• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

く まのブログ一覧

2018年04月21日 イイね!

シビックタイプR乗りました。

シビックタイプR乗りました。近場のお店に配備されていたので
試乗させて頂きました( ;´Д`)

見た目は、ノーコメント(笑)

やはり購入されるのは歴代タイプRオーナーが
主体の様です。
タイプRは査定が良いので
買い替えやすいそうです(笑)

エンジン始動すると低めの音質ですが
拍子抜けする程静かです。
ブリッピングさせるとホンダエンジンらしく
滑らかで軽々回るのが印象的です。

シートは背筋が伸びる感じでやる気にさせますが
メタボ認定資格者(笑)の私でもゆったりしています。
ステアリングにクラッチは軽めのタッチで
気難しさはありません。

コンフォートモードで走り出してみます。
覚悟していた乗り心地は路面が良好な限り
こちらも拍子抜けする程快適です。
Rモードで少し固められますが
それでも拍子抜けと言った印象です。
歴代タイプRオーナーからの普段乗りに使えないと
評判が良くなかったのでしょうか(笑)
ただし大きな凸凹ではかなり揺すられるので
ここでタイプRだと思い知らされます(笑)

タイプRのアイコンとも言えるチタンノブを採用した
シフトはかなりショートストロークで
カチカチと決まるので快感です。
速度問わず入りも良好でさすが最新のクルマです。

スポーツモードにして踏み込んでみますが
2速でもブースト掛かるとホイルスピンします。
ターボの効き方は明らかにピークパワー重視で
途中から急に盛り上がるフィーリングです。
ステアリングさえ進行方向にしっかり握っていれば
トルクステアこそありますが
トラクションコントロールのお蔭もあり
キチンと切った方向に進むので安心感はあります。

ただ、FFなのでブーストが掛かると
ホイルスピンするだけで、一般道でトップエンドを楽しむことは
困難かなと思います。
高いギアで引っ張れば当然速度がアレなわけでして( ;´Д`)
やっぱりタイプRって引っ張って味わいたいと思うのは
古い人間なのでしょうか( ;´Д`)

Rモードにしても変化は控えめですが
乗りやすいのには変わりありません。
一つだけ大きな違いがRモードでは
ブリッピングコントロールが動作するので
回転合わせが自動化されますが
リラックスして運転している時に
自動化して欲しい気もしますので
任意にオンオフしたいと思います。

街乗りですのでフットワークはコメント出来ませんが
悪い訳は無いですよね。

後にタイヤをチェックしたら
245サイズのコンチネンタル スポーツコンタクト6が
装着されていました。
皆さんホイルスピンするのかフロントはそれなりな状態でした(笑)

結局のところ、試乗した範囲では
音もおとなしく、荒々しさは控えめな事もあり
思ったより普通なクルマで踏みちぎろうとすると
サーキットしか無いのかなと思います。

見た目は違いますが(笑)

リアシートも広いので、マニュアルでスポーツ心のある
クルマでオールマイティに使いたい方には
良いのかもしれません。
Posted at 2018/04/22 10:17:28 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年04月14日 イイね!

自動車評論家ってどんな基準なのだろうか。

最近では新型車のインプレッションは
すっかりwebで見ることができるようになりました。

ただ、そのせいで紙媒体の立場が苦しくなっているが現実です。
しかしながら、質の高いインプレッションは紙媒体に集中し
webで無料で見られるインプレッションについては
著しく質が落ちているように感じられます。

先ほどもwebCGのインプレッションを読んでいたのですが
最後まで読み切るのが猛烈に苦痛な記事がありました。

http://www.webcg.net/articles/-/38596

以前よりこういったケースは散見されますが
これを寄稿して報酬を得ているのであれば酷い世の中になったと言わざるを得ません。

私も偉そうなこと言えませんが、まず日本語として成立していない。
インプレッションとして読み手が期待していることが書かれていない。
意味不明な脱線が多い。
個人的な事が書かれている・・・

絶句しかありません。

私がインプレッションに期待するのは、その車に乗ったフィーリングがどうなのか。
どんな突き抜けた点があるのか。
逆にどんなマイナスポイントがあるのかが知りたいのです。

その情報をもとに、自分が乗るのに向いている車なのか。
購入対象となるのかを選択する情報源であると思います。

私も試乗した感想をよくUPしますが自分への忘備録的な側面として
のちに読み返したときに記憶が蘇るように
感じたことをアウトプットするようにしています。

皆様如何でしょうか。
Posted at 2018/04/14 09:59:51 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月31日 イイね!

