• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

にゃー5のブログ一覧

2019年09月16日 イイね!

未だに落ちるのです

今日は後方ドラレコの固定の話

9月になりだんだん気温が下がってきたとはいえ日中はまだまだ暑く、
後方に取り付けだドラレコは
alt

定期的にだらり~んって(;´Д`)
alt

リアハッチの上面の樹脂の部分につけているのですが
最初はびくともしなかったのですが真夏の熱でダメでした
それ以降一週間に1~2度落ち癖がついてしまいました

ずっとどうしようかなあなんて考えてましたが
ガラス面ではないのでいっそのことネジ固定しちゃえばいいじゃんって
やってみました

固定面の樹脂部品をカパッと外し、
alt

裏面にネジが飛び出ても問題なさそうなことを確認して
alt

貼り付け場所を決めてしっかり押し付けて、あっ再度脱脂しています
alt

ささっとねじ込み完成です(^^)/
alt

とりあえずこの二か所で様子見です。

あれ?よく見るとネジの頭の大きさが微妙に違いますね(;´Д`)
alt

二本線が出ているのは電源と運転席横モニタへのラインです。

今回活躍したのはコレ
購入費300円のマキタのインパクトドライバーで楽々でした(^^♪
alt



今日のスバル君
皆さん知らないと思うんですけれど
スバル君のクセでしょっ中自分のお鼻をペロリンして濡らしています
alt

時にはドンっの準備中や、
alt

シャワー後にも( *´艸`)alt

つづく



Posted at 2019/09/16 22:08:47 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドラレコ | 日記
2019年07月10日 イイね!

4Kドラレコでも付けてみようかと

今日は4Kドラレコの話。


今でも既にいくつか使用しているのですが
画質のレベルupとともに一つ考えていることがありまして
選定したのがこの機種。
alt

alt

alt
71.40ドル です。
日本ではまだ売っていないのではないでしょうか。
2眼なのですが、4K記録時は片方のみというもの。
駐車中監視はGセンサーだけではなく動体検知もついているので
怪しい人が近くをうろうろするだけでもばっちり記録されます。
駐車中の連続記録の場合はチェックが一苦労というよりやってられませんが、
必要最小限の記録なので役に立つ動体検知です(^^)/
現行もついているので便利なのです。


早速ですが現行2眼との比較をしてみます。
右奥に見える赤と緑の看板はそう、さわやかです。

現行2眼(1980x1080)
alt

新2眼(2880x2160)
alt



キャプチャーしたら動画再生時の比率と変わってしまい解像度なりの縦横比の様。
色合いが違いますね。
PCモニタ上でこう見比べてしまうと新の方がくっきりしていて、現行のはぼやっとしているのを感じてしまいます。これまでは全然そんなことは感じずくっきりきれいだなあなんて思っていたのにね。
対向車のナンバーはこの距離ではまだ読み取れませんがもう少し近くならばばっちりです。


これを使ってやりたいのは後方設置して画面も後方に向けることを考えています。
「ドレラコ記録中」ではなく、そのままの映像を見てもらおうかと。
3インチモニターですからそこそこ見えるでしょう。
なぜそんなことを考えているかというと
走行中、停止時に距離をとらない人や、真後ろを走ればいいのにわざわざオフセットさせて自己主張運転する人が多い事。うっとおしい車が多いからに尽きます。
皆さん仕事疲れで気が立っているのでしょうかね(;´Д`)
ボクもそうかもしれませんねイラっとしがちかも。


後方設置は、そのままでは角度が合わないのでひと工夫する必要がありますが
出来次第またUPします。


今日のスバル君
スバル君、熱いのに元気なんですよ
じっ~と見つめて
alt

じぃ~っと
alt

疲れたのか一休憩
alt

ロックオンされてしまいました!!
alt

振り切ろうと試みるも高性能な追尾が~
アラームがピーピーなってるし( ゚Д゚)
alt

ドンッ!!です(;´Д`)
alt

ドンッの後も警戒態勢のイカ耳です
alt

お代わりをおねだりされている気が・・・
alt

見つかった!!( *´艸`)
alt


つづく

Posted at 2019/07/10 21:48:09 | コメント(7) | トラックバック(0) | ドラレコ | 日記
2019年01月03日 イイね!

