車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月23日 イイね!
スーパーなライトだそうで・・・。…と書くと、

「やっぱりライトはリトラだよねっ!」ってことになりますよね、普通は。



でもこんなライトもあります。


























えっ、違うって!?




















































だって、書いてありますもん…

ほれっ。











ってこれは、会社で作った旧車の同好会の面々とちょっとした雑談で集まった際に、チラッと立ち寄っていただいたツーリング中の方の愛車だそうで、見ず知らずの人。。。
でも、クルマ好きならウェルカムですよっ!てことで、お互いのクルマをしげしげと観察(笑)













実に鮮やかなグリーンがステキでしょ!!!











で、何がライトかと言えば…






サイクルフェンダーもカーボンですが
何といってもこれ。






















日の光が透けて見えるほどの“薄~い”シートっ!!!












お父さんとその息子さん(まだ小学生!)の二人でいらっしゃいましたが、もちろん二人とも厚着のうえ毛糸の帽子に…揃ってゴーグル着用っ。


ウィンドシールドなるモノが無いクルマ(良いの、それで?)なので、目を開けてられないんだそうです。
でもこのゴーグルでも、時速80キロ超えると…



「飛ばされそうになります」だそうです。。。






いやぁ、なんてスパルタンなんでしょ!?
お子さん、かなり寒そうでしたが…かえって「車なんて大っ嫌い!」ってなことにならなきゃいいんですけどね(汗)



でも、一度は乗ってみたいものです!

Posted at 2017/01/23 15:41:45 | コメント(8) | トラックバック(0) | 新型車 | 日記
2017年01月22日 イイね!
大人げないですけど・・・。今日はお休み。
のんびりしてたら、昼になって嫁が「イチゴ狩り行こっ!」って言い出し…

ゴロゴロしたかったので、「いやぁ、浜名湖に行くにはもう出遅れてるだろう!?」と言い返せば

「近くにあるじゃん!」とのこと。



そういえば、うちから10分も掛からない所に一軒あったのを思い出しました。
確かそこに一度だけ行ったことがあるぞぉ…ってことで、調べたら、もうかれこれ8年も前のことだったりして。
近くに、フィギィアスケートが活発な大学があるので、すでに超有名になって女子選手が来たとかで“写真入りのサイン色紙”が飾ってあったことを覚えてましたが、場所的に狭くって…廃業も近いって思い込んでたんですが。。。




知らない間に規模が拡大たようで…第2会場までできてたのにはビックリ!!



だからますます人気があるようで、今日は(も?)メチャ大混雑。
愛知県内の比較的“普通なところに”イチゴ狩りができるんですから…クルマのナンバーは地元ばかり(笑)
だから予約が当日偶然にできたのは、まさに奇跡だったようで…団体の予約がキャンセルされたからだったようですわ。なんて強運の持ち主なんだ、嫁って!?

もちろん、色紙も増えてました(笑)

そりゃこの第2会場は…その大学のすぐ隣ですから。。。




さて、料金払った段階で嫁がひと言
「これだけの入場料払ったら…80個は食べないとモトが取れないからねっ!」
計算早っ(笑)





で、さっそくハウスイ~ンっ!

うわぁ、あるわあるわ…「あきひめ」って品種らしいですが、長くって大粒のイチゴだらけ。




真っ赤なのばかり探してると、娘がアドバイスくれました。
「ヘタがそっくり返ってるヤツが良いんだって!」とのこと。

例えばこれ。


いまいち見た目が…

なんですが(笑)


たしかに美味いっ!!!





イチゴなんて水っぽいだけかと思いきや…やはり美味いヤツは美味いっ。










とはいえ、制限時間45分はさすがに…長いっ(汗)
そんなに食べ続けるなんて


















はいっ、頑張りました(笑)






100個完食っ!!!!













これでしばらくはイチゴ食べたくありませんっ。。。












Posted at 2017/01/22 19:45:03 | コメント(11) | トラックバック(0) | その他 | 日記
2017年01月21日 イイね!
うちの車、ウィッシュ君も早いもので7年にもなります。
でもまだ現役モデルなんですよね…。

先代モデルは“背の低いミニバン”として一大ブームを巻き起こした名車でしたが、そのコンセプトをそのまま引き継いだ現行モデルは…時代が“ハイトワゴン”に移行しつつある時に生まれたので、すっかり販売もパットせず、すっかり取り残された感もあります。
それでも発売当初はそこそこ売れてたようですが、先代モデルで人気のあったブルー系のボデーカラーが設定されず、地味な色ばかりだったのが不評だったとかで、あっという間に尻すぼみ。マイチェンでオレンジやブルーを投入してますが…人気はどうなのか?
せめてハイブリットモデルでも追加してくれたら、間違いなく人気は再燃するんでしょうけど。。。