マウス沼その2(今回こそ多分完結?)

マウス沼その2(今回こそ多分完結?)新調したPCに合わせて購入したHP純正マウス。

起動時やスリープからの復帰などの接続は純正品らしく
スムーズで問題はないのですが
先日早くも電池がなくなりましたOTL

あと、欧米人向けなのかサイズが大ぶりで
手に馴染まず落ち着かない
チルトホイールがない・・・

といったことで再び沼に(^-^;

他に質がよさそうなマウスとなると・・・
マイクロソフトがありました。

で、調べてみるとBluetooth Mobile 3600 Mouse
という製品が世代が新しく、チルトホイール装備で
電池も単3を1本のみで1年間持つ(メーカー公称値)と
ロジクールに近いので購入してみました。

写真手前が今回のマイクロソフト製です。
ぷっくりと小ぶりですが、手の一部の様に馴染んで
操作感はドンピシャ!
Bluetoothのペアリングも問題なし。
起動時やスリープなどの接続もいたって快適と
遂に理想のマウスか!と色めき立ちましたが
チルトホイールが「横スクロール」以外に使えない仕様でしたOTL

ロジクールのホイールではチルトホイールを
主にブラウザの「進む」「戻る」で利用して快適だったのが忘れられず
これではチルトホイールの意味がなくてガッカリでしたが
諦めが悪い私は何か手立てがないかと探して・・・

ありました(笑)
フリーウェアの「HUT」というソフトです。
マウスの動作を好きなコマンドに自在に割り当てられるという
もので、横スクロールをブラウザの進む戻るに割り当てたらバッチリ動作♪

今回こそこれにて完結しそうです(^-^;


たぶん(笑)
Posted at 2018/03/31 18:03:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月15日 イイね!

Golf DYNAUDIO Edition 聴きました(^-^;

前回に続き春のVW祭りです(笑)

前回のお店にはDYNAUDIO Editionが配備されていなかったので
訪問したのは別のお店です(^-^;

さて、なぜDYNAUDIO(ディナウディオ)なのか
なぜ「聴きました」なのかというと・・・

DYNAUDIOはデンマークのハイエンドスピーカーメーカーで
個人的には初代V70に乗っていた時代に
仲間の皆さんとカーオーディオに深くハマっていて
当時カーオーディオ用としてもハイエンドオーディオスピーカーの
憧れの存在であったのがDYNAUDIOです。

近年メーカーOPTのカーオーディオにはホームオーディオで定評のある
ブランドを各メーカーこぞって採用しており
VW車がコラボしているのがDYNAUDIOと言うわけです。

ところが日本仕様のVWにはDYNAUDIOオーディオの設定がなく
悶々としておりましたが、この度限定車で設定されました。

ということで、そんなVWのDYNAUDIOを聴いてみたい!!
とお店に突入してきました(^^)/

前置きが長くなりましたが
訪問したお店には今回DYNAUDIO Editionが設定されている
Golf VariantとTiguan両方が展示されており、いきなりテンションMAXでしたが
Tiguanはバッテリー上がり寸前ですぐにシャットダウンされてしまうため
Golf Variantで聴いてみることにしました。

営業のお方が気を利かせてくれて
キーと音源の入ったSDを持ってきてくださり
エンジン始動させずにシステム起動し、窓も閉めてくれました(*´ω`*)

早速気合を入れて聴こうとしましたが、SDに入っているのが
なぜか80~90年代の歌謡曲なのと、ファイル形式がwmaのみと意気消沈。
仕方なく自分のスマホをBluetooth接続してスマホ内の非圧縮音源で聴くことにしました。

肝心の音質は・・・自動車用ライン装着品という前置きこそありますが
DYNAUDIOらしい低域から広域まで伸びのあるフラットな音色が
過去の記憶をフラッシュバックさせてくれます。
低域も量感は十分ありますが、決してブーミーではなくがっちり感さえ感じられます。
トーン調整は全てフラットにしておきましたが、これでも十分と思わせるだけの
実力があり、とてもGolfの純正オーディオとは思えない世界です。

Golfクラスの車両では随一の高音質ではないかと思います。
恐れ入りました。
次期XC40にもB&Wが設定されるかと思いますが
オーディオにおいてはこのDYNAUDIO Editionと
ガチンコ勝負になりそうなレベルであるといえます。

