• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

にゃー5のブログ一覧

2019年09月21日 イイね!

ICダクト内流れはIC圧損がキモ?

今日もCAEでのICダクト流れの話

これまで何度かやってきたCAEでのICダクト内流れですが、
もともと今回始めた理由が、IC奥側数cmはカバーが被っておりまともに風が
当たっていないのではないかということを理解したかったのが発端。
alt
入口部を上側の70%くらいしか使われていない結果を見て
alt
少し手を入れて改善したくなってしまい今の改善シリーズに移行(;´Д`)

しかし、沢山の形状をトライ&エラーで繰り返し
そして街を走りたくなる形状では良い結果は得られておりません。
alt


よーく見ると右下のが結構良い結果なのがわかりますでしょうか?
何をやったかと言いますとダクトはそのままでICの圧損を下げたのです。

前後で見てみると(計算時間短縮から解像度を下げています)

alt

ICのスリットを減らし間隔を約倍にしましたのです。
なんでこれを思いついたかというと流れがふん詰まりになっているように見えたので
圧力の状態をみたのです↓。
IC手前が赤っぽくなっており思った通りでした。
alt

しかし、この場合IC前後の差圧が大きいのでIC部での流速は上がり
沢山空気が通り良い結果になってもよい気もしますがそれなりに空気を通りやすく
してあげないとダクトを通る空気の総量が減ってしまいICを冷やすことも
できなくなってしまいますね。

ダクト目線での理想は、ダクトの形状を最大限使い切り通る空気量が最大に
なるような圧損のICの設計が出来ていると良いということですね。

更にはその状態でIC自身の熱交換の能力が最大で且つ、IC内部の圧損が最小
となるような理想のICがあると良いですね。
これはレース用の設計の考え方かな?
最大発熱時でも冷やすことが出来るような仕様にするとコアがどんどん大きく
なりそう(;´Д`)

実際には純正はどうやって設計しているんでしょうね気になるなあ。
搭載要件からサイズが決まるところからがスタートなんでしょうと勝手に推測。
コストもか!

CAE上の流れを改善する方向性は見えましたが、実際はどちらの圧損の状態が近いのか
圧力センサと風速計らで調べてみないとわかりませんね。

なかなか本来やりたいIC奥の改善にまでたどり着けません(;´Д`)


今日のスバル君
いつもスバル君に遊んでもらっていますが、
alt
遊んでもらい方を一つ間違うと大変なことに
とても写真をUPできません、5㎝級が3本(;´Д`)
あやうくLFMで焼けたところをやられるとこでした
濃厚に遊んでもらう前にはちゃんと爪を切らなきゃね!!

つづく











Posted at 2019/09/21 23:40:41 | コメント(4) | トラックバック(0) | ICダクト | 日記
2019年09月18日 イイね!

ICダクト流体解析を同時に8個流してみた

今日ICダクトの流れの話

ICダクト内の流れが今一なのが気に入りません。
実測での検証はそれはそれで画策していますが並行してできることということで
いろいろ形状を変えてどうなると良くなるのかいろいろ形状を変えて試してみました
というのを現在8個それぞれ違う形状で同時に流し中なのです。
alt


これだけ流すとCPUの負荷がとんでもないのではと確認してみました
alt


まだまだ余裕がありますね。
でも動きが悪くなるのも嫌なのでこれくらいにしておきます(^^)

で、今回最初に試したのがこれらです。

ノーマル2.0形状
alt

ノーマル1.6形状
alt

2.0と1.6の形状差は途中の仕切り板の有無だけですが、
ダクト入口の差は少し2.0の方が濃い色の幅が広い分だけ流量は多そうですが、
ICへの風の当たり方はそれぞれクセがありますね
どっちがよさそうかと言えばより均等に幅広く流れている1.6の方がよさげに見えます。

ただ、この解析の結果で気に入らないのが主流の幅がやけに細く見えます。
入口の下側がうまく使われていないのも気に入りません
入力条件をミスっているかもしれませんね(;^ω^)

と、言いつつも調べる前にどんどんモデルを作って流してしまっていたりします。


次は、高さ方向の中央に薄い仕切り板を入れています
上側の流速が早く圧が下がってしまいそれに下側の流れが引っ張られてしまい
下側の剥離が大きくなったと読みましたのでそうならないように仕切り板ですが
かなり今一の結果です。たったこれだけで流速が激減してしまいました。
alt


次は、入口の上下の内側をそれぞれ少し盛って絞ってみました
これくらいだと純正とあまり変わりませんね
alt


次は、いっそのこと入口を前方に思いっきり張り出し拡大したらどうなるのかをやりました。
alt

ここまでやるとダクト内の流量はかなり増しますね
難点は上部が前に張り出していますからかなりかっこ悪いです(;´Д`)
上面側は大変なことになっていますし!!まあここは形状を工夫すれば。

