• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

D3_plusのブログ一覧

2018年04月20日 イイね!

水中撮影:180331-02 黄金体験/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事

<イソギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

インスマスでは超イケメン。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3 + INON UCL-165M67



2018/03/31
葉山の芝崎海岸シュノーケリング行の第2回、最終です。

ラストはいつもの潮だまりへ。
どんなに濁っていても、極浅のここなら大丈夫。
イソギンポやナベカ、キヌバリ、クサフグ、クロダイと遊べます。



先週末は葉山の芝崎海岸に行ってまいりました。

天気は快晴、芝崎海岸には最適の北東の風、黒潮の支流の影響で水温は16度以上!
さらに現地のショップさんの情報では透明度は10m、ダンゴウオも20尾以上で絶好調!とのことで、今回も懲りずにチャレンジしたのですが…またまた空振りでした…orz


入水から2時間ほど、ダンゴサーチャーのダイバーさんを追いかけたり、自分でもいろいろと潜ったり捜索を。
170度や190度の根のまわり、エツキイワノカワやアントクメのあるいかにもそれっぽいポイントに、ダイバーさんが置いた目印のフラッグや洗濯バサミもいくつも見つけたのですが。

どうも水温が上昇しすぎたのと、週中荒れ気味だったせいで、ダンゴウオが移動してしまったそうです。
午前中追いかけていたダイバーさんたちも空振りだったようにお見受けしました。
ただ、私が諦めてしまった後の午後には、新しく何尾か再発見されたとのことです。そこまで頑張ればよかったです…


ちなみに、透明度の方はシュノーケリングで泳ぐ水面からの視界は3〜5mといったところ。完全に春濁りがスタートしていました。
ショップさんの情報の透明度10mというのは、潮通しが一番良いポイントの水底から、横方向を見たときの透明度なのかな?と言う感じです。浮遊物の多い春〜夏にかけてはありがちですね。

午後からは風が南風に変わり、視界は更に低下。水面から水底が確認できない状況になりました。
とはいえ、権太郎岩の手前の潮通しの良い比較的浅いポイントで、オワンクラゲやミズクラゲ、ウリクラゲなどを確認できました。

視界がいまいちだったため感じるだけでしたが、ボラの超大群(ボラ・リバーとかボラクーダとか)やキビナゴの大群も回遊しています。
水温もずっと上昇傾向ですし、確かに黒潮は入ってきているようです。


ラストは葉山のもう一つの代名詞、巨大な潮だまりでマクロでちょこっと遊んで終了です。
どんなにコンディションが悪くても潮だまりにゆけば、いつものギンポやナベカ、キヌバリ、ウミウシたちに会えるのがありがたいです。
クサフグパーティーやクロダイパトロール、擬態しきれないマダコや海藻の新芽なんかもいい感じです。


ダンゴウオはホントに残念で、自分のガッツ不足にも春濁りにもわりとがっかりだったのですが、それでも海は最高ですね。
結局、寒い季節のシュノーケリングは上がった後にお湯を沸かして食すカップラーメンと熱か…ホット井戸水が楽しみというか、それが目的な部分もあります。
ラーメン大好き!ゆるキャン△最高!w


あ!大事なことを忘れていました!
芝崎海岸周辺で護岸工事が始まっていて、4/13から芝崎海岸へ降りる階段が取り壊されます。情報では工期は8/31まで。おそらく階段が治るのはその前(6月末?)になるとは思われますが、普通にエントリーできなくなりますのでお気をつけ下さい。

ダイビングショップさんでは、工事中は芝崎から南下した三ヶ下海岸(海沿いの駐車場の手前です)からエントリーするそうです。
https://blogs.yahoo.co.jp/bluesheetfarmer/43536834.html


場 所:芝崎海岸/葉山
日 時:180331 10:30〜14:00
天 候:晴
気 温:16℃
水 温:16℃
波 高:ほぼ無し
 風 :北東弱→南弱
透明度:3〜5m
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3
       INON UWL-H100 28M67 type2, INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700


過去に掲載した芝崎海岸の雑感はこちらになります。
https://www.facebook.com/diru1974/posts/1590769814316819


水中撮影:180331-01 工事直前/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:180331 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


ブログカテゴリー:シュノーケリング@葉山・芝崎海岸


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



<イソギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

アイキャッチ入りました。


<イソギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

The Gold Experience.


<イソギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

こういうコンディションでは、18.5mm f/1.8の良いところが使えます。


<ベニツケギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

鮮やかなベニツケギンポ?


<キヌバリ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

綺麗なキヌバリ。
ちょっとお腹大きいかな?


<キヌバリ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

透き通ってます。


<クサフグ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

緑の海。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3


<クサフグ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

クサフグがウロウロしています。


<クサフグ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

新緑。


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

浅瀬が得意なクロダイも大きいのがバンバン入ってきます。


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

こんなにいるのに釣るのは難しいんですよね。


<海藻/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

新緑マクロ。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3 + INON UCL-165M67


<海藻/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

18.5+クローズアップレンズでハーフマクロ、10-30で0.75倍ぐらい。
接写にまずまず強いNIKON 1のシステムですが、ちゃんとしたマクロレンズはやはり出てほしいです。


<海藻/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

と申しますか、NIKON 1のCXシステム自体の存続が怪しいのですが……orz


<ナベカ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

微妙な距離を保ってくるナベカさん。


<アカクラゲ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

アカクラゲも入ってきました。


<アカクラゲ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

綺麗ですけど刺すのでご注意です。



終了です。

しかし…
それにつけてもダンゴウオは残念でした……



https://www.facebook.com/diru1974/posts/1590769814316819


水中撮影:180331-01 工事直前/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:180331 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


ブログカテゴリー:シュノーケリング@葉山・芝崎海岸


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



2018年04月04日 イイね!

水中撮影:180331-01 工事直前/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事

<真名瀬漁港/葉山>

富士山、名島、名島の鳥居、裕次郎灯台(葉山灯台)、江の島。
NIKON D700 with Ai AF Nikkor 50mm f/1.4S



2018/03/31
先週末は葉山の芝崎海岸に行ってまいりました。

天気は快晴、芝崎海岸には最適の北東の風、黒潮の支流の影響で水温は16度以上!
さらに現地のショップさんの情報では透明度は10m、ダンゴウオも20尾以上で絶好調!とのことで、今回も懲りずにチャレンジしたのですが…またまた空振りでした…orz


入水から2時間ほど、ダンゴサーチャーのダイバーさんを追いかけたり、自分でもいろいろと潜ったり捜索を。
170度や190度の根のまわり、エツキイワノカワやアントクメのあるいかにもそれっぽいポイントに、ダイバーさんが置いた目印のフラッグや洗濯バサミもいくつも見つけたのですが。

どうも水温が上昇しすぎたのと、週中荒れ気味だったせいで、ダンゴウオが移動してしまったそうです。
午前中追いかけていたダイバーさんたちも空振りだったようにお見受けしました。
ただ、私が諦めてしまった後の午後には、新しく何尾か再発見されたとのことです。そこまで頑張ればよかったです…


ちなみに、透明度の方はシュノーケリングで泳ぐ水面からの視界は3〜5mといったところ。完全に春濁りがスタートしていました。
ショップさんの情報の透明度10mというのは、潮通しが一番良いポイントの水底から、横方向を見たときの透明度なのかな?と言う感じです。浮遊物の多い春〜夏にかけてはありがちですね。

午後からは風が南風に変わり、視界は更に低下。水面から水底が確認できない状況になりました。
とはいえ、権太郎岩の手前の潮通しの良い比較的浅いポイントで、オワンクラゲやミズクラゲ、ウリクラゲなどを確認できました。

視界がいまいちだったため感じるだけでしたが、ボラの超大群(ボラ・リバーとかボラクーダとか)やキビナゴの大群も回遊しています。
水温もずっと上昇傾向ですし、確かに黒潮は入ってきているようです。


ラストは葉山のもう一つの代名詞、巨大な潮だまりでマクロでちょこっと遊んで終了です。
どんなにコンディションが悪くても潮だまりにゆけば、いつものギンポやナベカ、キヌバリ、ウミウシたちに会えるのがありがたいです。
クサフグパーティーやクロダイパトロール、擬態しきれないマダコや海藻の新芽なんかもいい感じです。


