• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

惰眠のブログ一覧

2006年10月31日 イイね!

デジカメ紛失

デジカメ紛失携帯に便利と言うことは、裏を返せば失くしやすいという事でもある。
主力機として使っているデジカメをリコール修理に出している間、発作的に買ってしまったサイバーショットT9が、ここ数週間見当たらない。

 多分、自宅のどこか普段置かないようなところにヒョイと置いてしまったのが原因なのだと思うのだが、クレジット・カード大のサイズが災いして、どこに放置したのか見当もつかないのだ。探すのをやめたとき見つかることもよくある話らしいし、車に限らず2台体制であるからには片方が使えなくてもまあ大過なくやってはいけるのだけれども、なんとも据わりが悪い。

 出てこないなら、それはそれで仕方ないかなと諦め始めてもいるのだけれど、どうも悪いことは波状攻撃を仕掛けてくる傾向があるようで、主力にしているほうの液晶モニターの画像が不調の兆候を見せている。
 ま、ビュー・ファインダーを備えた機種だし記録された画像に障害はないので、敢えて修理したりするつもりはないのだけれど……。

 なのだけれども、この際だからいっそ、別メーカーの製品にゴッソリ乗り換えてしまってもいいかなぁなんて考えも脳裏をよぎったりするのだった。記録媒体が全部ムダになるが……。
Posted at 2006/10/31 12:28:41 | コメント(2) | トラックバック(0) | 身の回りの出来事 | 日記
2006年10月28日 イイね!

SLRマクラーレンかよッ!

SLRマクラーレンかよッ!スーパーカー少年の成れの果てとは因果なもので、普通に車で道を流していても何となく周辺を行きかう車の素性が気になる。
 フェラーリ612スカリエッティに続いてすれ違った車が、六本木ヒルズの周辺ではありふれた(!)メルセデスのSLとなんだかちょっと違うぞと気になって、信号待ちで停まったのをいいことに振り返ってみると案の定。SLRマクラーレンだった。

 現行型の12気筒フェラーリが平然と走ってることからして既に普通じゃないのに、こともあろうにSLRマクラーレンである。まったく、六本木ヒルズ界隈と言うのは実に非常識なエリアだ。この調子でいくと、いずれアルファの8Cコンペティツィオーネがデリバリーされ始めたあかつきには、きっとこの界隈で見かけることができるに違いない。ホント、六ヒル周辺は立ち寄るのが楽しみで仕方がないエリアだ。
Posted at 2006/10/30 11:29:47 | コメント(2) | トラックバック(0) | 海外の車 | 日記
2006年10月27日 イイね!

シャッターなおったー

シャッターなおったー先週末に長時間、狭っ苦しい幌式屋根の車に5時間くらい閉じ込められたため、節々が痛む。自宅にたどり着いて下りたときなど(それまで自覚はなかったのだが)膝が痛くてまっすぐ立てなかったほどだ。
 エコノミー・クラス症候群はきっと、こんな時に起きるんだろうななんてことを思ったのだが、そんなわけだから今週はずっとユーノス500を使いたかった。車庫のシャッターが異常動作するもんで、仕方なくもう一台を足代わりにしたのだが……。

 そういう不幸な一週間だったが、けさはもうシャッターが直っていたのでありがたくユーノス500のほうで出かける。これがもう、くつろぐのなんのって。自分が元気一杯のときは、もう一台と比べて「何から何までゆるくてダル」なんて怪しからんことを思ったりしてしまうが、こういう時にはやはり、穏やかな車がありがたい。2台体制でよかったなどと、しみじみ思う瞬間だ。

 尤も、一台しかなかったらなかったで、骨身にこたえる乗り心地の車でも、淡々と乗っているのだろうけど。いや、車庫の電動シャッターがあの有様じゃあ、全く乗らなかったか。
Posted at 2006/10/27 12:58:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 身の回りの出来事 | 日記
2006年10月26日 イイね!