何処かのショップがやられているように純正位置で↑と同じように拡大したら
どうなるのか興味ありますよね・・・でもこれまでやってきてだんだん結果を予想できるようになってきちゃいました。それほど効果は出ない気がします。


これを書いていてまたモデルのイメージが湧いてきました
そういえばF-16とかの戦闘機の開口部って本体とは少し切り離れていますよね
良いヒントになりましたので早速流しだしました。期待しちゃいます。
並列解析9個目です。
alt

まだ余裕があるようです
alt


こんなの見ているとなにやっているのって、だんだんまどろっこしくなりません?
こっちの形状の方がいいんじゃないの?なんて言いたくなりませんか?
そんな方は↓の図を編集してご自分のブログにUPして連絡をいただけたら
代わりに解析しましょう(^^)/
alt

編集するときは黒が物体、白が空気、速度条件位置は一番左端の青です。
本当はビットマップでやってほしいのですがみんカラにはUPできないので
余分な中間色が入ってしまいますがこちらで二値化してうまく形を整えます。
やってほしい方はどうぞ(^^)/

ダクト内の流れを追求しすぎて既にレヴォーグではなくなりつつありますが(;´Д`)


今日のスバル君
ベースは一つですが、だんだん形が変わってきちゃいます(*'▽')
これくらいまるっこいと流れの余分な渦は発生しなさそうですが、
前面投影面積が大きく空気抵抗に(;´Д`)
alt

つづく
Posted at 2019/09/18 22:27:28 | コメント(4) | トラックバック(0) | ICダクト | 日記
2019年09月16日 イイね!

風速の確認のための買い物ついでにラーメン屋に行ったがたこ焼きを食べました

長いタイトルですがそのまんま、
風速の確認のための買い物ついでにラーメン屋に行ったがたこ焼きを食べました
なのです。

先日からやっているIC奥部に風が当たっているのかを流体解析で見ていたわけですが
alt
やってみて気づいたのが、入口部の下側が流れが剥離していて折角の開口面積の
高さ方向の下側が30%くらいまともに使われていないことが判明。

本当にそうなっているのか検証したくて風速計を取り付けて確認に挑戦しようかと
alt

思ったのですが課題が(;´Д`)
iPhoneのヘッドホン端子に指すタイプなのでボンネット~車室内までの延長ケーブルが必要です。アマゾンで買ってもよかったのですが一日待つのが嫌だったので大須アメ横に物色に(^^)/
alt

ついでに三毛猫ちゃん情報のラーメン屋「なおじ」に行ってみようかと画策。

ケーブルは4極2~3mのものが欲しかったのですがなかなか見つからず苦労しましたが
ありました(^^)/
2mでしたので念のために二つ購入。
alt


とりあえず購入の目的は達成しましたので次はラーメン屋にと。
事前にgoogle mapでのチェックは万全です。
alt

しか~し、現地に行ってみたら何か違います
向かいの三洋堂辺りから見たら看板が変わっていました(;´Д`)
alt

折角ねらってきたのに残念です。
仕方ないので、ここには入らずにすぐ後ろの近くにありました
「大阪ミナミのたこいち」でねぎポン酢たこ焼きをいただきました
ふつ~に美味しかったです
alt

このお店、沢山の有名人の写真や色紙がありました、
西野かな、はるな愛他たっくさん、来るんですね~
alt


これで、物とお腹の準備は万端尚ですが風速測定まだ問題があるんです
それは風車の固定の仕方、これは非常に難易度が高くまだ解決出来ていません。

青色の部分がシリコンゴムなので、粘着が効かないんですね
なにか機械的に挟むとかして固定しなければなりませんが、
現時点まだ良い考えが浮かんでいません(;´Д`)

また仕事をしながら考えてみよう・・・


今日のスバル君再び
風車がスバル君の様にぺったり貼り付いてくれるととても楽なんですけどね~
alt

つづく

Posted at 2019/09/16 22:09:42 | コメント(12) | トラックバック(0) | ICダクト | 日記
2019年09月12日 イイね!

レヴォーグICの奥側の流れが気になります②

今日もICの流れの話です

rereojiさんからの催促がありましたので(;´Д`)

9/11の真夜中に計算を流しだした1000stepの流れ解析、
400step時点でブログ化し、
alt

翌朝見てみると計算は終わっていましたが、
その状態はまだ途中感があります。
alt

これでは今一ですから更に10倍の10000stepを流し直しました。

1000stepで90分くらいですからその10倍の900分=15時間(;´Д`)
かなって見積もっていたのですが、
朝起きて直ぐ5時頃に開始ししましたが帰宅しても当然終わっていません。
時間の見込み間違いもあった様で、終了したのは9/12の2:18。
21時間くらいかかりました(;´Д`)
その結果がこれです
alt

今回の解析条件で得られた結果はこうなりました。
解析の経験者はご存知の通り、入力条件が変われば結果も変わりますので
今回の入力条件でとなります。

モデル : 2.0と同じダクト形状(1.6の途中のフィンなしと同じ)
                  スバル技法41にあった断面図がベース
                  ICコアのスリットは適当
速度  : 50km/h(13.9m/s)