ダンゴウオはホントに残念で、自分のガッツ不足にも春濁りにもわりとがっかりだったのですが、それでも海は最高ですね。
結局、寒い季節のシュノーケリングは上がった後にお湯を沸かして食すカップラーメンと熱か…ホット井戸水が楽しみというか、それが目的な部分もあります。
ラーメン大好き!ゆるキャン△最高!w


あ!大事なことを忘れていました!
芝崎海岸周辺で護岸工事が始まっていて、4/13から芝崎海岸へ降りる階段が取り壊されます。情報では工期は8/31まで。おそらく階段が治るのはその前(6月末?)になるとは思われますが、普通にエントリーできなくなりますのでお気をつけ下さい。

ダイビングショップさんでは、工事中は芝崎から南下した三ヶ下海岸(海沿いの駐車場の手前です)からエントリーするそうです。
https://blogs.yahoo.co.jp/bluesheetfarmer/43536834.html



場 所:芝崎海岸/葉山
日 時:180331 10:30〜14:00
天 候:晴
気 温:16℃
水 温:16℃
波 高:ほぼ無し
 風 :北東弱→南弱
透明度:3〜5m
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3
       INON UWL-H100 28M67 type2, INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700


過去に掲載した芝崎海岸の雑感はこちらになります。
https://www.facebook.com/diru1974/posts/1590769814316819


flickrアルバム:180331 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


水中撮影:171105-06 潮だまり/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-05 170°/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-04 △/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-03 ボラリバー/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-02 鮫島/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-01 20m超え/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


ブログカテゴリー:シュノーケリング@葉山・芝崎海岸


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



<真名瀬漁港/葉山>

本日の釣物。


<真名瀬漁港/葉山>

シーサイドさん改築中?


<芝崎海岸/葉山>

こちらも工事始まってます。


<向芝原/芝崎海岸/葉山>

スクーバダイバーの皆さん。


<向芝原/芝崎海岸/葉山>

最果て感あります。


<170度の根/芝崎海岸/葉山>

いつもの水難身代地蔵尊。
はい、完全に春濁りです。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3


<ミズクラゲ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

よく見えないので不審者に突っ込んでしまいました。


<イソギンポ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

インスマスではイケメン。


<ナベカ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

Elegant Blenny.


<向芝原/芝崎海岸/葉山>

二時間の捜索虚しくノーダンゴでフィニッシュ。
とりあえずランチタイムを……ゆるキャン△最高!!
NIKON D700 with Ai AF Nikkor 50mm f/1.4S


<マダコ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

諦めて浅瀬をのんびりと。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 + WP-N3


<マダコ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

離脱直前。


<ウリクラゲ/権太郎岩/芝崎海岸/葉山>

水そのものは黒潮の良い潮が入っているんです。
春濁り特有の浮遊物が透明度を下げているんですね。


<アカクラゲ、ミズクラゲ/権太郎岩/芝崎海岸/葉山>

赤いのは刺します。


<オワンクラゲ/権太郎岩/芝崎海岸/葉山>

これは綺麗!


<オワンクラゲ/権太郎岩/芝崎海岸/葉山>

彼は刺しません。


<ミズクラゲ/権太郎岩/芝崎海岸/葉山>

彼も安全です。


<アメフラシ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

ということで潮だまりに避難します。


<イワシ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

シラスサイズは脱却していますね。


続きます。



flickrアルバム:180331 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


水中撮影:171105-06 潮だまり/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-05 170°/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-04 △/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-03 ボラリバー/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-02 鮫島/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-01 20m超え/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


ブログカテゴリー:シュノーケリング@葉山・芝崎海岸


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



2018年02月28日 イイね!

水中撮影:171105-06 潮だまり/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事

<キビナゴ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

キビナゴ団子。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3 + INON UWL-H100 28M67 type2



20171105
葉山・芝崎海岸シュノーケリング行の第6回、終了です。

シュノーケリングのラストは、葉山名物の巨大潮だまり。
ヒラメやコケギンポとマクロで戯れて終了です。
帰りの夕陽もきれいでした。



11/3の黄金崎公園ビーチに続いて、葉山の芝崎海岸にシュノーケリングに行ってまいりました。

芝崎海岸は岬の突端にあるため、潮通しは大変良いのですが、その分荒れやすい側面があります。
特に水面を移動するシュノーケリングでは、東風以外の日は避けたほうが良いくらいです。実際、春〜夏にかけては8m見えれば良い方なのですが…

