• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Dell@一二四朗のブログ一覧

2018年10月23日 イイね!

腹も目も肥ゆる車山高原のフレンチだより



こんばんは

今回は,長年の野望であったフレンチブルーミーティングの参加!を実現したので
その模様をお届けしようと思います.

書きたいことはたくさんあるのだけれど,まとめきれないので
簡便に掻い摘んで書いていくこととします.




10月21日午前1時
東京の自宅を出発~
近所のシェルでハイオク満タン!中央フリーウェーイ!!!!!!(ETC深夜割発動!

206RCが納車して4日目,わりにアチコチ走り回ってる中で
やはり高速道路がバシッと安定してて走りやすくていいんですよね~
カーリン・アリソンとかピンク・マルティーニとか聞きながら
優雅なフランス車ドライブですよ~真っ暗だけどな!
どっちかっていうとナイトステージのモンテカルロでリエゾンしてます!的な!



道は快調そのもの,渋滞もないし変な奴は居ないし.
かわりに期待してたフランス車の影も疎らというか,2CVを一台見ただけ.

やはり早すぎますねコレ

途中,談合坂でお夜食を購入して,エネルギー補給もOKっつことで
何枚か夜撮りだけして出発.

自宅からは200kmも無いので,これがあっけなく
一緒にFBMを楽しむべ~と待ち合わせてたユキスイさんとの
ランデヴーポイントに3時ごろには到着しちゃう始末.



べべーん

ファミマの駐車場で,ユキスイ号と赤いクルマ撮影会!



寒い




長野を舐めてた・・・・
革ジャン着て,TGRロゴ付き帽子を被っても寒い.

受付開始は5時30分から,どう考えても早すぎた....

仕方がないので,とりあえずユキスイさんに206RC乗ってもらったり
しょーもない話したり,しょーもない話したり,しょーもない話したり


ソレカラドシタノ


良い頃合いになってきたので,ユキスイさんのレガシィはお留守番
206RCに乗り込んで,ここにコ・ドライバー「YUKISUI」が爆誕

とりあえず「みだりに左折」など迷言も炸裂
くおー!ぶつかる!ここでインド人を右に!的なものですお察しください.

途中,会場までの道の殆どを2CVの隊列が引っ張ってて
これが中々速い!2CVがこともなげに急こう配をしゃっしゃか登っていく様は
中々の迫力!足の動きも見ていて楽しい!

半ばの短い登坂車線のところで,半端に1台抜いちゃって
2CVの隊列に割って入ってしまう無粋なマネをかましちゃったので

ほんとすみませんでした

いやーその,もちっと登坂車線が続くと思っててさぁ....

ほんとすみませんしたァッ!!!!!


ッてなわけで丁度開場5分前にFBM受付に到着
栄えある当日参加組でのプジョー勢トップで滑り込み.

勢いあまり過ぎだろ

日が昇り始めてもまだ寒く,案内された駐車場に止めると
ななななんとー!隣にサンクターボが来たじゃないですか!!!

うっひょーーーー!!!!!



オーナー様はとても気さくな方で,近くに居合わせた皆初対面同士なんですが
サンクターボを中心に,一瞬で意気投合.メインのイベントスタートまでの
暫くの間をフランス車談義で盛り上がるわけです.

最高かよ・・・・・

めっちゃいい・・・・なんかいい.....最高!!!





こんな色々御開帳もしていただいて,最高DA!!!!

しかもこれ,モノホンのGr.Bマシンとのことで,競技仕様車なんですと!!!

うほー!!!!

あれやこれやしている間に,続々とフランス車が大集合.

尊い・・・・・

Ça vaみが深い・・・・・・

大興奮で鼻息荒くして,多様なフランス車を見てまわり
ハタと気が付くわけです.

腹減った・・・・・・

ユキスイさんと合流し,何だかんだしている間に
すっかり7時前後,そりゃー腹も減りますわな.

頑張って会場一番上のリフト乗り場まで行くも
当然レストランは閉まっている訳で.

あーん!!!お腹空いた!!!!

と,思ってたら





ファッ!?!?!?!

ム,ムレーナが目の前に!!!!


くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」!!!!!!
くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」!!!!!!
くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」!!!!!!



尊い・・・・!




