• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

三重大学自動車部のブログ一覧

2018年10月30日 イイね!

2018/10/28 新人戦

2018/10/28 新人戦10/28、岐阜県郡上市にあるダイナランドにて新人戦が行われました。

180km離れた会場へ下道で向かう為、午前2時の出発です。



積車に積まれるシビック。



積車に括りつけられる三重大名物ピンク繋ぎ。

前日洗濯し忘れたそうで、間に合わないからここで乾かすそうです。
飛ばないといいですが…



第一ストップ、マックスバリュ白塚店。
ここで軽く腹ごしらえをします。

今回は帯同メンバーが少ないため、積車、インテ、ミラジーノのコンパクトな3台編成。



第2ストップの道の駅クレール平田にあった南京錠みたいなバリケード。

どうでも良いことですが、毎回クレール平田かヒレール倉田か分からなくなります。



第4ストップの清流長良川あゆパークでうろつく元主将。うろついていた理由はよく分かりません。
ここは元々道の駅白鳥という名前だったのですが、いつのまにか変わっていました。建物も小綺麗になってなんだか僕らだけ取り残されたような気持ちになります。

ちなみに、第3ストップの写真は撮り忘れました。
ただのコンビニなので撮ったところで特に面白みはありません。



そしてダイナランドに到着。
ピンク繋ぎ飛ばされてませんね、よかった。

午前中に2回練習走行した後、昼休憩を挟んで午後に2回本番走行を行います。
残念ながら僕はオフィシャルだったので走行中の写真を撮れていません…



優勝したのは名古屋工業大学さん!
終始イケイケな走りで見ていて楽しかったですね〜

三重大は望むような結果は出せませんでしたが、活動休止期間が開けてから短い期間でなんとか車を仕上げ、大会に出場できたことは良かったと思います。

しかしながら、車両の不具合は多いので、これからのオフシーズンでしっかりと直していく必要がありそうです。



おまけ。

帰り道のGENKEYに売っていた激安エナジードリンク(税抜68円)

特別美味しくもないですが、値段を考えれば不満もない味です。効果があったかどうかは分かりません。

それでは。

Posted at 2018/11/05 21:41:48 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月27日 イイね!

2018/10/27 前日準備

2018/10/27 前日準備10/27、28日の新人戦に向けて前日準備を行いました。

シビックの整備は、商品が届かなかったため火曜にできなかったフロントブレーキパッドの交換を行います。

パッドの交換自体はいたって簡単。古いパッドを取って、ピストンを戻して、新品のパッドを入れるだけ。

だったのですが、右のピストンがどう頑張っても戻らない…

急遽ホンダパーツからシールキットを取り寄せ、オーバーホールすることに。

電話したところ、最寄りの営業所に2つだけ在庫があるとのこと。すぐに車を走らせて取りに行きます。



入手したシールキットたち。やけにグリスがカラフル…
取りに行っている間に他の部員がピストンを磨いてくれていた為、速攻でバラして組み上げます。



バラした直後。
夢中で組み上げていたので途中の写真はありません(使えないみんカラ記事風)

おそらくこの作業で一番難儀するのはピストンのダストブーツを取り付けるところでしょう。
みんカラの記事を見ると、先にキャリパ側の溝にブーツを引っ掛け、エアツールなどで空気を送り込んでブーツを広げながらピストンを入れる、と書かれています。

しかしながら、「エアツールなんて持ってねーよ◯すぞ」という方も多いと思います。
そういう方は、先にピストンにダストブーツを被せ(溝にははめずに下の方にずらす)、耳かきのような細い棒でキャリパ側の溝にはめていくと上手くいきます。

最後にピストンを押し込んで組み上げは完了。
ピストン戻しツールがないので、その辺に転がっていたでかめのクランプで代用。



ピストンが傷つかないように古いブレーキパッドを間に挟み込むと丁度良いです。



組み上がったキャリパーと新品パッドを取り付け。色でメーカーがバレるアレですね。
ちなみにディスクとハブボルトも新品。おかげで部費が底を尽きそうです。



最後にエア抜きを行ないます。

ジャッキアップついでに足回りの緩み確認をしていたところ…



パワステフルードがじゃじゃ漏れ状態。
前からちょくちょく漏らしてましたが、悪化してたみたいです。
さすがに間に合わないと判断し、仕方なく重ステ化しました。



ベルトを外す部員たち。
作業スペースが狭いのと、妙にベルトにハリがあるせいで取り外すのにやたら苦戦しました。

そしてなぜか取り外したベルトを先輩に投げ捨てられました。理由は「投げたくなったから」だそうです。

その後も色々と準備しているうちに



インスタ映えな写真が撮れる時間帯になってしまいました。

明日の集合は午前1時…
果たして起きれるのでしょうか。

それでは。




















Posted at 2018/10/30 00:12:19 | コメント(0) | トラックバック(0)
2018年10月24日 イイね!

S15シルビア トランク修理 その3 フィッティング(?)

前置き省きます.


中古で安い物が出てたので,トランクパネル(蓋)も買いました.

次にシルビア側のしわくちゃになったトランクやフレームをバッサリ切り取ります.
ディスクグラインダーの刃15枚消費して切り取りました.
もう後戻りはできません.しかも大事なところで写真を撮り忘れてました.

フロアとフレームをくっつける際,スポット溶接剥がしたあとの穴をリベットで止めようと思っていましたが,穴がデカすぎるようです.
仕方ないのでボルト・ナットで止めます.こっちのほうが強度でそうですし.
そうなるとフロア貼り付ける時に大変そうなので先にフレーム側にナットを溶接しておきました.
ここも写真撮り忘れました.



