• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

豆柴もものブログ一覧

2019年01月20日 イイね!

初回車検終了 異常なし!

初回車検終了 異常なし!
強いて挙げれば、

走行距離の少なさが問題でしょうか?
 (笑)








一週間ぶりに乗車しての感想は、

        「やっぱり、良いわ!」



基本週末ドライバーなので乗車間隔はいつもと変わらず、しかし、今回は間に代車乗車が有ったので感覚に・・・・・


代車は走行距離5,000km台のXD Touring、ホワイトレザー仕様にゴチャゴチャ後付けしている愛車に比べてスッキリした黒一色、なんか寂しいような・・・・・

しかし、先ほどの感想はこちらではなく、走りに関して・・・・・・


走行距離が少ないのでまだあたりが付いていないのか、鞭が入っていないのか!?

踏んでも前に進まないというわけではありません。
後続車を引き離しますし、スピードも出てます。 (もちろん、法定速度内で)

重量感というかドッチりした走り、より車重の増えた上級車に乗ったような・・・・・
かといって、トルクはありますから重たくて進まないという感じでもありません。

まぁ、慣れてしまうと、これはこれで良いかと思えてしまいます。


しかし、この感覚が残ったまま引き取った愛車に乗り換えると、

「軽~~~い!」

重量感なんて感じない、コンパクトカーそのもののキビキビした走り!

「やっぱりこっちが良いわ~ぁ!」



尚、代車にも羨ましい点が!



表示がカラーになって標識が表示されるのは試乗で知っていましたが、ナビの目的地走行をするとこちらのように残距離や、交差点でるでの走行車線指定表示もでるんですね?
まぁ、ナビ画面に出る情報ですがちょっと・・・・・



ナビ関係に絡んで確認してみました。

地図更新ではなく、マツコネ本体のバージョンアップが3年の保証期間過ぎると有料になるとかならないとかですが、

現時点の関東マツダ限定対応ですが、保証期限後も無料とのこと。


また、無料更新が終了したナビSDを新たに買うなら、年末年始や夏季のキャンペーン時が10%割引になってお得とのことでした。


自分は延長保証に入っているし、いつでも10%引きになるパックでメンテに加入しているので改めての情報ではありませんでしたが・・・・・・


そのパックでメンテの36か月の車検費用(約4万円)まで含んだものに加入していたので、追加支払いの金額は代行料を含んで3.5万円ほどとの連絡が・・・・・
前車では法定費用だけで5~6万円だった記憶が・・・・・


忘れてました!
エコカー免税で初回重量税が掛かりませんでした!



1.5t未満だと普通は24,600円ですかね?




先ほどの費用にリヤワイパーの交換(フロント交換は無料)のみ追加、加えて2年後の車検まで含むパックでメンテに継続加入しました。




さて、最後は拘り決別報告。

前ブログで、テレビ大好きぶりをアピールしましたが、

車では、一切見ません。



しかし、頭を押さえつけられたり、制限を付けられることは大嫌いなので、

マツコネ対策を施してきました。

対策解除の確認のためにしか見ないのに・・・・・・



今回は、バージョンナンバーも大きく変わったことでついに施行して貰いました。
まぁ、ナビの方は永久対策済みなので安心して・・・・・




また、色々取り外しせず車検に引き渡したので、たくさん外されてビニールに入れられて助手席の足元に・・・・・・
もちろん、一つ一つ報告があり、しかも無料で・・・・


そろそろ、大人になるべく、外したものはそのままにしようかと・・・・・・ (笑)

ナンバー移設やフェンダーガードなど問題なしと判断されたものはそのままですが!































Posted at 2019/01/20 10:19:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | デミオ | クルマ
2019年01月13日 イイね!

4K・8K時代に1K?

4K・8K時代に1K?年末、予定通りの帰省を済ませました。

3年目に計画していた走行イベントは、完遂!?




しかし、プラスαが無く、低迷していた走行距離は伸びないまま車検預け入れとなりました。

まぁ、詳細は車検明けに報告するとして、今回は残念な記録写真を


あと300mほどズレていたら・・・・・



又、昨年中にナビの地図更新を行いました。




最終の無料更新ですね!

