• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Ryo_K-Sport fanaticのブログ一覧

2018年08月22日 イイね!

ビートの最大の利点

私が御殿場に居を構えていた頃の事。知らなかったが静岡でも有数の名店のそばに住んでたのですが(後々妻と二度程行きました。地産地消の良いレストランです。トマト嫌いの私が、青いトマトを食べれました)、当時は峠を越えて職場に行き、仕事を終えたら箱根一発往復30分。
近所何てものじゃない。麓だった訳です。
そんな人間が、免許を取って以来当たり前のように峠道を走っていれば、そしてソレを好むようであれば、今更ソレを捨てる様にはならないのですよ。
実際……良くも乗らずに済むなと結婚直後の1年は自分でも不思議でした。

その辺は紆余曲折有りましたし、山梨へサーキット通いもしてたんですね。

ですが。
結局降りて……ですけどね。
こうして茨城に来たけど筑波の麓じゃない。

本気で色々考えていくと、結局近所が良いよね、って。
幸いビートはどんな道も余裕。
楽しい。でも何より細いうねる道こそがビートには似合う。
当然住宅地のこの近辺でと思ってましたが、ジョギングコースがいい塩梅に峠道なので昨日から走ってます。

コレが、気持ちいい。
性能の良いクルマでも、狭く細かい道は辛かろう。
しかしディメンションの小さな軽故の能力を最大発揮して、様々に組み上げた最適化による極めてレスポンス良い、改善された低速トルクで如何様にも登る。
曲がる。
そんな中、コントロールを失わせない。

まさに最高。
そんな道を、僅か数分で往復出来る。
これこそ欲しい、欲しかった事。
往復一時間では辛い。それが、三十分以内……最高と言わざるをえない。
しかもそれでいて特段誰の咎めもないと言うとこが素晴らしい。
ああ、通過する際に五月蝿いと思われるかも知れません(笑)

コレです。本来車は自由であるべきなのだから。
誰にも邪魔されず、文句も言わせず、なおかつ楽しい。
軽は大きさとパワーから、その点に限り普通車とは一線を画す。
そんな中においてさらに、ビートはスポーツモデルとして異質なほど良く作り込まれている。
時代が許した寵児とも言うべきモノ。

ただ乗りこなすだけでも楽しい。ソレを、力一杯頑張って走らないと登らない坂道、狭くコントロールしなければラインを外れるとすれば、やや神経質に踏む。
そう。その二律背反。
コレが2リッターだと踏まなくていい。
コレが1.5リッターだったら頑張らなくて登れる。

ビートは素晴らしい。
この程度が楽しいのだから。
Posted at 2018/08/22 22:34:57 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年08月19日 イイね!

結局何も出来ていない休日

実家へ子供を連れて行ったり、その時PCパーツ入手して組み立てたりと色々あってジョギングもできてないし、クルマ置いてきたから無論それも何も出来てない。

ホントにお休みしてました。
水天宮のホテルで食事後六本木で小一時間ぬぼーっとしたり



残念ながら

風があまりに強く思ってたのと違いましたが。あ、ちょいと明るすぎたのもありますね。

おでかけはそのくらい。でも実家で2食、昨日1食と中華料理は3軒もまたいでます。
どれだけ中華好きなのよ。
しかし我が妻と私は既に過門香、ジョーズ上海とそこそこの中華を食べてるので順位が付けられます。
昨晩の鳳鳴春が結局一番。ついで、ラーメン屋級なら船橋某所、一応中華なら某所レストラン街というところですか。

大した料理じゃないけど、やっぱ料理そのものが違うんでしょうかね。中国って大陸が広くて地域そのものもいくつもあるし。
一度すげー高い中華も経験してみたい。

先日から秋の風で涼しくなってきて、こんな日にオープンドライブなんて最高でしょう。
尤も私は今日も乗れるか判りません。帰宅後のPC作業如何というところでしょう。ああ、遅くなったらどちらにせよ無理ですね。
良いんですよ、まずはXPマシンを7マシンにアップしないと……ハードウェア換装でごっそり持ち込んで動いて欲しいが……アクティべーションが出たらどうしようか非常に悩むところ。なんで、今のXPマシンも完全解体できない。
ごっそり換えるに当たって、HDDの空き整理した後、抜くHDDを物理的に特定し、それ以外を全部抜いて換装して「要アクティべーション」にならなければOK。なったら戻して、再度水曜日夜にPC解体してケース毎持ち帰りが確定するのです(再認証が必要なら組み替えも検討)。

これが面倒。でも、不必要なら今回の組み込みだけで良いからね……動いて欲しい。
そんなこんななんでubuntuも導入検討始めました。現状
・借家ではメディアプレイヤー、画像編集・動画編集(+ゲーム)
・家では基本はネット、画像編集(動画編集)
というカタチなので、こっちのメインをubuntuマシンにしてしまうか、借家マシンをubuntuにするか、ちょいと迷うところですが。