カラーコンターは速度を、矢印はベクトルを示しています。
青が速度0、黄色辺りが50km/h、赤が80km/hくらいです。

ボンネットの先端側は前面の形状を表現していませんので多少周辺流れが違うと思います。
又、ダクト内の流れがくねくねしているのはおそらくですがカルマン渦の影響のような気がしますが正確なところはわかりません。

ダクト先端上部辺りでは最大で81.5km/hに達する速度になっていますが、
おそらく上側の空間が小さいためにこうなってしまった気がしますがダクト内だけ見ていただくということで(*'▽')

ICコアに対し中央に主流が入り、そのおこぼれが前後に広がりコアを通過しているように見えます。
今回見どころの肝心な奥側ですが、おこぼれ流が少し来ているようですね。
もう少し定量的に語りたいのですが、解析後でも速度の数値や圧力も拾えるのですが、今は1.6形状の10000stepを朝から流しているため完了するまでは触りたくないのでまた次回に。

参考ですが1.6モデルの8300step時点の状態です。途中ですからノーコメントで。
alt


今更ですが、1.6の途中の仕切りが何故あるのかですが、
その答えは、スバル技法No.41のP6に書かれています。
それは「ターボ用の吸気口の大きさは2.0L DITエンジンに必要十分なものとした。一方、1.6L DITエンジンに対しては流入量が過大となるため、ダクト内部に遮蔽壁を設け、流入量の適正化と車両としての空気抵抗の低減を両立を図った」
と言っています。
ある基準に対する定性的な表現しかされていないためにレベル感がわかりませんが
カーメーカなりの考えはこうなんですね。
1.6の方で仕切りを外している方、どう思います?
恐らくは冷えすぎが問題なのでしょう。夏場よりも冬場が問題が出るような言い回しに感じました。逆に言うと夏場は外してもokかなと。
ECUをいじらずに遮蔽板を外していたり入り口を拡大している方を見受けられる気がしていますが冬場なにか異常を感じませんでしょうかね?


更には、レヴォーグの新型車解説書を見ていたらこんなことが書かれています。
alt


解析の結果が合いませんね。
上の流入が書かれていますがパワポの線っぽく、テキトー感があります。

解析のモデルがスバル技法にあった図から起こしたものですから形状的にはかなり
本物に近いはず。

ダクト入口の手前の下側なんて剥離をおこしていますから折角の開口面積がうまく
使えていないような節もありますね。
この辺りは今後調べてゆきましょうかね・・・どうやろう?
剥離をするよりも手前に水平に板を設置して剥離しないような流れをつくるか?



そして、
50step毎に絵が保存されていますから折角なので繋げて動画として見れるようにしましょうかね。



今日のスバル君
今日はまた一段と腹ペコ大魔王なんですよ
ボクが帰る前にすでに夕食を食べ終えていますが、
すかさずおねだりの一食追加、
ボクが食事中にもまだ足りないっておねだりの一食を追加、
更には先ほども夜泣きおねだりの一食を追加、
夜だけでもう4食も(;´Д`)
秋かなあ~
alt
つづく
Posted at 2019/09/12 22:55:30 | コメント(4) | トラックバック(0) | ICダクト | 日記
2019年09月11日 イイね!

レヴォーグICの奥側の流れが気になります

少し前のブログ

2019年09月01日

で、レヴォーグのICの奥側が直接風が当たっていないことに気づきました。

alt
色々手をくわえる前に流体解析でなんかわからないかと解析をかけて見ました

現在解析中。今は400step、最終は1000step。
alt

さてうまく解くことが出来るのか(^^)/

今日はもう遅いので流しっぱなしで寝ましょう。


Posted at 2019/09/11 00:17:49 | コメント(12) | トラックバック(0) | ICダクト | 日記

プロフィール

「@Break Through 都合調整できずお先に失礼しちゃいました。うまうまのお姉さん居るといいですね(^。^)」
何シテル?   11/21 20:20
1901のシステム改変で、フォロー申請ではここが名刺の様に扱われるようなので 言葉を変えしました。 ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2020/4 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

SUBARU 純正 ドアミラーガタつき対策ボルト 品番:91032CA000 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/04/02 22:03:01
スバル(純正) カーゴマット 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/29 21:27:46
OKADA PROJECTS プラズマダイレクト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2020/03/28 23:22:41

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
- コメントをすこ~しづつUPデートしてます - '18.8.1~9.22の間、都合 ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
ギャランVR-4後期型です。 レヴォーグに乗り換えるまで乗っていました。 20万kmを超 ...
三菱 エクリプス 三菱 エクリプス
エクリプスGSR-4です。 ギャラン前期型(E-EC5A)の前に乗っていました。 4G6 ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
ギャランVR-4後期型(GF-EC5A)の前に乗っていたギャランVR-4前期型(E-EC ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2020 Carview Corporation All Rights Reserved.