d'Action 360 S モニターレポート ~その8~

今日も全天球ドラレコのモニターレポートの続きです。

先回、

で、カーメイトさんから追加で無償提供いただきましたCPU、それに対応させたM/B、
とメモリ、グラボらをすべて交換した時のベンチマークでの効果結果と、
その状態でのPC専用ソフトの作動を確認しました。

今回は、車から取り外し、通常の全天球カメラとして使用した時の使用感等をレポートします。

屋外ということで公園に出かけ、比較として以下3つの機種状態で行いました。

d'Action 360 S w/スマホ
下から、小型三脚+スマホホルダ兼グリップ+自撮り棒(Velbon製マグネシウム使用)
alt

固定ネジ穴の位置が中央に無いため正面は少し、側面からは大きく中心からずれていることがわかります。
少々重たい感じのスタイルです。
alt

取り外し可能なバッテリーがあるために側面中央からずれています。左右中央からのずれは不明。
alt

THETA V w/スマホ
先と同様です。
alt

すっきりシュッてしているスタイルです。
alt

固定ネジジ穴は中央にあります。
alt

Opai w/スマホ
安物の中古自撮り棒を改造してカメラ部を固定しています。
パーツレビューの
ですね。
alt

alt

なぜ長い棒の先に固定しているのかなのですが、
ボクが歩きながらこの竿を肩にかけてカメラを自分の頭より上の更に後方に配置します。
そうすることでボクの動きを空から見ているような映像になります( *´艸`)

では早速順番に見ていこう・・・と思いましたが、d'Action 360 Sで問題があり、
以前も書いたと思いますがPCの専用ソフトやスマホの専用アプリ上では綺麗に表現されるのですが
画角が狭く、広くできないため今回はむりやりTHETA用のソフトを使わせてもらいます。
この場合問題があり、d'Action 360 Sのデータでは前後カメラの繋ぎがうまくできないため
それ以外の部位の画質を見ていただきたく思います。
現時点勉強不足でうまく出来ませんでしたすみません。他もTHETA用を使います。
alt

今回は出来るだけ条件をあわせるためにそれぞれ動画から静止画にしたもので比較します。

d'Action 360 S
全天球としての記録データは静止画で7808x3904、動画で2880x1440。
静止画をTHETAソフトで再生できるようにHuginソフトで天頂補正を行い、
THETAソフトで表示したものをキャプチャしています。THETAソフト上での表示分の切り出し画面はモニタの表示サイズに依存し今回は1920x1007の画像です。
他製品とは異なり前後のカメラの画像の合成が専用ソフトを使用しないとうまくでいないのです。
このためおかしな黒い空間が出来てしまっております。
alt

動画をGOM PLAYERで動画から静止画に落とし、Huginで天頂補正を行い、THETAソフトで表示。
スモールアースっぽくしようとしたけれど歪んでうまく出来ませんでした。
alt

↑をVSDC Video Editerで静止画のスライドショーで動画化し更に3D情報を付けてYoutubeにアップしました。
マウスでぐりぐりできます。拡大した分は縮小も可能。残念ながらスモールアースまでの縮小はできません。▶️今調べたらどうやらスマホのブラウザやみんカラアプリからではうまくぐりぐりできないことがわかりました。PCのchromでは確認できております。



THETA V
全天球としてのデータは静止画で5376x2688、動画で3840x1920。
静止画を、THETAソフトで表示したものをキャプチャしています。THETAソフト上での表示分の切り出し画面はモニタの表示サイズに依存し今回は1920x1007の画像です。
しっとりしています。
つなぎ目はカメラのある肩の辺り以外は見えません。
alt