故人のウェブ・ログ

故人のウェブ・ログ26日の昼過ぎ、練馬の住宅街で刃物を振り回す男を取り押さえようとした警察官3人が次々に刺され、そのうち一人は一時「厳しい状態」にまで陥ったとのニュースが流れた。晩の続報では一命を取り留めたとのこと、不幸中の幸いであった。

 このニュースを見て思い出したのが、表題にもつけた故人のブログに記された内容だ。今年の5月下旬に小腸がんで亡くなった森實悟氏は、警察庁のキャリア官僚だった。その彼が病床で記したウェブ・ログ(ブログ)は『警察官僚ガン闘病記』とのタイトルで今も閲覧できる。そのエントリーの中に、警職法(警察官職務執行法)の改正にまつわる一文があった。日付は、昨年の大晦日(関連リンク参照)。

 森實氏は次のように記している。「殉職も増えているのではないだろうか。交通取締り中の交通事故といったものが横ばいである中、職務質問中に刺されるとか、不審者の通報に基づき現場に行って刺される、拳銃を狙って交番内で刺されるといったものが数年のうちに増えているような気がする」と。全く、今回の事件の図式だ。

 その上で氏は、現行の警職法では明文化されていない「職質対象者への身体検査と、合法的な武器となりうるものの質問中一時保管」を法文中に書いてはどうかと問題を提起している。そうして「護身としてナイフなんかを所持している者が増加していること、すぐにキレてこれを用いようとする傾向が強まっていること、ナイフの所持を禁止し、犯罪化しする法令はあれど、これを発見する手段・権限を規定する法令はないこと、現に一定数の警察官がこれがために命を落としていること」が十分な立法事実となると主張する。

 森實氏はこのエントリーを「フリスク(引用者註:捜件、身体検査)すれば救える警察官の命が一つでもあるのなら、少なくとも我々(霞ヶ関の人たちね)は怯むことなく、国民に「あやしい場合に警察官がフリスクするの我慢してくれますか?」と問う義務があると考える。
 もはや警職法の解釈の問題とするには限界が来ているのではないか、きちんと法令に書くことが、現場にとっても、国民にとってもハッピーなのではないかと考える
」と私見を締めくくっている。とても、誠実な方だったことが伺える一文だと思う。そして、基本的に僕は氏の考え方に賛同する。

 しかし――故人の考えに、こうして後付で反駁するのは卑怯なのかもしれないが、それでも僕はやはり「しかし」を付けたい――全面的に賛成かと問われると躊躇がある。
 立法趣旨はそうであったとしても、本当にロー・エンフォースメントの現場では「それだけ」で終わるだろうか、との疑問が拭えないのだ。本来、警察官の安全を確保することを目的に付け加えられた文言が、不審尋問や取り締まりや逮捕のための便利な道具として扱われるようになるんじゃないか、との懸念を抱かざるを得ない。だって、僕が警察官だったらそういう風に解釈・運用するもの。そしてきっと、判例もそれを支持してくれるもの。
だから、立法のバランスと言うのは、本当に難しいのだろう。

 故人のご冥福をお祈りするとともに、亡くなった後もこうして考える題材を与えてくれたこと、令夫人が森實氏のエントリーを残しておいてくれたことに感謝したい。
Posted at 2006/10/27 15:17:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 事件・事故 | 日記
2006年10月26日 イイね!

何でフォードGTが?!

何でフォードGTが?!……と、表題は疑問形だけれども大体事情は想像がつく。
トランスポーターに積まれているのはロールズ・ロイスのファントムと、日本には正規輸入されていないフォードGT。どちらもナンバー・プレートはついていない。場所は六本木ヒルズ脇の、お金持ちサマ御用達高層マンションの脇。
 となれば恐らく、そこの住人であるミリオンだかビリオンだかのネイヤーが付き合いのあるブローカーに「ちょっと欲しくなっちゃったんで実物持ってきて見せてよ」とでも言ったのだろう。

 値段の話をするのはあまり僕の趣味じゃないのだけれど、上段の車がおおよそ4300万くらい、下段の車がニッキュッパの2980万円なので、しめて七千ン百万円相当。車の存在感もスゴイが、お足もスゴイ。

 余談ながら、フォードGTの原型は1960年代にサーキット・レースを席巻したフォードのレース・カー、GT40だ。んでもって40ってのは車高がおおよそ40インチ(101.6センチくらい)とペッタンコだったことに由来するらしい。それに対してリバイバル品である写真のモデルは、オリジナルより一回り寸法が大きいそうで、そういう意味では最早「40」を名乗ることはできないのだとか。

 オールドタイマーを今の技術でリメイクしたら……なんて話を見聞きすることがあるが、それを実際にメーカー自身がやっちまったあたり、感心してしまう。個人的には、そういうのって好きじゃないんだけど、まあ、よくやったもんだと。ともあれ、大変面白い車を見ることができたのは幸運だった。
Posted at 2006/10/26 22:56:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 海外の車 | 日記

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2006/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.