• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ひがしかぜのブログ一覧

2016年07月19日 イイね!

SHOW-YA×EARTHSHAKER『初対決!KING VS QUEEN』

SHOW-YA×EARTHSHAKER『初対決!KING VS QUEEN』 SHOW-YA×EARTHSHAKER のツーマンライブ 会場の SHIBUYA REX は初です。渋谷マークシティの駐車場に停めて現地はすぐそこです。入ると「どちらのお客様ですか」と訊かれて、統計をとってるらしい。過去どちらのライブにも行ってるから訊かれても困るのですが、相対的に SHOW-YA と答えておきました。
 この会場の小ささがなかなかいいです。これ以上小さくできないくらいで臨場感満点。(ステージが狭くてあらかじめセッティングしておけないらしく、アンコール準備で時間かかったくらいです。) 中が観客でごった返してきたころカメラマンが現れたんですが、カメラを落としたとか...? まともに落としたら壊れるでしょうけど。会場が狭くて動き回れず一定のアングルになってしまったようです。

 演奏は SHOW-YA → Eatrhshaker の順。MC(とドラムソロ.....)が長くて雰囲気が違いました、80年代の話はいいです。そもそもロック聴いてるのが自分の80年代の復習みたいなもんですから。しかしまあ、長い年月の流れということで.... 昔と観客のノリが違うそうで。。。。Earthshaker になって音圧が上がって少し融けました。前半のSHOW-YAと同じくらいの音圧でOKと私は思うのですけど。

 あとでEathshakerのサイトをチェックしてみたら、楽屋での写真が出ていました。同窓会みたいな感じですね。

 
Posted at 2016/07/25 02:20:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | 音楽/映画/テレビ
2016年07月17日 イイね!

Mary's Blood Extra One Man Live "Burinig Blood"

Mary's Blood   Extra One Man Live  "Burinig Blood"  近頃あちこちで見かけてる Mary's Blood のワンマンライブです。ここ数日は佐原の大祭で香取の地域にいました。(別記事) Mary's Bood のチケットはぴあに出てたんですが、何となくスルーしてました。敷居が高い気がしてたんですね、若い人ばっかりだろうと。で、大祭2日目撮影がてら見に行って宿に入ってネット見てると、ピアから消えてる。ここで何となくe+も見てみたら当日引き換えがまだ出てたので、軽くハはす祭り(別記事)見てから帰京してライブ参戦でちょうどいいと思って、行くことにしました。

  敷居がどうのというわりには結構見ていて、2015-2016 のNAONのYAON 、2015のIron Maidens のopening act はっきり認識したのはこの時なんですが、最近の『寺田恵子&山本恭司~ふたりのROCK SHOW~』 .... 特に Iron Maidens の時は Mary's Blood のファンだからそこにいたという人はほとんどいなかったでしょう、このときは最前列近く。先々、初期から聴いてる人間ってことになるかも.今回観客はやっぱり若い男が多いんですけど、たまに往年のロックファンっぽい人や若くない女性。

  当日は、水郷佐原水生植物園、大利根博物館を見て香取神宮に参拝後高速で新宿へ。開演まで時間があったので、紀伊国屋で軽く立ち読みして会場へ。新宿 ReNY というのは初訪です。当日引き換えでほとんど最後列、売り切れはないというだけ.. ですが比較的小さな会場なのでそれでも割と近い感じです。予習はしていません。

 Opening ..これがいいです。ちょっと声質的に SHOW-YAを連想、そして途中でもSHOW-YAのあの曲の旋律... を連想した曲がありましたが....
メタルバンドだけどポップな曲もやると言ってましたが. 本人が言ってるんだからそいうアイデンティティなんでしょう.. 多分これはgirls band だから許せるとことがあって、もし若手男性バンドだと、メタルってのは Judas Priest みたいなのを言うんだよ、ブレてんじゃね くらいの文句言いたくなるかも。一方で、ちょっとスローな曲も聴きたい気がしました。個人的に Judas や Iron Maiden的な重厚感が好みということもあります。

 ライブですからね、3回くらいちょっと苦しい? って場面を感じたんですがでも、なかなかいいと思いますよ。よくなかったのは近くの観客がデスボイスで声援送ってるの、これちょっと.. ウルサイ。たまにkey がSEで重なってるんですが..こんなもんですかね。keyの音がもっと前面に出て人はいないだと違和感出ますが。観客コーラスが、高すぎて息切れました。 今にして思えばポールマッカートニは優しかったな。水鉄砲で観客に水かけてるのはなんですか、昔オジーオズボーンがホースで水撒いてませんでしたかね。
 
