• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

森川オサムのブログ一覧

2018年10月22日 イイね!

Congrats!! Kimi

いや~やりました!

今朝終わったF1。久しぶりに面白いレースだったし、チェッカードフラッグまでドキドキできました。

テキサスはオースティンというところでのUSグランプリ。キミ・ライコネンが、フェルスタッペンとハミルトンを抑えきり僅差で優勝です。


今週39歳になったキミですが、なんと5年半ぶりのトップ・チェッカー。2013年開幕戦のオーストラリアをロータスで勝って以来だそうです。2009年にフェラーリをやめてF1から一時抜けて、3年ほどラリーに参戦。WRCにも出てましたが、ぱっとせず、F1にカムバック。その後フェラーリに復帰するも、チームメイトのフェッテルのナンバー2扱いでなかなか勝てず、数戦前のイタリアでも惜しいところまでいってたのですが、ようやく勝ちました。

来シーズンはザウバーへの移籍が決まったので、今年中に勝てないともう難しいと思っていたら、あと4戦というところでの勝利でした。めでたし!


さて、今回の飲み食べ観戦は、午前3:10スタートと時間が時間だったので、ごく簡単に、でもアメリカっぽくきめました。


alt


コークにポップコーン! アメリカでしょ。


でも、ウチでコーク探したら、1本だけあったのは、上の画像でわかるとおり(見えないか)なんと長野オリンピック記念ボトル!

ってことは・・・ちょうど20年熟成!? 栓を空けて恐る恐る飲んでみたら・・・炭酸もだいぶ抜けてるし、味もヘン。やっぱりダメダこーら、でした。



Posted at 2018/10/22 12:04:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2018年10月18日 イイね!

F1だったら

今朝の新聞を開いておもわずつぶやいてしまいました。


alt


「F1だったら面白くなったのに・・・」


今週末はUSグランプリ。

こちらのメルセデスは失速しないでしょうから、今年のチャンピオンが決まってしまいそうです。


北米でのGPは例によってヘンな時間の中継になってしまうので、さて飲み食べはどうしましょう・・・・


Posted at 2018/10/18 17:16:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2018年10月15日 イイね!

良くも悪くもオフロード

そしてそのラングラーを走らせてみての感想です。


オンロードでは、4気筒2リッターの Unlimited Sport を、オフロードでは3.6リッターV6の Rubicon を走らせてみることができました。

オンロードでの印象をひとことで言ってしまうと、やはりオフロードカーに乗っているな、ということ。最近のSUVは、SUVとは思えないオンロードでの立ち振る舞いをするものになりましたが、ラングラーは違いました。例のバネ下がぼよんぼよんする感覚がしっかり残っています。たぶんこれは主に、オフロードでの走破性能を重視したサスペンションの躾と、ブロックが大きなタイアがもたらすものだと思います。

ライバルであるランドローバーだと、ディフェンダーや、初期のディスカバリーに乗ったときの感覚に似ています。


エンジンはトルクフルで、オンロードでも走り易いものでした。ボディの大きさの割には、四角いので感覚がつかみ易く取り回しに問題はありませんでした。ただし、運転席からは見えないところにフェンダーが張り出しているのは注意が必要。

パートタイム4WDのトラスファーが突き出しているのは、オフロードカーらしさいっぱいです。


alt


ルビコンで走ったオフロードは痛快。


alt


ボンネットにある黒いふたつのラッチは、ウィンドシールドを前に倒す時のストッパー。


alt

公道ではできませんが、こういうところで遊ぶときに倒せば「ワイルドだぜぇ」。(旧すぎだぜぇ。)


このラングラー、まもなく発売になりますが、ルビコン仕様は数か月遅れるようです。


alt


ランドローバー・ディフェンダーがついにディスコンになってしまったいま、硬派のオフロードが欲しければこいつしかありませんね。(あ、小さくてよければジムニーが。)

でも、そろそろディフェンダーも新型が出そう・・・?


Posted at 2018/10/15 23:06:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | New Model | クルマ
2018年10月13日 イイね!

11年ぶりのラングラー

11年ぶりに新しくなった Jeep Wrangler に、名古屋近郊の猿投で乗ることができました。

さなげアドベンチャーフィルドは、ランドローバー時代に、ちょくちょくセールス・トレーニングなどで使っていたところで、とても立派なオフロードコースやらキャンプ場やらがあります。


ジープ・ブランドの日本での販売は、2010年から5倍以上に躍進しています。その年間11,000台ほどの約4割をラングラーが占めるそうですから、大切なモデルなんですね。なんとBMW X3と販売台数を競ってます。

ラングラーがUS外のマーケットで一番売れているのが日本だそうで、中国、韓国、ドイツと続きます。アジアで強し!


