• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

森川オサムのブログ一覧

2013年12月29日 イイね!

暮れも押し迫って乗りました。

クリスマスイヴに箱根で働いていたのは、フォードジャパンの広報のみなさま。ごくろうさまです。

で、今回乗ったのはこれ。日本では暫く途切れていたのに、来年2月から復活するFiestaのニューモデルです。



フォードの、いちばん小さなハッチバックですが、どうですか? ちょっとアストン顔じゃないですか? トヨタiQをモディファイしたシグネットより、こちらをベースにしたほうが楽じゃないですか?

1976年に初代が発売になってから、これまでに全世界で1,500万台が販売されたそうです。昨年は72万台で、Bセグメント世界一だったとか。全車車名別ランキングでも6位で、ちなみに首位は兄貴分のFocus。

今回のが7代目にあたるフィエスタ。開発は独ケルンで行われ、ドイツ、インド、中国、タイ、メキシコ、ブラジルの6工場で生産されるのだそう。日本向けは、なんとケルン工場から来るそうです。

エンジンが注目で、はやりのダウンサイジングによる、3気筒1リッターターボ。100PSのエンジンに6速のツインクラッチA/Tが組み合わされ、しっかりとした足回りとともに、小気味よい走りでした。

ただ、マニュアル・モードで3速から2速へシフトダウンしようとすると、3速3,500回転以上だと受け付けてくれませんでした。ダウンしてもオーバーレヴする回転数ではありません。乗った個体だけの不具合かも・・・?



キリッとしたスタイリングと乗り心地で、今年最後を締めくくってくれました。

その試乗コースの途中でみつけた、冬の相模湾の景色です。

Posted at 2013/12/29 11:34:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | New Model | クルマ
2013年12月24日 イイね!

ロータリーエンジン死なず

あのMAZDAのロータリーエンジンの未来を体験しました。

先週、マツダのR&Dセンターで試乗したのがこれ。



デミオをベースにしたEVです。既に広島のほうで官公庁を中心に100台ほど稼働しているそう。

そして次に乗ったのがこちら。



同じくデミオEVのレンジ・エクステンダー付きです。
そのシャシー後端に積まれた、発電専用のレンジ・エクステンダー・ユニットがこちら。



あのヴァンケル式ロータリーエンジンが使われているんです。



シングルローターの330cc。それを水平置きして、ベルト駆動でジェネレーターを回して発電します。水平置きしたことで、平べったいユニットができあがっています。
確かに、ロータリーエンジンはコンパクトなので、こうしたユニットには向いているのかも。

マツダの意地でロータリー存続ですね。

こちらは私が乗ったロータリー。





上が1979年のWRCモンテカルロ・ラリー。下が2009年のヒストリック・モンテ。ともにチュリニ峠でのショットです。
Posted at 2013/12/24 09:35:34 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2013年12月19日 イイね!

小林彰太郎さん

先日亡くなられた小林彰太郎さんのお別れ会に参列してきました。

小林彰太郎さんといえば、みなさんご存知のとおり、日本のモータージャーナリズムを確立されたと言ってよいかたで、カーグラフィックを立ち上げて、初代編集長をなさったかたです。現在私が所属するAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)でも、以前は副会長もなさっていらっしゃいました。

私は、ローバー、BMW、ランドローバーの広報をしていたときに、たいへんお世話になりました。特に、英国ブランドをやっていた際は、英国通の氏とつながりが深く、いろいろ教えていただきました。海外試乗会でも何回もご一緒いただきました。

いつだか、CG編集部から電話がかかってきて、「リヴァプールの写真に写っている建物がなんだかわからない、と話していたら、ウチの小林が『リヴァプールならビートルズの森川さんに聞きなさい。』と言うので・・・」って。「いくら私でもそんなのわかりません。だいいち私はビートルズじゃないし。(好きだけど!)」  なんてことがあったのを懐かしく思い出しました。

会場には、氏が所有されていたヒストリックカーが。



たしかこの他にも、お生まれになった1929年製のオースティン・セヴンもあったはず。

大勢のかたが参列した、素敵なお別れ会でした。
小林さん、ありがとうございました。天国で安らかにお休みください。そちらに行ったら、またいろいろ教えてください。
Posted at 2013/12/19 16:15:13 | コメント(3) | トラックバック(0) | その他 | クルマ
2013年12月17日 イイね!

