• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Dell@一二四朗のブログ一覧

2022年05月15日 イイね!

単焦点レンズデビュー

単焦点レンズデビューGWについて書かなきゃと思いながら既に1週間も流れてしまった

私です☆

GW、結構色々あったんですよ。
3年ぶりの行動制限の無いGWってことで、広島から
自走で来られたグッツィスタを出迎えたり
大阪から来た友達や東京の友達みんなでシカゴピザ食ったり
大菩薩ラインを走って大満足したりと

久々にアクティブなGWだったなぁと思います。

で、実はそのGW中に、使っている一眼レフ(PENTAX K-S2)の
購入時から付属で使っているレンズ
HD PENTAX-DA 18-50mmF4-5.6 DC WR RE
が、どうにもピントが合わないような気がして
なにやっても、写真のディテールが甘いというか

これ点検に出さなきゃだめだな……

という感じで、少しレンズについてあれこれ調べてたんですよね。

で、別売りのレンズはやっぱ高いし…ちゃっちゃと点検出して
レンズに異常が無いか見てもらわなきゃ
なーんて考えてたら、思い出しました。手の出しやすい
嘘みたいに安い交換レンズ。

smc PENTAX-DA 50mmF1.8

これ、大体どこでも1.3万円ほどで買えちゃうレンズで
所謂「単焦点レンズ」っていうやつです。

単焦点レンズってなーに?って方もいると思うので
簡単にご説明しますと

・単焦点レンズ
焦点距離が動かせない固定されたレンズ
ズームによる被写体への微調整ができない代わりに
レンズが軽量シンプル、撮影時の発色も綺麗

という感じの交換レンズ。
ズームレンズというのはよくあるズームして
被写体をどう写すか調節して使う、みんなよく知るレンズです。

というわけで、思い出した訳なんです。
そういや安い単焦点レンズあったなと。

前々から単焦点レンズってのは気になってはいたんです。
ボケの感じがいいよ!とか、自分で足ズームして
工夫して撮るの楽しいよ!とか夜撮りしやすいよ!とかね。

すぐ決断しました。買おう!と。

ずっと使ってるズームレンズだと、自然とクセで
同じような焦点距離と画角にF値で撮影しがち
背景が違うだけで、やってること変わんねえなぁ
って常々感じていたため
ここで、いっちょ新しいレンズってのを使って見たくなった訳です。

先にズームできないって書いたじゃないですか
一見すると不便じゃん?って思うかもしれませんが

クルマで例えると、単焦点レンズって走りに特化した
トラックデー用マシンみたいな感じなんです。
ケーターハム スーパーセブンとか、アリエル アトムとか
ラディカルSR3みたいなやつ。

値段もピンキリで上はとても手が出ませんが
今回私の買ったやつは、いうなればセブン170ぐらい。

軽自動車のエンジンで小さいけど、そこはやっぱりケーターハム!
みたいな感じで、不便な代わりに振り回して楽しいレンズな訳です。


相変わらず前置きが長くて、ほんとアレ(


じゃぁってことで、今日、めっちゃ早く目が覚めたので
日の出前の東京都内へ、V7IIで繰り出しました。

午前中は天気持つってことだったんで出たんですが

結果的に、高井戸あたりは小雨でギャァァァァッス!!!!!

って言いながら走ってました。
路面はまだドライっていう様相で、撮影前にバイクが
でろでろに汚れることは免れました(

目指したのは四ツ谷駅、いつか撮影したいなーって思ってて
朝の4時なら、行きかう人も少なくて、少しの撮影なら
邪魔になりますまい。





この程度でサッと撮って退散。
でも、非日常感というか、駅にバイクで来ることなんて
滅多にないので、イイ感じで撮れたなと。

新しい単焦点レンズは、すごく感触が良いです。
触ってて面白いというか、久々にカメラを振り回してて
テンションが上がったと言いますか
大変気に入りました。これ。



F値1.8というものに初めて触れたんですが
かなり好感触。今までの手持ちでは2.8が下限で
というか、数字的ものよりもフィーリングというか
感触が大分違って超新鮮!本当はもっと撮影して回りたかったのですが
部分的に降雨もある状況では、動き回る気になれず
早々に帰宅。

超朝早くの都内プチツーとなりましたが
単焦点レンズにかなりの好感触。今度の晴れには
また奥多摩なりなんなりへ出かけて、更に色々撮影したい所存です。

にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
Posted at 2022/05/15 22:09:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2022年03月25日 イイね!