この日は好条件が重なり、場所によっては透明度20mオーバーの抜群のコンディションに恵まれました。
こと水質に関しては、二日前の黄金崎の倍は良いという…せっかく西伊豆まで遠征したのに…と若干複雑な気持ちになってしまうほどです。

スクーバダイビングポイントの170度の根、190度の根も水面から水底がバッチリ見えました。
さらに沖にある権太郎岩、鮫島周りは、縦方向の水底まではもちろん丸見え。横方向もどこまでもスカッと抜けていました。透明度20m以上です。

魚影も大変濃く、特に鮫島の周辺のドロップオフには、無数のメジナ、スズメダイ、ニザダイ、イシダイの大混群。前が見えないほどです。
ツノダシや大きめのトゲチョウチョウウオなど、死滅回遊魚系の他、100尾を軽く超えるカゴカキダイの大群、1000の単位に達する巨大なボラの大群など、ヒリゾ浜でも滅多にお目にかかれない凄い光景が見られました。

エントリーポイントから170度の根回りにかけても、キビナゴ、ボラ、スズメダイの大群。ちょっとめずらしい立派なマハタに絡まれたり。水底の水難身代地蔵尊碑に絡むチョウチョウウオなども見られました。

あまりの水質の良さに、思わず沖の深場ばかりを攻めてしまいましたが、ちょこっとだけ寄った潮だまりも芝崎海岸の代名詞にふさわしい楽しさでした。
コケギンポ、アオウミウシ、ナベカ、キヌバリと言ったマクロのレギュラー組は健在。パトロールするクロダイの群れ、シマハギ、イシダイ、オヤビッチャのシマシマグループの群れ。ヒラメygやブチススキベラygなどちょっと珍しいものも見られました。


透明度10mを超える日の芝崎海岸は、ヒリゾ浜にも負けないダイナミックな地形と魚影が楽しめます。
イソギンチャク畑やサンゴ礁が無いぐらいで、巨大な潮だまりや都心からのアクセスの良さなど、ここにしか無い美点もたくさんあります。秋〜冬にかけては本当にオススメです。
厳冬期の今は、ダンゴウオやウミウシ大量出現でまた楽しくなります。寒いですけどw


場 所:芝崎海岸/葉山
日 時:171105 11:30〜16:00
天 候:晴
気 温:18℃
水 温:19〜20℃
波 高:無し
 風 :北
透明度:15〜20m以上
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
       INON UWL-H100 28M67 type2, INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700


水中撮影:171105-05 170°/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-04 △/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-03 ボラリバー/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-02 鮫島/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-01 20m超え/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


過去に掲載した芝崎海岸の雑感はこちらになります。
https://www.facebook.com/diru1974/posts/1590769814316819


flickrアルバム:171105 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



<ヒラメyg/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

あ、なんかいる…


<ヒラメyg/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

若いヒラメさんですね。


<ヒラメyg/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

やはり目が綺麗。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3 + INON UCL-165M67


<コケギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

潮だまりの主、コケギンポ氏も。


<コケギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

ちょっと大きめ、人差し指ぐらいです。


<コケギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

ホームの穴に入ると強気です。


<コケギンポ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

お邪魔しました。


<真名瀬漁港/葉山>

ということで撤収のお時間です。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3


<真名瀬漁港/葉山>

荷物になるのでD700は置いてきたのですが、こんなに良い黄昏になるのでしたら持ってくるべきでした。


<真名瀬漁港/葉山>

終了です。




水中撮影:171105-05 170°/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-04 △/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-03 ボラリバー/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-02 鮫島/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-01 20m超え/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:171105 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 + レンズ色々



2018年02月24日 イイね!