来年はどうしましょうかね?
このままいけば、延長保証している次回車検までの5年間は乗ると思いますが、4年目は現在の最新版地図、5年目に新規購入すると更新無しで1年、購入特権の無料更新は使用しないことになるし・・・・・
新しい地図SDを買うべきか、一回のみの更新版にするべきか悩みますね!?
まぁ、7年乗るつもりなら何の問題もないのですが・・・・・・


昨年ナビデータを元に友人と出かけましたが、到着場所は旧店舗の所在地でした。
年度版表示とデータ更新時期に1年ほどズレが有るのは認識していましたのでその誤差かと思いたかったのですが、
何と、移転したのは12年前とのこと・・・・・・・

訪問先と友人に物笑いの種にされたトラウマが・・・・(笑)

は、冗談ですが、最近は知らない場所に出かけることも少なくなってきたので更新無しも一つの選択肢として、暫らくは様子見ですかね?




と、頑張って書いてきましたが、やっぱり駄目だ!?
何とか、年明け初校は車ネタでと頑張ってみましたが話が持ちません・・・・・


無理をせず、いつものネタに戻しましょうかね!?

いやいや、今回は物欲ではなく、必要に応じてでした。(笑)

年明けから、物品購入が続いています。


子供の頃、
「正月元旦は、家に居るもの!」
と外出禁止を強いられ、
「元旦から買い物すると、金使いの荒い人間になるよ!」
と、折角貰ったお年玉も二日以降にしか使えないような躾を受けて育ってきました。(笑)

現在とは異なり元旦営業の店なんて殆ど無い時代に、書き入れ時とばかりに街一番のおもちゃや(プラモデルも充実)だけは開いていたのに・・・・


しかし、その躾の甲斐も無く・・・・・・・・  (大笑い!)





年も押し詰まった頃、個人部屋のエアコンが壊れました。
10月に買い替えたリビング用と同時期設置のモノなので頃合いと言えば頃合い、修理は考えず買い替えることにしましたが暮れの手配は出来ずに初売りを狙い設置は翌週あたりかと考えていました。
元日届いた新聞チラシの初売りセール品には、見込通りエアコンも入っていました。
しかし、ここで「三つ子の魂百まで」幼少期の躾が災いしました。
「元日は、買い物をしてはいけない!」

結果、元日から営業の初売りセールへ、二日に行ったら・・・・・


他店で購入することになりました。(笑)
価格がだめなら設置日対応優先で・・・・
故障・発注・取付が年末休暇中に終了し、休暇後半には快適生活が復活しました。
(初売りセール品だった8日以降だったので返って良かったのかもしれません!?)



もう一つの買い物が、テレビでした。

昨今、若者離れが顕著と言われているモノが大好きです。

カメラ! 時計! 車! ・・・・・

加えてが、テレビです。



何は無くとも、先ずはスイッチオン!
見る見ないに関わらず、帰ってきたら先ずはテレビを付ける生活!?
(妻一人の場合はラジオや読書で時間を潰すことが多いようですが、逆にテレビを見ている時や読書中もラジオの音が・・・・)

見る時間や場所に制限は付けていないので、老夫婦二人(+老犬)の生活ですが、リビング・ダイニング・キッチン・寝室、そして自分の個室にと何処でも視聴できる5台、風呂に入る時にもワンセグ携帯テレビを持って・・・・・


そんな中、就寝前の30分~1時間/日 しか見ない寝室用のTVが・・・・
使用時間と機能を考え、個人部屋用のレグザを回し、個人用を新調することにしました。
レグザはHDD録画対応でしたがシングルチューナーなので裏録画できませんでしたが、寝室用なら問題ないというか、録画機能はいらないので・・・・・

価格帯別に候補は絞っていましたが、先程のエアコン購入の影響から、一段落ちて最低限レベルが基本となりました。

レグザが23インチだったので同じか多少大きいモノ、裏録画できるダブルチューナー搭載が必須項目ですかね?
画質が良いに越したことは無いですが、価格最低限レベルではフルハイビジョンは諦めるしかないのでハイビジョンクラスですかね? サイズも小さいので・・・・・・


  4K・8K と フルハイビジョン・ハイビジョン規格は異なるようですが、数値の計算上では

  フルハイビジョン = 2K

  となるようなので、ハイビジョンクラスだと1Kちょっとになりますね!?