アクスルシャフトを交換してみたの巻

交換しましたアクスルシャフト。

導入したのは奈良県にあるP.E.O.という会社の
「ゼロポイントシャフト」という一品

ことの経緯は、去年の第1回GMRで、同じV7系オーナーの
Yさんから、このアクスルシャフトがイイ!という
話を聞いて興味が湧いたところからになります。


【交換までのあらまし】
元々、満5年、2.5万キロを走り、特段なんでもないけど
気が向いたところはリフレッシュ程度にぼちぼち
なんでも交換し始めてたんですが
話を聞いたり調べたりすると、気になる自分がいるわけですね

真円度が高いとか、剛性が高いとか、そういう触れ込みに弱い自分。

冷静に考えたら、モトグッツィひいてはピアッジオがOK出しているハズの
純正アクスルシャフトでも何ら問題ない訳です。
ましてや、このゼロポイントシャフトは本来
サーキットで活躍する会社が企画・製造しているものであり
一般道をチンタラ走るのが精々のV7IIには不要って言われたら
そっすよねー☆ってなりかねない感じ。

でも適合あるっていうじゃ~ん!き~に~な~る~ぅ~↑

で、まぁ、買っちゃったわけですよ。結果的にね。
だってもう気になってしょうがなくって。
注文を出したのが21年の11月頃。
前後それぞれ2.2万円なので、前後で4.5万弱(税込み)交換工賃別

自己満足の世界ですから自分が良ければそれでヨシ

という言い訳を掲げて待つこと2か月。
年明けちょいには、手元にやってきました。
製造元からは3か月くらい掛かるかもしれません。
なんて注文時に言われてたのですが、案外早く到着。

しかし!ここからが時間がかかるハメに。
どうせアクスルシャフト交換するなら
ベアリングとシールも新品にしようって
グッツィ純正指定のSKF製のやつを頼んだら
まー来ない来ない。多分ウクライナ情勢や元々コロナのせいで
物流がしっちゃかめっちゃかだったので
無理もない話なんですが、いうてどうしようもないので
のほほんと待っていたわけですね。

1月中旬に頼んで来たのが3月頭、まぁほとんど2か月って感じ。
こんなんなら、アクスルシャフト注文した時に
同時頼んでおけばよかったと後悔。

でもって、ようやく物が揃ったので
この3/19に1年点検とセットでやってもらいました。



【交換してみて】
交換前と交換後で比べるとこんな具合。

交換前


交換後


純正が銀色で、ゼロポイントシャフトが黒
見た目がちょっとブラックアウトでオシャレかも。

なんて思ってたら、過去の写真見てて驚愕



カバーがそういや居たわ・・・・

一体いつ失くしてきた!?って遡ったら
21年の4月ごろには確認できず。いったいどこで。。。。。

皆さんのV7は大丈夫ですか??????

いやーおっかしーようななんかこうじゃなかったような違和感を
表面錆のついたアクスルシャフトを見るたびに思っていたのだけど
そうだ、カバーをどこかへ落としてきてたんだ・・・・
なんかみすぼらしい感じにささやかな違和感を感じてた理由が分かった・・・・

まぁそういう意味でも、リフレッシュは意味があったわけだ(は

で、外してもらった純正アクスルシャフは綺麗なもんで
なんかあったら純正に戻せるように、大事に保管してあります。
電装系(サブコンとか)と違って、万が一拒否反応が出ても
原因を特定しやすいですし、スグ純正戻しできますからね。

元々黒色の面積と、黄色のコントラストが良き良きな
我が愛車ですが、今回の交換で統一感が増して
また一段と惚れてしまいますね。
うーん、うちの子はなんて素敵なんだ。好き。



【乗ってみて】
最初、お店から自宅までは、平均速度が低く
特によくわかんないなぁなんて思いながら乗ってました。
が、ちょくちょく、信号で停止しようかという
足つくかつかないか、ちょっと迷うあの微速あるじゃないですか

止まって足ついてもいいし、ちょっとバランスとっててもいいし
みたいな微妙な瞬間。

そういう時に妙にバランス取りやすいような気がする?????
という感覚に判断を悩みました。

アクスルシャフトの恩恵なのか
それとも単にこの辺のベアリング交換諸々で
清掃してもらったので、そのせいなのか。

何分、定量的なデータを取っていないので
アクスルシャフトの効果がどこまでか、明言できないんですよね。

なので、早々に言ってしまえば、気になった人は是非って感じ。
誰彼構わず是非買ってみて!と言うのは無責任かなと。
明確なのは、見た目のドレスアップにもなるんで
そっちは満足度高いってのは太鼓判ですwwwwwwww

あと、アクスルシャフトが貫通しているので
メンテナンススタンドが使えるようになりました。
が、その辺は出番なさそう。持ってないし、一人じゃ無理。

んで、初日は特に自分が鈍感なのかな~ぐらいで
でもまぁ新しいアクスルシャフトで気分いいぜ~程度だったんですよね。

次の日の、GMR行きますよってんで首都高乗った時に
やおら感じ始めたのが



なんか突き上げ感柔らかくなった?????????



