• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

惰眠のブログ一覧

2005年10月29日 イイね!

日産の意地~GTRコンセプト~

日産の意地~GTRコンセプト~ものすごい人だかりで、ついにそばに寄ることがかなわなかったのが、日産GTRコンセプト。芋を洗うようだとの比喩は、まさしく日産ブースのような状態を表すのだろう。

 僕は、素敵なスタイリングの車を見るのが好きだけれども、こと日産のGTRに関しては、それを云々するのは余り意味がないんじゃないかと思っている。極端なことを言うと、世間がイメージしている「スカG」の形をしているかどうかだけが問題で、カッコいいとか悪いとかは(割と)どーでもいい車なんだということだ。
 そういう意味では今度のGTRコンセプトは、ちゃんとスカGのカッコをしているんじゃないかな~と、僕は思っている。

 で、それとは別に展示されていた日産フォリアというコンセプト。

一部ではシルビアの後継モデルになるとかならないとか言われているようだけれども、この形はちょっと僕には受け入れられない。プロが真剣に検討して作った形だとは思えないのだ。まるで…こういう言い方はよろしくないかもしれないけれども、デザイナー・スクールの学生さんが学園祭の出し物として作ったような感じだ。
 名前も、ちょっとなぁ…と思う。フォリアって確かフランス語で「狂気」のことだったと記憶しているからだ。「Renault Kichigai」なんて名前の車が仮にあったとして、さすがにそういう命名は受け入れがたいのと同じように、もうちょっと、言葉に対するデリカシーがあっていいんじゃないだろうか。
 てなことを書いて置いて今更だが、完全に思い違いをしていた。
フランス語で「狂気」は「Folie(フォリ)」。英語の「~phobia(~恐怖症)」と混ぜこぜになってしまっていた。コメントしてくださった4leavesさんに感謝。
Posted at 2005/11/02 13:45:37 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車関係のイベント | 日記
2005年10月29日 イイね!

CXへの遠い憧憬~シトロエンC6~

CXへの遠い憧憬~シトロエンC6~今年残念だったのは、シトロエンはコンセプトを持ち込んでいなかったこと。ショー・アップよりも商売に軸足を置いた展開のように思える。ショー・モデルはなかった代わりに最上位モデルC6が展示されていた。

 うう~む…。何だろう、これは。BX以降、わりと最近までの角ばったスタイルからはまた、随分と一足飛びに違う世界にすっ飛んでいってしまった感がある。それも、過去のモーター・ショーに出品された各種のコンセプトが示唆していた(と思っていた)方向性とも、かなり違う方向に。
 ただ一つ「これはかつてのCXへの憧憬が形に表れているのだなぁ」とは思った。主に、側面から見たときのウインドウ・グラフィックあたりに。

 何だろう、これは…と思ったのはもう一車種。

ジャガーXKだ。
 確かにディテールなどには間違いなくジャガーの伝統的な要素が使われているのだけれども、全体のプロポーションを俯瞰したときに受ける印象は、ぜんぜんジャガーじゃあない。少なくとも、僕にとって、Eタイプから最近のXK8に至るまでのジャガーのクーペが共通して持っていたプロポーション上の要素が、今度のモデルには入っていない。むしろ米国フォードの大型クーペの持つ雰囲気に近いと思った。
 なんと言うか、これのディテールを換えて「マーキュリー・クーガー」を名乗らせたほうがしっくりするような気がしたのだった。
Posted at 2005/11/02 12:52:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車関係のイベント | 日記
2005年10月29日 イイね!

百年の恋も醒める~アルファ・ロメオ・ブレラ~

百年の恋も醒める~アルファ・ロメオ・ブレラ~今回、東京モーターショーに足を運んだ最大の目的の一つが、アルファ・ロメオの新型を直接見ることだった。これまで写真でしか見たことがなく、そして正直に言って「ダメだ、こりゃ」との印象が実物を見ても変わらないのか確認したかったのだ。

 かつて第1次ガンプラ・ブームと、それに続くアニメのロボットものプラモデルのラッシュの洗礼を受けた世代には、多分共通する懐かしい思い出がある。
 設定画とプラモデルの落差、という奴だ。アニメの作画用に描かれた線画を見て「これカッコいいなあ、プラモデルになったら欲しいなぁ、作りたいなぁ」とわくわくして、商品になったプラモデルを見ると余りの不細工さに愕然とする…という話。

 イタルデザインのコンセプトと海外のウェブ・ニュースで見た製品版の写真の落差に愕然としていたのだが、実物を見て少し考えが変わった。コンセプトは非常に魅力的だったが、あれを現実的な量産品に落とし込めば、この形になるんだろうなと納得できたのだ。少なくともコンセプトと見比べっこをするのでなければ。

 ただし、少なくとも僕は、このブレラは完全にノー・サンキューだ。実物を最初に見たのは真横からだったのだが、第一印象は「待てコラ、何の冗談だこれは!」だった。
 写真では不思議と全く気づかなかったのだけれども、尻のボリューム、それも下半分のボリュームが猛烈に大きいのだ。ごくごく正直に感じたままを言葉にすると「オムツに脱糞した幼児」だ。もう少し言葉を選べば「尻のでっかいアヒル」である。百年の恋も醒める思いだった。
 もっとも、個人的には嗜好に合わなかったけれども、これが街中を走っている姿は、なかなかいいんじゃないかな、とも思う。矛盾しているようだけれども。


