• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ロボ部長のブログ一覧

2010年02月28日 イイね!

「NAVI」の栃木県警マスタング・マッハ1

「NAVI」の栃木県警マスタング・マッハ1雑誌「NAVI」4月号に、かつて栃木県警で使われていたマスタング・マッハ1のハイウェイパトカーの記事が出ています。

私はこの実車は見たことがなく、小さい頃、自動車図鑑だったかに写真が載っていたのを記憶していただけでした。今も往時の姿のまま、鹿沼の運転免許センターに展示されているそうです。なかなか栃木県警も粋なはからいをしますね。いずれ同県警のNS-Xパトもマスタングの隣りに並ぶのでしょうか?
記事では、東北道開通を契機に地元農協から寄贈されたといったエピソードが綴られていて興味が沸きました。ポニーの代わりに金の桜の紋章を付けた白黒マスタングを、いつか鹿沼に見に行ってみたいです。

ところで、「NAVI」はこの4月号で休刊です。近年の右往左往ぶりを思えば自然な流れなのでしょう。かつて、クルマを表現する言語の幅を拡げた点で、「NAVI」は明らかにパイオニアでした。しかし、ページの色が増えるに伴い当初の志は色を失ったと感じます。
この号の対談で、創刊直後に編集に携わった評論家の武田徹さんが「自動車雑誌には結局、動詞が『乗る』と『買う』しかなかったんだよね」と述べています。それは「NAVI」創刊当時のメディアの状況を指しているのかもしれませんが、私はいまの状況でもあるように思えてなりません。
やはりこの号で、初代編集長にして「NAVI」生みの親である大川悠さんは「今こそ新しい時代のNAVIが作れるはずなんだ」と述べています。世の中のクルマに対する意識が大きく変わっているいま、クルマの新しいあり方を表現する新しいことばを見つけていくことは、大変だけれども刺激的であるように思います。

Posted at 2010/02/28 11:18:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | Mustang | クルマ
2010年02月24日 イイね!

今日のブルーオーバル・・フォーカスセダン

今日のブルーオーバル・・フォーカスセダンかねてからその存在を聞いていた一台に、ついに遭遇しました!
またもや朝の通勤途中、しかも曲者の外交官ナンバーです(笑

セダンLX。おそらく、以前にじゅ~しぃ~さんがブログで紹介していたものと同じ個体と思われます。であれば、オーストラリア出身でしょうか。確かに右ハンドルですね。

興奮を抑えてしげしげ眺めてみると、同じフォーカスセダンなのにあまりにも印象が異なることを痛感しました。バンパーのエッジが立ち、グリルがクロスパターンを描くだけで、本来のフォーカスらしいシャープさが際立ちます。
それに比べて我が北米SEは、中にフトンでも入っているかのようなもっさりしたバンパーと、繊細さにはほど遠い横フィングリルで泥臭さ120%。心なしか、各部のパーティングラインもSEは1mmくらい広いように思えてきました(^^;
ちょっとした細部の違いで、同じ車種でこうも見え方が変わるのもおもしろいものです。

いつかフォーカスセダン同士で夢のランデブーをしてみたいものです。オーストラリア大使館のあたりを意味もなくウロウロ走っていればまた会えるかな?などとおバカなことを朝から思い巡らせた一日でした。
Posted at 2010/02/24 22:55:15 | コメント(3) | トラックバック(0) | Focus | クルマ
2010年02月22日 イイね!

今日のブルーオーバル・・モンデオセダン

今日のブルーオーバル・・モンデオセダン朝の出勤途中に横をかすめて行ったモンデオセダン。外交官ナンバーにつき「治外法権」扱いでそのまま掲載します(笑

いきなり好き嫌いの話で恐縮ですが、このモンデオセダンは欧州フォード各車の中で特に好みの一台です。自動車のプロポーションとして正統派である3ボックスセダンと、当時の欧州フォードが打ち出した先鋭的なテーマである「ニューエッジデザイン」の調和は、見るたび新鮮で飽きることがありません。

街で見るモンデオはワゴンが多く、セダンは少数派です。特にこの写真のような、何の変哲もないGhiaやGLXのセダンに出くわすことはとても珍しい。もちろん、ST220に出会うことはさらに稀ですが。。

自分がセダンに乗っていることもあり、3ボックスセダンの存在感が気になっています。ボンネット・キャビン・トランクという3つの構成要素と、前後のタイヤがバランスよくまとまって醸し出されるたたずまいは、時代の変化に色あせない古典的なクルマの美だと思います。

このモンデオは、硬質な面の構成で全体にがっしりした印象です。そこにニューエッジデザインを象徴する鋭いディテールや、グラフィカルなラインが相乗して、緊張感とスポーティーさが備わっています。フォーカスではともすればトリッキーに映ったスタイリングの手法が、モンデオではフォーマルな要素としてまとめられているのは見事としか言いようがありません。

やはり以前の雑誌記事で、モンデオはかつてメルセデスのW124シリーズを最良の実用車として認めた人が、次に選ぶ車として選択肢の一つになるというフレーズを見たことがあります。
ドイツ車的な骨太さと、シャープな身のこなしを予感させる軽快さが高度にブレンドされたモンデオセダン。日本ではあくまで地味な存在ですが、個人的にはとても洒脱で、憧れを覚えてやまない一台です。




Posted at 2010/02/22 23:57:51 | コメント(4) | トラックバック(0) | Mondeo | クルマ
2010年02月21日 イイね!

