• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロボ部長のブログ一覧

2018年10月18日 イイね!

1/76に凝縮された機能美

1/76に凝縮された機能美先日目にしたVWパサート・セダン、そのあまりに質実で虚飾のない潔い姿に、久しく忘れかけていたインダストリアルデザインの真髄を見せつけられた思いがしました。個人的な好き嫌いという他愛のないレベルで言うなら、私が好きなクルマの造形テイストはまさにこのパサートの頃、90年代中盤から2000年代初頭にかけてのもので、フォードだとニューエッジ・デザイン期が今なおもっともしっくりと来ます。

しかし、ちょうどこの20年くらいの間で自動車をめぐるさまざまな状況がかつてないほど変化したことを顧みれば、その造形の傾向も大きく変化して当然です。特に個人向けの乗用車は新しい市場への進出に挑まなければならない以上、貪欲にその形を改めてながらユーザーへのアピールに務めるのは必然かもしれません。

その一方で、私がちょっと疑問に感じているが、LCVと称されるバン系のビジネストランスポーターまでもが、近年では過剰な造形をまとう傾向にある点です。フォードでいえば最新のトランジットシリーズなど、実車を見たこともありますが、どうにもオーバースタイリングな印象が拭えません。本来、LCVなどは高い効率と安全性・信頼性のもとで人と物資を快適に運べることが何よりも求められ、造形の遊びが本来の用途性を阻害するようなことは本末顛倒です。しかし近年のトランジットも、フォードの乗用車系とのスタイリングテーマの共有を過剰に意識してか、内外の造形は相当に手が込んでいて、どう見てもバン本来の機能のためというより、「スタイリングのためのスタイリング」に陥っている気がしてならないのです。LCVは限りなくハコに近い成り立ちの中で、最大限に機能性を追求することで、道具としての本質的な美しさが備わるのではないでしょうか?

そんなことを考えたのも、昨日仕事の合間にちょろっと寄った銀座のアイアイアド・カンパニーで、こんな可愛らしいトランジット・コネクトのミニカーにめぐりあったから。オックスフォードの1/76スケールで、特価200円!という泣けてきそうな(T_T)代物ですが、ニューエッジの流れを汲むこのトラ•コネ特有のコンパクトなサイズ感や、プレーンなボディパネル、ディテール処理のクリーンさなどが的確にスケールダウンされていて無性に嬉しくなったモデルです。
Posted at 2018/10/18 00:52:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | Transit | クルマ
2018年10月13日 イイね!

「動」は「静」から生まれる

「動」は「静」から生まれる先日と同じ近隣の郵便局の駐車場、クーガのお隣がちょうど空いていたのでパークイン。この初代クーガが日本市場に入ってきたときの高揚感はいまでもよく覚えています。確か2010年でした。FJLが2007年に欧州フォード車の輸入をいったんストップして以来、久方ぶりのヨーロッパ系モデルということで、Autocar誌とのタイアップで全国ディーラーキャラバンを実施したりと、我々ファンの気分を盛り上げてくれたものです。実際に、市場での人気が定着してきたクロスオーバーで、日本で扱うのにちゅうちょしないサイズ・強力な動力性能も相まって、わりとよく受け入れられたモデルだったように思います。

「ニューエッジ」から「キネティック」へと移行したデザインの表情は、当時はずいぶんと変貌したものに感じられましたが、いま改めて自分のフィエスタと並べてみて、決してまったく別なものへと様変わりした「断絶」ではなく、各部の造形要素をよりダイナミック、動的=Kineticな方向へと拡張させることでもたらされた「跳躍」の成果であったことが実感できます。ニューエッジのフィエスタでも、実は各部にダイナミックな造形が施されていますが(張り出したフェンダーアーチなど相当なものです)、全体形状としては幾何学的な調和に落とし込まれていました。それをキネティックは、見る者の感覚を掻き立てる、あえて調和を狙わない造形へと跳ねたのですね。
それにしても、キネティック・デザインにおける重要な造形ポイントのひとつであった台形ロワーグリルの印象は、いまなお相当強烈です。
Posted at 2018/10/13 19:14:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | Kuga | クルマ
2018年10月09日 イイね!

