• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

惰眠のブログ一覧

2002年12月27日 イイね!

虎!お前は虎になるのだ!!

虎!お前は虎になるのだ!!今日で会社は仕事納め。
年が変わると社内の機構大改革なども控えているので、なんとなく気持ちの座りが悪いのだが、あれこれ思い煩ってもせんないこと、友人たちと新橋で忘年会をした。

 心地よく酔って、さぁ帰ろうと新橋駅の近くまで来たら、写真のありさま。大トラ2頭が、黒いアスファルトのジャングルでルール無用の格闘をしているのだった。とは言え、他人が心配する必要がないのは、画面左側の交通整理の警官がなーんにも気にしていないことからも明らか。

 トラどもがわめいている内容が耳に入ってくるのだが、この騒ぎ、組み敷いている方のトラが、下敷きになってるトラをもう一軒行こうと誘ったことが発端らしい。下トラはしきりに「うおー!俺は!!酔ってるぞおおおー!」と吼えたてているし、上トラは「それがどうした、俺が最後まで『守って』やるって言ってんだろおおおー!」と、噛みあわないスポコンドラマを演じている。伊達直人&ミスターXというか、丹下のおっちゃん&矢吹の兄ちゃんと言うか…

 いやいや、10年以上前は自分もああいう酔い方したことがあったなぁと少し面映いようなこそばゆいような気持ちで家路についた。
Posted at 2002/12/28 10:02:33 | コメント(0) | 身の回りの出来事 | 日記
2002年12月26日 イイね!

かなたからのエアメール

かなたからのエアメール職場に送られてきた、かなたからのエアメール…って言ってもシンガポールからの請求書なのだが、貼ってあった切手(写真)が凄い。

 日本でも最近はドラえもんだったか何かが切手の図案に採用されてちょっと話題になったが、これは…バービー人形と、もう一方は絵柄からして日本のアニメのキャラクターじゃないか?
 ライツはクリアしてるのかと、疑問が浮かぶ。幾ら東南アジアが海賊版天国だとしても、政府発行の有価証券で著作物の無断使用はまずいよなぁ。これが米国の某ネズミ遊園地権利者だったら法外な権料を請求されるに違いないぞ…

 与太話はともかくとして、恐らくこれは、子供の遊びシリーズみたいな切手で、着せ替え人形を題材にしたものなんだろうけど、それにしてもこんな図案の切手がビジネスレターに貼られてくることにちょっとびっくりした。
Posted at 2002/12/26 17:10:42 | コメント(1) | 芸能・文化 | 日記
2002年12月26日 イイね!

ちょっと固いかもしれない…

ちょっと固いかもしれない…先週土曜日に履き替えたヨコハマDNA・GPは、パーツレビューにも記したとおり、これまで使っていたグリッド2よりも色々と具合のいいタイヤだった。ただ一点を除いては。

 スポーツタイヤだから当たり前ではあるのだが、予想していたよりもかなり乗り味が固いのだ。ちょうど、ゴム底のスニーカーから革底の靴に履き替えたように、路面の当たりが随分はっきり伝わってくる。もちろん、相応の走り方をするときには、路面の情報がドライバーに伝わってこないと困るのだが、普段使いの範囲では(よく言うと)いささか情報過多ぎみで鬱陶しさすら感じることがある。
 例えばカーナビで、「500メーター先右折です」はありがたいけれど、路地ごとに「この交差点では曲がらないで下さい」とか「道なりに進行してください」「左手に見えますのはコンビニでございま~す」なんてのべつ幕なしに言われた日にはえーかげん黙っとけと腹が立つのと同じことだと思う。

 それじゃあ乗り心地重視のタイヤを履けばよかったかと言うと、僕の乗り方だとコンフォート系のタイヤでは運転していてストレスになる。膨らむ、孕む、曲がらない…そう言うのは僕はダメなのだ。まあ、そんなことが起こる走り方さえしなければ何の問題もないのだが「いらち」の僕にはそれが辛抱できない。まこと、人間とは我侭で贅沢なものだ。

 いずれこの乗り心地にも慣れていくのかもしれないけれど、できれば路面の凹凸を一々蹴り飛ばして乗り越えていくようなのではなく、穏やかに受け流すようなタイヤのほうがよかったかなぁと少し弱気になっている。性能的には完全に満足なレベルにあるのだけれど、ちょっと辛さも感じているのは、僕が前ほど若くなくなった証拠だろうか。
Posted at 2002/12/26 10:57:10 | コメント(0) | ユーノス500関係 | 日記
2002年12月25日 イイね!