と窓口を広げているようですが、上記の必須2項目より拘ったモノがありました。


テレビ大好き!

「いつでも」「どの部屋でも」テレビが見られるをモットーに5台も設置していますが、
個人部屋用は更に「部屋のどの場所からでも」という条件を追加し対応していました。

「椅子に座って」「テーブルで作業しながら」のメイン使用時に加えて、
「ベッドで寝ながら」「ベッドで腰掛けながら」「床で作業しながら」 


あらゆる位置から見ることを可能にしていたのが、
4軸ガススプリング式 ディスプレイアーム  でした。 
  
高画像は、レグザ時のモノです。

  

  

  

見る時だけでなく、「邪魔にならないように」




対応重量8kg以下、目安サイズ ~27インチ が適応範囲でしたが、多少の重量アップや重量内であればより大きなサイズでも問題無い旨の使用者コメントがあったモノなので、個人部屋用であればほぼ問題なしと踏んでいたのですが・・・・

実際23インチレグザは3kg程度で、標準より締め付けないとガススプリングの強さでアームが勝手に上がってしまうほどだったので余裕も十分、軽ければ40インチぐらいまで行けるかと思っていましたが、実際検討しだすとダメ出しが・・・・

インチサイズが増えると重量増に対応するためか、壁掛け用金具の規格が200×100mm や200×200mmに・・・・・

VESA規格(75×75mm、100×100mm)対応の現状アームでは無理なので、候補にあがった32インチサイズ並びに並行販売している24インチサイズの新型も諦めざるを得ませんでした。

選択したのは初めての中華メーカー ハイセンス(Hisense)のテレビでした。

馴染みのない方も多いと思いますが、既にケーズデンキやジョーシンなどの量販店チラシには普通に掲載されていますし、東芝レグザを使い続けてきた(リビング設置もZシリーズ)身としては悲しいですが、東芝からレグザブランドを買い取ったのもハイセンスです。
現在では世界4位の家電メーカーになっているようです。

昨年末発表のあったハイセンスの新4Kテレビも「レグザエンジンNEO」と「4K・8K衛星放送チューナー」を搭載して上での高画質・低価格は好評のようです。

購入品もレグザ技術搭載前の小型テレビですが、低価格は群を抜いています。

24インチで地デジ・BS・CSダブルチューナー搭載でHDD裏録画対応、メーカー保証3年付きの製品が16,000円ほどで提供できるのが驚きです。

自分としては、トップ画像も含めこちらの画像を見る限りはでは、普通視聴するレベルの映像(+音声)性能は十分確保していると感じていますが、どう思われます?






ちなみに、元々がモニター用なのでテレビでは無意味なこんな形にも・・・



なお、画面画像は撮影時にたまたま放送されていたWOWOW放送番組です。



初期設定やリモコンの反応、HDDの認識も全く問題はありませんでした。

なお、この製品に対するクレームというか指摘の大部分を占めているスタンド部分については幸いにも一度も関わらなかったので不明のまま・・・・・・


今後レグザ技術が更に付加されれば品質レベルも急速に上がるでしょう!?
やはり、国産メーカーが立ち向かうのは難しいですかね?




個人的には想定していた金額を大きく下回って収まったので、年末以前から ポチリ、ポチリ していた物欲分の補填ができ、次から気楽に物欲報告が出来ると喜んでいます。 (笑)

色々と取り込みすぎてごちゃごちゃした初投稿となりましたが、今年もよろしくお願い致します。




Posted at 2019/01/13 10:49:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | 雑感 | クルマ
2018年12月16日 イイね!

パタパタ時計

パタパタ時計若い人は知らないでしょうね!?

一定以上の年齢の方には懐かしいでしょうが・・・・・






とはいえ、年配者でも多くは時計に興味が無い人達ですよね???

門戸を広げましょう!

今は全て液晶表示になっていますが、

  

昔は
空港にあった「航空機発着案内表示版」
駅にあった「列車行先案内表示版」
は、全てパタパタでした。

「記憶がよみがえりました?」

「えっ、まだ分からない?」


じゃぁ、音楽番組の「ザ・ベストテン」は覚えて(知って)ますよね!?