左右フレームをS15に点付けで溶接して仮止めしました.位置出しのために,R33のレーンホースメントを付けてます.この時点でけっこういい感じの感触♪


次にフロアを借合わせしてみます.
つかなくても気合と根性で付けると腹をくくっていますが,やっぱり手間は増やしたくない!
…………

……


…ッ!
うんっ!!ドンピシャ!!!!さすが流用の日産です.
この瞬間は久々にテンション爆アゲでした.

だんだん車の形に近づいてきました.次はいよいよ本溶接とフロアの貼り付けに取り掛かりたいところですが,その前に一旦ミッション5速化作業をしますのでトランク作業は少しあとになりそうです.

(たぶんその4につづく)
Posted at 2018/10/25 00:43:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月24日 イイね!

S15シルビア トランク修理 その2 剥ぎとり


少し昔の日産車はありとあらゆる部品が流用できるというのは公知の事実である.
当ガレージ内のR33スカイラインも例外ではなく,アーム類に,ブレーキ類に、内装……
この車は廃車となった直後,走りに飢えたハイエナたち[*1]によってパーツは剥ぎ取られ,そのパーツたちは別のどこかの車両で今日も元気にその役目を担っている(はずである).
そしてまた現役時に散々酷使された老兵は,安らかに眠ることも許されず骨と皮を剥ぎ取られるのであった.



ドリフトの楽しさを教えてくれ,ヘッドライトネタで少しばかり有名になったり[*2][*3],この車にはずいぶんと酷いことをしながらお世話なりました.
ですがまだお世話になってもらいます!!



S15 Spec Rのトランク補強バーがER34に流用できることは有名ですが,どうやらECR33も例外ではないようです.
ここで頭の悪い僕はこう考えます.

「ってことゎぁ…フレームの横幅の寸法一緒ぢゃね!?!?」

はたして本当に3ナンバーワイドボディのフレームやフロアが,5ナンバーサイズのシルビアに付くのだろうか?脳内が疑問符だらけになりましたが,とりあえずやってみてだめそうなら切って貼ればいいだけの話なので,すべての疑問は一蹴しました.

とりあえず,ドナーとなるスカイラインから欲しいパーツをキレイに剥がし取らねばなりません.
スポット溶接はドリルで穴をあけて,マイナスドライバー等でくっついた残りの部分を剥がします.


トランクフロアを剥がす時のために,超ロング平タガネも自作しました.


学業優先ですので,空いた時間を縫ってなんとか作業しています.
スポット溶接の箇所が予想以上に多くて気が狂いそうです.




とりあえず全部とれました.ここまでで1週間くらいかけてます.
お次はフィッティング,果たして付くのでしょうか?
(その3へつづく)



[*1] 僕もまたその一人である

[*2] https://twitter.com/Yusuke070814/status/632621996614942720

[*3] https://twitter.com/hidden_hide618/status/647131455617810432

Posted at 2018/10/24 23:57:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月24日 イイね!

S15シルビア トランク修理 その1 序章


Kita島です.学生として最後の大きめ作業になるかもしれないので,思い出づくりを兼ねてここに記します.駄文が続きますが,どうかよろしくお願い致します.



昨年12月に名阪Cコースにてグチャグチャにしたシルビアのおケツを本腰入れて直していきます.

刺さった直後の様子です.トランク丸々なくなりました!
曲がったフレームはかなり硬く,別の車に引っ張ってもらったりしてもビクともしませんでした.




当時はさっさと車の形にして早く練習再開したかったので,フレームのシワに切り込みを入れて引張り,適当な当て板を溶接してもとの位置に戻していました.
オーバーハングなのでトラクション性能には問題ない(はず).
車っぽい形をして荷物が乗ればそれでいいのです.
とはいえ車検も近いうえ,このまま劣化して道路に落とし物なんてことになると洒落にならないので,できるだけ費用を抑えて純正同等の状態を目指していきます.



さて,修復に必要な部品たち,これら[*]は日産純正部品から購入できますがお値段新品総額で10万円超え.
新しい車両が買えそうです.


ところで,部室ガレージをさまよっているとジャンクヤードに程度の良いR33スカイラインが置いてあるではありませんか!カラーリングのセンス,フロント部分には目を瞑って,リア周りは結構きれいです.
ここで,天の声がささやきます

「これ,後ろ側の床とフレーム移植して使えんぢゃね?」

(その2へ続く)




[*]おまけS15リア周り品番

パーツ純正部品番号
リアサイドメンバー(右)75514-65F00
リアサイドメンバー(左)75515-65F00
トランクフロアG4514-85F30
リアパネル79110-85F00

もう新品ストックも尽きる頃でしょうか.
Posted at 2018/10/24 22:45:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「S15シルビア トランク修理 その3 フィッティング(?) http://cvw.jp/b/1476796/42105645/
何シテル?   10/25 00:43
三重大学自動車部です。 自動車部の日常を中心にお知らせしていこうと思います。 今、三重大学自動車部では部員を大募集してます。 免許や車、知識がなく...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

業界で20年叩き上げた中古車店代表が書いた本『ネットに騙されない本当の中古車選び』はこれまでのノウハウ本とちょっと違う!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/11/21 22:23:27
アジアンタイヤ 試した結果! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/06 10:12:17
シフトダウン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/11 08:48:40

愛車一覧

ホンダ シビック ホンダ シビック
三重大学自動車部のジムカーナ車両です。 2011年からこのEG6で参戦しています。
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
三重大学自動車部のダート車両です。 前のボロボロなNAの82とは違い、念願のターボ車で ...
トヨタ スターレット トヨタ スターレット
前ダートラ車両がエンジンブローしてから早3年、このダートラ車両で参戦してます。 昨年、練 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.