水中撮影:171105-05 170°/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事

<水難身代地蔵尊/170度の根/芝崎海岸/葉山>

水難身代地蔵尊とチョウチョウウオ。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3



20171105
葉山・芝崎海岸シュノーケリング行の第5回です。

午後も遅くなったので、最後に170度の根へ向かいます。
チョウチョウウオ、キンギョハナダイを見たりマハタに絡まれたり。
帰り際に四ツ場のエントリーポイントの浅瀬でボラやキビナゴの大群、オヤビッチャ、シマハギ、イシダイのしましまグループも見られました。



11/3の黄金崎公園ビーチに続いて、葉山の芝崎海岸にシュノーケリングに行ってまいりました。

芝崎海岸は岬の突端にあるため、潮通しは大変良いのですが、その分荒れやすい側面があります。
特に水面を移動するシュノーケリングでは、東風以外の日は避けたほうが良いくらいです。実際、春〜夏にかけては8m見えれば良い方なのですが…

この日は好条件が重なり、場所によっては透明度20mオーバーの抜群のコンディションに恵まれました。
こと水質に関しては、二日前の黄金崎の倍は良いという…せっかく西伊豆まで遠征したのに…と若干複雑な気持ちになってしまうほどです。

スクーバダイビングポイントの170度の根、190度の根も水面から水底がバッチリ見えました。
さらに沖にある権太郎岩、鮫島周りは、縦方向の水底まではもちろん丸見え。横方向もどこまでもスカッと抜けていました。透明度20m以上です。

魚影も大変濃く、特に鮫島の周辺のドロップオフには、無数のメジナ、スズメダイ、ニザダイ、イシダイの大混群。前が見えないほどです。
ツノダシや大きめのトゲチョウチョウウオなど、死滅回遊魚系の他、100尾を軽く超えるカゴカキダイの大群、1000の単位に達する巨大なボラの大群など、ヒリゾ浜でも滅多にお目にかかれない凄い光景が見られました。

エントリーポイントから170度の根回りにかけても、キビナゴ、ボラ、スズメダイの大群。ちょっとめずらしい立派なマハタに絡まれたり。水底の水難身代地蔵尊碑に絡むチョウチョウウオなども見られました。

あまりの水質の良さに、思わず沖の深場ばかりを攻めてしまいましたが、ちょこっとだけ寄った潮だまりも芝崎海岸の代名詞にふさわしい楽しさでした。
コケギンポ、アオウミウシ、ナベカ、キヌバリと言ったマクロのレギュラー組は健在。パトロールするクロダイの群れ、シマハギ、イシダイ、オヤビッチャのシマシマグループの群れ。ヒラメygやブチススキベラygなどちょっと珍しいものも見られました。


透明度10mを超える日の芝崎海岸は、ヒリゾ浜にも負けないダイナミックな地形と魚影が楽しめます。
イソギンチャク畑やサンゴ礁が無いぐらいで、巨大な潮だまりや都心からのアクセスの良さなど、ここにしか無い美点もたくさんあります。秋〜冬にかけては本当にオススメです。
厳冬期の今は、ダンゴウオやウミウシ大量出現でまた楽しくなります。寒いですけどw


場 所:芝崎海岸/葉山
日 時:171105 11:30〜16:00
天 候:晴
気 温:18℃
水 温:19〜20℃
波 高:無し
 風 :北
透明度:15〜20m以上
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
       INON UWL-H100 28M67 type2, INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700


水中撮影:171105-04 △/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-03 ボラリバー/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-02 鮫島/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-01 20m超え/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


過去に掲載した芝崎海岸の雑感はこちらになります。
https://www.facebook.com/diru1974/posts/1590769814316819