あの「ランキングボード」です。



「今週の第○位」という順位発表の際、ティンパニーロールと同時に曲名と歌手名、そして得点部分が回転、ちょっと焦らした後に止まって表示する仕様でした。
プロデューサーが羽田空港の「反転フラップ式案内表示版」を参考に作成したと言われています。


反転フラップ式案内表示機とは、文字を上下に分割して印刷した複数のフラップを回転させることで表示を行う装置のことです。
一般的には、フラップ切り替え時に出る音から「パタパタ式」と呼ばれています。
(開発者の名前から「ソラリー式」)と言われることも・・・)


この仕組みを用いた時計が「パタパタ時計」です。


同時期に回転ドラム式デジタル時計や回転円盤式デジタル時計も流行ったようです。
 ※ 後日判明しますが、この一文追加には大きな意味が・・・・ (笑)



LEDや液晶などの半導体デバイスによる電子式デジタル時計の普及は1980年代以降と言われていますから、流行ったのは1970年代の後半あたりですかね?

黒柳徹子・久米宏司会で始まった「ザ・ベストテン」の初回放送が1978年1月19日ということですから、大きく外れていないでしょう!?

流石に腕時計へ組み込むような小型化の技術はなかったと思いますが、目覚まし時計では使っていたような微かな記憶が・・・・


「流行は繰り返す!」

SEIKOが当時当時発売していた「パタパタ時計」がこちらのようですが、




今年の8月31日に発売された新製品がこちらです。
セイコークロック FLIP DL213W





流行りの周期は20年と言われていますが、その倍近くですから進歩は凄いですね!
同じフリップ式とはいえ、液晶表示ですからね。(通常表示にも切り替えられるし)
ワイドFMも聞けるし!

時計好きとしては、押さえておきたいですね!





とは、なりませんでした。



結局フラップ式じゃないし、

何より、「パタパタ」しないんですよね! 音が!

「うるさい!」とか「気にならない?」とかいう人もいますが、あの音がいいんですよね!

まぁ、1秒ごとだとさすがに気になりそうですが!?
実際1秒ごとのバージョンも見つけましたがさすがに・・・・・


ということで、セイコーは却下!
変わりにこんなモノを見つけました。





大人の科学マガジン パタパタ電波時計  

手作り! 良いですね!
ノスタルジックなだけでなく近代の電波受信も融合させていますし・・・
加えて、60枚のフラップを一気にパタパタさせるお遊び機能も搭載!
発売は2013年4月18日だが今でも買えるし、価格もお手ごろだし!?


しかし、ノスタルジックとは言えないことはないけどデザインが・・・・・

腕時計はとっかえひっかえしてますが、置時計はほぼ動かすことが無い、あくまでもオブジェというかインテリアグッズ、出来れば感性の一致したほうが落ち着きます。

時間つぶしに最適な手作り?
既に他のモノに手を出していたし・・・・・  (後日報告?)

そして、秒表示の無い電波時計というのにも違和感というか、意味が無い様な気が・・・
時刻合わせ必需品の電波時計は、わざわざ秒の表示部分が大きいものを選んで訳で!





と、いうことで「お前の感性とはこんなものか?」と笑われる気はしますが
選んだものがこちらでした。



部屋にマッチしているかと言われると微妙ですが、レトロ感は感性にばっちりです。
角張ったタイプもありましたが、真鍮風の丸みが・・・・・

上の写真だとサイズ感が分かりにくいと思いますが、思われた以上に大きく存在感があります。
マジョレットとの比較写真がこちら



念のため、2個の防湿庫と並べた画像がこちらです。





パタパタ時計の仕組みはフラップの付いた円柱をモーターで回転、ツメで引っ掛けているフラップが外れて時間を表示します。

1時間に60回の「分」、1回の「時間」の「パタ」タイミングは、ギヤで調整ですかね?
「時間」の「パタ」時に「分」がぴったし同期していますので、そこにも何か仕組みが有るようですね! 自分にはわかりませんが・・・・

一応製品精度は、90秒/月を謡っています。
3秒/日までは正常ということです。(笑)