意外とubuntuでなんの苦もないかも知れないと思う最近。
因みに動画はEDIUS6、ビデオからのDLソフトがWIN用ってのはあるけどこれは1台有ればいい。
コイツをLAN上でリンクさせておけば、NAS経由でも直ubuntuでもどうにでもなる訳だし……最近使ってる(以前fedora導入しかけて失敗した事がある)のはほとんどがlinuxでも同等のフリーソフトが出回ってる物ばかり。

win要らないんじゃないかって思えるようになりました。
そう言うことなんです。あ、一応父は昔からのシステム屋でその影響を大きく受けて一時期プログラムも開発に携わったことがあるような変な職歴を持ってるせいでもあります。

この辺りもチューニングしてた頃のクルマの扱いとさほど変わらないってのが笑えませんねぇ。
元々、と言うよりはやりたいことをやりたいようにやる、邪魔される事を何より嫌うというどーしようもない性格のせいです。
良い意味で自分勝手だと私は思っています。正直、他人の意見を聞こうとしないのは私の家系の「男の子」に通じるところ。
父は耳が遠いのか遠くないのか人の話を聞かなかったし。あ、今はホントに遠くて聞こえてない事がありますが。
ウチの子も妻がノイローゼになりそうなぐらい言うことを聞かない。私は怒鳴るわ手が出るわで小学生になった今は睨むだけで黙りますが。

ご自分の子供時代を思い出して頂ければ。
デパートに買い物に行きました。おもちゃが気になって親とはぐれました。
どうしますか?
   1 泣き叫ぶ
   2 親を探して店員さんに言う
ニア3 なにもしない

はい、3番1択、これが我が家系。
既に幼児にして精神的には独立してしまっているのですよ。困ったことに。
だから親が困る。どこにいったか本当に判らなくなるから。

その癖は大学になっても変わらず。自分の好きなこと以外は基本的にしてません。
なので、人から外れたものばかりに興味を示し、人気がなかろうがどうしようが関係なく、非難されようが嫌われようが自分の道を貫いてきたのです。

基本ですよ。
Posted at 2018/08/19 09:12:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | いつもの日記 | 日記
2018年08月13日 イイね!

カスタムねぇ。

正直。
事実は変わらない。

どんなクルマだって、大した価格でもないパーツを付けるだけで○万円も取られるような事もある訳だけれど。
その価格がどうか、ではなくて、パーツの価格がどうのでもなくて。
見た目が全然違うのが良いとか悪いでもなくて。

エンジンを開けたかどうかでもなければ、タービン付けたかでもなく、当然コンピュータ変えたらって話でも、性能を上げようが下げようが、関係ない。

カスタマイズ、というのは通常変更できる部分を自分のお気に入りに変えること。
そんなもの、所詮でしかない。
良い訳でもなければ悪い訳でもない。
当然差もない。
商用車にカラーバリエーションが不必要なのと同じ。
ラリー車に艶がないのも。

そうあれかし、只あるがまま。

所詮不必要なもの、目的を履き違えて無駄に正当化するのは見苦しい。
やりたいからヤル。
ソレは他人には理解の出来ない行為。
クルマは芸術でも無ければ必需ですらない。

そもそも無駄であると理解をした上で払う金、それに逆に何故胸を張れない?

非難を受けたって、実はおかしくないんじゃないのか?否、クルマを趣味にすると言うことはそう言う事なのだと理解しておくべきでは?

ニッチであると言うことを充分理解すれば、ニッチの中で更にニッチであることに驚きもなければ寂しさもない。
自分が欲しい物を欲しいようにすること、それは自分の為であり誰かに認めてもらう物なんかじゃあり得ない。

ふっと眺めていて、画一化したクルマに乗る人ばかり。
商用車みたいな、色気も何もないクルマばかり。
そんなクルマばかりしか選択できない今時、そんなクルマをどうしようと大差ない。
下駄にしてディーラーメンテで触らないという今時のあり方で充分じゃないのか。

それを否定できるだけの車に乗っているのか。選択をしているのか。
そうでないならば、所詮付け焼き刃なのだから好きなように「カスタム」しておけばいい。

違うんだろうか。
文句言われたくらいでいらつく理由はなにか。
ヒトと違うクルマに乗りたいのか、乗りたくないのか?

どうでもいい。
自分で好きになった車に乗って、好きにする。それに差があるのか?そしてそれに良しも悪しもない。

それだけなんじゃないか。

昔から改造してるけど、ソレを良いとも悪いとも思ったことはない。
当然パーツを造る際も同じ、良くも悪くもない。
ただ、望む物があり望む場所がある。そこにどれだけ近づいているか、だけだから。
他人がどうだろうと、当然他人からみたらどうだろうと思われようと、それはそもそもたどり着く場所がちがう。

解り合えるのであれば幸せだろう。


それがカスタムじゃないんだろうか。
Posted at 2018/08/13 13:58:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年08月03日 イイね!