と、しばし考える感触を感じた訳です。
何度も首都高は走ってますが、路面のギャップや
継ぎ目のギャップ、撓んだアスファルトのアンジューレーション
今までは結構ズンズン来たような記憶なのですが
この日は首都高が少し滑らかになったの?????
という感触。自分の思い込みか、本当にそうなのか
これまた断言できないのですが
なんとなく具合が良い方向で身体に感じます。

コーナーへの進入もラインが
心持決めやすいような、そんなような・・・・・
バンクしている最中も、オン・ザ・レール感増した???????
思ったラインをトレースしやすいというか、なんというか・・・・・

前がどんなだっけなぁ・・・・・・と記憶を巡らせながら
うーんうーんうーんと走ってました。

でも、純正サスが硬い!硬い!と言われるV7系
元々そんなに純正サスのガッチガチ具合に
さして不満も抱えてなかった稀有なオーナーだったんですが

今回のアクスルシャフト交換に伴う
何とも言えない柔らかさも嫌いじゃなく、むしろちょっといいかも
なぐらいです。

ゼロポイントシャフト製造元の触れ込みでは
確かに自分が明言できずに悩んでる部分に効果があると触れられており
高剛性化と真円度が上がることで、路面追従性が良くなる
ってあるんですよね。

額面通りそれを受け取ったならば、私のV7IIもそうなったって訳で
なるほど首都高でスムーズさが増したように感じるのも
そうなのかもしれない。という結果に。

しかしながら、自分で定量的なデータを何にも用意してなかったので
やっぱり断言はできません。私の思い込みかもしれないわけで。
サーキットのタイムを計るのが一番なんでしょうが
そんなことするはずもなく。

それであっても、自分の感触では結構いい感じなのでOKかなと。

で、やっぱりこのシャフト、車重の大きいモデルほど
効果を実感しやすいみたいです。それこそ300kg級のツアラーとか
もっと重いクルーザーとか良いみたいですね。
V7IIは乾燥で198kgなので、その辺はまぁって感じですかね。

そうそう、Nで空走するとどんなもんかは試しました。
っつても、これも感覚でしかないんで、すんませんって感じなのですけど



【空走した感触】

▲条件
自宅までは一瞬緩い勾配があって、あとは平坦。
傾斜はわかんないなぁ、それなり(爆
(ホント、定量性もクソもないレビューで申し訳ない)

V7IIが20km/hで空走を開始できる程度の坂です。
(手前まで走ってきて、そっからNに入れて
そのまま下ったら20km/hは維持できる程度の短い坂)
でその一瞬、5mもないような長さの、それなりの勾配を下ると
80mぐらい平坦な道を進めばガレージ。


▲動機
朝早くとか夜遅くにバイクで帰って来た時は
エンジン切って空走して少しでもうるさい!と思われない水際対策
その感じを比較検討しようというもの(定量性なし


▲感触
・交換前
いままでは、20km/hで滑っていくと
ガレージまであと少し!というところで、減衰を
著しく感じていました。勢いが足らないと
足で地面をけることもちょいちょい。

・交換後
今のところ足をつくシーンはなく
スルスル~っと進んでガレージの前で
ブレーキをやんわり掛ける程度には
勢いが殺されず続きます。


▲結果
空走もなんかイイ感じだ!(ドーン


▲まとめ
いやね、これタイヤの空気圧でも変わるでしょうし
その日の気温とかでも幾分かね。
あと、ベアリング周りも清掃されてたりとかで
なんて言いったら良いやら、へへっ

テキトーすぎんだろうが!