実際、モーターの回転とツメ引っ掛かり具合が影響しますから、
1分間の「パタ」タイミングを連続で測ってみても、
・・・・60・57・62・61・60・・・・・ 秒と一致しません。

が、一週間単位で測ってみるとほぼ誤差は出ていません。 当たりですかね!?
ただし、時報ぴったりに合わせる機能は無いし、電池を外して調整しても思惑通り合わせられず、隣に置いてある電波時計の6秒位置(遅れ)で時を刻んで、いや、「パタ」を鳴らしています。




こちらが右側の分表示フラップ部分です。



中央にあるつまみで、時間合わせをします。
速く回すと高速「パタパタ」が堪能できます。(笑)

しかし、機能的に逆回転はありませんし、左側の時刻表示に連動、しかも時刻はAM・PM別の24時間表示仕様なので、飽きるくらい「パタパタ」を堪能しないと元には・・・・


さて、60秒ですからフラップ枚数は60枚です。
ここは、当然自分でも理解できます。

しかし、・・・・・・


こちらが、左側の時刻表示フラップです。



御覧の通りAM・PM別の表示ですから、12枚ではなく24枚は必要のはずですが・・・・


48枚!

なぜか、同じフラップが2枚づつ・・・・・


フラップでは無く、頭を煙が出る位回転させて出した考えが、
「同じ直径の円柱に24枚のような少ないフラップでは、タイミング良くフラップが外れないかな?」
と結論付けました。もちろん真偽確認はしていませんが・・・・

ならば、「2枚づつ同時に外れるかな?」とも一瞬考えましたが、回転系でそのはずはないですし、

実際外れたのは1枚のみ!


では、同一回転で外れるなら中間の30分位置と考えますよね?



なんと、外れたのは、


20分位置!



「それ考えると、また眠れなくなっちゃう」  

                   1970年台後半 一世を風靡した 三球・照代の「地下鉄漫才」より
Posted at 2018/12/16 12:01:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | 時計 | クルマ
2018年11月18日 イイね!

人生 1/3は睡眠時間!?

人生 1/3は睡眠時間!?よく聞く言葉ですが、
  確かに実態をついた言葉だと思います。


ちなみに、人生80年とすると、
   睡眠27年、食事に10年、トイレに5年とか・・・・

他にも風呂や洗顔&歯みがきなどルーチン時間が多く、

  残る時間は意外と少ない!?



構成の都合上、1/3 を百分率で表現すると 33.33 % になります。

人生の33.33 % も寝て暮らしていると考えると、就寝環境は非常に重要となります。
皆さん、ベッドやマット、布団や枕 などに、見合う費用を掛けていますか?


何か、似つかわしくない重めの出だしになっちゃいましたが、

安心して下さい!

直ぐに軽~~~い いつものネタになりますから・・・・・ (笑)



さて、たまたま縁が出来てしまった「“時計”生」を考えてみました。


例えば、所有時計は1個、土日関係なく毎日12時間(半日)着用する方のその時計は、
(時計生の)半分が運用時間、残り半分(50.0%)が就寝時間となります。

就寝中も時を刻んでいますが、人が寝ていても臓器は動いていますから同じですね!?


2個で交互に使用すれば、半分の半分なので運用時間が25.0%、就寝時間は75.0%。
3個で交互に使用すれば、運用時間は1/6なので16.7%、就寝時間は83.3%。
4個で交互に使用すれば、運用時間は1/8なので12.5%、就寝時間は87.5%。

以前の統計ですが、所有個数の平均は3.6個とか3.9個だった記憶があるので、上記を押さえておけば大丈夫ですね。

ちなみに、同統計では、時計の所有なし(0個):26%、所有1個:38%位だった様な・・・・
1/4の人は、時計代わりのスマホで十分ということですかね?