動画をGOM PLAYERで動画から静止画に落としTHETAソフトで再生表示したものをキャプチャしています。
alt

↑の静止画に落としたものをVSDC Video Editerで静止画のスライドショーで動画化し更に3D情報を付けてYoutubeにアップしました。
マウスでぐりぐりできます。拡大した分は縮小も可能。残念ながらスモールアースまでの縮小はできません。▶️今調べたらどうやらスマホのブラウザやみんカラアプリからではうまくぐりぐりできないことがわかりました。PCのchromでは確認できております。




Opai
全天で動画は2160x1080。
THETAソフト上での表示分の切り出し画面は1920x1007の画像です。
解像度が荒いのですっきりしないぼやけた画像です。
つなぎ目はカメラのある肩の辺り以外は見えません。
alt

動画をGOM PLAYERで動画から静止画に落としTHETAソフトで再生表示したものをキャプチャしています。
alt

↑の静止画に落としたものをVSDC Video Editerで静止画のスライドショーで動画化し更に3D情報を付けてYoutubeにアップしました。
マウスでぐりぐりできます。拡大した分は縮小も可能。残念ながらスモールアースまでの縮小はできません。▶️今調べたらどうやらスマホのブラウザやみんカラアプリからではうまくぐりぐりできないことがわかりました。PCのchromでは確認できております。

Youtubeの問題ですが、
ぐりぐり回したり拡大した分縮小することが出来ますが縮小方向が出来ないのが残念ですね。


画質をざっと比較しました
d'Action 360 Sは、カメラ専用機のTHETA Vに対し静止画の解像度が大きく高いが、動画になると低くなる。
おもちゃのOpaiに対しては言うまでもなくといった解像度なりの結果でしょうか。

d'Action 360 Sを使っていろいろ良い点は理解できましたが、今回いろいろやったことで見えてきた弱点もあります。
今後のソストウエアレベルでのアップデートもしくは次機種でのレベルアップの参考にしていただきたく
書き上げさせていただきます。

ドラレコ又はアクションカメラとして使用時
①画像のつなぎのずれが全周で均一でない
つながりが特に悪い方向がある。車両搭載状態で天井側がずれが大きい。
アクションカメラ状態では、ボタンを手前にした場合、右側。

一般の360度再生可能ソフトでは繋ぎがかなりおかしくなり使えない
専用のPCソフト上ではほぼ綺麗につながっており、ぐりぐり再生できるのですが
ユーザーが専用ソフト意外で気軽に扱えない状態なため折角の360度画像が生きません。
YoutubeにUPできないのです。
このため何とか使えるようにまだあがいている最中。
d'Action 360 Sの360度動画および静止画がTHETAや他の一般の360度再生ツール(Windows10の映画&テレビ、GOM PLAYER、VLCなど)では画像の繋ぎの部分が正常にできないため、できるように変換をHugin、PowerDirector、PTguiなどでいろいろ試みているのですがなかなかうまく出来ず苦労しております。

③ボタンの押し方と色の状態がわかりにくい
一々マニュアルを見ないと理解しにくい。


アクションカメラとして使用時
①天頂補正ができないのが問題
カメラを傾けて撮影した場合360度ソフトで再生すると天頂位置がずれているためぐりぐり回すと動きがおかしくなるため記録時にはカメラがまっすぐ垂直になっていることを意識しなければならない。
THETAの場合は電子ジャイロが搭載されており、記録は生データだが、ジャイロの天頂情報を持っているため吐き出し時に補正することが可能。静止画も動画も可能。動画でも可能なため随時変化する傾きの補正が可能。
手振れも補正可能。

②バッテリーの充電について
本体が無いと充電できないため本体が無くとも充電できるようにしてほしい。
本体が必要なため停車中の監視も行うと充電するタイミングが無い。

③記録容量の制約
ドライブ重視で使用中、容量限界になった時の緊急救済措置は出来るとよい。
その場でパーテーションタイプを変更すると自動でフォーマットがかかるため大事なデーターが消えてしまうので
空き容量を使えるようにしてほしい。