って思った方
その通りでございます。



【買いなの?】
さて、買いかどうか、という話になるわけですが
気になる人は是非検討しても良い一品だと思います。
私のように、別にサーキット行かないけど
そういう足回りパーツをちょっと気になるヤツに替えてみたい。
そういう方はには、楽しいですよ。とお伝えします。

やっぱり先にもちょっと触れた通り
重量のあるモデルではよく効果がわかるみたいなので
同じグッツィでも、カリフォルニアとかV85TTとかだと
より顕著かもしれないですね。

でもこうしてどう変わったのか、考えたり確かめたりするのが
結構好きって方なら、吟味~交換~実感まで含めて
楽しく感じてもらえると思います。

明確にガツーン!と効きを実感したいという方は
私のレビューはあてにならないので、他所も当たってみて下さい。

他にも、もっともらしいことを並べて
考えるのであれば、前後で5万用意し交換して
サスを前後やり替えるとどうあがいても15万円は確実ですから
(お店で全部、新品購入から取り付けまでの場合)

5万円程度で、ドレスアップとV7の硬いサスフィーリングが
少し緩和されるぐらいならそれもアリ。と考えれば
まぁまぁなんじゃないかなと思います。



【グッツィとの相性】
乱暴な言い方をすると、サスフィーリングの改善が
V7姉妹には一番効きを感じられる部分かもしれません。
そもそも、V7自体が直進安定性も良く
コーナーもヒラッと入って行ってそのまま
姿勢を保って抜けるのが得意なバイクなので
他車のレビューにあるような、コーナーリング姿勢が激変!とか
直進安定性が良くなった!みたいのはそこまで強く感じませんでした。

どちらかというと、そういう挙動に導くまでのプロセスが
安定した感じがするというか、姿勢変化の瞬間が
具合良いかもって感じです。
グッツィでいうなれば、ヒラっとコーナーへ入っていく瞬間が
より見通しを立てやすくなったというか。
うーん、今まででも特になんてことはなかったんですが
交換してからは、より頭の中でその工程を組みやすくなる。みたいな?

後は公式サイトにある通り、燃費が改善するなどの期待は持てますね。

要約すると
・サスフィーリングが良い感じになる
・コーナーへのアプローチも良い感じ
・燃費も改善が見込める

そんな所でしょうか。

私は替えて、見た目とフィーリングで満足感を感じています。
これを読んで購入してみようかどうかは
あなた次第ということで、レビューおわり!


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村


おまけ


前輪のアクスルシャフト交換後の姿


後輪のアクスルシャフト交換後の姿


交換後引きの写真

Posted at 2022/03/25 23:22:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2022年03月22日 イイね!

第3回グッツィモーニングラリー

延びに延びたグッツィモーニングラリー第3回を実施致しました。

更新間隔空きがちの私です。

今回は、当初1/30の実施予定で組んでいたGMRが
一発目はオミクロン株による感染防止の観点から延期
二発目は天候不順と収まらない感染状況から再延期
そして三度目の正直で、この3/20の開催に漕ぎつけました。

3/12~13の土日がすごく暖かかったので
この3/20も期待していましたが、実態は肌寒く
前日土曜の夜に降った雨で、朝方は割とひんやり。
道路も日陰はセミウェットの様相ですが
やるっきゃないと、金曜の段階で
実施を宣言していました。


【当日の朝】
会場は大体1時間強の道のりなので、7時には家を出発。

途中、朝マックをむしゃむしゃ
てりたまマフィンが中々に美味しく、ホットコーヒーとの
組み合わせもヨシ!満腹になったところで
グッツィのガソリンも一応補給するため
更に寄り道をして、なんやかんやしていたら7時40分回っとるとですね。

おっとこれはのんびりしすぎた。

急いで府中から中央高速へ乗って
一路、新木場ランプまでV7IIをかっ飛ばします。

途中、実は前日に交換したゼロポイントシャフト(前後アクスルシャフト)の
感触を確かめながらの走行。
これについては別でエントリーを設ける予定ですが
簡潔にいうと、路面のアンジューレーションをよりしなやかにいなして
コーナーリングもトレースするラインが決まりやすくなったような???
という感触です。何分ズブの素人ですから、決定的どう変わったとか
ここかが断然違うよね。と言い切れませんが
なんとなくの感触はいい感じ、リフレッシュ目的で交換したので
よいのではないでしょうか。

特に新木場まで渋滞等はなく、C1、新環状をスイスイ走って8時20分には
新木場を降りました。会場はすぐそこの若洲海浜公園。



【会場到着】
なんだかんだ8時30分付近の到着だったため
すでに何台かいるかも。なんて思ってたら
意外と誰もおらず、あれ?まぁいいか。と
交換したアクスルシャフトの写真をパシャコラしていると

ブルーのV7IIIが登場。

エントラントの最初の方がいらっしゃり
初回からすべてご参加いただいている方で
いつもご参加ありがとうございます~なんて
お話をしていると、そこから堰を切ったように
次々とグッツィスタが見参。
あっという間にバイク駐輪場は、右向いても左向いても
グッツィグッツィグッツィになりました。