ちゃんと座席が3座あるぅ・・・・・・うううううううんんんんんん!!!!!!!!!!!!


イヤホントに取り乱しました.
あまりに嬉しくて,悲鳴を上げてたら


ユキスイ「落ち着け,OK?」


自分「無理,明日死んじゃうかも」


なんて具合でした.












って漸く飲食店の販売がスタート!!!

もうとりあえず目先のうまそーなモノに即飛びつき!!!







ウマー!うまままままーい!!!!
おいしー!!!!!!!!

専修大学コラボのカスクルートがめちゃウマ!!
ホットすだちも優しくてあま~いウマウマ温まるぅ!!!
豚ほほ肉がブチ美味すぎてフランス車見て,お腹も満たされて

Ça vaみが深い・・・・・・







カスクルートにかじりつくユキスイさんもお届けします.

日もあがって,会場はますます盛況,ユキスイさんとひたすら色んな
フランス車を物色,パナールは居るし,新型A110も居るし,もうあれだ言葉にするの
めんどくせえから

行ったほうがいい!FBM!!

ピンバッチや小物類もごそごそ入手しまして,フリーマーケットも堪能!

会場ではジムカーナ大会も開催してて,古今多様なフランス車が
ジムカーナコースを激走!
ゆるふわ~な雰囲気なのに,エグゾーストはスパルタン!







2CVの70周年記念ってこともあって,2CVが一大勢力でしたね~
ジムカーナでも大活躍!













会場を出たのは12時ちょっと過ぎくらい.
混む前にでよっかーってことで,早々に会場を後にして
霧ヶ峰も堪能しました!







諏訪湖の近くで,ユキスイさんオススメの蕎麦屋でお昼.
そばが大盛り無料だったんで,しっかり大盛をたいらげ
美味しく堪能!

と,ここで眠気が・・・・・

ユキスイさんが代行を買って出てくれたので
お言葉に甘えて,ナビシートで一眠り

気が付いたころにはレガシィが横にあり,最後に昼間のフォトセッションをして
中央道が混む前に!とユキスイさんと解散したのでした~












しっかり談合坂からちんたら徐行祭りを延々降りるまで喰らいました・・・・

トホホ・・・・

左足よりも,右足が悲鳴をあげてました.....

おかげで坂道発進猛特訓だったカンジです....



今回の旅路,総経路で370km前後,燃費は10.9Km/Lとまぁまぁ
渋滞に2時間近くもまれたことを鑑みても中々マシな方かな.

W124が大体6km/Lが総平均だったことを想うと

206RC超低燃費じゃん!!!!(←



なんとか午後7時には,神奈川の実家へ帰宅.
毛頭あの激混みの中央高速を自分ちの近くまで走る気が起きません.

ここで悲劇,ホッとしたのか
実家の金属フェンスにドア開閉時にハメこませてしまい
モールの塗装に欠けを作ってしまう大凡ミス・・・・・



ガガーン!!!

でも,この手のやっちゃった系は
グッツィのブレーキフルードがタンクに付着して,塗装面が浮いちゃった☆事件
で適当にステッカーを張って誤魔化すことを覚えたこともあり





即,ステッカーを購入して誤魔化しました(てへぺろ

ぽくない!!?これ,中々自然だよね!!!!!

そう思わせといて!!!!!





来年もFBM行くぞ~!!!!!!








にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
Posted at 2018/10/23 20:51:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | 206RC | クルマ
2018年10月19日 イイね!

6年ぶりの復帰

大変ご無沙汰しておりました.

去る8月から,西日本豪雨関係のお仕事で2ヶ月ほど

引っ越したハズの広島に缶詰でお仕事

あれぇ?おっかしーなー?

っていう2ヶ月を過ごし,休みもロクにもらえず
40連勤ぶちかまされたときは頭がどうにかなるかと思いました.
国○交○省さんほんと堪忍してください・・・・・・・

人間,休みも無く働いてると
猛烈に判断力が低下し,日々の洗濯や自炊程度でも
信じられない判断を下すということを身を持って体感しました.

洗濯機にポカリスエットを注いだのは未だにどうしてだか
自分でも説明ができません.

実は,この出張に行く前,1台のクルマ(中古車)を購入いたしまして.
なもんで,お店には大変ご迷惑おかけしました・・・・・・
出張の間,ずっと預かってもらって,このたび
出張が明けたこともあって,納車の運びとなりました.