新X5

昨日、BMWの新しいX5に乗りました。

これで3代目となるX5。BMW初のSUVとなった初代は、2000年に発売されました。ということは、BMWがランドローバーを傘下に収めていた時の開発ということになります。確かに、初代X5は、そのボディサイズが当時のレンジローバーとほとんどピッタリでした。
ちなみに、そのレンジローバーは開発コード”P38a”と呼ばれていました。英国ソリハルのランドローバー本社の、「P38a」というナンバーがついた煉瓦造りの建物に開発チームがいたからです。数字を追っていく、ドイツ流に比べると、なんとものどかな感じがしませんか?
X5が発売になった時点では、既にBMWから離れて、フォード傘下となったランドローバーに移籍していた私は「バツご」とか「ペケご」って呼んでいました。(笑)

そして2007年の2代目に次ぐ、今回の3代目はこちら。



初代よりぐっと大きくなった2代目よりさらに50mm長くなりましたが、そのほとんどはフロント・オーバーハング部分。エクステリア・デザインは永島譲二氏の担当だそうです。

フロントホイールアーチの後ろにはエア・アウトレットが。



リアは今回も、レンジローバー譲りの上下開口型。もちろん今や上部ドアは電動です。



今回乗ったのは3リッターの6気筒ディーゼルエンジンを搭載した、「X5 xDrive 35d xLine」という、妙に"X"が多用された長い名前のモデル。



ディーゼルらしく低速トルクに溢れる素晴らしいレスポンスで、大きなボディを引っ張ります。まあ、以前に乗ったことがあるレンジローバーのV8ディーゼルは、それはそれは素晴らしいエンジンでしたが、このディーゼルもなかなかです。
トランスミッションは8速ATで、ノーマルモードでは燃費に気を使って、ポンポンポンとショートシフトされていきます。

インテリアは、いまのBMWの文法に乗っ取ったもので、528iを所有する私には最初からしっくり。



今回はX5の試乗会でしたが、他のモデルも持ち込んで試乗できるようになっていました。おかげで、広い大磯ロングビーチの駐車場にごらんのような長い隊列が。



その向かい側にはMini隊列も。



このほか、2輪も並んでいました。まあすごいラインナップだこと。
Posted at 2013/12/17 13:58:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | New Model | クルマ
2013年12月14日 イイね!

準備スタート

例年とちがってギリギリにエントリーが決まったので、実際のラリーについての準備はまだなにもスタートしていません。もっとも、ドライバーに対しては、既に叱咤激励を始めてはいますが・・・(笑)

エントリー受理と同時に今回のコースが発表されたので、まず最初にしたことは、ミシュランの詳細マップをオーダーしたこと。

今回のコースは、モンテカルロ・スタートを選んだこともあり、走行するエリアは比較的に狭く、詳細マップが4冊ですみます。前回もモンテカルロ・スタートだったのですが、5冊必要でしたから、ちょっと節約できました。

で、数日して、そのミシュランが届きました。



このイエローの詳細マップ、こちらで買うと、揃っている店がなかなかないのと同時に、1冊¥1,000以上します。でも、ネットでUKから買うと、1冊£3.99。まあ、送料が少しかかりますが、お安くあがります。他のものもいっしょに買うので。

ちなみに、グリーンのマップは拡大マップで、最終ステージであるフィナルがちょうど全部入ってしまって便利なので、これも購入しました。グリーンはフランス全土は無く、ごく一部の、観光地域みたいなところだけにあります。

前回のリポートにも書きましたが、不要な厚紙の表紙を剥がし捨てて軽量化完了。これから、コ-スをじっくりとマークしていく、眼が疲れる作業に入ります。
Posted at 2013/12/14 14:58:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | モンテ | クルマ
スペシャルブログ 自動車評論家&著名人の本音

プロフィール

「昨日ジュネーヴが今日東京で! http://cvw.jp/b/951168/39425567/
何シテル?   03/08 16:33
学生時代からラリーやレースのモータースポーツにはまり、WRCモンテカルロラリーには1976年から97年までの間に7回遠征しました。 慶應義塾大学工学部卒業...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/12 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

森川オサムHP ”Sur le sommet du Col de Turini” 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2011/01/21 15:23:34
 

ファン

179 人のファンがいます

愛車一覧

ランドローバー レンジローバースポーツ ランドローバー レンジローバースポーツ
以前に乗っていたレンジローバーの気持ち良さが忘れられず、戻ってきました。現行はあまりにも ...
ポルシェ 993 カレラ ポルシェ 993 カレラ
3台目の911。快調に働いています。
フィアット アバルト・500 (ハッチバック) フィアット アバルト・500 (ハッチバック)
プジョー206のあとがま。ワンぐるまとしても活躍しました。
BMW 5シリーズ セダン BMW 5シリーズ セダン
BMWの広報もやっていたのに、所有するのは初めて。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.