• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロボ部長のブログ一覧

2018年07月14日 イイね!

私の好きな“シュペールな”一台と

私の好きな“シュペールな”一台とルノー5は今もファンが多い名車だと思いますが、特に二代目の「シュペール・サンク」は私も大好きなクルマです。巨匠マルチェロ・ガンディーニの力量とルノーのセンスが融合された珠玉の一台ですよね!
例によってスタンダート・廉価版びいきの私としては、Turboとかでない、こんなにベーシックで素なSuper 5ーしかも顔つきがよりプレーンな初期型!ーがいまなお元気に走っているとはただただ感動です。それが自宅の近所なのだからもうなおさら・・先日のフレフレ幕張だってもうスタンダードのSuper 5には会えなかったですもん。

「ちょっと懐かしいヨーロッパのごく一般的な小型車のツーショット」そんな気分で、強い日差しを浴びながらフィエスタとの並びを撮影していたら、ちょうどオーナーさんがいらっしゃってお話しができました(こういうふうに撮影中にオーナーの方とちょうどお会いできることって案外多く、ほとんどの場合、オーナーの皆さんは快く撮影やブログアップを許してくださるので本当にありがたいです)。まだまだ元気に走れるけれど、エアコンが今日みたいな日だとほとんど効かないのが大変とか。なるほど確かに、オーナーさんの首元にはしっかりタオルが・・(^^;
Posted at 2018/07/14 13:19:11 | コメント(2) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2018年07月09日 イイね!

「調和」より大事に思えること

「調和」より大事に思えること人も、ものごとも、社会も、いろいろな姿かたちが共存できているのがまずは大事であるように思えます。無理に「調和」ー「調合」「和合」させるより、あらゆる存在がともかく一緒にあることで、どうにかまとまった状況が形成されること、それが極端な不協和音を発することなく、多少の凸凹はあっても、結果として一定程度の均衡が保たれているなら、それでよいのではないか。

そんなことを想うたび、見たくなるフォードが三代目フォーカスの初期型です。だから今日も見てきました。このフォーカスのフロントはとにかく「非予定調和」なディテールの集合体だと感じています。
水平基調のスリムなセンターグリル開口部に対して、極端なコントラストを誇張するかのようにロー&ワイドなロワーグリル。特にその左右両側は、開口部のない、言ってみれば機能を担わないダミーゾーンに過ぎません。なのに、あえてボディパネルカラーのバーで明確に分割させたうえで、「黒い三角形」としての存在感を主張しています。
ヘッドランプの輪郭線も、かつての初代や二代目初期形のフォーカスのように、均一な規則性に基づく素直なラインでなく、一度見ただけではその軌跡を到底トレースできない、実に複雑なラインとなっています。素直な水平線を抱くセンターグリルに隣接するにはあまりにも奔放なラインであって、双方が調和を目指したとは到底考えられません。

こうした異なった造形要素を備えた複数のディテールが、フォーカスのフロントに集積されることによって、このフォーカスならではの力感というか、エネルギーに満ちた表情を醸すことに成功しています。このあとでMCを受けたフォーカスは、最新のフォードのデザインテーマであるワングローバルデザインに則って、ヘッドランプやグリルなど各々のディテールがきれいな調和を保ち、格段にスマートになりました。その分、前に出てくるかのような「強さ」や「動感」は明らかに弱まりました。言ってみれば洗練された分、カドが取れて丸くなったのですね。

なんでもフォードにこじつけるのはこっけいでも、この不均一で、決して容易には統御できない要素に満ちた日常が、それでもバランスを維持できて、そこから輝きを放てるのならば、それが何よりだと想うのです。
Posted at 2018/07/09 23:11:10 | コメント(1) | トラックバック(0) | Focus | クルマ
2018年07月08日 イイね!

紅いステアリングはハイパフォーマーの証

紅いステアリングはハイパフォーマーの証強い日差しの下で凄みを漂わせるブラック&ホワイトストライプの窓越しに、紅いステアリングホイールが見えれば、それはパフォーマンス・パッケージ。国内正規車としてS197マスタングで段階的に限定で販売されたMTモデルです。ただMTなだけでなく、紅くコーディネートされた専用ステアリングとシート、大径タイヤやブレンボ、タワーバーなど数々の特別装備が施されているのも魅力。この写真の個体はおそらくMTが6速に移行された最初のモデルで、このあと「シェルビーフェイス」にMCされる前としては最後のパフォーマンス・パッケージだと思います。シェルビーフェイスになってからはパフォーマンス・パッケージのシートはブラックのレカロが標準になったので、紅いステアリングホイールとシートはこのモデルまでで、それがますますスペシャリティな感じを高めていますね。
室内をのぞかせてもらったら、6速のシフトパターンが彫り込まれたアルミのシフトボールが輝いていました。それにしても、今日みたいな日だと、このボールはアツアツでちょっと素手では触れないんじゃないかと?

こちらのパフォーマンス・パッケージは広島ナンバーでした。広島はじめ、特に西日本在住でふだんみんカラでご一緒させてもらっている皆様は、このたびの豪雨災禍の影響などいかがでしょうか?皆様のともかくのご無事をお祈り申し上げます。

Posted at 2018/07/08 17:10:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | Mustang | クルマ
2018年06月30日 イイね!