ということで、今GolfやTiguanを買いたいという方には
Highlineよりさらに装備をマシマシにしてあることもあり
またとない機会ではないかと思います。

その代わりお値段は・・・ですが(^-^;

あと、本当はパサートやアルティオンにこそ
日本仕様には設定すべきかと思いますが・・・


3/16追記
そういえば、ボルボの初代C70にDYNAUDIOオーディオの設定があったのを思い出しました。
フロントSPは3way構成で情報量が多い印象でしたが、当時の純正オーディオですので
近年のブランドコラボオーディオとは基礎体力からして全然比較になりませんが(;´∀`)
Posted at 2018/03/15 23:14:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2018年03月05日 イイね!

パサートTDI乗りました。

試乗ネタがご無沙汰となっておりましたが
単に乗ってみたい車が思い浮かばなかっただけです(^^;

さて、待望のVWディーゼル車日本導入第一弾となる
パサートTDIでございます。

試乗車はヴァリアント(ワゴン)のエレガントライン(従来のコンフォートライン)です。

見た目は同じなのでバッサリ省略します(笑)

エンジンを始動すると、予想よりエンジンが遠くに感じる静粛性で
音色は軽快な感じです。

早速走り出してみます。
出足は予想よりもっさりとしており、DSGらしくMTチックなクラッチワークが感じられます。
走り出してしまえば必要十分な動力性能ですが
パワー感を感じさせる設定ではなく、明らかに扱いやすさ重視の穏やかさが印象的です。

巡航速度に達すると、VW車らしく鉄壁の安定感、思わず背筋が伸びるシートに
唸らされてしまいますが、目の前の景色は500万円に達しようとする車という事を
最新世代の車として考えると殺風景すぎる印象でした。

交差点で停止した後の再発進では特にもたつきが大きく感じられ
ストレスに感じるシーンが散見されますが、大きく踏み込むと速いと感じるほどの
動力性能がありますので、DSGもしくは意図的なセッティングかと思います。

お店の方に「いかがでしたか」と聞かれたので、率直に申し上げ
V60が非常に気になるとも話をしたら、同様のケースが非常に多いとのことでした。

ボルボのディーゼル車はパワー感が明確で、パワーソースの満足度が高く
そこに最新世代のデザインと装備が備わったら・・・好みはあるでしょうが
おのずとどちらが主流になるか答えが出てしまいそうです。

特にニューモデルが出るたびに完成度がハイペースで高まっているのを考えると
XC60の完成度を超えて来ることも予想されるわけで
非常に苦戦を強いられそうな気がします。

勿論好みの問題もありますので、シンプルに道具的に使い倒したい。
見た目よりスペース効率といった志向であればパサートが第一候補かと思います。

個人的には金額なりに乗るたびに気分が上がる何かが
高額な車には必須と考えているのでこういった書き方になってしまっています(^^;
燃費に環境性能が重視される現代だとW8のような
キャラが立ったパワーソースも望めないので厳しいところです。

あ、夏から秋にかけて
ティグアンとゴルフヴァリアントにディーゼルが設定されるそうです。
どうやら本命の前に少しずつ日本にディーゼル車出して
市場の反応を伺っているような気もします(;´∀`)
Posted at 2018/03/05 17:37:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

試乗が趣味みたいになっていますが、自分のクルマに対する判断基準をそれなりに保つためと、対応いただく販売店様の都合も考えながら一応購入の可能性も念頭に置いて乗って...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

メタボ予備軍からはじめるロードバイク 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:18:52
 
VOLVOLVO!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:18:00
 
VOLVOLVO!! みんカラ版 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/02 21:17:18
 

ファン

81 人のファンがいます

愛車一覧

レクサス RXハイブリッド レクサス RXハイブリッド
なぜかNXからRX。 200tはNXで体験済みだったので 今回は450hのFスポにしま ...
トヨタ プリウス トヨタ プリウス
20プリウスからの乗り換えです。 TNGAとコラボな この写真を撮りたかっただけです(笑)
マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
19年のブランクを経て再びNAロドのつもりが M2 1001に巡り合い即決してしまいまし ...
レクサス NX レクサス NX
ノーマル維持が基本ですが、どうなることやら。 NX200t FスポーツAWD 外装  ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.