• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

///Ivanのブログ一覧

2018年12月19日 イイね!

足元を冬仕様に。

冬のある一日。


これまではオートソックを使ったり、家族の車にチェーンを装着したりで雪の日をしのいできましたが、今年からようやく、スタッドレスタイヤを用意することにしました。

我が家の3rdレンジ・ローバーのタイヤサイズは255/50R20。サマータイヤを履いているホイールはウェストミンスターと言うそうで。確かに上品にみえる。


まずはホイールを物色。

探してみると、オートバイオ限定のこんなホイール(中古)が近くにあり、入手できしました。コンチのサマータイヤとのセットでしたが、2010年もので古いためお役御免に。


オートバイオ専用ホイールが2種類揃ってしまい、どちらを冬用にするかちょっとだけ迷いましたが、今回追加したものにスタッドレスを履かせることにしました。汚れも掃除しやすそうだし...

タイヤはコンチネンタルのバイキングコンタクト6。ヨコハマのスタッドレスもありましたが、雪のないのがほとんどだろうし...クルマも重いし...と思い、スピードレンジが高いこっちを選択。



というよりコンチネンタルのほうが安い、という意外な展開でした。

まだ履いたばかりですが、サマータイヤの1年半もののピレリ・スコーピオン・ゼロよりも真円率が高そうというか、滑るように走ってくれます。それに静か。

グニャッとする感じもほとんどなくて、自分が持っていた大昔のスタッドレスの心もとない感じとは全然違いました。あとは雪道で頼りになってくれることを期待しましょう。


後はチェーンの用意をすれば万全なのですが、255/50R20で装着可能な非金属チェーン、ないんです…

選択肢としてはTHULEのK-summit K67というものですが、国内在庫は今年は終了…


eBayをみてみることにしましょう。
Posted at 2018/12/19 17:15:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | Range Rover | クルマ
2018年11月23日 イイね!

新型レンジ・ローバー・イヴォーク、だそうで。

やっと休みだ、と思ったら思いっきり風邪で寝込むことに。
仕事で穴は開けられないので、もう何年も前から体調を崩すのは休みのとき、という感じが続いています。

体調も戻りかけたときにこんなニュースが。新型イヴォーク。
キープコンセプト。だけど内外は刷新。レンジ・ローバーとしては正しい方向かと。多くのモデルはマイルド・ハイブリッドだそうで。



何年か前から技術として示されていた、ボンネットが透けて見えるこのカメラ、もう実用化してきた。コレは欲しい。


しかも後ろにも。ルーフ上のフィンにカメラがあり、ミラーをモニターにして荷物の向こうが見えるように(荷物でミラーの視界を塞いでいる状態)。コレはあっぱれ。


サイズ的には幅も1900mm超えていますしビミョーなんですが、これらの装備を使いこなせば、奥様でもガリッと傷をつけたりすることもないし、安心感高そう。

屋根のスロープがややきつく、フロントガラスも結構寝ている感じはします。


レザー以外にユーカリ由来の繊維やウールなどのシート素材もあるそうで、このシートは非常に好み。



選択肢として悪くなさそう、と思って、WebCGに出ていた値段を見ると…
ファースト・エディションで、どのエンジンでもほぼ800万…
多分この手のクルマはフルオプションで上記の様々な装備を揃えた状態が、一番車の魅力が出る感じになるんだろうなぁ…とは思ったりもするが、それでもイヴォークに800万か…

XC40でさらっと乗るのが、普段用としてはいい感じなのかなぁ…

発表になったら一応見てみましょうか…

Posted at 2018/11/23 14:03:54 | コメント(2) | トラックバック(0) | Range Rover | クルマ
2018年11月14日 イイね!