新しいエンジンに載る

新しいエンジンに載るなにやら紛らわしいタイトルをつけてしまったが、これは今日発売の新潮社刊「ENGINE」のこと。NAVIの前編集長、鈴木正史氏が名物の(?)スズキさん節を全開にした内容で、一体NAVIとどこが違うのかと首を傾げずにいられない誌面づくりが味わい深い雑誌だ。

 ここ1年半ばかり自動車雑誌の購読を全くと言っていいほどしなかったのだが、今号のエンジンだけは書評が読みたくて買った。ことし春に自費出版された、ユーノス500の本が取り上げられているからだ。身内の贔屓目があることは否定しないが、装丁や内容、レイアウトのどれをとってもプロの出版社が出したブックレットに引けを取るものではない…それどころか凌駕さえしている…と思っているが、哀しいかな自費出版では「そう言う商品がある」ことを公知することすら困難なわけで、残念ながら引き合いは多くない。だから、こういう媒体露出の機会は非常に大切なのだ。

 実は今年の夏にも一度、ネット媒体(リンク先)で紹介されて、そのときは問い合わせや購入申し込みが急増したと言うことなのだけれど、なにしろネット媒体は情報の更新が命だ。ほんの2、3時間後にはトピックは過去ログへと流れ去ってしまい、拡販は長続きしなかった由。いい本なんだから、エンジンで紹介されたことが売上増(と言うか在庫消化…)につながれば、僕も微力ながら手伝いをした一人として幸甚だ。
 ただ白状すると、コンベンショナルな紙媒体に露出した場合はネット媒体に比べて広告効果はどうなのかな、などという別の(ちょっとだけ仕事にも関係した)興味も持っている。

 で、昼休みに職場近くの本屋に足を伸ばして買ってきたのだが、評者を見て驚いた。荒川健さん―ユーノス500のチーフデザイナーにして、Masterpieceにも自動車デザイン論を寄稿している人だった。ただ、身内による贔屓の引き倒しみたいな評価には堕しておらず、さすが大人だと感心した。


*この本「The Masterpiece-essence of style-」は、オートビレッジ内に置いてある僕のリンク先リストにも紹介してあるので、興味のある方は是非一度、覗いてください。
Posted at 2002/12/26 11:41:47 | コメント(0) | ユーノス500関係 | 日記
2002年12月22日 イイね!

おフランスの巨大“クーペ”

おフランスの巨大“クーペ”電動“四輪バイク”のQiに乗った後、今度はルノーの店に行き、この秋に日本市場に導入された新型“クーペ”アヴァンタイムを眺めてきた。去年の東京モーターショーで見て、あまりのお馬鹿さ加減がすっかり気に入ってしまった。

 最近では元小錦関のタレントKONISHIKI氏が手に入れたとかで話題になっていたが、確かに彼ほどの体格なら、こういう車が必要だろう。僕は生前のジャイアント馬場氏を都内のホテルで一度だけ見たが、そう言えば彼はフルサイズのキャデラックに乗っていた。でも、アヴァンタイムのリアシートは狭い。VWコラードの後席の方が、まだきちんと座れる。

 それにしても、こんな売れるか売れないか分からない…と言うよりもまず売れるとは思えない車をエイヤっと出しちゃう胆力(向こう見ずなだけかも)には、感心するやら呆れるやら羨ましいやらだ。バブルの頃のマツダが、もしかしたらこんな感じだったかもしれないと、ふと思った。
Posted at 2002/12/22 17:02:37 | コメント(1) | 海外の車 | 日記

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2002/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.