• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

はがねいちのブログ一覧

2017年10月04日 イイね!

香川県道31号嶮岨山線 

香川県道31号嶮岨山線 小豆島をゆっくり時計回りに海沿いを走りつつ、ボチボチとハイドラCP集めて...と思ってたら晴れ予報はどこに行った?空は白くなってきました。10年前に訪れた際の記憶であそことあそこで写真撮りたいなって思ってたんですが、10年前と同じ白い空ではカメラの出番も無し、晴れてる日にまた来ないとなと走り出して3時間ほどでリベンジを誓ったのでした。この道は島の北側、日生行のフェリーが出てる大部と寒霞渓を結ぶ県道、道路名になってる嶮岨山とは寒霞渓から東に1.5キロ位のところにある山。この道からはボクの好きな曲がりくねった道と町並み、そしてその向こうに海という景色がある。なのに残念、これなんとか青空が残るものの、もう消える寸前ですね。小豆島は観光地の寒霞渓に各フェリーが出てる港からアクセスしやすいように道路がある感じ。この道なら大部港、この道は元々交通量もないし、何より西日本でも最高ランクにダウンヒル、ヒルクライム県道。走り屋の漫画書くならここを舞台にしちゃうぞって道です。ボクとすれ違った唯一のクルマはホンダのS660ってクルマ、この道を走って一番楽しいのはこれかな?ってクルマです。ほぼ2車線で路面も悪くない。寒霞渓道路(県道29号線)、小豆島スカイライン(県道27号線)も記事にしたかったけどまた今度、どちらもハイライト区間らしいところで写真撮れたら書こうっと。そうそう、島の北側では採石場の景色がすごいからここも小豆島に来たらぜひ。
Posted at 2017/10/04 22:44:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域
2017年04月14日 イイね!

林道一の谷脇ノ山線 

林道一の谷脇ノ山線 この林道はこのWEBサイトでは随分昔、それこそコンテンツが今の10分の1くらいの頃から紹介してた道。当時スカイラインで県道6号線とか落石や荒れた舗装路と戦いながらここも走っていたんですね。高知県いの町、国道194号線沿いの大橋貯水池あたりから南東方面へ抜けて行く道、抜けた後も道はハードですけど。ここ今でも道路地図によっては途切れてたりしますが稲叢山(いなむらやま)の東をトンネルで越えて行きます。稲村ダムへ行こうとナビはグルっと大回りさせようとするがこの林道の景色の良さを知ってますし、抜けて行けるはず。グイグイを登ってゆくとドーンと笹ヶ峰(そうだよね?)がデカイでしょう。嬉しいのはこの写真の通り林道が少しでも見下ろせること、これボクとしてポイント高い。この日は雲が覆ったりする時間も多くこのタイミングでは暗くなってしまった。グイグイ登るはいいのだが、ひとつ心配が前日に積もった雪です。この林道で抜けようとする山を見ると標高の高いところで積雪が見える。この時点で経験上「かなり厳しい」のです。見上げて積雪が分かるようならノーマルタイヤでの峠道は無理っぽいもの。あと100mくらい標高上げるかな?と思ったところで路肩に積雪が..「うわ、まだ早い」と思ってもこうなると路上に積雪が残る場面になり、道路に積雪がある時点から100mは標高上げるのは無理です(この後進んだけど無理でした)。この時期は普通は行けますけどね、残念。結局稲村ダムは断念してまた今度ということに。次回はこちらから登るかはわかんないけど、この林道は走るのでまだ笹ヶ峰方面の大きな山景色を堪能してドライブしたいと思います。

Posted at 2017/04/14 21:48:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域
2017年04月13日 イイね!

奥南川林道 

奥南川林道 高知県いの町の国道194号線走行中、大森川ダムに行くには?とりあえず国道から最短距離で行けるのはこれ。この大森川ダム周辺はダート天国で林道がいっぱいでオフロードバイクなら楽しいエリア。アウトバックも地上最低高が200mmあるAWDなんで普通の乗用車よりはダートも走りますが、ダートを選んで走りまくるようなもんでもありません。それでも目指すは大森川ダム、ナビでは片道12キロほど、このルートの往復が最短ルート(ダート最少ルート)のようです。国道の旧道から進むと砂利があちこちに入れられて整備はされてる林道だということがすぐわかる。段差はある程度埋めてもらってるのでこれはいいとして、前日の雨が大敵。いきなり泥だらけ、これには開き直ります。ダートも日光が当たればもうすぐに乾きますからいいんですけど、日陰の部分は舗装路にくらべてドロドロのままなんですよね。道幅は怖いなと思うことはない広さが維持されていてこれは楽ですね。スピードは出せないので片道12キロもそこそこ時間はかかりますが、済んだ青空が気持ちよく窓を開けてダートを踏みつける音を聞きながらドライブ。大森川ダムの手前で分岐があり、ここを右に橋を渡るとダムの管理棟の方に進む。まずこちらに行く、この道は橋を渡ったところから舗装されてました。これは林道ではなくダムの一部ということかな?ダムまで行ったらすぐ引き返し、分岐まで戻ってこっちからダムが見えないかな?と思ったらダムが見えました。“この林道からの見え方が素晴らしい”です。この地域の他のダートは興味あっても今回はパス。今後クルマを乗り換えるとしてもSUV系かな?と多少スポーツ系に気が行ってたボクだけど悩ましいなあ、こんな道走ると。

Posted at 2017/04/13 22:25:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域
2017年04月08日 イイね!