flickrアルバム:171105 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



<170度の根/芝崎海岸/葉山>

ダイバーさん。


<マハタ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

おそらく奥のカジメの白いビニールがマーキングで、なにかしら回りにいるかと思われるので探したいのですが。
ガラの悪いフィッシュイーターに睨まれています。


<マハタ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

見事なマハタです。


<キンギョハナダイ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

金魚ハーレム。


<アイゴ他/170度の根/芝崎海岸/葉山>

ダイバーさんは講習中のようです。


<マハタ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

マハタ氏が追いかけてきました。


<マハタ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

めっちゃ睨まれる…


<マハタ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

お腹大きい気もします。


<マハタ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

流し撮り。


<マハタ/170度の根/芝崎海岸/葉山>

まだ怒ってる…


<170度の根/芝崎海岸/葉山>

一旦戻りましょう。


<ボラ他/四ツ場/芝崎海岸/葉山>

エントリーポイント近くの浅瀬も大混雑です。
奥にオヤビッチャ、シマハギ、イシダイのしましまグループもいますね。


<ボラ他/四ツ場/芝崎海岸/葉山>

とりあえず小ボラリバーを乗り越えて。


<イシダイ他/四ツ場/芝崎海岸/葉山>

しましまグループへ。


<シマハギ他/四ツ場/芝崎海岸/葉山>

シマハギは葉山ではちょっと嬉しいかも。


<キビナゴ大群/四ツ場/芝崎海岸/葉山>

最後に立ちはだかるのはキビナゴ団子。


<キビナゴ大群/四ツ場/芝崎海岸/葉山>

西日を受けて綺麗です。


<キビナゴ大群/四ツ場/芝崎海岸/葉山>

潮だまりでこういうのが見られるのも、芝崎海岸の良さですね。


<キビナゴ大群/四ツ場/芝崎海岸/葉山>

毎度思うのですが、頑張ればバクっと行けるんじゃないかと…<無理です



続きます。



水中撮影:171105-04 △/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-03 ボラリバー/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-02 鮫島/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-01 20m超え/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:171105 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 + レンズ色々



2018年02月21日 イイね!

水中撮影:171105-04 △/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事

<権太郎岩/芝崎海岸/葉山>

葉山ブルー。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3 + INON UWL-H100 28M67 type2



20171105
葉山・芝崎海岸シュノーケリング行の第4回です。

ボラリバーの後は、権太郎岩から四ツ場を通って潮だまり、向芝原に戻ってきました。
ガスストーブでお湯を沸かして軽くお昼を食して午後もまた海へ。
潮だまりから四ツ場、170度の根へと向かいます。



11/3の黄金崎公園ビーチに続いて、葉山の芝崎海岸にシュノーケリングに行ってまいりました。

芝崎海岸は岬の突端にあるため、潮通しは大変良いのですが、その分荒れやすい側面があります。
特に水面を移動するシュノーケリングでは、東風以外の日は避けたほうが良いくらいです。実際、春〜夏にかけては8m見えれば良い方なのですが…

この日は好条件が重なり、場所によっては透明度20mオーバーの抜群のコンディションに恵まれました。
こと水質に関しては、二日前の黄金崎の倍は良いという…せっかく西伊豆まで遠征したのに…と若干複雑な気持ちになってしまうほどです。

スクーバダイビングポイントの170度の根、190度の根も水面から水底がバッチリ見えました。
さらに沖にある権太郎岩、鮫島周りは、縦方向の水底まではもちろん丸見え。横方向もどこまでもスカッと抜けていました。透明度20m以上です。

魚影も大変濃く、特に鮫島の周辺のドロップオフには、無数のメジナ、スズメダイ、ニザダイ、イシダイの大混群。前が見えないほどです。
ツノダシや大きめのトゲチョウチョウウオなど、死滅回遊魚系の他、100尾を軽く超えるカゴカキダイの大群、1000の単位に達する巨大なボラの大群など、ヒリゾ浜でも滅多にお目にかかれない凄い光景が見られました。

エントリーポイントから170度の根回りにかけても、キビナゴ、ボラ、スズメダイの大群。ちょっとめずらしい立派なマハタに絡まれたり。水底の水難身代地蔵尊碑に絡むチョウチョウウオなども見られました。

あまりの水質の良さに、思わず沖の深場ばかりを攻めてしまいましたが、ちょこっとだけ寄った潮だまりも芝崎海岸の代名詞にふさわしい楽しさでした。
コケギンポ、アオウミウシ、ナベカ、キヌバリと言ったマクロのレギュラー組は健在。パトロールするクロダイの群れ、シマハギ、イシダイ、オヤビッチャのシマシマグループの群れ。ヒラメygやブチススキベラygなどちょっと珍しいものも見られました。


透明度10mを超える日の芝崎海岸は、ヒリゾ浜にも負けないダイナミックな地形と魚影が楽しめます。
イソギンチャク畑やサンゴ礁が無いぐらいで、巨大な潮だまりや都心からのアクセスの良さなど、ここにしか無い美点もたくさんあります。秋〜冬にかけては本当にオススメです。
厳冬期の今は、ダンゴウオやウミウシ大量出現でまた楽しくなります。寒いですけどw