改造車を造るってのは、何というか何というか。

どんなクルマを見ても、正直言えば結局は純正に落ち着くんだろうな、と思い始めたのはFIT RSを購入前後から。
そもそれまでは全部中古車、今も中古車、その前も中古車で新車はたった1年だったけど。

それら全て、自分の思った通りに仕上げていくという過程を踏みました。

基本的に純正は良いんですよ。出来の良い最近のクルマで触るトコなんかほとんどない。
お洒落?洒落で改造するなんざ金の無駄ですと思うクチですからね。ヤルならとことん。
なので、ROM打ち換えするくらいならフルコン入れたい(中古車ではECUそのものの性能が低すぎたりする)、ちょっとカム入れるくらいなら全部そう取っ替えでメカチューン。

そう言うヒトです。
純正良いな、って言っても、チューニングエンスージアストってのは気になる部分を詰めていく癖があります。
詰めること自体はカンタンだし、仕組みや構造を覚えるにはちょうど良いんですけどね。
なので、弱点やコストをかけた部分なんかも理解しつつ、個体の調子をしらみつぶししてく訳ですね。
それも、若い頃は寝る間も惜しんで走って弄ってだった訳ですね。
まー、車高調手に入れたら車高変えて減衰弄ってってのは基本ですよ。

でも、慣れてくるとどんなセッティングでも癖は結局同じ。ちょっと味付けを変えてるだけ。
そんな風に思い始めて、結局純正に戻す。

そう言う流れもあったのです。
正直ホンダの純正部品の精度と耐久力は極めて高く、安心感がありますし。

でも、何らかの不満を改造で払拭できることも判ってる訳で。
より良いと思える部品は積極的に投入していく。
それは当たり前だと思うのですね。

ところが、その部品一つでは実は足りない事があるのです。
ある種尖ってしまったが為に、純正でとれていたバランスが崩れる。その瞬間、崩れた部分に不満が生まれ、それを潰す……

そう言うスパイラルに陥るのです。
これが、通常経験する「改造に嵌る」状態です。
実際には変えたりセッティングしてもほとんどその不満が解消できず、ずるずる続ける事になりかねません。

無駄につぎ込んだ金だけが無情に消えていく。チューニングから離れていく人間に多い、ありがちな話。


だので私がやったのは、「徹底したフルチューニング」でした。


エンジンはメカチューンで腰下交換による排気量アップ、吸排気からECUまで交換、それに合わせて足回りは最も良いと言う吊しにセットアップした状態でロールアウト。

はい、別物でした。未だに忘れられません。が、アレはアレである種の高度なバランスなんですけれど、当然おいしい部分というのは2万キロ持たず、旬を過ぎたらあっという間にぼろぼろになっていくのも体感しました。

ただ良かったのは、全部教えてもらったということでしょうか。
ただ買ってきて捨ててしまう、そんな状態だったらきっと「改造車よりは同じ価格でスーパーカー買おうぜ」ってなること請け合いです。

実地で走り込み、状態を教えて貰い、自分で確認し、原因を理解し、その上でチューニングというものの実体を学んだのです。
故に、チューンはバランスチャートを書き換えるだけの作業で、当然引き替えにクルマの寿命を潰す物であると理解できました。

それ故、ビートを触る気はなかったんですね。

それが……まあ。始めっからそれどころじゃなくなって、知れば知るほどやるべき事が見えてきて、今までの常識では語れない部分がでて、何より飽きていたFFとは違う走りの味に年甲斐もなく走り込んで。

こういう「チューニング」もあるのかな、と思ってきた次第。
BRISKのせいでまた開けてはいけないパンドラが見えてしまいましたが……
正直言えばEG6の時を思い出して、徹底的にヤルことは避けたいし、やりたくない。
それにあの時もEF8の時も、「いつ壊れる」「どこまで維持できる」というものがどうしてもちらつき、あそこまでつぎ込んだ癖に妙に自分の後ろを気にしてたのです。


でも、ビートは、ホンダが「部品を再販する」約束をして、じわじわそれが始まっています。
NSXだけに与えられた、マツダではロードスターのメンテナンスのような、ビートには部品再販という流れで維持ができるのです。


なら。
心配はいらないのですよ。
エンジン・ミッションのパワートレイン部分がどこまで再生されるかは、まあ、今後に期待という奴ですが。
現状考えられる最良の吸排気に点火系(純正で出来るとこまでですが)、まだまだやれる部分は残してますが、なら、もう一歩進んで良いんじゃないか?
今日の高速試乗はそれを思い付いてしまいました。

ええ、病気です。こういうのをフリークとか、エンスージアストとか、ファナティックと呼ぶのでしょう。
Posted at 2018/08/03 23:39:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2018年07月28日 イイね!