【参加状況】
この日はとにかくスモールブロック系が主役
なーんていう感じの様相で

V35イモラ
V7 I
V7 II
V7 III
V7 850

とスモールの始祖から、現行のリバイバルしたV7四姉妹が勢揃い。
(相変わらずV7IIは少ない・・・・)

この他にも
V11がロッソコルサとテンニ
グリーゾも3台ほど集合
常連さんのV10チェンタウロも来てくれました。

ル・マンも結局1~3まで揃い
ビッグもなかなかの顔ぶれに。

他、タルガやジャッカル
そしてそして、なんと50年代のモデルである
250アイローネまで現れて、会場は大盛り上がり。

すぐに黒山の人だかりになり
「Vじゃないグッツィ来た!すごいすごい!」
と、会場中から水平シングルの大先輩登壇に
大歓声が巻き起こりました。










【第3回を終えて】
会自体は9時スタートであっという間に12時
当初の予定では首都高ランを実施予定でしたが
3連休の中日ということもあって
湾岸線は大渋滞。
特に海ほたるへの渋滞が酷く、臨海副都心から
空港中央まで真っ赤っか。

渋滞の中ではいかんともしがたく
安全を優先し、この日は首都高ランを中止して
会は12時でお開きといたしました。

今日この日は累計で33台のグッツィが集結
総計は34台で、1台はドゥカティのオーナーさんでした。
しかし、実はそのオーナーさんはマーニもお持ちで
本当はマーニで参加を予定していたのですが
火が入らなかったということで、急遽ドゥカティで
いらしたとのことでした。

今回も参加いただいた皆様より
色々とお褒めに預かり、照れ気味です。

第3回も、主眼であるオーナー様同士の情報交換の場であり
安全優先で事故なく終えることが達成できたのも
皆様のご協力あってです。改めてご参加いただいた
エントラントの皆様にお礼申し上げます。

ありがとうございました。


【今後のGMRについて】
さて、来る4回目の企画中です。
場所は多方面からのアクセスで好評だった
箱根ターンパイクとなります。

日程はまだ検討中ですが、概ね4月末か
5月上旬のどこかにしたいなと思っております。

ただ、当然大型連休時期のため
大変な混雑が予想されます。
故に、GMRの開始も第2回目の同箱根が7時スタートでしたが
もう30分ほど繰り上げるなどもあるかもしれません。
といっても結局、開催時間中ならいつ来ても良いので
各自がルートを組み立てた時に混まない
好きなタイミングで来てもらえたらと思います。

ちなみに、ここまで21年中が2回の開催
この22年は既に1回を済ませ、上半期にもう1回やろうか
というところで来ておりますが
全体としては、年4回の開催でそれぞれ
色々な要素を鑑みて調整できたらと思っています。

元々、年1回で伊豆半島を舞台にした
グッツィツーリングin伊豆半島なんてのもやってたクチですが
そちらはコロナの都合でめっきり中断しております。
そもそも複数名で会食ってのが不都合な時勢ですので
今みたいな現地集合現地解散、語らう以外なんもなし!
の方が、各々が参加しやすかろうというのもございます。

22年シーズンは
3/20:東京(若洲海浜公園)
4月末~5月頭:箱根(アネスト岩田ターンパイク)
そして下半期がそれぞれ
7月末~8月頃や10月末頃に1回ずつ出来たらと思っています。

狙う開催地自体はいくつかありまして
・静岡-朝霧(朝霧自然公園)
・千葉-冨津(冨津自然公園)
・群馬-妙義(上小坂駐車場)
・埼玉-秩父(秩父ミューズパーク)
・東京-奥多摩(奥多摩周遊道路)
・神奈川-宮ケ瀬(鳥井原ふれあいの館)

かなぁと、すべてで必ず実施する訳じゃないですが
候補地としては御覧の通り、複数ありますので
その時の状況や気分で、決めていきたいなと思います。
千葉は個人的にやってみたいので、結構考えています。
あと、朝霧は夏にやるには涼しくて丁度いいかなとも思います。
特に朝霧は別件で一度集合場所に使ったことがあり
人気もそんなでもなく、近所にコンビニがあったりで
中々具合が良いなと思った次第です。
トイレも完備されてますし、完璧!