さて、たった4個の所有でも、時計生の9割近くを就寝時間にさせているんですよね?
心強い数値が、出てきました!(笑)


我が家の場合、数からだけの単純計算だと2~3か月に1日という結果ですが、実際動いていてもオブジェ化している時計もありますし、以前の投稿では使用にノルマを課している時計の数量を50個としてしました。

「数量は統一した方が良いのでしょうが、構成上の問題や出てくる数値の兼ね合いから純粋な定期使用陣(レギュラー&サブの一軍登録?)だけに絞って続けようかな?」
と、心の声は書きましたが、無かったことにして話は続きます。(笑)

仮に30個、土日含む1か月間の全日使用換算とすると、1か月に1日(12時間)だけの使用になる。

(この様な環境の我が家に嫁いでしまった時計達、
 出来てしまった腐れ縁に対して、果たして、喜んでいるのか? 愚痴っているのか?)


その着用割合は 1 ÷ 30 ÷ 2 ≒ 1.67 % !

就寝率は、98.33 !

いや~ぁ、凄い数字が出ちゃいましたね!?


ほぼ 寝てる! (笑)


感覚では分かっていましたが、数字にすると・・・・・


しかし、本音を言えば、

「たったの3~4個でも8割越え」という方が、驚き! で、 インパクトが強い!?

感覚的にはもっと大きな差が出ていると思っていましたので、これだと、
「8割とあまり変わらないじゃん!?」

ちなみに、60個使い回しのだと99.17% 、75個で99.33%と限りな100%に近づいていきますが、もう麻痺してなんとも感じません!? (笑)


こうなると、30個を25個に減らすとかの問題じゃなく、
3個以上だったら大差ないという話ですからね・・・・


多少(?)の努力や我慢で変わるなら、心変わりや道を残す必要がありますが、
2個にするなんて絶対無理ですから、スッキリ諦めが出来ました!

これまでは無駄に数を増やしてきたことに、多少の罪悪感を持っていましたので・・・・

まぁ、浪費してきた事実に変わりはありませんが・・・・・・・


しかし、このスッキリ感と引き換えに更なる浪費に向かう羽目になるとは・・・・・・



30%台の“人(間)”以上、8割がたが就寝状態である“時計”達の就寝環境を整えるのは
所有者の義務である!





と、いうことで、
ほとんどの時間を過ごしている住み家? いや、 部屋? いやいや、 ベッド? を新調(増築)しました!

今までを二階建てのアパートと例えるなら、





ちょっと奮発しましたので、5階建てマンションとでも呼びたいですよね!?

誰かに見せるわけでもありませんが、ちょっと立派になって本人は大満足です

が、



妻 曰く、

「 店でも、始めるの!?( ※ )」

  ※ 怒 or 呆 or 悲 or 哀 or  ・・・・・・






合わせて、併設ショールームもマンション横に新設です。

新設となれば一般的には高級・お気に入り路線の展示になると思いますが、当方普通じゃないので、変わり種路線を選択。
これも誰かに見せるわけじゃないけど・・・・


併せて、以前も飛び地に置いてあったリタイア後の余生(記念)展示&工具展示コーナーも、同時リニューアルオープン。

幅をきかせていた工具類をバックヤードに収め、余生展示を増やしてみました。
アクセントとしてミニカーやボトル、ケースなどを配置したのでちょっとはマシに・・・





さて、マンションの一階フロアはこんな感じです。(全フロア共通)



従来の4ルームから5ルームに増えましたので、1ルームあたりの幅は若干狭くなりました。ネームプレートも併せて小さくリサイズ。




これを5段積み上げると非常にコンパクトで5階建てマンションが出来上がります。





では、

マンションと呼ぶのは、おこがましいですよね!

これなら、縦にアパート積み上げて6階建てにした方が、建付け良さそうだし・・・








各フロアのサイドには溝が切られており、これを決まった位置に嵌め込むと高い天井が生まれます。
それでは、公開いたします。





いかがですか?
なかなか立派な建屋でしょう!?