折角ドラレコ以上の使い道としてユーザーの方を向いてくれた様なのですが、
記録されたデータが専用ソフトでないと綺麗な画像として使えないというのは正直苦しいです。
Youtubeに綺麗な状態でUP出来ないなど。
このあたりの一般ソフトで扱うための情報をカーメイトさんから公開していただけるとありがたいですね。
これまでのデータは今のバージョンで使用してもらい、
今後は一般的なデータになるようにファームウエアおよびPCソフトのアップデートを望みます。
一時的には変換ソフトでも良いと思います。


まだ駐車監視、VRビューワーがやれておりませんがモニタレポートはひとまず終了にしたいと思います。
個人的な趣味で前後画像のつなぎ問題は360度画像の勉強になりますのでもう少し掘り下げようと思います。
他は何か言えそうなときにまたやりたく思います。

ドラレコのモニター且つ再生用としてCPUまで提供していただき、
良い機会を与えていただいたカーメイトさんにはとても感謝致します。
ありがとうございました。


-------------------------------------------------------------------
360度の全天球画像をあまり知らない方のための参考です。
動画で3840x1920と言っても全天球分をこの解像度(ドット)で記録しています。
このため正面だけの画像にした場合は、それ以外の使われていない情報は見えないわけで、
サイコロのイメージで言うと6面ありますが、正面以外の5面分の情報は表には現れないのです。
ですから全天球の4Kデータの画面への表示は、普通でいう4Kの1/6くらいのデータしか使っていません。
通常のフルHD(2K)の画質に対し2/3くらいの画質のイメージですかね。
そう思うと次世代全天球は6K以上欲しいです。
d'Action 360 Sの静止画は7808x3904で、8Kに近いですからかなり良いはずなのです。
-------------------------------------------------------------------



今日のスバル君
360度スバル君・・・・ただ丸まって寝ているだけだったり( *´艸`)
alt

つづく



Posted at 2019/01/05 03:12:53 | コメント(6) | トラックバック(0) | ドラレコ | 日記
2018年12月30日 イイね!

d'Action 360 S モニターレポート ~その7~

今日も全天球ドラレコのモニターレポートの続きです。

先回、
2018年12月23日

alt d'Action 360 S モニターレポート ~その6~


で、PCのグラボをDirectX 12対応品に交換したことで無事専用PCソフトが作動できたことをお伝えしました。

しかし、カーメイトさんからモニターの一環として対応CPUも無償提供頂くことができ、
対応M/Bへの交換も出来ましたのでレポートです。

提供CPUは、i7-6700K、
きっちり装着させていただきました(^^)/
alt

M/Bは、CPUに対応するためにリーズナブル且つ即日入手可能なものとして
Socket LGA1151対応のASRock H270 Performanceを選定、
alt

alt

メモリはテキトーに8GBで、alt
CPUクーラーもテキトーに選定しました。
alt

組み換えそのものは大したことはないのですが、
久々にやったこともあり、一度組み上げて電源ONしても正常に作動せず
CPUファンが動いたり止まったりと不自然な動きを。
これは一体・・・一晩悩みましたが

大ボケをかまして8ピンのATX12電源に刺す事が出来ていなかったのです。
手持ちの電源には8ピンは出ていないので変換か何かあるのだろうと探し回ったのですが結局いいものが無く
マニュアルをよーく読んでみると4ピンしか無い場合は寄せて指せば用途の事(;^ω^)
alt


なんだかんだありましたが無事作動しましたのでお約束のベンチマークです。

交換前、               グラボ交換、             グラボ+CPU+M/B交換
alt


交換前でも引っかかり等なく使えていたのですが
全替え後は3倍とまではいきませんがそれでもより動きが軽くなっているのは体感できるんです。

肝心の専用PCソフトの作動ですが、
先回グラボだけでもDirectX 12に対応できうまく作動してくれましたが、
更に軽く動いている感じがします(^^)/
alt


このソフトの不作動の件はその後もう少し考えてみたのです。
ボク自身考えが抜けておりました。
CPU自身にGPUが入っておりますので
わざわざグラボを準備しなくともDirectX 12は動いたようです↓。
カーメイトさんのCPUだけ提供の話は違和感があったのですが真意はここにあったのですね。
勉強不足ですみませんでした(;´Д`)