奥多摩と宮ケ瀬はアクセスが良い反面
非常に混み合うのと、場合によっては
無料車検やサイン会にカチ当たってて
あてにしてたしてたスペースが使えない。
なんていうことが予想できるので、ちょっと厳しいか。
(そもそも宮ケ瀬はコロナ流行中はオフ会しないでねとお達しが出てました。)

妙義や秩父は、結構道に迷うエントラントが出やすそうかなとも
思います。やっぱり高速のICから近いと単純明快なのが強い味方
しかし、今回の若洲海浜公園は入口が側道からってのもあり
ダカールラリーのようにウロウロされた方も居たので
その辺は少しの冒険要素ということでご容赦下さい。

ということで、今後も年4回ペースでGMRを
主催していけたらなと考えています。
まぁ、非営利のゆるゆるオフミなので
突然年2回とか、企画なしとかも存分にあり得るのですが
安全第一で今後もぼちぼち広く呼び掛ける予定です。

それでは第4回の続報をお待ちください。


にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
にほんブログ村
Posted at 2022/03/22 22:32:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2022年02月18日 イイね!

PS5狂騒曲

PS5狂騒曲我々30代の車好きの多くは、小中学生の頃
プレイステーションやプレイステーション2で
とあるゲームをやり込んだことと思う。

グランツーリスモシリーズ

そう聞いたら、あぁ~!やったわ~!という反応があると思う。

私の初グランツーリスモは小学5年生の時のこと
買ってもらったプレイステーション2と一緒に
グランツーリスモ2001東京コンセプトも揃えてもらい
飽きずに遊び倒した記憶がよみがえる。

そのままグランツーリスモ3 A-specもすぐに買って
BNR34だとかJZA80だとか
国産スポーツカーを縦横無尽に走らせたものである。

そのまま中学生になってもPS2で遊ぶ日々は変わらず
ある種の、自動車カルチャーに対して
大きな影響を受けることになるグランツーリスモ4に触れる。

中でもグランツーリスモ4から用意された
フォトモードは、自分の原体験と言ってもいい。

クルマやバイクを写真に収めるというのは
このゲームを通じて覚えたと言っても良い。
好きな車をあちこち色んな角度から撮影し
一番自分のお気に入りがカッコよく見えるように撮る。



今もこうして愛車を撮影するのは
そうした幼少期の体験がベースであることは
間違いない。

更にグランツーリスモ4を触れていたのは中学2年生の時
多感な時期であることはもちろん、インターネットというのが
割と各家庭でも当たり前になってた頃
パソコンを親に買ってもらい、グランツーリスモ4で撮影した
写真を持ち寄って、気の合う同世代と
クルマの色んな話をした。

チャットに集まり、他愛のない話をする。
もちろん中学生だから、誰も免許なんて持ってないし
本物のクルマがどんなかも知る由もない。

しかし、グランツーリスモ4ではみんながエンスージアストで
どの車はここでこう走ると最高に楽しいだとか
サスセッティングはこうするとタイムが縮んだとか
写真はこの値をいじると本物っぽい感じが出るとか
そんな感じ、チャットは夜遅くまで盛り上がるのが常だった。

そして、そういう場で交友を育んだメンバーとは
未だに交流があり、なんならみんながみんな
すぐに18歳で免許を取って、愛車で
ツルんで走りに行ったりもしたぐらい。

最早地元の同級生なんかよりよっぽど同級生で
竹馬の友ならぬ、PS2の友である。



というか今でも共に走りに行くレベルなのだから
人生の大事なことは、結構グランツーリスモに教わっちゃったのかも……

しれない。

前置きが長く、いつものことなのだけれど
グランツーリスモがこの3/4に、最新作「グランツーリスモ7」を数え
グランツーリスモsportから5年ぶりの新作となる。

地味にこのGT7は発売日を延期していないので天変地異の感さえある
GTシリーズは発売日を延期するのがお家芸で
今回も延期するだろうからPS5まだいいやなんて
入手性の悪さから、のほほんと構えてたもんだからビックリ




グランツーリスモSportは未だに遊ぶし
なんならこのSportから導入された
自分で、クルマのカラーリング、所謂リバリーを作成できてしまう機能のせいで
大分寝る間を惜しんで遊んだ記憶さえある。

あれ?小学5年生から進歩していない?????

