• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ほたる.のブログ一覧

2018年12月11日 イイね!

photos of works…

photos of works…こんばんは。


月刊カートピア12月号でも、取材と撮影を担当させていただいた記事が掲載されております。





今回撮影させていただいた際に感じた事を少し…


このお店はコーヒーのプロ中のプロなオーナーが自家焙煎で、かつシングルオリジンのスペシャリティコーヒーを提供しています。


しかし、オーナーは…

「おすすめはスイーツです」

「スイーツを決めていただいてから、構わなければそのスイーツに合うコーヒーを提案させて下さい」

と言うのです。


実際に提供されたケーキとコーヒーを口に運ぶと、両者共々ずば抜けたレベルなのですが、個のレベルが高いにも関わらず、それぞれ過度な主張はなく互いが互いを引き立て、高めあっているように感じました。


オーナーの控えめな言葉や、見た目はシンプルなケーキとコーヒーが実際に口に運んだ時の美味しさ、調和し引き立て合う関係性は写真を撮る人間としても大変学ぶことは多かったです。


映えの意識や、過度の表現をしなくてもシンプルな物を突き詰めていけば響く。そんな事を教えられた気がしました。





SNSが写真のメインステージとなりつつある今日。

映えや、埋もれないために表現がエスカレートしているように感じます。

被写体やそれにまつわる記憶を綺麗に遺したい、と言う事が写真の前提であるならば、それを個人の個性で残す事は自由だと思いますが、注目されるために、本来は綺麗に残したいはずだった被写体に自己表現を押し付けすぎて元がなんだか分からないくらいになってしまっている写真や人で溢れていると感じます。

作品ならば否定はしませんが、写真なのか、と言うと境界は越えているのかなと。

自分は、このコーヒーやケーキとの様に、被写体と撮り手を引き立てあえる写真を撮れるようになれたら…
そしてそれらを遺していきたい。

取材にご協力頂くばかりか、そんな事を改めて示して頂いた気がしました。






さて、写真の方はと言うと…

オーナーさん達が試作、改良を積み重ねて提供されるチーズケーキ。

外はかりっとするまで焼いてあるのに中はレアという、バスクチーズケーキと言うものになります。

オーナーさん拘りのケーキですから、その質感を重視して撮ってみました。





まずは全体の雰囲気を決める光の向きは、逆光、半逆光になる席をチョイス。

その上で、中のレアな部分の照りと言うかしずる感を強調するためにレフ坂を用いてケーキ断面に光を導きました。

あまり強く当てると違和感が出るで小さい物で反射が弱い色をチョイス。





先月もそうでしたが、露出は自分の感覚でしっかり決める反面、色味(ホワイトバランス)は紙に刷ってみないと解らないので自分がいいと思った色味で撮りはしますが、刷ってみて色公正任せと言った感じです。

モニターの場合は色味や明るさは見られる皆さんの機器でバラバラですし。
色温度計なんて高いし、それに見合うようなモニターも高いし(^^;←オイ


刷り上がった記事を知人達に見せると大体第一声が、「このチーズケーキ中がレアで美味しそう!」などと感想を頂いたので、表現したかった事に目が向いてくれるようで良かったのかなと思います。


全体的な表現はまだまだなのですけど。














ありがたい事に先月の記事に書かせて頂いたお店からは、「カートピア」を持参して訪ねられた方がいらっしゃったとご連絡を頂きました。


自分の写真が誰かのドライブの切っ掛けになったのか…と思うと、楽しかったかな?とか、ご夫婦だとうかがったので、そんな時間はたまの2人の素敵な時間になったのかな…などと少し心配な反面、嬉しくなりました。

お店の方から話を伺って感じた事を表現出来る写真を撮りたいとシャッターをきった事が、誰か一人でも響いたならそれでいい。

なんて、言ったら仕事で撮った者として失格なんだろうけど、僕はたまらなく嬉しいんです。


fin.
Posted at 2018/12/11 22:28:04 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年12月07日 イイね!

最近の写真たち

最近はと言うと、ありがたい事に店舗の撮影なんかを仰せつかったりしてバタバタしておりますが、その間でも近所ではありますが、ポツポツ自分のスタイルである隙間時間スナップは続けています。


そんな写真たちを。


先ずは何気なく通りかかった神社の細やかな秋を。













秋の高い空を飛ぶ。




木工作家さんの個展が知り合いのカフェで開かれていたので訪問してみたり。





モノヅクリをされるかたってかっこいいなぁって思います。







たまには、二人で出掛けてみたり。





撮影は人が少ない早い時間がいいけど、日の高い日中は差し込む光で、まるでステンドグラスのような美しい紅葉が見られました。







ドライブがてら帰り道の夕日に足を止めてみたり。










散歩がてら近所のアンティークショップを訪れてみたら、本場ヨーロッパの小物たちがならび、おしゃれだったり。






実はこれらも先のブログの様に、すべて換算50㎜のド標準なレンズにて撮影したもの。


実は同じ焦点距離で、カメラ誌のレンズテストでも一位になった事がある優等生なレンズを手放して、機能は劣れど描写は神と名高いレンズに入れ換えました。


機能は落ちてでも描写が欲しかったので入れ替えましたが、その繊細な描写にはまり最近こればかりです。


レンズの様に自分の写真も、解像だのピントだの、優等生的な写真だったり記録写真的な物より少し突出した訴えかけるようなものになったらいいんだけど。

それには撮ると決めた日に撮るだけでなく、日々移り行く感情と共に撮り続ける他無いのかも知れませんね。


fin.
Posted at 2018/12/07 22:46:55 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年11月29日 イイね!