 もうひとつはアルファ159。
写真で見た限りでは、僕はこの形は、無様だと思っていた。ジウジアーロがブレラに与えたフロント・フェンダーの造形は、こんなにオーバー・ハングが長くては成り立たないだろうと思っていたのだ。横っ面を殴られて頬が腫れ上がったようにしか、写真では見えなかったからだ。
 しかし実物を見ると、それほど間延びした感じは受けなかった。うーん、ちょっと…と思わなくはないけれども、辛らつにこき下ろすのは行き過ぎだろう。が、これもまた僕にはノー・サンキュー。
 現行156の後継モデルでありながら、同時に166のレンジもカバーしなければならないこの159のスタイルは、なんだか躍動と静謐のバランスがどっちつかずで中途半端に思えるのだった。
Posted at 2005/11/02 12:38:08 | コメント(2) | トラックバック(0) | 自動車関係のイベント | 日記
2005年10月29日 イイね!

後付け屋根とは思えない~BMWコンセプト~

後付け屋根とは思えない~BMWコンセプト~前日から泊まっていた宿を、午前9時半の開場時間に合わせて出ると、東京モーターショーの東館入り口前には、既に200メーターくらいの行列ができていた。もう少し空いているかと思っていたんだけどなぁ…。

 BMWのブースにはマット(艶消し)・シルバーに塗装された「コンセプトZ4クーペ」が展示されている。既に見に行った友人が斜め後方から撮影した写真を見ると、オープン・カーにあとからハードトップを無理に後付したような感じが微塵もない。下半分のボディーの彫刻的な量感と一体になっていて、見事というより他にない。

 カッコイイなぁと感心して真横に回ってみて、ちょっとびっくりした。不恰好とは言わないが、ものすごく寸詰まりに見えるのだ。元から全長が短い中に、濃密な造形要素を詰め込んでいることも原因なのかも知れない。こうして短い時間見ている分にはいいかもしれないけれど、これを所有してじっくり眺めるようになると、くどさが気になるかもしれないなぁと、漠然と思った。
Posted at 2005/11/02 12:06:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車関係のイベント | 日記
2005年10月28日 イイね!

前夜に幕張入り

前夜に幕張入り一昨年の東京モーターショーを見に行ったときもそうなのだけれども、往路と駐車場確保の混雑を嫌って、前の夜から現地入りをした。メッセの筋向いに立つ二つのホテルのうち、一般に多分「より格式がある」とされてるであろう方に宿泊した。ま、予約時期が遅かったのでプリンスがもう満室だったせいなのだけれど。

 夜の首都高は、昼の混み具合が信じられないくらいスムーズに流れる。自宅を出たのが(今年は会社から直行しなかった)21時20分ごろ、宿に着いたのが22時10分ごろだったと記憶している。
 建物の裏側にある駐車場に車を入れてチェック・インをすると「予約のシングルではなく、ツインのシングル・ユースになりました」とのご案内。どうせ一晩寝るだけだから僕としちゃどっちでもよかったのだが、部屋に上がってびっくり。なんじゃこの豪華さは。ただ寝るだけじゃもったいなさ過ぎる。
最上階のバー・ラウンジにジェイムソン(アイリッシュ・ウィスキー)があったので独特の芳香を楽しんだり、部屋に戻ってからもつい無駄に夜更かししてしまった。

 部屋の窓からはちょうど駐車場が眼下に見えて、僕の乗ってきた真っ赤な幌つき車が常夜灯に照らされているのがはっきりわかった。駐車場に空きが多かったのは多少意外だった。今年のモーターショーの集客力は思ったほどには高くないのかもしれない。それにしても夜半に止んだとはいえまた雨が降ったことには些か辟易した。土曜日にもまた降ると言うし、本当にこのところ週末ごとに雨に見舞われる。

 ともあれ土曜日は午前9時半に開場だ。以前から気になっていた(もしかしたら購入する可能性もあった)外国産の幾車種かを見物してくる。
Posted at 2005/10/31 12:08:23 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車関係のイベント | 日記

プロフィール

「そろそろ寝ないとなー。あした、絶対仕事が面倒くさいことになるの確定だから。」
何シテル?   09/17 23:51
曲面の綺麗な旧い車が好き、エレガンスのある車が好き。そんなこんなでユーノス500に乗りつづけ、もう……何年だ?  気がつけば屋根のない車まで併有。いつまで乗り...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2005/10 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

Automotive Design 
カテゴリ:新しい車関連
2003/08/09 00:21:12
 
All The Web 
カテゴリ:便利
2002/12/27 14:03:26
 
Hubble Space Telescope Public Pictures 
カテゴリ:科学・文化・芸術
2002/11/08 15:59:43
 

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
2005年10月、発作的に衝動買いしてしまいました。 いい車だなぁと思ってはいたものの所 ...
マツダ ユーノス500 マツダ ユーノス500
気が付けばデビューはもう19年前。 最新の車とは比べるべくもありません。 ガタガタゴトゴ ...
マツダ ランティス マツダ ランティス
俄かオーナー経験は僅か3週間で終わりましたが、とてもいい車です。 代車だったので、コンデ ...
マツダ アテンザ マツダ アテンザ
例によって例のごとく、借り物の車での「パートタイム・オーナー」です。レンタルしたのは10 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.