それはいいか、置いておこう。

でだ、この最新作のグランツーリスモ7はPS5/PS4用ソフトであり
PS4でも遊ぶことができる。所謂縦マルチというヤツだ。

ただし、やはりなんというか、
気合入れて遊ぶならプレイステーション5はマストだろう!
ということで、この2月の頭から、絶賛品不足のプレイステーション5を求め
争奪戦に参加した次第だ。

手始めに調べると、アレコレと抽選にもやり方があり
会員登録だとか、なんだとか、面倒くさい
すぐ買って、すぐ持ち帰りたいのだ。
ということで、抽選系は一回あたりの時間がかかりすぎるのでパス

結局、朝早く並び、整理券をゲットして買うことができる
ヨドバシカメラでの争奪戦に絞ることにした。

ヨドバシカメラでは、ゴールドポイントカードプラスという
クレジットカード決済が条件であったが
元々ヨドバシカメラはよく使うので、カードの申請だけ済ませ
サクッと手元に届いてから、参戦した。

【初回:2月6日(日曜)】
初チャレンジは様々な情報から、日曜に朝早く並べば
すぐゲットできんじゃね!?という考えのもと
朝4時に、ヤリスを駆って秋葉原へ
現着は5時40分ごろ、並んでいるとされるヨドバシカメラ秋葉原店の前を
クルマで通り過ぎ視察。なんだ少ないじゃん。

なんて、呑気にUDXに停めて、ちんたら歩いて向かったら

オーマイゴッネス

めっちゃ増えてる……どうして……

クルマから見たときは20人も居ないように見えたのが
いざ並んだら既に列が伸び、自分は多分60番目ぐらいの勢い
失敗した!電車のダイヤか!といきなり反省会だ。

そこから寒空の下、徐々に夜明けを迎え
空が明るくなってくるころ。
7時を回ったぐらいで、ヨドバシカメラの店員さんが出てきた。

「朝早くからお並び頂き、大変申し訳ございません
本日のプレイステーション5販売はございません」

あぁ~という落胆の声が行列から漏れ
皆が、霧散する雲の様に散り散りに踵を返す。



ちなみに並んでた日は、youtubeにもこんな感じで上がっていて
実は動画中に少し自分が写っていたりする。
この日はなんと500人近く並んでたようで

物売るってレベルじゃねえぞ!みたいな感じと言えよう。

が、初日で入手はできなかったものの
色々とレッキになったので、悪い気はしなかった。
・時間の肌感覚
・寒さ対策及び服装
・位置取り
・暇つぶしの方法
諸々のデータを手土産に翌週の再チャレンジはすぐに決断した。


【2回目:2月11日(金曜・祝日)】
そして迎えた2回目、どうやら初回にあたる先週
土日にどちらともPS5の販売が無かったので、この3連休は
どこで来るかわからないが、出ることは間違いない!と専らの噂
確かにそうだなと、自分も納得できる節も多かったので
三連休を全部、早朝チャレンジするつもりで構えた。

折しも前日に東京は雪予報、積雪こそなかったが
早朝動くギリギリまでみぞれで、そこから晴れるという
アイスバーンができることが懸念事項。故に電車でのトライを選択。

朝、4時後半の始発電車に乗り込んで秋葉原を目指した。

5時20分に秋葉原につき、昭和口方面から即座に
ヨドバシカメラのPS5待機列へ滑り込んだ。
結果的に12番を確保、F1やWRCだと残念ながらポイント圏外だ。

そしてこの日は展開が早かった、並んで1時間半したころ
店員さんから整理券の案内が始まった。

PS5ゲット確定の瞬間である。

この時点で朝6時50分、雪の影響かこの日は
先週ほどの行列に至らず、列の伸びも比較的ゆっくり
なんなら8時ごろ到着した人も、整理券配布にありつけたようで
なーんだ、そんなに早く並ばんでもよかったな。ガハハ。

という感じではあったが、ようやく9時ごろから会計が始まり
私は12番だったので、すぐにPS5を会計し、9時15分には店を出た。



が、ケツに近ければ近いほど、会計待ちで1時間~2時間もあるだろうなので
結果的には早く並んでよかったのかもしれない。
参考の動画の投稿者が会計を待つ間に、多分私は店を出ている感じだと
思われる。

帰りは6キロもあるPS5を携えて、電車に乗り帰宅。
流石に最寄り駅から家までワッショイワッショイ帰るのは
しんどいので、タクシ―を使って帰った。いやほんと重いPS5。

これでいつでもグランツーリスモ7を迎えることができるので
そわそわが止まらない日々を過ごしている。

こんなにも新作ゲームが待ち遠しく楽しみなのは久々で
すでに3月4日は有休を申請済みだ。ダウンロード版を予約しているので
12時の日付変更と共に、いきなりよーいドンである。

11歳の時の自分に、20年後もグランツーリスモで遊んでんぞ。
って言っても多分信じな……いや、信じるか。

男はいつまでたってもガキだ~なんて言われるが
自覚する限りである。いい年こいてって感じだが
楽しみなものはしょうがない。

後2週間、早くこいこい解禁日!