1941年に軍用ウィリスとして生まれ、45年に一般用として販売されたのがCJと呼ばれるモデル。それからYJ、TJ、JK(女子高生にあらず!)ときて、今回がJLという呼称だそうです。


alt


完全に新しくなったJLですが、スタイリングは完全にキープ・コンセプトです。左右から丸いヘッドライトに侵食された7本スリットのグリルや、台形ホイールアーチなどなど。


リア搭載のスペアホイールの真ん中見えますか?


alt


ついにラングラーにもリアヴューカメラです。

リアゲートをそのスペアごと開けると、真四角ていかにも使い易そうな空間が。


alt


でも、開けるためには、後ろにこれだけのスペースが必要です。


alt


アメリカですから「そんなのカンケーねー」(旧い)でしょうけど、日本では・・・


ハードトップは左右2枚に分かれていて、これは簡単に外せます。


alt


さらにはドアも外せて、リアのルーフとサイドパネルも一体で外せてしまいます。

例えば、ドアを外すには車載工具でボルトを緩めることが必要なのですが、なんとヒンジにはその工具のサイズが刻印されてます。親切ではあります。


alt


まあ、このあたりがラングラーファンの琴線に触れるんでしょうね。


エンジンは3.6リッターV6と4気筒2リッターターボの2種類で、共に8速A/Tと組み合わせられます。

出力は3.6V6のほうが284PSと347Nmで、2リッターのほうが272PSと400Nm。2リッターのほうがトルクが大きくなっています。


alt


上の画像はV6のほうです。


alt


走っての感想は次回ということで。


Posted at 2018/10/13 15:07:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | New Model | クルマ
2018年10月10日 イイね!

X4は素晴らしい?

秋の香りがする箱根ターンパイクで、新しくなった BMW X4 に乗ることができました。


alt


ひとことで言ってしまえば「素晴らしい」出来です。

5m動かしただけで、BMWらしいエンジニアリングの深さが感じられました。素晴らしい。


alt


特に、乗ったのがM40iというトップエンドだったので、例の直列6気筒を搭載していて、BMWらしい実に滑らかに吹き上がるエンジンでした。素晴らしい。


alt


足回りも”緻密な”チューニングを感じられ、適度なロールも伴い、滑らかに走りました。素晴らしい。


なので、わざわざネガを探しました。

まずは、クーペのSUV(BMWではSAVと呼びますが)なのでスタイリング重視。そのせいだろうと思いますが、リアウィンドウの天地が薄すぎ!


alt


リアヴューミラーではこれしか見えません。


alt


バックもしづらい。まあカメラは付いてますけど、やはり自分の眼で見るのが原則。(と思ってます。)


それと、BMWらしくサイサポートの前後長も調整できるシートだけど、コーナリング中に横サポートが緩く、背中が滑りやすい。

まあこれは私の背中がもっとがっしり男らしければ問題無し・・・か。


センターコンソールにはリモコンキーを差し込めるところが設けられていて、これはナイス。


alt


いつもどこに置こうか迷いますから。このままリッドも閉められます。ナイス。


でも最後に”素晴らしい”理由がわかってしまいました。

この3リッター360PSのトップエンドのM40i、なんと977万円もします! なら素晴らしくないと困りますよね。

ちなみに、4気筒2リッターのxDrive30iなら764万円。こちらでも多くの部分の”素晴らしい”ところは同じだと思いますけど。


今日は走らせたクルマもキモチよかったうえに、お天気もよく、富士山もキレイでした。


alt


お猿さんも出迎えてくれたので、モンキは言いません。


alt

Posted at 2018/10/10 18:28:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | New Model | クルマ
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「昨日ジュネーヴが今日東京で! http://cvw.jp/b/951168/39425567/
何シテル?   03/08 16:33
学生時代からラリーやレースのモータースポーツにはまり、WRCモンテカルロラリーには1976年から97年までの間に7回遠征しました。 慶應義塾大学工学部卒業...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

森川オサムHP ”Sur le sommet du Col de Turini” 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/21 15:23:34
 

ファン

179 人のファンがいます

愛車一覧

ランドローバー レンジローバースポーツ ランドローバー レンジローバースポーツ
以前に乗っていたレンジローバーの気持ち良さが忘れられず、戻ってきました。現行はあまりにも ...
ポルシェ 993 カレラ ポルシェ 993 カレラ
3台目の911。快調に働いています。
フィアット アバルト・500 (ハッチバック) フィアット アバルト・500 (ハッチバック)
プジョー206のあとがま。ワンぐるまとしても活躍しました。
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
BMWの広報もやっていたのに、所有するのは初めて。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.