なんて言いつつも、実は私結構お気に入りなんですよ。大きさもほどほどに室内も広くて荷物もたくさん積めますし。


ってことで、いまだに売ってる(?)この現行モデルのカタログをもらってきたので眺めておりました。

オレンジのボディカラーが表紙を飾ってますが…実はこれ、大好きなんですよね。




さて、マイチェンすりゃ、いろんなところが手を加えられて質感のアップや装備も充実するのは当たり前。
ですからこうして改めてカタログを見ると…羨ましい箇所ばかりが目に付きます。

例えばエアロパーツやLEDを導入したライト類、メーターパネル等の変更は…カタログにも大きくセールスポイントとしてうたってありますので、それは“悔しいけど”諦めなきゃいけないところですね。
でも、さりげなくコッソリと変更されているような所を見つけちゃうと…かなり悔しく感じます。

「やっぱりこの部分は誰の目にも不評だったんだよなぁ。」って、あきらかに疑いたくもなるんですよね。





で、私がそう思ったポイントというのがこれなんです。






この小物入れ…実は使いにくくてたまらない。
容量も薄っぺらな物しか入らないし、そもそもカップホルダーがあるから開けられないんです。


…と常々感じていたら


あぁ、やっぱり(笑)




断然この方が使いやすいでしょうし、本来のあるべき姿にも見えてきます。。。

パーツ取り寄せて、付け替えようかなぁ???
Posted at 2017/01/21 17:57:19 | コメント(8) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月20日 イイね!
世間で次々とリリースされる“スケールモデル/ミニチュアカー”の類い。

スカイラインやトヨタ2000GTなんていうメジャーな車種はもちろんですが、ずいぶん前から“超マイナー”な車種もどんどんリリースされてきてますから、マニアにはホント堪らないことになってます。



憧れの車、昔乗ってた懐かしい車…次々と矢継ぎ早にリリースすることで、スケールモデルのメーカーさんは「車好き、懐かしモノ好き」の方々の心をとらえて離さず、別の購入意欲を次々と喚起させるという、実に巧妙な作戦をされています。
しかもこれが、決して安くはないというから恐ろしい(汗)

「強い中毒性を帯びる危険なもの!?」私はそう思っております。。。
特に私はこういう誘惑には昔から感化されやすいので…踏みとどまるのが大変なんですよね。



しかも、「一台だけ!」…なんていう方はかなりレアかも知れません!?

人によっては、例えば同じ車種に限定して小さなスケールモデルからビッグサイズまで集めるでしょうし、サイズにこだわる方は、いろんな車種を同じスケール感で並べて楽しむのもアリでしょうね…お金がそれなりに掛かりますけど。

特に、旧車に乗られてる方は…自分と同じ愛車を買って眺めるのが“最高の幸せ”でしょうし、これこそ“旧車に乗っててよかったぁ”って実感する瞬間ではないでしょうか!?
うん、すっごく分かるかも!











しか~しっ、こうして星の数ほどあるスケールモデルなんですが…私は声を大にして言いたいんですっ!!!









「初代セリカのビッグバンパー仕様リフトバックがなぜリリースされないのっ!?」って。






そこで振り返ってみました。




まず有名なのは、永大グリップのこれ。

ノーマルは、赤色と青白ツートンですが、手前のは色塗り変えちゃってますからノンオリジナル。
でも見事にプロポーションは再現されてます。
エンジンも載ってるし!





また、小っちゃいのでは…香港製の無名なトミカもどきもありますね。



金属製のミニチュアカーって、たぶんこの2種類のみだと思ってます。


なんて悲しいんでしょ…。








ではプラモではどうか?






はい、多分これのみ…でしょうか???


で、こいつは組み立てるとこうなります。




(ホコリ被ってますね…大昔ですので、作ったの)

サイズが1/20ですので、結構巧いこと細部まで再現されてます!!
イイ感じでしょ!?








さて、で考える。

「この3点の共通点は何でしょうか!?」









「はいっ、それは全部オーバーフェンダー付き!!」と答えた方…素晴らしいっ!!!!


これは実に不思議なんです…3車とも、どうして揃いも揃ってバーフェン付きなんでしょうかね!?
こんな実車はどこにも市販されてはいないハズなのに。。。









…という話をすると、長くなっちゃうものですから今回は省略(笑)







でももうひとつ、大きな共通点があるんです。

それは…


















全部が全部、ずいぶん前に売られてた絶版モノってこと。
そう、今の時代に販売されているものではないんですよ、これって(泣)









これだけいろんな車種が次々とスケールモデルとしてリリースされているこの現在に、まったくどこもが相手にしてくれてないんですよ、ビッグバンパー車って(汗)

どうしてなんでしょうかねぇ、人気が無いはずは“無いっ”のにね…たぶん。


















全国数10人レベル(?)の“でかバンフェチ”の皆さんも、きっと同じような悔しい気持ちを持ち続けているはず!!













スケールモデル製作メーカーの皆さん…そろそろいかがでしょうか???
きっと売れますよぉ(笑) ちょっとだけ!?