フォードのことを動物に例えたなら?

フォードのことを動物に例えたなら?買い物に行った先で見かけたフォーカスの車内に、ライオンのぬいぐるみが置かれていました。写真の真ん中から少し上あたり、IP上にぺたっとしています。まるで今日の暑さに伸びてるみたい(^^)これを見てとっさに思ったのが、ライオンといえばプジョーで、プジョーオーナーさんには車内にライオンのぬいぐるみを置いている方がよくいらっしゃいますよね。

プジョーのようにロゴに動物があしらわれているカーブランドはけっこうあります。フェラーリの跳ね馬やランボルギーニのファイティングブルなど代表的で、他にも、アルファロメオならミラノ市章の緑のヘビがシンボルになっています。そう考えるとイタリアに多いな、アバルトもサソリですし。
最近ではブランド自体は全然動物とつながっていないのに、ボルボが北欧のエルクのぬいぐるみをキャラクターグッズにしていたりと、動物を使うことはブランドに対する親しみや愛着を増させるのに有効な方策ですね。

では、もしフォードが動物をロゴにしていたなら、ブランドのキャラクターにしていたなら、一体どんな動物がふさわしいでしょうか?
フォードって地味だけど黙々とよく働く農耕馬みたいな存在だから馬かな・・いや、馬はすでにマスタングのシンボルだから使えません。
ちょっとお高くとまったブランドにしばしば使われる、鷹のような大型鳥的な威厳が感じられる動物は、フォードのキャラクターに似合わない。やはり、家族の忠実な一員として仕える犬がいちばんフォードらしいのかも。そういえば、犬がシンボルにあしらわれたカーブランドって他にあまりない気がします。

・・・などと考えてみたら、フォードには動物ではないけど、若干正体不明?なキモカワイイFoMoCoちゃんがすでにいましたね!
Posted at 2018/06/30 20:44:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | Ford | クルマ
2018年06月23日 イイね!

UKのフォード愛を感じる洋書・・Ford Design in the UK

UKのフォード愛を感じる洋書・・Ford Design in the UKこれはもう私にとって夢のような一冊!イギリス・ダントンにあるFord of Europeのデザインスタジオの、70年におよぶ活動を取り上げた書籍を入手しました。→追記:一部訂正します。書籍のメインテーマはイギリスにおけるフォードのデザイン活動の70周年であり、ダントンのスタジオ自体は開設から50年です。
ダントンでのデザインワークは、かつてヨーロッパにおけるフォードがイギリスフォードとドイツフォードに分かれていた頃に活動の端を発していて、双方が一体化した後にイギリス主導の開発車両のデザインを手がけ、近年ではおもにインテリアデザインを主体に(エクステリアデザインはドイツのメルケニヒスタジオがメイン)、トランジットなどの商用車デザインもおもにダントンが担っています。

この書籍には私もいままで見たことのない写真やスケッチが多数なのが、とにかくご機嫌です♪たとえば1990年代の、最初のフォーカス開発中のスケッチやモデルなどは特に興味ぶかく見ることができました。あの独特のインテリアも、デザイナーが走らせたインスピレーションに富んだスケッチのラインが起点にあったことがよくわかります。



そしてそして、本書を通じてこれまでベールに包まれていた我が六代目フィエスタのデザインヒストリーも明らかになりました!開発当初はメルケニヒが二代目モンデオとフォーカスのプロジェクトで手一杯だったので、エクステリアを含めてダントン主体のプロジェクトだった、当時のホンダの小型車(たぶん初代フィットのこと)のようにMPV的な印象にならないことを意図した、3ドアが5ドアよりリアピラーの角度を寝かせてスポーティーさを強調したのは、日本のコンパクトカーの先例に習った・・・などなど、知らなかったことばかりです。ともかく、六代目フィエスタはイギリスの空の下でデザインが進められたのですね。六代目の、当時のアウディ調に秩序だったデザインはドイツ主導で進められたに違いないと思い込んでいたので、これは新鮮な驚きでした。


さらに、カーデザインに関心がある方なら、パトリック・ルケモン、イアン・カラム、マーク・アダムス・・世界のカーデザインの歴史を築いてきたビッグネームの数々がフォードのスタジオを経ていることを知り、そのクリエイティブ・シンクタンクとしての歩みの重要さも実感できるのではないでしょうか。

そもそも欧米を問わず、フォードのデザインの歴史を真正面から取り上げた媒体はほとんどありませんから、これが実に貴重な資料であることは間違いありません。
イギリスの出版物には、こうした彼の地におけるフォードをテーマとしたものがこれまでにも少なくなく、ある意味でフォードに対して国民車的な愛着を寄せる人が多いことを物語っています。

Ford Design in the UK - 70 years of success
Veloce Publishing Ltd.
ISBN: 9781845849863


Posted at 2018/06/23 11:49:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | Ford | クルマ

プロフィール

「私の好きな“シュペールな”一台と http://cvw.jp/b/665682/41718979/
何シテル?   07/14 13:19
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.