プジョー206RC'03

買っちゃいました!

いやまーなんつーか,勢いだったんですけど
東京に居を構えたらクルマ買うつもりだったのもあって
見に行った先で即決したのがこの206RC

15年落ち(FABナンバーから調べたら03年7月24日に英国レイトン工場で製造)なんですが
塗装も綺麗,ってもまぁクリア層に浮きがあったりしますが
それでも赤い車が15年経って写真で撮ったら解らない程度に綺麗って中々だなーって

お値段はコミコミ80万,年式にしては高い総支払でしたが
なんか勢いついちゃってたんで,行っちゃったんですよねぇ.

で!

W124を手放してから,早いもので6年も経って漸くクルマも手元に戻しました.
という訳なんですね!







買った理由は他にもあります.

21世紀最初期の,この手のクルマに乗るには,もう今しかないだろう.


というのが理由のもう一つだったりします.

4m未満の全長,1.7m未満の横幅のコンパクトカーに
何をぶっ飛んだか2リッター4気筒へメカクローム社がちょちょいのちょいしたヘッドを与え
それを5速MTで走らせる.

もう出せない系統のモデルになります.

いうなれば,20世紀のクルマ趣味のエッセンスを垂らしこんでるというか
今のご時世にあっては,非効率的だし,非経済的,そして非現実的.

あ,そうだタイヤが4つ付いたバイクだコレ


クルマ好きを自称するからには,乗っとかな!という自分の思いも載せています.


もっと言えば,00年~02年のWRCでマニュファクチャラーズタイトルを3連覇
00年,02年には同車を駆ったマーカス・グロンホルムがチャンピオンになるなど
206はそのモータースポーツ史も確固たるものがあります.

まぁでも思います.

いくらバッキバキに改造してるとはいえ,このコクピットにグロンホルム良く乗ってたな・・・



彼とても長身なので,175cmの座高高めな私でも割と・・・・な感じなんですが
シートポジションも違うでしょうし,そもそもWRカーなので
シート位置も後ろになっている事と思いますので杞憂ですかね.




昨日受け取ってから,1日中走り回ったので,15年落ちの206RCはどうだったか



硬い・重い・速い



足です,脚が硬い,いやそりゃーおめー40の扁平タイヤは
それはそれは,ゴトゴトと賑やかしい事この上ないし
幼稚園のオーケストラも標準装備.

ただですねー無用な突き上げをしないのは驚きました.
ゴトゴトしているのだけど,嫌なところは吸ってくれてるあたり
自分で後から車高調変えてブレース組んでガッチガッチやぞ
という訳じゃないのは流石メーカー品.

なにぶん驚いたのは,この日,夜に首都高へあがり
友人とプチミをしてて,友人はレーシングドライバー.
そりゃー乗ってみてみて!と試乗をしてもらい
浜崎橋JCTをC1外回りから,新環状左回りへ続く際に通る
あのちょっとしたクレストを,1回でスゥっといなしていくわけです.

他のクルマで浜崎橋JCTを走った時は,縦方向に2回~3回は
ぽんよりするもんで,ボディ全体で吸って落ち着かせるような感じですが
206RCはまさに脚だけで殆どをこなして見せ,ボディは手を添えるだけ.みたいな
(安西先生!俺バスケがしたいです!)

固めた猫足は流石なのか,脚がしっかり動いてる感!がなんかびっくりで
思わず社内で二人そろって



いなすね~!




とハモったぐらいです.

でも確かに,山手トンネルのいくつかのコーナーもまさしくオン・ザ・レール
60km/hで流してれば,いやな横揺れは非常に小さく
無用な三次元的ロールセンターの暴れを見せません.

これが初めてのフランス車ってことでいいのだろうか.....

高速道路は実に快適で,5速からでもしぶとく加速していくので
エンジンの扱いやすさにもこれまた好印象.

15年落ちなのに結構イイ感じなのは,購入直後のクソ甘い評価が
大部分を占めてはいます.



友人のA4は,助手席で横乗りさせてもらい,206RCとA43.2の助手席比較もやりました.