マンション外壁の3方向がガラス張りというのもゴージャス感アップの要因かと思っています。
見えにくいですが、唯一の通常壁(後方)側の内装は鏡張りです。(笑)



そして、こちらがショールーム。



こちらも3面がガラス張りで、内装1面が鏡張りと仕様は共通です。(笑)
上下2段に仕切られていて、2階フロアの床もガラス仕様です。






各種時計スタンドを中心に小物雑貨やグラスなどを配置、時計の内部構造や内部機能ではなく、見た目勝負の外観が「変わった時計」を入れてみました。

ここでのポイントは、ミニカーのシトロエンコーナーにくすぶっていたピンクの2CVをひのき舞台に上げたことでしょうか? (笑)



同じく、リニューアルルームの方は、サイズ的にも大きいラリーカーを同じく表舞台に!
2台とも頂き物ですが・・・・・






さて、今回投稿分の画像・文章を用意したのは、半年以上も前・・・・・


ここに写っていない時計が、 一、二、三、・・・・・・・・・・


もう一棟マンション買うか!?  (笑)



Posted at 2018/11/18 13:04:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | 時計 | クルマ
2018年10月31日 イイね!

蕎麦抜き信州同窓会

蕎麦抜き信州同窓会
先週末 2年ぶりに参加してきた。









とは言っても、自分が一番遅い合流で翌朝は友人と早めに旅立ってしまい、一緒に過ごせた時間は僅かしか無かったのだが・・・・

それでも、気心を知っている友人達との時間は、たとえ短い時間であったとしても非常に楽しかった。






何より、短い時間を更に短くしたのは自分自身であった。

欠席となった昨年以降、移動手段としての乗車はあったが、遠出というか、運転を楽しむ外出はほぼ無くなっていた。

同窓会参加の為の高速一本道の単調な往復ではなく、

途中で峠道や旧道を抜けながら運転を楽しみ
行った感の残る旧跡地へ訪問と撮影
そしてメインの同窓会参加

と、「一粒で三度美味しい」週末小旅行を企てた!


結果、メンバーとの行列のできる蕎麦屋ランチは諦めた・・・・


帰宅時の状況がこちら。



久しぶりということや、老いから来た体力不足で、帰宅後は寝てしまったが、
絶対的な数値や能力は低くとも、意のままに反応してくるコンパクトでトルクフルな走行は楽で、運転の楽しみが蘇えった。

渋滞や山登り、峠道走行を経た割には燃費も立派で・・・・・



さて、出だしは好調であったが川越インター前の車両火災に巻き込まれて、第一訪問地への到着は1時間遅れとなった。

そして、全く予想もしていなかった「碓氷峠ラン184」開催。



走行規制(通行止め)が掛かるまでには20分弱しかなく、駐車場で「9時までに戻ります。」と待機していた運営スタッフに告げて「碓氷第三橋梁」へ向かいました。

この時点で「本当に時間通り戻らないと3時間以上足止めですからね!」と釘を刺されていたのですが・・・・

やはり、時間が短い! 忙しい!
撮影こそ何とか済ませましたが、設定や条件を変更・考える余裕もなく・・・・

まぁ、引き換えに、人影は全く無く、通常では難しいだろう無人の名所風景画像を手にすることが出来ましたが・・・・








さて、駐車場に戻ったのが9時5分過ぎ、規則を前面に出し足止めを主張する若い警備員を年配者が宥めてくれて無事脱出成功。

但し、軽井沢側に直接は抜けられず、一旦安中市側に戻ってバイパス経由で軽井沢に向かうことに・・・・

しかし、これが「災い転じて福となす」となりました。

旧道は道も狭く細かいコーナーが続き、楽しい反面、気を使っての運転になります。
規制で他の車両が走っていないにしても、本人が思っている以上にスピードも出ていないでしょうし・・・・


一方、バイパス側は道幅も広くよく整備されており、傾斜のきつい部分では登坂車線が用意されており、煽り運転ではないにしても遅めの車両は左車線を走ってくれますので、トルクフルな車両の特性を生かした中速でぐいぐいと進む走行が実現!(喜)

走りに関しては、この旅一番の楽しさを堪能できたかも・・・・



続いて立ち寄ったのが、懐かしい気持ちで出かけようと思った懐古園。

学生時代近くにあったので懐かしさはありましたが、記憶は・・・・

立ち寄ってみて初めて思い出しました!

門と石垣だけ・・・・・(笑)






紅葉もまだ2~3分ということで、ここも短い時間で去ることに・・・・



当日夜見たテレビでは、軽井沢雲場池の紅葉が一番の見頃で訪問客が一杯との放送が・・・・
選択を誤りましたかね!?