場 所:芝崎海岸/葉山
日 時:171105 11:30〜16:00
天 候:晴
気 温:18℃
水 温:19〜20℃
波 高:無し
 風 :北
透明度:15〜20m以上
撮 影:水中:NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3
       INON UWL-H100 28M67 type2, INON UCL-165M67
    陸上:NIKON D700


水中撮影:171105-03 ボラリバー/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-02 鮫島/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-01 20m超え/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


過去に掲載した芝崎海岸の雑感はこちらになります。
https://www.facebook.com/diru1974/posts/1590769814316819


flickrアルバム:171105 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


動画:youtube DIRU1974

撮影:NIKON D700 + レンズ色々



<アオリイカ/権太郎岩/芝崎海岸/葉山>

アオリ艦隊も青いです。


<ブチススキベラyg/権太郎岩/芝崎海岸/葉山>

なかなか撮らせてくれないブチススキさん。


<向芝原/芝崎海岸/葉山>

いったん向芝原に戻ってきました。
水面に見えているのはフリーダイビング講習の方です。


<向芝原/芝崎海岸/葉山>

ガスストーブで軽くゆるキャン△ランチ。
au TORQUE G02 (KYOCERA KYV35)


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

食後は潮だまりから170度の根へ。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3


<イボテガニ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

めちゃくちゃ強そうです…
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3 + INON UCL-165M67


<ナベカ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

潮だまりはマクロの宝庫。


<ナベカ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

イイ顔。


<アオウミウシ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

アオ氏。


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

クロダイパトロール。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3 + INON UWL-H100 28M67 type2


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

よく見るとたくさんいます。


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

水中にはこれだけいても、なかなか釣れないのが面白いところです。


<キビナゴ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

キビナゴが入ってきました。


<キビナゴ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

風が強くなり、やや荒れ気味に。


<テングハギyg/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

テングygもいました。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

クロダイパトロールに捕まりました。


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

近い近い。


<クロダイ/潮だまり/芝崎海岸/葉山>

釣れたら自慢できるサイズですね。


<170度の根/芝崎海岸/葉山>

パトロールを振り切り、170度の根に到達。
NIKON 1 J4 + 1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOM + WP-N3 + INON UWL-H100 28M67 type2


<170度の根/芝崎海岸/葉山>

午前中の飛び抜けた透明度は終わってしまったようです。



続きます。



水中撮影:171105-03 ボラリバー/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-02 鮫島/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事
水中撮影:171105-01 20m超え/葉山・芝崎海岸シュノーケリング行 の事


flickrアルバム:171105 Snorkeling @ Beach SHIBASAKI / HAYAMA


動画:youtube DIRU1974


撮影:NIKON D700 + レンズ色々



プロフィール

「('A`) <対酒当歌 人生幾何 譬如朝露 去日苦多 慨当以慷 幽思難忘 何以解憂 唯有杜康」
何シテル?   08/17 11:14
いや、そんな! あの手は何だ! 屋根が! 屋根が!………無い
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

せんべいさんのブログ 
カテゴリ:海関係
2010/12/01 11:19:32
 
中木へ行こうよ!!(南伊豆・ヒリゾ浜)HP 
カテゴリ:海関係
2009/09/30 10:12:18
 
ボディ・ショップ・カミムラさん 
カテゴリ:ビート関係
2008/07/28 09:46:35
 

お友達

あ、そ、その、で、できれば…お友だちから…
102 人のお友達がいます
バブルバブル * t-shint-shin *
車イジリおじちゃん車イジリおじちゃん MDiエンドウMDiエンドウ
16~16~ HE゛AT DRIVERHE゛AT DRIVER

ファン

28 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート フジウルクォイグムンズハー号 (ホンダ ビート)
 1991年から1996年にかけて、本田技研工業が生産した、幌型二座の軽自動車。型式はE ...
スズキ その他 デ・ウェルミス・ミステリイス号 (スズキ その他)
ジャイロさん没後、やはり原付がないと何かと不便なのでお迎えしました。 遅いし小さいしで ...
ホンダ ビート アウエボティアバタバイトベウエエ号 (ホンダ ビート)
ボロで遅くて屋根が無くて小さくて黄色くて楽しいです  2011年10月8日に、伊豆の ...
ホンダ その他 ウルムアトタゥイル号 (ホンダ その他)
実質上こちらがメインですね。 リアのトレッドを若干広げて、ミニカー登録になっております ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.