やはり,A4は全体の塊感がよろしく,車重も含めてトータルで地面を掴むカンジ
シャシーもサスもボディも,同調した仕事の上に味付けが現れる.
W124もこんな感じだったな~って若干の懐かしさも覚えました.
206RC比で500kgほど重いでしょうから,しっとりさが断然上です.
んなこたぁ当たり前だろって?たしかに~☆

あ,でもこの型のA4,V6を縦置きってのは感激しましたね~

縦置き!?マジで!?って思いましたもん.
8NのTT3.2の横置きの感じを想像してたのでオレちゃんビックリ.



大分ハナシが逸れました,で重いとは何か.

ステアリング!

据え切りしちゃいけない据え切りしちゃいけない.
それを意識して,少しでも動かしてステアリングを操舵するわけですが
タイヤの太さもあって,重くね!?という事実に
世のスポーツカー乗りは本当に逞しいなと感心しきり.
自分のスポーティコンパクトハッチでさえ,重くてなかなかやってくれるじゃないの
と思ってるのに,235とか245とか太いの履いてるのはどうなってしまうのか.

肝心の自宅の駐車場が超狭い道路に面してるので,いささか不安を感じたのですが
車体の小ささに大いに助けられ,駐車は問題なくて一安心.

むしろV7IIとのスペース共有でも206RCのサイズ感はドンピシャ!

本当にいい車種選択したわぁ~と思います.



そして速い,ソレカラドシタノ
これはもうエンジンのパンチ力と,右足がそのまま即ドーン!みたいな機敏さ
兎角スポーティで,そこかしこがスポーティ,そこはかとなくなんて言葉はありません.

いやーV7IIの方が,断然おっとりというかコンフォータブルで
俺はやはり,タイヤが4つ着いた400ccクラスのSSを買ったのではないだろうか...

マフラーが変わってるので,2速で引っ張って高速に合流すると



ンフフフフフww



といささか表情がニヤつく嬉しい音がしてくるので,気分が高揚します.





206RCで始まった久々の4輪のある生活,もといV7IIと併せて6輪生活は
なかなか,キャラクターが逆じゃねぇか?という2台によって一歩を踏み出しました.

そして,乗り出してすぐ思ったことは

俺は206RCを乗り換えるときはAT車になるだろうな.

と直感的にそう感じました.

MTの感覚はV7IIの方が長く染みついていて,V7IIの間口の広い大らかな感じが抜けず
206RCのスポーティさが,面倒くさく感じる日がいつか来てしまうだろうな.
そう思ったのは不思議なものです.

良くも悪くも,W124もAT車だったし,欲しい欲しいと宣ってたMT車デビューが
あまりにも遅かったのかもしれませんね.

誰かのを借りてMT乗って,その一瞬は楽しいとこだけの切り取りなので
盲目的にMTがいい!ってなってたんだなと

そして早くもそんな考えに至ってしまうことを,歳か・・・・・と悲しくなったりwwwww

ゆーて,2年後にはなんて言ってるやら.
車検はまるまる2年あります.まずは2年間!206RCに遊び車っちゅーもんを
教わっていくことになります!

とりあえず21日は,フレンチブルーミーティングに行ってきます!
某赤い後期FACEが自慢のレガシィの某氏とhshsしてきます!




本妻のイタリア妻+側室のフランス妻
ラテン車デュオは,どんな景色を見せてくれるでしょうか~




にほんブログ村 車ブログ プジョーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
Posted at 2018/10/20 02:35:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 206RC | クルマ

プロフィール

「ガマンできず・・・・・ http://cvw.jp/b/715559/44134430/
何シテル?   06/28 19:06
Dell@一二四朗ともーします。 V7iiストーンでドコドコと走ってます あっちにドコドコ,そっちにドコドコ 気ままにゆったり適当がマイルール ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

日本ブログ村【モトグッツィ】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/05 22:37:13
 
Due Cornetti 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2010/03/17 01:09:02
 

愛車一覧

プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
W124以来6年ぶりのクルマとして購入。
モトグッツィ V7iiストーン モトグッツィ V7iiストーン
2016年3月29日納車 ずっと恋い焦がれてたV7iiを我が手に
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
勢いで決断し,京都から引っ張ってきました. 初めて乗った日は,ヘルメットの中で顔がニヤニ ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
キター! さ、これから何をしていこうか 溢れるトルクに日々惚れ惚れ、現在11万キロ、な ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.