Intel HD530の特徴 ~ 内蔵GPUってなに?

https://www.satallax.com/news/intel-hd530%E3%81%AE%E7%89%B9%E5%BE%B4-%EF%BD%9E-%E5%86%85%E8%94%B5gpu%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%AA%E3%81%AB%EF%BC%9F/


今日のスバル君
先日のクリスマス、スバル君へのプレゼントはちゅーるだけでなく、
実はこれ↓もなんですね
alt
わんこがかぶるとこんな感じ

alt

で、スバル君はというと、のっけた瞬間はこう
alt
ですけれどいやいやなので無理強いしないように
臭い付けから始めてゆっくり慣れてもらいましょう(^^)
alt
つづく

Posted at 2018/12/31 00:28:31 | コメント(4) | トラックバック(0) | ドラレコ | 日記
2018年12月23日 イイね!

d'Action 360 S モニターレポート ~その6~

d'Action 360 S モニターレポート ~その6~













今日も全天球ドラレコの話です。

先回、

で、PC用ソフトがヴァージョンアップしてボクのPC環境では正常に作動しないことが判明。
その後、カーメイトさんに打診しCPU、DirectX 12対応の問題の可能性をご教授頂きました。
そして更にモニターの一環としてCPUもご提供頂けるとの申し出がありすぐ発送したとのこと、
当方の環境もCPUに合わせるべく間に合うように前日夜中に発注し、

昨日の土曜の夕方に一気に着弾しました。早いです(^^)/
alt

まずは簡単に交換でき且つ一番くさいグラボを交換してみます。ささっと交換します。
性能が良いのにこんなにも小型且つ追加電源も要らないんですね。
alt

その結果、無事作動してくれました(^^)/
alt

DirectXの状態を確認してみます
dxdiag」で調べてみると↓で、前と変わらず12と出ます。
alt

NVIDIAのコンパネで見てみると↓で、すべてが12になりました。
alt

グラボがDirectX12に対応出来ていないことが原因だったようですね。
折角ですからベンチマーク比較してみました
交換前「GeForceGTX260-2」
alt

交換後「GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF」
すべてが向上しているわけではなさそうですが、先ずは目的を達成し満足です(^^)
alt


PCソフトのバージョンアップ具合を確認してみます。

・アングルカット再生
・映像の拡大・縮小
・全画面表示
・明るさ補正
・地図表示
・タイトル・日時・速度表示
・録画種別選択
・ファイル削除

沢山の機能が追加されました。


先ほどの画面です。
二つの球体が前方と後方の画像です。この状態で画像をぐりぐり回したり拡大縮小が簡単に出来ます。
右側の枠はマップが表示されておりルートが示されています。
動画ファイルは30秒で区切られておりますが、エンジン始動から停止までの区切りで管理されています。
マップはマスクさせてもらっています。
停止中なのですが何故か速度が3km/hぐらいを上下します。測位がうまくできていないのかもしれません。
再生速度はx0.2~x5.0まで調整出来ますが、逆再生はできません。
画像の90度毎回転ができます。
タイトル、速度、時間の表示はスイッチでON-OFF出来ます。
alt

拡大途中です。まあなんとか見えます。
alt

拡大最大です。ここまでくるとぼやけてますね。
alt

これまでは「オリジナル」画面でしたが、
「アングルカット」画面を見てみます。
ソフト内の枠で全天球画面を拡大して映しています。
alt

この状態で画面内でぐりぐり回したり拡大は出来ますが縮小の方はこれが限界です。
回して横方向を見てみます。
前方と後方で明るさの差が出ています。
しかし、これは意図的に社室内が良く見えるように調整しているのかもしれませんね。
また、前後の画像のつなぎ目を見てみると~その2~でTHETA Vのソフトで試し見たものよりかなり改善されています。
alt