 Lead G(saki)のソロが結構強烈速弾きになっていて「わかった人~?」と叫んでたから何かの曲の一部なんか、わからなかったけど、そのうちイングウエイマルムスティーンみたいな速弾きになったりして。 voちょいっと転んでマイク落としちゃったのは.. 強烈にハウッちゃいましたが  武道館やドームなどではまずない光景。
 そうそう、
Gソロの音が2回ほど完全に途切れたのはなんですか。手は動いてましたけど。録音音源流したら手が止まっても音が出るという逆になりそうですが、デジタルのエフェクターとかなにか切り替えるときに音が途切れちゃうことが昔はあったんですけど、これ謎。このあとスタッフと何か話してたから、トラブルあったのか。そういうのもライブの一部ですけどね。

 だんだん会場が大きくなる.... と言ってましたが、可能性が広がってるというのはいいものです。けど、距離感は(小さめの)ライブハウスに優るものなしです。「~にも行きたいな」「みなさんがいないと私達生きていけませんから...」 ....って おねだりふうでちょっとズルいかな..でも、ま、バンドをリアルタイムでちゃんと追っていったことはないので、(YMOなんかリアルタイムだけどライブには行ってない。HR系も)そういうのもいい思います。
 佐原の大祭は夜までやってたんですが早めに帰京したのはこれから聴き続けるか決めようというつもりでしたけど、ちょっと追ってみようかと思います。

 今回、写真撮ってないです。海外バンドだと遠慮なく撮っちゃうんですが

Posted at 2016/07/18 07:42:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | 音楽/映画/テレビ
2016年07月16日 イイね!

佐原の大祭 夏祭り 2016

佐原の大祭 夏祭り 2016重要無形民俗文化財 佐原の大祭 夏まつり

  香取佐原の祭りです。この地域は時々探索するのでなじみ深くなってますが、佐原の大祭は2014年以来2年ぶりです。午前中の仕事を終えて、河川敷の駐車場に移動しました。2年前は道の駅さわらの方に停めてましたが、今回は少し上流のところ。そこでシャトル舟が出ていたので、今回初めて乗ってみました。歩けない距離ではないですが。
 

 
「佐原の大祭」夏祭りと秋祭り(国指定重要無形民俗文化財)は、関東三大山車祭りの一つと称され、約300年の伝統を有する。
日本三大囃子「佐原囃子」の音を町中に響かせながら、小江戸と呼ばれる町並み(国選定重要伝統的建造物群保存地区)の中を家々の軒先をかすめながら進むさまは風情たっぷりで、江戸時代の情景を彷彿とさせる。
自慢の山車は、総欅造りの本体に関東彫りの重厚な彫刻が飾り付けられ、上部には江戸・明治期の名人人形師によって制作された高さ4mにも及ぶ大人形などが乗る。
八坂神社祇園祭である7月の夏祭りは、小野川をはさんで東側一帯(本宿地区)を10台の山車が曳き廻される。
一方、諏訪神社秋祭りである10月の秋祭りは、小野川の西側一帯(新宿地区)を14台の山車が曳き廻される。(香取市HP)

 このうち、前回は秋、今回は夏。夏と秋では違うわけですが、あんまり意識せず。よく見てるとおもしろく、若い男性中心に山車を引いている。特に方向転換の時は力が要ります。そして、その先に女性陣さらに先に子供達が引いている。で、そこそこ歳いった男たちがその前を歩いていていて、時々「ご苦労様です!」とかいって酒をふるまわれている...のが明瞭な構図になっていて今回気にとまったところ。写真もそこそことっていますが、力に注目してみました。








 翌日もやっていて夜遅くにはライトアップで三脚持ち込むといろいろ撮れそうなんですが、この日ライブの予定もあり、水郷佐原水生植物園のはす祭りに立ち寄って帰京しました。この大祭は毎回来ているわけではないですが、夜の部が未体験なんで、まだまだ再訪

フォトギャラリー: 佐原の大祭 (1) (2)     はす祭り
Posted at 2016/07/21 22:19:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | イベント | 旅行/地域
2016年07月14日 イイね!