フルコンの野望

遙か昔。初めて買った車がEG系シビックで、そのままあれよあれよと言う間にこの世界に首まで使って最早抜けられなくなった訳ですが。
その際に夢のアイテムとしてフルコンがありました。

当時から当然F-conやVproのような高価なフルコンによるチューンドカーがあって、当然のようにそれらはFDだったりR32だったりした訳ですね。
400万かけてクルマかって、100万以上かけて恐ろしいクルマに仕立てる際に必ず搭載されたもの。
私が知る、数年前に閉店した、箱根で出会った店長の店もそう言う専門店でした。

歳だったんでしょうね。ご病気ということで。

まあ、そんな訳で、「使うことないな」という高嶺の花。
そうそう、そう言えば通うショップでも大金持ちが気の狂ったオーダーしてた、というのは以前もブログで書いたとおり。
彼はビートを中古で入手し、MOTEC入れてくれという恐ろしいオーダー出してた……

今はコンピュータの性能が飛躍的に向上したために、安価でそれなり以上の性能のフルコンがどうにでも手に入る時代。
コンピュータは成長したが搭載するのは25年以上前の個体。そう、あの頃だったら絶対に考えられないような制御が出来る訳ですね。

更に、フルコンを入れるということは、つまり現行新車の機能をほとんど搭載可能になります。
所謂CAN通信、ODBⅡコネクタを外付けすれば最新型のメーターだって、IQ3だって搭載可能に。

純正コンピュータ撤去で、DI化は当然やりたい。
でも最初にやるべきは、A/F計搭載による燃料補正。
特に暑い夏の時期に走るミッドシップではやってみたい。それに、排気系統をかなり変えているので、是非そう言う機能を使いたい。
補正に加え、冷却系の搭載、この辺りはちょいちょい気になるところ。
燃費向上もするんだろうけどね、フィーリングや音も変わってくるだろうし。

そしてDI化。ヘッドがE07Zのものを入手できれば、諸々込みのオプションキットが手ごろな価格で用意されてるし。

先が広がる訳です。
デスビがとんだら合わせてDI化してもいいし。

そこまでやってからIQエキスパンダで純正のエアコン制御なんかをフルコンで制御。
おおう、夢が広がる。
燃圧あげて、エンジンチューンも単純明快に。ああ、いかん。


いくらかける気だ。


まあ旧式(とはいえ、まだ使用して5年ほどのイグナイタ)のコイルより、新しい純正コイルでのDIはBRISKを駆動するにも良いだろうし、強化コイルにしたって構わない訳だ。多分不要だろうけど。

ビートが更なるおもちゃに変貌する。

まあその為にかけるコストは……ええ、まあ、今年は難しいでしょうが、今年を越えても余蓄が有れば来年確定で行きたい。
幌は先だなぁ。なにせ、在庫が怪しい……んで。
Posted at 2018/07/28 15:48:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ

プロフィール

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180925-00010003-wcartop-bus_all
ん?ビートがない(笑)」
何シテル?   09/25 15:35
憧れのCR-Xを手放し、そして今、初めて憧れたビートを手にすることが出来ました。 今でも最高はZCエンジンだと信じて疑いません。残念ながら乗っていたのはB16...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

燃費記録 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/28 22:17:46
 
やっぱりDOHCだね! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/19 12:46:36
秋。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/26 22:40:49

お友達

E07Aは反則です。マイクロスポーツ好きは皆友達です(*^_^*)
NAのステンの咆哮、ドロドロと言う鼓動、空気を切り裂く甲高い音、プロップ機のような空気を弾く羽音……クルマが生き物のように感じられるソレらエンジンを主体とするモノが好きなら同志です。
48 人のお友達がいます
サカビーサカビー * AUTOWAYAUTOWAY *みんカラ公認
シュピーゲルシュピーゲル *みんカラ公認 gasukengasuken *
壇みっつ。壇みっつ。 根崎根崎

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート REBEL (ホンダ ビート)
初の白、初のオープン、初の2シーター、そして初の憧れの車。初めて見て以来、ずーっと憧れて ...
アメリカその他 その他 アメリカその他 その他
助手席に括りつける予定。まずは輪行に慣れないとそれも意味はない。 とりあえず走り慣れして ...
ホンダ CR-X 黒猫 (ホンダ CR-X)
E-EG4(AT)からE-EG6(MT)を乗り継いでH20年5月、現在のE-EF8サイバ ...
ホンダ フィット RS (ホンダ フィット)
―ようこそ!失速のない世界へ― Rord Sailers 黒いクルマを乗り継いできて、 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.