そのクルマは白と黒だけでできている

そのクルマは白と黒だけでできている日本では特に長いモデル寿命を誇った初代エスケープ。その初期のモデルは、アメリカだけでなくヨーロッパでもマーヴェリックとして販売されただけあり、どこかしらヨーロッパ的な合理指向を感じさせます。フロントグリル部までをカバーする大柄のワンピースブラックバンパーもそのひとつ。おそらく無塗装仕上げだと思うのですが(実は似たような構成のKaのバンパーが、日本仕様では無塗装の黒樹脂でなく、白い樹脂を黒く塗装していたため、もしかするとエスケープも塗装パーツの可能性もなきにしもあらずで断言ができません)、機能的なSUVとして理に適ったインダストリアルデザインでした。
この白いボディとブラックバンパーの組み合わせは、実はこれまであまり見た記憶がありません。ホワイトペイントだと、ビレット(横桟)グリルの特別仕様車はありましたが、スタンダードグリルとのマッチングは初期エスケープの実用ツール的ムードをさらに高めています。まるで白と黒しか色が使われていないかのような、旧東欧圏のメーカー-ダチアとか-の車のような、いい意味での素朴さ・飾らなさがある。
Posted at 2018/10/09 23:13:15 | コメント(4) | トラックバック(0) | Escape | クルマ
2018年10月07日 イイね!

「水洗いくらい」な関係

「水洗いくらい」な関係昨日はフィエスタで近所の郵便局へ出向きました。その往き帰りに、複数の洗車場とガソリンスタンド脇を通過した際、どちらも洗車待ちの車が長い行列を作っていました。台風24号の通過後はじめての週末であった昨日は、おそらく台風の影響で汚れた車を洗おうという方が多かったのだと思います。自宅の近所でも洗車をしている人を何人も見ました。
先の台風は久しく経験がないほどの強烈な風で、我が家でも敷地の前面に植えられた木々の葉が、塩水混じりの強風を受けてほぼ全部茶色く変色し枯れてしまいました。ニュースでもご存知の通り、同じ千葉県内ではやはり塩水を含んだ風の影響で、鉄道の架線からの発火が相次ぎ運休するほどでした。そんな状況だったこともあり、フィエスタも台風の翌朝は車全体がベロベロのひどい有様だったのを、出勤前に急ぎ水洗いしました。

みんカラで同世代の欧州フォード車に不具合が出ていたり、維持のコストが跳ね上がったり、といった話題に触れると、自分のフィエスタが健康体で、特に気をつかわされたり、過度にお金を投じなければならない状態でないことがありがたく感じられます。いつも走らせたいときに元気に動いてくれています。
これまで何度もブログで言及してきたように、私のフィエスタは半年ごとの定期点検は欠かしていませんが、それ以外に特別なケアは行っていません。典型的なサンデードライバーゆえその程度の扱いで済んでいるのかもしれないし、もしかすると徹底的に車の状態を調べれば、大きなトラブルの芽が潜んでいるのを気づかずにいるだけなのかもしれない。しかし、14年経過だからといって、あまり過敏にならないように心がけています。

そんなだから、昨日撮影したこの写真も拡大すると、ロワーグリル部の右側に細かいクモの巣が張られているのがそのままなのがわかるかもしれません(クモは水洗いなんかにはめげません、すぐに張り直されます)。そのあたりからチンのラバープロテクターにかけては、お隣の猫がしょっちょうオシッコをひっかていくマーキングポイントになっています(・・・>_<)。しかし特に対策はせず黙認。
こんなラフな態度で、私はこれまでも何台かのフォードと付き合ってきました。それで不具合に悩まされたことはなかったし、そのくらいの温度感で付き合うのがフォードには合っていると、経験則で思っています。
Posted at 2018/10/07 12:57:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ
2018年10月03日 イイね!

都心で抱くささやかな夢

都心で抱くささやかな夢時々、東京都心の路上で出会える私のとまったく同一のフィエスタに、今日は職場があるビルの駐車場でご対面です。今を遡ること一年半くらい前、一番最初に出会ったのもこの駐車場でした。私も時々、ここの駐車場を自分のフィエスタで使うこともあるのですが、今日はそうではなく、たまたま仕事の関係者の車を見送りに行ったタイミングで偶然会うことができました。やはりなかなかうまい具合にツーショットを決めこむことはできないですね。けれどいつか必ずこの場で果たしたい!

実は、オフ会などでもアクエリアスのGhiaとご一緒したことは一度もないので、これはささやかな夢でもあります。ぜひこちらのオーナー様には、我が夢のツーショットが叶うまで元気に乗り続けていただきたいです。
Posted at 2018/10/03 23:15:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | Fiesta | クルマ

プロフィール

「1/76に凝縮された機能美 http://cvw.jp/b/665682/42075471/
何シテル?   10/18 00:52
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

58 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.