二つ山古墳(群馬県太田市)

二つ山古墳(群馬県太田市)群馬県太田市の探索で二つ山古墳を初訪しました。午前中は大雨でしたが、昼頃の探索ではほとんど止んでいました。この地域にもまだ散策してない場所がたくさん残っています、前方後円墳を二ツ山と言ってるのかと思ったら、古墳2基がペアになっていました。2号墳脇に駐車スペースがあったのですが気づかず、一号墳近くに停めて登ってみました。今回、レンズが佐原の大祭を意識して70-300 なので古墳には不適。28-300もありますが、重いんでこのレンズにしてました。

 一号墳、肉眼で前方後円墳の形がはっきり分かります。辺縁に杭が打ってあってわかりやすくなってます。墳頂には祠はなし。一号墳から二号墳の後円部がよく見えてます。この後徒歩で2号墳へ。こちらは形がややわかりにくい。きのこがみつかりました。

 二ツ山古墳1号墳は前方部を北西にとる2段築造の前方後円墳で、墳丘の全長は約74m、高さは約6mあります。墳丘の周囲には周堀の跡が見られます。主体部は横穴式石室です。割石乱石積の袖無型石室で、全長は7.1m、奥壁幅2m・高さ2.1mの巨大なものです。
 明治21年(1888)の石室の調査、昭和23年(1947)の慶応大学による墳丘の調査、昭和56年(1981)の新田町教育委員会(当時)による石室前の調査と、3度の発掘調査が行なわれています。石室からは金銅製の双龍文の環頭太刀把頭や圭頭把頭を始めとして様々な遺物が出土しています。これらは現在宮内庁や東京国立博物館などで保管されています。また、墳丘からは人物・鳥・馬・家・靱・鞆など様々な形象埴輪が出土していますが、現在では慶応大学に保管されています。石室前では円筒埴輪がコの字形に配置されており、石室入り口の左右には朝顔形円筒埴輪が直立した状態で出土しています。
 古墳の築造年代は6世紀後半ころと推定され、この時期の前方後円墳としては東毛地区でも最大規模で、本地域でもっとも力を持った豪族の墓と考えられます。(http://www.city.ota.gunma.jp/005gyosei/0170-009kyoiku-bunka/bunmazai/nittabunka6.html)


 古墳探索後、走行中に富士塚らしきものが見えたので行ってみたら、鳥山上町の菅原神社で、結局富士塚ではありませんでした。てっぺんには祠もなし。古墳のような気がしますが現地には何も表示ははないです。



フォトギャラリー
群馬県みどり市の探索
群馬県太田市の探索 (1)
(2)
Posted at 2016/07/16 05:19:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 古墳 | 旅行/地域
2016年07月11日 イイね!

久しぶりに富士山見に行ったんだけど

久しぶりに富士山見に行ったんだけど早朝に湯河原探索を終えて、久しぶりに富士山を見に行ってきたのですが..... 湯河原パークウエイ、芦ノ湖スカイラインも久しぶり。しかし、老朽化しており、水温が上がりやすい傾向は相変わらずだし、もう初期の頃のように走りを楽しむ段階ではなくなっています。

 天候が良ければ富士撮影狙いで昼間でいるつもりでしたが、雲が多くどうにもならないので早め帰還しました。天候は仕方なし、雲からわずかに覗く富士が画になることもありますが.... 車は300PSくらい欲しいところです。FSWもなぁ..

フォトギャラリー:

神奈川県湯河原町の探索 (1) (2)
芦ノ湖周り

Posted at 2016/07/14 17:40:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | ワインディング | 旅行/地域

プロフィール

「F! 2018 Singapore GP http://cvw.jp/b/946290/41962678/
何シテル?   09/19 05:06
 目標は何台か乗り継いでFSW2分切り(現在の自己ベスト Z34 2.13.66)  

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/7 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

500PX 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/06/13 05:26:06
 
富士山情報(富士塚を含む) 
カテゴリ:富士山・富士塚
2011/10/07 20:44:56
 

ファン

40 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
フェアエディZ NISMO  + NISMO Sports Resetting(ECU交 ...
ホンダ CR-Z ホンダ CR-Z
約7年間使用、約199300km 自己ベスト FSW    2.29.85        ...
日産 パルサー 日産 パルサー
13年以上所有して廃車(補助金がCR-Zの資金に) どノーマルだったが、MTでスポーティ ...
トヨタ コルサ トヨタ コルサ
約7年間使用。 5MT  ドノーマル レーサーが書いた本など読みつつ、それなりに山で走っ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.