あっ、一年前から止まってる“オフィシャルペースカー”プラモ、そろそろ再開しなきゃ(汗)


Posted at 2017/01/20 16:21:02 | コメント(15) | トラックバック(0) | セリカ | 日記
2017年01月19日 イイね!
ブレーキマスタシリンダー…ありゃりゃ???最近時々感じるブレーキの違和感。

踏んだ時、ごくたまにその感触が違うんですよ。
踏み代が変わるような感じ!?っていいましょうか、いつもよりも奥の方まで踏めちゃうことがあるんです(滝汗)
すぐ直るけど。。。


加えて、一時ブレーキフルードが減る傾向にありましたが、最近はまったく減らないからこれまた不安なんですよね…。
とにかく気持ち悪いので、「えらいこっちゃ!」になる前に、原因を突き止めなきゃいけません。



どこかでブレーキフルードが漏れてるとすれば気がつくんでしょうが…各車輪を見てみても、そんな箇所は見当たらない!?


で、ネットでググると…可能性が高いのは“マスタシリンダーのピストン”に付いてるカップの損傷とのこと。
踏んでるうちに、シリンダ内でフルードがピストン経由で移動しちゃって、それで踏み代が変わるんだとか?!
なるほど…納得。

でもやはり現物を見なきゃ分かりません。
そこで、先日のお休みを待ってじっくりとながめてみました。



ちなみに、真っ先に疑ったブレーキホースには異常は見られず、ブレーキブースターの異常(ダイヤフラムの破れ)もちょっと心配!?



ってことで、まずはブレーキブースターの付近をチェック。
どこかにフルードの漏れた跡があるのではないかって???

…てことで、マスタバッグ下部を重点によく見てみます。



あちゃ~っ、やっぱり塗装が剥げてるようだから…漏れてたようですね!?
ちょっと焦る。。。



でも、その下のボデーをよく見ると…

あれっ、塗装が剥げてるようには見えません。
ってことは、漏れはごく微量化?あるいは(昔はあったけど)最近はまったく漏れて無い!?



ちなみにブレーキペダルの付いてる室内側の付け根はというと…

こちらも、触ってもまったく濡れてないみたいでしたので、とりあえずホッとしました。。。



本来ならさっそく実車からマスタシリンダーを外してみるんですが…今回はまず、“予行練習”ってことで、「手持ち品」を引っ張り出してきました。
まずはこれで予習しておこうと…。


これ…よく見ると、OKモニター用のセンサーが付いてるタイプですね。。。
でもそれ以外は同じですので、まずはこいつをバラシて、構造を勉強しておきましょう!




さっそくマスターバッグとシリンダーを分割します。
これはナット4つですから、楽勝!



で、中を覗くと…
まずターバッグの方は

シリンダーの方は


ボデーの結合面は錆びちゃってますけど…とりあえず致命的な異常は無いっ!?





ってことで、シリンダーの中身を抜き出します。
まずはクリップを外して…


セカンダリーピストンのストッパーボルトを外すと…
スルンとピストンが出て来るかと思いきや…

ありゃりゃ、まったく動かない!?


中ではプライマリピストンとセカンダリピストンが並んでて、その前後にスプリングがセットしてあるはずなのに…押してもまったく動かない!?
かなり固いんですよ、これが(汗)


そういえばこのAssy…ずっと放置してた中古品ですからねぇ、動くかどうかもわからない。
そもそもいつからこの状態なのかすらわからりませ~ん(笑)



とりあえず、潤滑スプレーを吹きまくってしばらく放置し、シリンダーを少しずつ叩いて刺激を与えます。


と、なんとか動きました!!!
でも安心はできませんからね…まだまだ潤滑スプレーを吹きまくり…

やっと、スムーズに動くようになりました!

…が、カップの付く穴から覗くと
手前のプライマリーピストンは動くんですが、奥のセカンダリはまったく動かない!?

そして、やっと動くようになったプライマリ側も…どうしても引き出せないんです(汗)




ここで時間切れ。
う~ん、中身ってどうやったら出て来るのかなぁ???
スルッと出て来るイメージだったんですけどね。。。
構造はかんたんなのにねぇ。




詳しい方、なにとぞアドバイスをお願いします!!!
Posted at 2017/01/19 17:59:37 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@うえさん。さん、おおっ、「凍ってるねっ!」」
何シテル?   01/23 14:30
小学生の頃に憧れたセリカ。就職してから入手し、はや30年近くが経とうとしてます。 ずっと日常的に乗り続け、だからちょくちょく機嫌も悪くなりますが…それがかえっ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
55 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ その他 キツネ様 (ホンダ その他)
これまた“不動”で入手。ブレーキ関連やスターターなどなど、部品を集めて修理し無事復活しま ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
車齢35年を向かえ、いよいよ憧れの“北米仕様”にモディファイ完了です。 純正ドアミラーを ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代セリカLBだけでは不便だったため、無理して中古を購入。でもまだまだ“あの映画”の影響 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.