• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
alt

-------------- 
タイヤホイールの究極マッチング!
 alt
詳しくはこちらの動画を『クリック』してね。
★★★★ ユニフォミティマッチングについては下の画像をクリック ★★★★
alt
★★★ 遠方のお客様は通販でも承っております ★★★






イイね!
2012年03月05日

車両の左流れの原因は?(再び)

昨年書いた 車両の左流れの原因は? ですが、いまだに全国からお問い合わせを頂きますしPVも多いです。
特にVW、アウディ等の輸入車やアジアンタイヤや逆輸入タイヤを使用しているオーナー様が真直ぐに走らずに非常に困っていらっしゃるようです(VW 左流れ で検索すると炎上してたりします)。
記事を読み返してみると今一つ分かりにくい部分も有りますので再度なるべく分かりやすい(?)ようにユニフォミティに絞って解説したいと思います。 

アライメントやサスペンション等車両側は全て正常で、路面は平坦なのに走行すると左(右)に流れる症状の原因はタイヤのユニフォミティの一つであるラテラルフォースバリエーション(LFV)不良です。

(1)ユニフォミティとは、均一性を指します。タイヤのユニフォミティとは広義には次の3つの事を指します。

①重量の均一性
 重量的なアンバランスを指します。タイヤはゴムと金属等を張り合わせた物なので重い所と軽い所が出来てしまいます。タイヤ交換時にホイールバランサーで測定してバランスウエイト(錘)を装着する事でアンバランスを修正します。

②寸法の均一性
 無負荷状態のタイヤの真円度を指します。昔は2分割の金型で鯛焼のように製造していましたが、現在は8分割以上の金型を使用する場合が多く見た目上の真円度はかなり良くなりました。大昔はでこぼこを削って真円に近づけていました。

③剛性の均一性
 タイヤは金属やゴム等を張り合わせて出来ているので、場所により剛性のアンバランスが出来ます。簡単に言うと硬い部分と柔らかい部分が出来てしまいます。この剛性のアンバランスを狭義のユニフォミティと言います。バーデンでも剛性のアンバランスの事をユニフォミティと表現しています。

(2)剛性の均一性(以下ユニフォミティ)には、主に3つの力の変動力(フォースバリエーション(FV))が有ります。 測定方法はリム組したタイヤに一定の荷重を掛けて回転ドラムに押し当ててタイヤに発生する変動力を測定します。 詳しくはこちら(PDFです)

①ラジアルフォースバリエーション(RFV)
 タイヤの径方向の変動力 (主に振動の原因となります)

②ラテラルフォースバリエーション(LFV)
 タイヤの幅方向の変動力 (主に車体が左(右)に流れます)
 
③トラクティブフォースバリエーション(TFV)
 タイヤの接線方向の変動力(主にRFVと関係して振動の原因となります)

(3)ラテラルフォースバリエーション(LFV)は、主に次の2つの力(残留コーナーリングフォース(RCF))に分けられます。

①プライステア(プライステア残留コーナーリングフォース(PRCF))
 主にタイヤの骨格であるスチールベルトの向きや角度、トレッドパターンで発生します。特徴はタイヤを前後左右裏表に入れ替えても同一方向に流れます。 (回転方向により反転

②コニシティ(コニシティ残留コーナーリングフォース(CRCF))
 主にサイドウォールの剛性のアンバランスやベルトの位置ずれで発生します。特徴は左右をインアウト入れ替えずに付け替えると反対方向になります。 (回転方向に関わらず同一方向

プライステアとコニシティは力が作用する方向が逆の全くの別物ですので注意が必要です。これがごっちゃになると解決が難しくなります。

車両流れの場合すぐにアライメントに目が行きますが、アライメントも重要ですが、その前に車体に対してタイヤが正確に装着されているかが一番重要です。タイヤが正確に装着されていないと、アライメントはタイヤが回転する度に変化します。

プライステアを利用した右側通行用タイヤと左側通行用タイヤについてですが、ラジアルタイヤを作る上で構造上スチールベルトの向きを右上がりか左上がりかのどちらかしか選択肢が無く、どうせ流れるなら路面カント(傾斜)に合わせた方がましなのでそうなっていると個人的には考えています。現在では各メーカーはRCFはなるべく無くそうとしているようです。最近のブリヂストンの左右非対称サイドウォール等はコニシティを使用した物で理にかなっていると思います。(問題が多い某メーカーは、RCF低減の特許がらみで作りたくても作れないのが原因な気がします。。。)