新しいこと

仕事などで変化がいろいろあり、最近はクルマへの興味がどんどん減っています。

・レンジ・ローバーしかほとんど乗らなくなった。
家と仕事の往復だけなのですが、移動のクルマの中では頭を空っぽにしたい、と感じて。
そうすると自然とレンジになっています。

燃費は相変わらず5km/L未満。温暖化の気候変動が顕著になってきた昨今、心が痛むのは事実。
変えるとすれば現行のTdV6オートバイオ?とも思うが、この3rdの見た目と味をキープで、何が悪いのか?という気持ちは当然ある。

・Z4MCは…
車で山へ、みたいな余裕というか気持ちにならず、Z4MCに乗る機会は殆どなくなってしまっています。バッテリーが死なないように時々乗る程度です。

ただ乗ったときには「…やっぱコレ、いいよな。」と思います。0→100km/hは5秒弱だけど、踏み切ったら十分すぎる速さ。コレ以上の性能が必要になるとは思えない。

20世紀的なクルマの到達点として、私にはこれで十分すぎる。

自分がワクワクしそうな新しいクルマがなく、自分が楽しめるクルマとして新車を買う、という気持ちに、ぜんぜんなってきません。

「自分の思いや考えをカタチにする」というのを最近経験したのですが、立ち上げは超絶大変だったにもかかわらず、立ち上がって機能するようになると、なんとも言えない満足感があります。

昔からデザインやいろいろ考えるのが好きだったこともあり、フツーにある新しいのを買う、というよりも、「自分が本当に気に入った、なにかを作る」ことをクルマでも真剣に考えていいのでは?と思い始めました。

当然クルマ屋でもファクトリーでもありませんので、各方面にお願いすることになるのですが、自分が歳を重ねたとき、現代では不可能なデザインと手触りを持つクルマを、モダンなテクノロジーで楽しむのはアリなんじゃないか?と思い始めています。

ジャガーのE-type Zeroや昨今のResto-Modの盛り上がり、EVコンバージョンをする国内外の事例から、ようやくそういう時代になってきたんじゃないか?と思うのです。




ベースは何か、どのパーツやシステムを使うか?など、思いっきり専門外の自分には調べることも膨大で、実際にできるかどうかもわかりませんが、時間をかけてじっくり構想を練り、ゆっくり進めていこうかな、と思います。

Posted at 2018/11/14 14:14:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 気になるクルマ | クルマ
2018年11月03日 イイね!

ボルボXC40に試乗

レンジローバーの助手席エアバッグのリコールでディーラー整備工場に入庫となりました。我が家のオートバイオは内装が大変とのことで、結局エアバッグの交換に1日かかることに。

家族用の次期車両候補として、その間に近所のボルボ・ディーラーで車を見せて頂きました。

入り口にはXC60が。フロントガラスは頭に迫ってくる感じ。室内がMスポーツっぽい黒だったので、全部ブロンド内装だったら印象が違ったかも。




後席はイスのクッションは以外にしっかりしていて、足元の空間も十分でした。
車両としてな幅が1900mmと広いのが、家族メインで運転する車としては一番の懸念材料。

ショールームにはなかったのですが、XC40が上にあるとのことでそちらへ。
ファーストエディション。奥様街乗り用としてはサイズ的にはこっち、という感じ。


ボンネットはかなり先まで見えますが、両端が見えるレンジとは違って中央の盛り上がりが目立ち、遠い角は見えない眺め。


内装はパネル部分の質感がいまいち。ハンドルはかなり小径。しかもZ4のように上下が短めのオーバル形状。ちょっと意外で、かなりスポーティ路線に振られた印象。

フロントシートの座った印象はゆったり系というよりしっかりサポート系。シートはサイサポートが延長できるのが個人的には非常にポイント高かった。


リヤシートが小さすぎ、とダメ出しする評論家もいたりして、自分も気になって座ってみました。確かにXC60よりは小ぶり。でもそれよりは柔らかめ。長距離だとか、上級車種を知っているとダメ出ししたくなる気持ちはわかります。

ですが街乗りSUVとしてちょこっと移動するなら、空間的な広さは十分あり、これでいいんじゃないか?という気にもなる感じでした。

運転してみると、T5の252PS、350Nmは過剰なくらいで、めっちゃ加速がいい。20インチの扁平率45のタイヤもあって、ハンドリングもSUVとしてみると異様にキビキビしてます。

雪上での安全を考えて穏やかな操作性…というボルボのイメージがあると、これじゃない感がかなりあります。インプレッサのSTiから乗り換えの方もいる、との話も、確かに分からなくはない…という印象。