THETA Vのソフトで試したときの画像↓。
ここはもう少し調査が必要です。カメラの設置位置が違うため距離で補正量が合わないのかもしれません。
今後車室外でも見てみたいと思います。
alt

PCソフトは他にも、
「アングルカット」のフルスクリーンができたり、当然ぐりぐり拡大出来ます。
残念ながらこれ以上の縮小はできません。
alt

「フロント」のフルスクリーンです。
これは全天球動画とは別にフロントのみで1920x1080の動画として記録されいるものです。
alt

参考で2眼ドラレコ画像と画質を比べてみると、
拡大してみるとよくわかりますが2眼ドラレコの方が画質のしっとり具合が良いことがわかります。
alt

これは動画として同じ記録解像度だとしてもカメラ自身の解像度が影響していることと、
全天球の方はフロントとして見えていない部分にも解像度を消費?しているがカットしているため
の影響と推定します。改善するにはカメラの解像度を更に上げるしかないですね。
全天球カメラ故の課題ですが画面として見えていない部分にも解像度を消費してしまうんですよね。


参考で、ユピテルの全天球ドラレコQ-01のソフトを比較でUPします。
(最新タイプではQ-02の画質UP版が出ています。)
それぞれの良いところを見ていただき参考にしていただければと思います。
「正面」です。カメラの解像度は普通ですので全天球で少々荒く物足りないです。
alt

「側面」です。前後カメラのつなぎはほとんど見えません。うまく調整しています。
alt

レンズ部が球体形ですからどの向きでも自分自身か影になったりしません。
alt

「真上」です。このビューはd'Action 360 Sのソフトでは出来ないのです。
alt


「全周」です。このビューはd'Action 360 Sのソフトでは出来ないのです。
alt


「少し引いたビュー」です。このビューはd'Action 360 Sのソフトでは出来ないのです。
alt


「フロントから?ビュー」です。フロントガラスの下側寄りの前方に設置しているので出来るビューです。
alt

「Q-01のPCソフト画面」です。Gセンサ波形とGPS位置も示されます。地図も。
Q-01の場合は専用ファイル形式なので他への転用が出来ないのがとても残念です。
任意の向きの2D変換した動画や静止画の出力は可能です。逆再生、再生速度変更も可能です。
alt


最後に
「フロントガラス部へのカメラ設置状態」です。
alt


今回で~その6~まできましたがもう数回やりたい気持ちがあります。

・CPU、M/Bの効果(体感だけ?)。まだ交換出来ていませんので。
・車外に持ち出した時の使い勝手の感触。
・前後画像のつなぎの分析。一般再生ソフトとの相性。・・・やれるかな?
・VR。
駐車中の監視
・他

 縮小の方は是非バージョンアップで改善してほしいです。


今日のスバル君
早期警戒モードです(; ・`д・´)
alt

つづく
Posted at 2018/12/24 00:49:47 | コメント(5) | トラックバック(0) | ドラレコ | 日記

プロフィール

「@tukapon 何事もなく過ぎ去るといいですね。千葉で地震も発生しているようΣ(-᷅_-᷄๑)」
何シテル?   10/12 18:27
1901のシステム改変で、フォロー申請ではここが名刺の様に扱われるようなので 言葉を変えしました。 ψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψψ...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

みんな大好きMFD (1) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/17 21:39:53
D型MFDをA型につないでみた 補足 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/17 21:36:32
マルチファンクションディスプレイ後期化 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2019/10/17 21:32:47

愛車一覧

スバル レヴォーグ スバル レヴォーグ
- コメントをすこ~しづつUPデートしてます - '18.8.1~9.22の間、都合 ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
ギャランVR-4後期型です。 レヴォーグに乗り換えるまで乗っていました。 20万kmを超 ...
三菱 ギャラン 三菱 ギャラン
ギャランVR-4後期型(GF-EC5A)の前に乗っていたギャランVR-4前期型(E-EC ...
三菱 エクリプス 三菱 エクリプス
エクリプスGSR-4です。 ギャラン前期型(E-EC5A)の前に乗っていました。 4G6 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.