その後ブラブラしながらホテルに到着、荷物を預けて市内へ!

訪ねた馴染みだった喫茶店は、残念ながら別業態に変わっていました。
 
数年前は営業継続確認もタイミング悪く当日は臨時休業の看板が・・・・
次回を期待していたのに、残念ながら縁が無かったですかね!?

仕方なく、同じく馴染みだったカレー屋



こちらは人気継続中の様で、遅い時間帯にもかかわらずカウンター席以外は満席!

ルーは残っているもののライス切れで危うくアウトになるところでしたがギリギリ滑り込み、何とか昼食を取ることが出来ました。


さて、同窓会は従来同様メンバー交流が重要項目となっていますが、今回はもう一つイベントが用意されていました。

「夕食!」


しかしながら、遅い昼食で夕食までの時間が少ない上にカレーというインパクトのある食事、どちらかと言えば繊細な味わいを楽しむ夕食が控えているのに最悪の選択・・・・

友人たちの早めの蕎麦昼食が理にかなっていましたね!?

せめて腹ごなしをと、時間一杯市内を徘徊することにしました。








さて、夕食は宿泊先とは離れた場所にありましたが、車ではなくこちらで向かいます。







別所温泉には何度も出かけていますが、既に車を持っていたのでその記憶しか・・・・
そんなことは無いと思いますが、初乗車だったかもしれません!?


最寄り駅で送迎車に乗り換えです。


別所温泉は、信州の鎌倉とも呼ばれ、真田氏ゆかりの里としても人気のある観光地です。

より名の知れた長野「善光寺」の正式参拝方法である両詣りの地「北向観音堂」や国宝 八角三重塔(安楽寺/日本最古の禅宗様建築)、そして外湯めぐりなどが目玉でしょうか?

そして、秋限定にはなりますが、観光客が訪れる場所があります。
上田市塩田平一帯は有数の産地として名が知れてます!


松茸!



ということで、今回のメインイベント

~別所温泉松茸山小屋~  二幸園



で、松茸なべ、松茸どびんむし、松茸茶碗むし、松茸天ぷら、焼松茸、松茸ごはん、松茸汁、香の物、他一品 と松茸三昧を堪能です。












奮発しましたね!

贅沢したので気が大きくなっちゃいました。


上田電鉄別所線は二両編成ですが、半分の一両を貸し切り使用で帰ってきました。(笑)





ホテル近くに戻って、交流会の続きです。

しかし、老人たちの夜は早い!    早々とホテルに戻り就寝です。

しかし、しかし、老人の朝は早い!(様だ)  朝の散歩を済ませ7時過ぎには朝食!
又もや、自分が最終合流・・・・・


がっちりバイキング朝食を詰め込み、8時30分前にはメンバーを残し友人と出発。


友人の今後を左右する重要な儀式に立ち合いです。 (意味深?)



終えた後、近くの白樺湖へ。



遥か昔の記憶を呼び戻そうと散策しましたが、数十年という年月は思っていた以上に長いらしく、面影は見つけられませんでした。



     

もっとも見つけたかった面影は、場所ではなく、付属する記憶たったのかもしれませんが・・・・(笑)





それにしても、蕎麦は食べるべきであった!!!!



Posted at 2018/10/31 21:06:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | | クルマ

プロフィール

「初回車検終了 異常なし! http://cvw.jp/b/329879/42427618/
何シテル?   01/20 10:19
DEMIO XD Touring L Package 乗りのシャイなおやじに代わって、犬嫌いな豆柴モモがお話します。  (2004.3.24生まれ 柴犬 ♀)...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
10年間のフランス車乗りを経て国産車に復帰。 選んだのは初マツダ・初ディーゼル車! どの ...
トヨタ ソアラ トヨタ ソアラ
初代 ソアラ 2000VR コンプリートカー「EX-8」のスタイルに一目ぼれ。ソアラ発 ...
トヨタ セリカ トヨタ セリカ
初代 セリカLB 1600GT  (LB:リフトバック) ヤマハ製の名機2T-G型エン ...
トヨタ コロナ トヨタ コロナ
四代目 トヨペット コロナ 2ドアハードトップ 1700SL ツインキャブ型SOHC1 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.