秋深まる山寺へ。

前回のブログの翌週も朝活で、長野市の清水寺(セイスイジ)へ紅葉を撮りに行って来ました。


今回はてつげたさんの方からお誘い頂きまたご一緒する事が出来ました。


てつげたさんの下見のお陰もありベストタイミング。


素晴らしい紅葉の回廊が迎えてくれました。


















ここまでのカットは全て換算50㎜のいわゆる標準レンズと言われる単焦点レンズで撮ったもの。


好きな焦点距離の1つなので、あえて一本で撮ってみました。


好きだからなんとかするのか、なんとかなるから好きなのか…まぁ、どちらにせよなんとかなるもんですね。


そして、富士機ですから撮って出しの無加工です。


単焦点だから自分の足で構図を探る。
現像しないから現場で詰める。


そうすることで丁寧に写真を撮っている時間そのものが無心になれ心地がよかったりします。




残りのカットは持ち合わせていた望遠レンズにて。














圧縮感やボケと言う画質的な物の他に、断片的な切り取りから生まれる物語性も魅力なのかなと思います。



ゴールデンの番組にも取り上げられ、混雑が心配されましたが、比較的ゆっくり撮影や景色を楽しむことが出来ました。


タイミングや天候、光もベストで写真の方も勿論良かった訳ですが、誰かと共有した景色や光景と言うものは永く忘れないものなんだろうなぁと、朝日に輝く紅葉を見ながら感じました。





てつげたさん、お誘い頂きありがとうございました。


fin.
Posted at 2018/11/29 23:46:03 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年11月26日 イイね!

秋を迎えた寺の街を朝散歩

こんばんは。


11月初めの日曜日の朝、この場で知り合った友達のてつげたさんとお写真を撮りに飯山市を散歩してきました。




先ずは称念寺。


少し早かったものの、流石は雪国の小京都と言われるだけあり相変わらず美しい庭園でした。
















続いて、近くの正受庵。


寺尾聰さんや樋口可南子さん出演の映画、『阿弥陀堂だより』のロケ地である静かな山寺です。


苔むす茅葺き屋根と周囲の紅葉が非常に美しかったです。








『お茶でもいかがですか』
と近所のおかあさん方にお声がけ頂き庵の縁側で待っていると、なんとお抹茶をたてていただきました!(゚∀゚;)





まだ人がまばらな静かな山寺の縁側に腰掛け抹茶を頂く静かで至極のひとときでした。





寒い朝だからと言う訳ではなく、日本人のもてなす心遣いに大変温まることが出来ました。





その後はいくつかポイントをまわってみるもまだ少し紅葉には早いようだったので、飯山市が誇る名パティスリーで秋らしいスイーツを食べて帰ってきました。

…男二人でww





紅葉には少し早く撮れ高は少なかったものの静かな朝の時間、思いがけない温かなおもてなしや、友人との話も弾んで素敵な朝散歩になりました。

てつげたさん、早朝よりありがとうございました。

Posted at 2018/11/26 22:14:15 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年11月25日 イイね!

秋の夜に響く祭囃子 ~川越まつりへ~

こんばんは。


もう一月前になってしまいますが、川越祭りに行ってきました。


の、前に大宮駅で撮り鉄してきましたw










さて本題。

関東三大祭りに数えられる川越祭り。

二日間でのべ80万人近い人出なんだとか。

幸いにも?偶然にも?駐車場にはスムーズに入ることができたのでのんびり昼夜見物することが出来ました。












昼夜見物で半日以上時間があくので一杯。


菓子屋横丁のスナップも人間味あって面白い。












川越のランドマーク『時の鐘』のすぐお隣のスタバはそんな降る街並みに溶け込むおしゃれモダン。


























昼間は山車や歩行者天国となった川越の市街地をスナップ的な感覚でブラブラ散歩し、夜は祭りのメインイベント的な「曳っかわせ」(山車同士がすれ違う際に囃し立て合う競演の事)が起きそうな場所を中心に祭りの雰囲気を楽しみました。


ものすごい混雑でしたが、秋晴れの古い街並みに響く祭囃子が心地好く、日本の伝統文化の良さを感じられたひとときでした。


fin.
Posted at 2018/11/25 21:27:07 | コメント(0) | トラックバック(0)

プロフィール

「@Muro.SJ5B 改 さん、こんばんは。
ニラたっぷりなあんかけ炒飯にキムチが添えられた感じです。
ここはチャーシューが美味しいんですが炒飯にもふんだんに使われていて大満足!

ネーミングはベトナム炒飯…由来は何となくだそうですw
そゆ面白いお店ですw」
何シテル?   12/15 21:49
ほたる.です。 過去にはシルビアでサーキットを走ったりしておりました。 今はクルマとの向き合いかたにも変化があらわれ、車いじりはそこそこに?相棒のフ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

緑響く。2018新緑 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/06/08 20:43:26
se souvenir de 2012・・・vol.2 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/25 23:38:25

お友達

blog等で趣味が合いそうだと思った方はお誘い頂ければ幸いですが、何らかの絡みをもってからのお誘いがうれしいです。

一定期間何らかの絡みを持たない方(特に相手側からお誘いいただいたにも関わらずな方)はお友達を解消させていただきますがご容赦ください。
45 人のお友達がいます
to☆moto☆mo * フーテンの流れ星フーテンの流れ星 *
たんたん。たんたん。 katsuuu!katsuuu!
SJG-U2SJG-U2 ミスラルミスラル

ファン

175 人のファンがいます

愛車一覧

スバル フォレスター スバル フォレスター
リギリA型なSJG。 ECUや足まわりなど要点をしぼってカスタムし、順正+αなシンプル ...
日産 シルビア 日産 シルビア
初めての愛車のS15です。 通勤、峠にサーキット、旅行まで色々な思い出が詰まったクルマで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.