奥様仕様と考えると個人的にはT4モメンタムのFFで、ホイールもインチダウンしたものが、どれほど穏やかな感じか?を一度試してから考えたいな、というのが試乗の結果でした。

ちなみにXC40、日本向けは(たった)1500台らしく、すでに今年は完売。未納のオーダーも2019年仕様になっているそうで、10月の時点で納車待ちは8ヶ月。今発注して来年6月納車とのことでした。

さらに自分もいいなと思っていたアマゾンブルー、来年からはなく、たった1年でディスコンの超レアカラーになるそうな。中古としては超希少物件になりそうです。

XC40はボデイカラーの選択肢が狭く、第1希望のルミナスサンドは最上級グレード歯科設定がなく、しかもブラックルーフはRデザインのみ。黒屋根+ルミナスサンドは作れない、という非常に残念な仕様構成。


候補としてはボルボのXC40、XC60、個人的な好みではまだ日本未発売の次期V60クロスカントリー、あるいはBMWのX1かX3あたり。
奥様の好みも聞きつつ、ぼちぼち考えていこうかな、と思います。
Posted at 2018/11/03 22:54:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 次期家族車候補 | クルマ
2017年12月30日 イイね!

一年の終わりに...

今年も残すところあと1日.
今年は特に多忙で、今までも多くはなかったブログの回数がさらに減った年でした.

カーライフとしては、それまでメインであったZ4MCは温存するような形で、時に通勤、限られた時間でお山へ…という乗り方.
移動の多くをレンジ・ローバーが活躍してくれ、通勤の行き帰りでは気持ちを落ち着けたり、いろんな考えをまとめたり、大切な時間を提供してくれました.

来年に働き方が大きく変わる予定で、今そのための準備に奔走しています.この準備を開始したのが昨年の終わり.レンジ・ローバーを購入して数ヶ月後.

それまで何年も頭の片隅に常にあったことで、色々考えた末の決断ですが、レンジ・ローバーを手に入れ、日々接することで、踏ん切りがついたというか、気持ちに安定した何かを与えてくれたように感じています.

Z4MCを手に入れてもそれは得られなかったもので、むしろZ4MCは走りに集中することで自分の中に溜まったものを浄化する瞑想マシンのようなものでした.

過酷な環境でも乗員を守る仕立て、そしていつも安定したその走りの振る舞い…こんなレンジならではの特徴が、動じない落ち着きというか懐の深さというか、そんなものを心に植え付け、次のステップへの後押しをくれたのかもしれません.

自分にとっては学びを与えてくれたクルマでもあり、このタイミングで必要なクルマだった、と勝手に考えています.もちろん今後も苦楽を共にする一台にしばらくなりそうです.

そんな感じで、今後もレンジ・ローバーとZ4MCのラインナップで、クルマを楽しんでいく予定です.

それでは皆様、良いお年をお迎えください.


Posted at 2017/12/30 22:18:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | Range Rover | 日記

プロフィール

///Ivan(イワン)です. やっぱりいつかはスポーツカー!と思い,Z4MC購入しました.そして家族を乗せるクルマにも拘りが強くなってレンジローバー・ヴォー...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

BMWの故障診断がスマホで出来るCarly for BMWのiOS版ががようやくE85,E86に対応しました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/01 21:46:07
充電式のひし形の鍵の電池交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/11 15:05:39
ベルト交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/07 15:42:36

愛車一覧

BMW Z4 M クーペ BMW Z4 M クーペ
2010年7月に購入. 音が良くて,かっこよくて,走って楽しく,今風の安全装備付きの右ハ ...
ランドローバー レンジローバーヴォーグ ランドローバー レンジローバーヴォーグ
憧れるようになって4年以上.諦めることができず、ついに手に入れました.こだわって選んだイ ...
BMW X3 BMW X3
E46 318iに代わる家族運搬車として,我が家にやってきました. 今回のクルマ選びのテ ...
BMW 3シリーズ セダン BMW 3シリーズ セダン
2004年購入の人生初めてのBMW.こだわってMT.6000kmかけて高回転までの慣らし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.