Posted at 2022/02/18 22:28:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | ゲーム | クルマ
2022年01月16日 イイね!

サイドポーチ改修

サイドポーチ改修今日はゆっくり起きて
朝ごはんをモサモサ食べながら
WRCのローンチイベントの動画を見直しーの
洗濯物なんかを済ませ
もう昼が見えてくるあたりで、バイクを出しました。

昨日から夜更かしして眠い目を擦りながら
新規定のGRヤリスRally1を拝んで
案外プーマRally1がカッコよくて驚きだったりで

そして、TAS2022ではGRMNヤリス出ましたね!
お値段800万円オーバーという
目ん玉飛び出るビッグプライスですが
まぁGRMNですし、それでもなんと
発表から1日で500件以上の応募があったみたいで

買える人は買えるということですね。
羨ましい限り。

本当はTAS2022行くつもりだったんですが
オミクロン株に引っ掛かったらイヤだなぁってことで
諦めてたんですよね。
TONEブースだと、福袋があって
2000円で嬉しい工具福袋が買えたみたいで、うぎぎ

で、悔しいので、グッツィを走らせ
革製品でお馴染みのデグナーが運営する直営店へ
行ってきたと言うわけですね。

八王子なんですけど、ざっくりの方向だけで走り出したら
あれ????こっちであってる?????
みたいな感覚に襲われつつ、あったあったデグナー。

店内は革ジャンからグローブ、サイドバッグまでなんでもござれ。
ただまぁ、単に見にきただけで何も買ってません。
でも、グローブは春夏用を新調する時、もう一度覗いてみようかなって感じ。

今はまだまだ寒いし、今月はそんな散財してちゃいかんので
見るだけ見て帰ってきました。
帰りしなにパンを買い、ガレージで食べます。


何となく外で食べたくなっただけの話で
ヤリスとV7IIを見ながら食うのは悪くないもんで
好き勝手してるぜぇ〜って感じが気分がいいランチでした。

そのまま、天気が良く暖かかったので
去年取り付けたサイドポーチの改修をしました。
車体からあまりステーを取らず取り付けたいという
クソものぐさの成した業として
今までの取付では、右バンクした際に
どうもタイヤにポーチが触れていて
明らかに擦れてました。



フレームと共締めするバンドにゴムシートを巻き
摩擦を確保して保持、という状態だったのですが
どうもゴムシートの取り回しを重視して、薄いものを使ってたのが
汚れや振動で、傾きを許してしまう模様。

じゃぁと、余ってた厚手のゴムシートに変更して
ガッチリ共締めする様に改修しました。
ほんとは、グラブバーの取り付け位置から
なんか伸ばせば良いハナシなんですけど
1分もあれば、取り外せる。
をテーマに括り付けてるので、ゴムシートを改善して
保持力UPとしました。



取り付け後、近所を10kmばかしウロウロ走って
ガタガタ振動を与えたり、人気の少ないとこでスラロームしてみたり
アイドリング状態のブルブルした場面も、微動だにせず。
厚手のゴムシートさん合格!

帰宅後も全くタイヤに寄った後が無かったので
これで、しばらくは気にせず走れます。

しかしまぁ、去年の5月にまず取り付けてから
騙し騙し走ってたので、とんでもないものぐさです。

腰あげるまでがね……しんどいのよ。なんでも………
Posted at 2022/01/16 20:47:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | 日記

プロフィール

「単焦点レンズデビュー http://cvw.jp/b/715559/46110241/
何シテル?   05/15 22:09
Dell@一二四朗ともーします。 V7iiストーンでドコドコと走ってます あっちにドコドコ,そっちにドコドコ 気ままにゆったり適当がマイルール ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2022/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

日本ブログ村【モトグッツィ】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/05 22:37:13
 

愛車一覧

トヨタ ヤリス トヨタ ヤリス
8/7ついに待望のヤリスが私のところへやってきました。 8/23履いてみたかったOZレ ...
モトグッツィ V7iiストーン モトグッツィ V7iiストーン
2016年3月29日納車 ずっと恋い焦がれてたV7iiを我が手に
プジョー 206 (ハッチバック) プジョー 206 (ハッチバック)
W124以来6年ぶりのクルマとして購入。 2020年7月24日にヤリスの納車が翌週に控え ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
勢いで決断し,京都から引っ張ってきました. 初めて乗った日は,ヘルメットの中で顔がニヤニ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2022 Carview Corporation All Rights Reserved.