今日のブルーオーバル・・エスケープ

今日のブルーオーバル・・エスケープ2001年の発売から、今なお日本市場で重要な位置を占めるコンパクトSUVのエスケープ。その初代モデルです。

10年近い歳月を、エスケープは4度のフェイスリフトで乗り切ってきました。その中で、個人的にもっとも「らしく」感じられて好きなのがこの初代です。バンパーからグリルの縁まで無塗装の樹脂で成型されたフロントは、いかにも道具然としていて、ラフに扱われることも多いSUVにふさわしい顔に映ります。

人と荷物をたくさん積んで、多少の悪条件をものともせず走れる。気取らず、気張らず、でもちょっとした洒落心は満たしてくれる・・ クルマとそんなふうに付き合いたいと考えている人は意外に多い気がします。しかし、いざそんな目線で選ぼうとすると、思うようなクルマは決して多くないのではないでしょうか。

エスケープは、相対的に手頃なサイズ、アジア生産で買いやすい価格、マツダ車ベースの高い信頼性と、実用車としての素性はなかなかのものです。スタイリングは、そうした特長を素直にケレン味なく表しており、SUV的な表現はほどよいレベルに保たれ、いかにも乗りやすそうに見えます。そのことが安心感につながり、長きにわたって人々から受け入れられるデザインとなりました。

以前、エスケープを「和製カングー」と評した雑誌記事がありました。ちょっと強引な例え?かもしれませんが、言い得て妙です。信頼の置ける道具なのに、生まれながらにして肩の力が抜けた感じは、確かにカングーにも相通じるものがあります。クルマが何かにつけて「肩肘張りあうこと」を競っているかのような昨今、街でエスケープを見かけるとなぜかホッとします。
Posted at 2010/02/21 23:00:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | Escape | クルマ
2010年02月11日 イイね!

「電通報」にNewフォーカス

「電通報」にNewフォーカス2月8日付の「電通報」を読んでいたら、海外面のNewフォーカスの写真に目がとまりました。

海外の広告分野の動きを取り上げたページの中で、「小型車の機能拡充戦略へ 巻き返し図る米GMとフォード」という見出しとともに、先頃発表された次期フォーカスが出ています。
記事では、フォードとGMがアメリカにおいて、ともに小型車カテゴリーの商品性を高める戦略に踏み出したとされています。特にフォーカスについては「・・・タッチスクリーン式のナビや音楽システム、アップル『iPhone』向け機能を備えている・・・」と、装備の充実ぶりを説明するような記述もあります。
広告業界向けの媒体でもあるため、フォーカスの走りやスタイリングについてはいっさい言及がないことが、かえって新鮮です。

かつて日本車が得意とした、ユーザーのかゆいところに手が届くような機能や、クルマをアミューズメントの空間とするようなサービスは、もはや欧米のメーカーでも無視できない要素のようです。
新しいフォーカスは、動力性能の高さやダイナミックなスタイリングといった定評のある要素に加えて、そうした細やかな機能の数々でも語られるようになるのでしょうか。フォードのクルマには、これまで「必要にして充分」というイメージがありました。しかし、いまやユーザーが「必要」と考える水準も以前とは比べものにならないほど高く、多様になり、それに伴った変化は“大衆のためのクルマ”であり続けるフォードとして、当然の流れなのでしょう。

そう考えると、次のフォーカス(と、これからのフォード車)には、今までとはまた異なったキャラクターが備わりそうで、それはそれで楽しみな気がしています。


Posted at 2010/02/11 23:14:40 | コメント(3) | トラックバック(0) | Focus | クルマ

プロフィール

「@hironyaNさん、こんなに新品のRSが集結しているディーラーって欧米にもないんじゃないでしょうか?」
何シテル?   12/10 19:05
自然体で気兼ねも気負いもなく付き合えて、けれど愉しいクルマ。Fordを30年以上にわたって乗り継いでいます。 2016年をもってFordは日本から事業撤退しま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      

ファン

59 人のファンがいます

愛車一覧

フォード フィエスタ フォード フィエスタ
「均整」「端正」「抑制」いまのカーデザインが忘れた3つのSeiを備えた小粋な実用小型車で ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
Ford Focus SE/2003 year model/Zetec 2,000cc/ ...
フォード フォーカス (ハッチバック) フォード フォーカス (ハッチバック)
“出来のよいGTハッチバック”という印象が強かったST170。意思に忠実な走行感覚とレカ ...
フォード Ka フォード Ka
Kaらしからぬバンパーまでフルカラードの仕様。MTのダイレクトなフィーリングは後にも先に ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.