旧国道56号線(法華津峠) 

旧国道56号線(法華津峠) 現国道56号線はトンネルで抜けちゃいますが、このトンネルも結構年季が入ってきてます。それでもドライブなら一度はオススメしたいのが旧道の方、法華津(ほけつ)峠への道です。宇和島と西予の間は県道も高速道路(無料)も他の国道もありますがメインは国道56号線だとボクは思ってます。2桁国道の安心感(?)に包まれたい人も多いでしょ。だけど、安心感から一歩踏み出して旧道などどうでしょう。このドライブでは実は夕陽を目当てに行ったんです。アプリでどこに太陽が沈むかは調べることは出来ます。でもこれで調べてしまうと...面白くない。出発前にチェックはすることはあっても、ドライブ中に思い立ったら「よし行こう!」と行っちゃう方が面白い。もしチェックしてたらこの写真はありません。ボクはここらで海に沈む場面がこの時期見られると思ったけど、思ったより北寄りに沈みました。でも山に沈む直前に間に合って良かった。この旧道部分をザックリ説明すると峠から北側は1.5車線で走りやすいです。峠は三叉路になっていて西へ県道へつながるふるさと林道がある。この三叉路から南側は1車線です。でもこちらがいいんです。国道や予讃線、みかん畑から法華津湾、宇和海を眺めるパノラマ。ボクは西向きの景色だから夕陽向けかな?と思って今回はこの時間に来たんですけど、ここは夕陽よりも起伏のあるこの地方のみかん畑の景色を太陽が高い時間帯に見るのがいいかなと。道は狭いですけど、景色を見ようと思えば道路脇になんとかクルマも置けると思います。また標識マニア?は反応しちゃうであろう「法華津峠」、「吉田町」の50年くらい前の看板が残ってます。この日はこの後も結構走り、愛媛県道55号を夜間走行(多少凍結も心配しての笹峠はしんどかった)で道の駅「小田の郷せせらぎ」でおやすみなさいませ。
Posted at 2017/04/08 20:14:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域
2016年11月23日 イイね!

国道493号線 

国道493号線 この国道の起点は高知市の県庁前交差点だから多くの部分が国道55号線と重複してますね、普通に奈半利町から東洋町への室戸岬をショートカットする感じ(あくまで感じ)のルートという認識。ちなみに高知市の県庁前交差点って8つの国道の起点、終点です。国道493号線は数字がその中でも一番大きいので末っ子ですな。魚梁瀬の方まで行ってたので県道12号線を南下して合流、その後東に四郎ヶ野峠経由で国道55線に向かう。おっと、この四郎ヶ野という峠の読み方がそのまま「しろうがの」なのかネットではぼちぼち出てくる「しろがね」なのかわかんない。ボクとしては峠に関して普通に読めない方がなんか嬉しいもの。県道12号線との合流から西が記憶にないので走ったことないかな?四国内にまだ走ってない国道があったんだ、帰宅後PCの前で気付いてどうするの?って感じ。県道12号線合流以東は広くはないが特に狭くはない。四郎ヶ野峠は休憩ポイントになるはずなのに整備後は放置。この時は工事の重機も置きっぱなしにされてて居心地が以前より悪化してたな、残念。東にあとは峠道を下って行くんだけど、この1.5車線幅の曲がりくねった道、最近は減ってる標識がいっぱい立ってる。それこそボクが子供の頃は見通しの悪いカーブにはよく立ってた「警笛鳴らせ」ですね。民家があっても以前はありましたね、ホントに鳴らされたらたまらんですし、今この標識があっても鳴らしてる人見たことない。これは日本が世界に誇る(?)カーブミラーがしっかり普及してこの標識も減ってきたんだと思う。それに「鳴らしてもそれ聞こえてるか?」という現実もある。それでも国道493号線にはいっぱい残ってます。カーブミラーを付けても引っこ抜いたりまではしないみたい。写真は東洋町側の峠道区間に入る直前の場所。強烈な逆光なんでHDR発動。この先で一気に峠道モードに。
Posted at 2016/11/23 19:10:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | ドライブルート四国 | 旅行/地域

プロフィール

「川浦を訪問しました。

本日の拾い物のひとつ(^_^;)」
何シテル?   11/12 16:53
全国をのんびりドライブしてます。どんな道路でもボクにとっては“ドライブウェイ”になると思いドライブを嗜んでいます。「ハイタッチ!ドライブ」はあくまでも自家用車を...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

富山県上市町 難所ダムCP 釜谷の池(通称 浅生の釜池) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/25 12:19:34
はがねいち君のドライブ論 本館 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/05 20:23:33
 
はがねいち君のドライブ論 別館サポートブログ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/05 20:21:19
 

お友達

こちらからのコメントはあまり入れないのですが、ボクのドライブに共感出来る方、1回以上のコメントやり取り後でお願いします^^ CP集めに燃えるハイドラユーザー大歓迎。

1年以上「みんカラ」から離れてるのかな?と思ったら解除します。また復活したら再登録で。
81 人のお友達がいます
いーくん(ふたたび)いーくん(ふたたび) * やたからすやたからす *
macモフモフmacモフモフ * pr-sachipr-sachi *
Mr.REDMr.RED * コロ衛門コロ衛門 *

ファン

198 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レガシィ アウトバック アウトバック はがねいち号 (スバル レガシィ アウトバック)
前車に続きアウトバックになりました。次期型も発表された後、受注停止寸前に駆け込み購入(? ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
1998年7月購入で2006年9月までに137000キロ走行した前の愛車。この車で人生が ...
スバル レガシィ アウトバック スバル レガシィ アウトバック
全国を旅するに最高の相棒になると選んだのがアウトバック。ゆっくり走りますので煽らないでね ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.