• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

高山の(秋)山さんのブログ一覧

2017年07月09日 イイね!

R31スカイラインの輸出仕様色々…

R31スカイラインの輸出仕様色々…「スカイライン」というと、V35型から「インフィニティ」のブランドで海外で販売される様になったのは有名ですが、それ以前にもオーストラリアなどでも販売されていたのを知ってる人は案外少ないみたいです。


















ケンメリの頃には、「ダットサン240KGT」などと呼ばれていた国もありましたが、「ダットサン」のブランドを使わなくなると、海外でも「スカイライン」だとか、「スカイラインTI」、4気筒モデルになると差別化されて「ピンターラ」の名前で売ってた国もあるみたいですね。
































ただ、その「ピンターラ」という名前、スカイラインがR31型からR32型にチェンジすると、U12型ブルーバードを「ピンターラ」と呼んでた国もあるそうなんで、なんかややこしいw












また、右ハンドルだけでなく、左ハンドルの国にも輸出されていたそうで、輸出されていたボディタイプは4ドアハードトップ以外(4ドアセダン、ワゴン、クーペ)だったそうですね。



フロントマスクは日本仕様と同じのもあるし、変えられてるのもあるし、それに後期型では日本のクーペマスクを採用してる国もありました。







しかし、廉価モデルっぽい外装で「GTSX」と言われても…(苦笑)
Posted at 2017/07/09 23:03:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | スカイライン | 日記
2017年04月24日 イイね!

かんれき!!

かんれき!!本日、日産スカイラインが60歳となりました!!



















あ、画像は関係ないですw










・初代







・2代目





・3代目





・4代目





・5代目





・6代目





・7代目





・8代目





・9代目





・10代目






・11代目





・12代目





・13代目









…日本車でここまで続いたブランドはあとクラウンくらいかと思うので、これまで色々路線変更はあったり、酷評の嵐に晒された事もありましたが、末永く続いて欲しいものです。

Posted at 2017/04/24 17:36:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | スカイライン | 日記
2016年12月31日 イイね!

このクルマ、あくまでも「XVL」だったから…

このクルマ、あくまでも「XVL」だったから…V35型スカイラインについて書かれた記事を見つけました。






















…で、文中ではV35の事を「でぶ」なクルマと書いていますが…








それまでのR34と比べると、車高が10cmも高くなったから、「でぶ」に見えるかもしれません。







…でも、あくまでもV35は「XVL」という新しいコンセプトのクルマとして開発されていた事を忘れてはならないんですよね… たまたまそれを「新しいスカイライン」像として重ねた結果、「V35型スカイライン」になっただけであって…









また、コンセプトも初代ALSI型のプレミアムな方向に戻ったと考えるのが自然かもしれません。








現行のV37型では全長も伸びてるのもあって、「でぶ」な感じは薄くなってると思いますが、それでもV35の頃と比べ、値段も大幅にアップしてるから(V35の安いグレードで約250万円、V37の安いグレードで約400万円)、高くなりすぎた感じですね。









V35に話を戻すと、当時、クーペの350GT・6MT車に試乗した事があったんですけど、3.5リッターという大排気量、そして6MTが組み合わされているから、その走りに圧倒されましたね~ バイパスでも6速までは使わない程でしたw


ただ、大排気量のトルクに任せて走るというのはV35のメイン市場であったアメリカ的だなとは感じましたが…


惜しかったのは初代フーガでも採用されて当時流行になりつつあった19インチタイヤを履いてた事で、足回りは「フラットライド」コンセプトで開発されただけあり、ロードホールディングも高いし、しなやかだと思ったのですが、19インチタイヤのゴツゴツ感によりバネ下重量が増えた感じで、そのメリットが帳消しになってたと思いました。





そういう意味では走りを楽しめるクルマというポジションはV35でも変わってないと思いましたね。その「走り」へのアプローチの方法が直6エンジンであるかV6エンジンであるかという違いはありますが…







Posted at 2016/12/31 07:29:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | スカイライン | 日記
2016年11月08日 イイね!

スカイラインが来年還暦か…

スカイラインが来年還暦か…日産はスカイラインの一部改良を実施し、合わせてスカイラインの誕生60周年を記念する期間限定車「60th Limited」を発売しました(2017年9月30日まで受注を行なう「60th Limited」の価格は496万3680円~609万1200円)。














今回の改良ではR34型GT-R Vスペックで採用されたボディカラー「ベイサイドブルー」のイメージをヘリテージカラーとして受け継いだ特別なボディカラー「オーロラフレアブルーパール(2P)」をラインアップに追加し、「BOSE Performance Seriesサウンドシステム」を国産車で初めてオプション設定したのが特徴です。









また、期間限定車の60th Limitedは、350GT HYBRID Type SP、350GT FOUR HYBRID Type SP、200GT-t Type SPをそれぞれベースとして、全席で従来品より柔らかい本革表皮にセミアニリン加工を施した高級本革シートを導入し、特にフロントシートはホールド性を高めたスポーツシート形状を採用、また、内装材のトリム類に木目の風合いをそのまま生かす塗装仕上げを用いたオープンポアウッドを使って高級感を演出しています。













…スカイラインも来年で60年ですか… 早いですね~





・1st




・2nd




・3rd




・4th




・5th




・6th



・7th




・8th




・9th




・10th




・11th




・12th




・13th







また、マイチェンされた現行モデルでR34GT-Rっぽいボディカラーが追加されたという事は、スカイラインファンを裏切ったかに見えた現行モデルでも、ちゃんとヘリテージを大事にしてる証拠なのかと…


でも、あとひと息って感じなんですけどね…
Posted at 2016/11/08 19:38:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | スカイライン | 日記

プロフィール

「『ミュージックステーションウルトラFES』に『うっちー』こと、内田彩さんが『けものフレンズ』で出てた!!

Mステに出るのはμ’s以来2度目か♪

何シテル?   09/18 13:39
カリーナGT(AT210前期型)の痛車に乗っております(現在はマグステ)。 プラモデルも気が向いた時に作っています。 ミニカーを1990年頃から22...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

神山高校応援部 
カテゴリ:氷菓関連
2013/04/06 17:04:19
 
神山高校文化祭 
カテゴリ:氷菓関連
2012/11/17 21:00:58
 
My GarageのMyブログ 
カテゴリ:自動車整備関連
2012/11/14 21:41:09
 

お友達

出来れば趣味の合う方のみで、数稼ぎ目的な人はご遠慮頂いています。誠に勝手ですが、何度か足あとやイイね、コメントなどを頂いている方だけお願いします。

また登録させて頂いた方全員の巡回も難しい状態でイイねやコメントを書くのもまちまちになってしまいますのでご了承下さい。
303 人のお友達がいます
ビバーチェビバーチェ * 阿部ネーノ阿部ネーノ *
ひだまりんひだまりん * もちょもちょ *
コル注コル注 * 奈丸奈丸 *

ファン

224 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カリーナ トヨタ カリーナ
カリーナGTでは少ない痛車です(主にマグステによるけいおん!とCLANNAD仕様ですが普 ...
スズキ エブリイ スズキ エブリイ
PAベースの岐阜県限定車(パワーウィンドー、CDステレオ、プライバシーガラス付き)
ダイハツ ムーヴ ダイハツ ムーヴ
大学を卒業して初めて購入したクルマです。 NA・5MTでしたが、車重が重くて峠道はツラか ...
トヨタ RAV4 J トヨタ RAV4 J
父の所有のクルマでした(旧豊郷小学校にて)。 しかも稀少な5MT車。 今後は義兄に譲 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.