ユニフォミティを念頭に置き、実際に車両が流れる場合の原因の推定方法ですが、平坦な道路を走行して流れ方を見ます。左に流れる場合、ステアリングは右に切った状態で直進するはずですが、手を離した場合でもほぼ問題なく直進する場合は、リアのトー(スラストアングル)かフロントのトーのセンターが出ていない場合が多いです。リアのトーが調整出来ない車両に多い症状です。(キャスター、キャンバーの左右差が10分以内程度でも同様な症状の場合が多いです) この場合はあまり問題が無い場合が多く、ハンドルセンターが気になる場合は右に切った状態でフロントのトーを調整します。
問題は、常に右に力を入れていないと直進しない場合です。この場合は、ユニフォミティ不良の可能性大です。キャスター、キャンバーの左右差を測定して、10分以内程度でしたら、フロントのタイヤをアウトインを変えずに左右入れ替えます。入れ替えて流れる方向が逆になればコニシティが原因です。流れる方向が変わらない場合はプライステアが原因と考えられます。次に片側ずつ前後に入れ替えて流れ方を見ます。入れ替えて流れ方が変化したタイヤが原因です。
特にプライステアが発生しているタイヤは偏摩耗します。左流れの場合は、常に右にステアリングを切るので、右前のタイヤはトーアウトに(内減り)左前のタイヤはトーイン(外減り)になり偏摩耗するので、タイヤの摩耗を見て判断することも可能です。
以上が大まかなトラブルシューティングとなりますが、プライステアが悪いタイヤを判断するのはかなり難しいです。バーデン自慢のGSP9700でもコニシティは測定出来ますが、プライステアは難しいようです。

有機物で出来た粘弾性体であるタイヤは、実際は想像以上にばらつきが大きいのが現実のようです。某タイヤメーカーに同一サイズの同一銘柄の重量の公差はどれぐらいですか?と質問した所、5%ですと回答されました。17インチタイヤで大体10kg程度ありますので、誤差は500g程度が許容範囲となります。いかにタイヤを均一に作る事が難しいかの事例だと思います。 ですので、同じ車両に同じタイヤでも症状が出たり出なかったりします。

車両と路面の唯一の接点であるタイヤは、非常に重要です。出来ましたら信頼性の高い物を正確に装着され、日常点検される事をお勧めします。タイヤは命を載せていますので。
(個人的な経験に基づいた考え方ですので、間違い等有りましたらご容赦ください。)



2012/3/20 回転方向について分かりにくいので変更

ブログ一覧 | ユニフォミティマッチング | 日記
Posted at 2012/03/05 19:52:45

イイね!0件



タグ

この記事へのコメント

2012/03/06 21:34:48
詳細をありがとうございました。
先日、問い合わせをさせていただいたのは、私です。

新車でかなりの左流れ。悲しいです。
当方大阪ですが、名神ですぐですし、愛知は大学時代に住んでいましたので、
土地は解ります。
いざとなったら、また宜しくお願いいたします。
三河に友人が多いので宣伝しときます^^

ブリジストンの「自動車タイヤの基礎と実際」という文献がネット上にありましたので、これも読みました。
しかし、タイヤの重量のバラつきって結構あるのですね。
おどろきました。
コメントへの返答
2012/03/07 08:56:52
コメントありがとうございます。

VW、アウディ、プジョーにお乗りのオーナー様から左流れと微振動の相談が多いです。

原因追求は難しいですが、改善されると良いですね。

ブリヂストンの本は、業界では有名です。ただやはり核心の部分は。。。。。

タイヤは思ったよりばらつきが大きいのは事実です。

 
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「12月は休みなしで営業しております! http://cvw.jp/b/606715/43515520/
何シテル?   12/04 17:37
愛知県安城市にあるカー用品店のカーランド バーデンです (⌒o⌒)v よろしくお願いします! 最近ではタイヤ・ホイールのバランス不良にお悩みの方の駆...

ハイタッチ!drive

ユーザー内検索

<< 2019/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

【千葉店限定】近日販売開始!New商品!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/14 06:37:09
トークショー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/14 06:36:46
オールシーズンタイヤ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/07/14 06:35:18

愛車一覧

ダイハツ コペン 3号機 Robeくん (ダイハツ コペン)
新型コペンも仲間に加わり、これで新旧コペン両方を中心としてカスタムやチューニングを皆さん ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
当店のデモカーです。 担当者の個人的な好みで仕上げてみました。 本当はカラーリングま ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
以前のデモカーです。 当時は、ノーマル+αのモデファイとオーディオ中心に制作致しました ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
足回りを中心にバージョンアップされており ストリートからサーキットまで幅広く対応できます ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.