のある方、
カメラに興味のある方など
ぜひ見にいらしてください。
33 人のお友達がいます
黒銀2ドアトレノ黒銀2ドアトレノ ごとう.86ごとう.86
NR-AE86NR-AE86 コータンパパコータンパパ
サワダサワダ しろはチしろはチ

ファン

31 人のファンがいます

愛車一覧

日産 ノート eパワー 日産 ノート eパワー
青いノート君
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.