• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ミルゾーのブログ一覧

2017年07月25日 イイね!

C2 VTSの中古車試乗。

C2 VTSの中古車試乗。かつて乗っていたC2が中古市場で出たら…と思いながらgooのサイトをたまに見ているのですが,千葉の中古車販売店にMTのVTSが掲載されていました。

5MTのC2に興味があるものの,今までのVTSの相場は50~80万円と中々のお値段。

しかし,この掲載車両はコミコミで33万円(自動車税が追加で必要なので足しています。)と意外と安そうな感じだったので見に行ってきました。

走行距離10万km手前、年式10年以上と手強い物件にしては外装は良い具合。
車検もほぼ丸々残っています。

外装写真は撮り忘れてしまいましたが,ヘッドライトは痛んでいて黄色く…。

後期型のため,エアコンの吹き出し口周りに銀色の装飾が施してあります。


メーターデザインも前期型とは異なる感じで,小ぶりなタコメーターになっています。


車両は長野県から引き取ってきたとのこと。
自走で戻ってくる際にイグニッションコイル系のエラーが出て自然消滅した以外は目立ったトラブルは起きなかったそうです。

試乗もできるということで5kmくらい乗らせてもらいました。
ターボ車の加速になれてしまったためか,加速感は普通。
MTのワイヤーシフトの感触もふにゃふにゃで何ともいえない感じでした。
ただ,小さなボディとショートホイールベースがもたらすクイックな走りは健在でした。

そして,途中に信号で止まるときにクラッチを切ったらエンジンも停止。(1度のみ)
アイドリングストップ機能ついたのかと思ったら単なるエンスト?

そして,サンバイザーの中身が無い&コツを覚えないと下がったままで戻ってくれません。


タイベルについては不明。
クラッチOHも不明。
記録簿は2枚のみ。
オイル交換はマメにやってあったようです。

タイベルは6万kmあたりで交換することを推奨されているのでおそらく交換してあると思いますが,クラッチは感触的に交換してなさそうでした。

タイベル(一緒にWPも),クラッチOH,イグニッションコイル(4本セット),バッテリー,オルタネーターあたりに手を入れれば万全かと思いますが,これだけで車両価格と同等以上。


10年以上前のクルマだからといわれてしまえばそれまでですが,まだお店に在庫としてあるようなのでもっと価格が下がればアリかもしれませんね。


15万円くらいで買えればなぁ…と思いつつも,5MT需要は相当あるようなので,そこまで下がる前に売れてしまうんだろうなぁ。
Posted at 2017/07/25 07:11:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | シトロエン | クルマ
2017年07月09日 イイね!

C5 CAN-BUSアダプターヒューズ切れ

C5 CAN-BUSアダプターヒューズ切れ普通に使えていたC5のバックカメラが,「R」にギアを入れても切り替わらなくなってしまいました。

ナビの方はバックカメラ割込設定ONになっているので,設定の問題ではなさそうです。
そしてカメラの映像は設定経由で表示することができるため,どうやら,リバース信号がナビに届いていないようです。

そして,同じタイミングでアンビエントイルミネーション,フットランプ,ステアリングリモコンまでもが使えなくなってしまいました。

その日は何が起きたか判らずじまいだったのですが,使えなくなった機能のすべてがCAN-BUSアダプターを介している部分。

助手席足下をばらして探してみたところ,CAN-BUSアダプターの配線を発見。

真ん中の黄色い常時電源がつながっている黒いヒューズケースがCAN-BUSアダプターの電源線です。

ショートに気をつけながらヒューズを取り出すと,

断線していました(-_-)

考えられる要因としては,CAN-BUSアダプターから得られる信号はあくまでも信号用であり,電源用ではないと言うことでしょうか。
実際ヒューズの容量は1Aだったので,何かを動かそうとする電源には使えないようです。

考えてみると,フットランプの電球5W×2,LEDイルミネーション2Wで12W。

12W÷12V=1Aとなるので,ヒューズの容量ぴったりだったんですね。
実際は他の信号を作り出してもいるので,電力はもっと必要なはず。

そう考えるとよく2年間も1Aのヒューズで持ちこたえた物だなぁと感心してしまいます。


ヒューズの容量オーバーということが判れば,ヒューズを交換すればよい話なので,手持ちの2Aのものに交換します。

容量を上げることに賛否両論ありますが,原因がはっきりしているので,気にしないことにします。

交換後にライトスイッチを操作すると,

しっかりイルミネーションが復活していました。

バックカメラ,ステアリングリモコンも問題なく動作。

車速パルスもきちんと拾っています。
(画像は停止しているので,0となっています。)

ただ,この車速信号については,ヒューズが切れている状態でも拾っていたので,別系統なのかもしれません。

日本車であれば,イルミネーションの電源線は独立したヒューズ(5A程度)がついているので普通につないでよいものと思っていましたが,まさかの容量オーバーに驚きました。

2Aの物に変えたので,そう簡単にヒューズが切れてしまうことはないと思いますが,もし同じような状態になったらリレーを組んで消費電力を抑えようと思います。
Posted at 2017/07/10 00:14:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | C5 | クルマ
2017年07月03日 イイね!

C5 crosstourer化という名のボロ隠し。

C5 crosstourer化という名のボロ隠し。C5のリアスパッツにクロスツアラーのリアスギットガードを取り付けました。






とりあえず位置決めは養生テープで


熱で溶けてゆがんだ部分も,


無理矢理手で押し込んでやればなんとかなりそうです。


スギッドガードを取り付ける前に,まずは溶けたバンパーサポートの交換です。

かろうじて形状は維持していますが,大分形が変わっていました。

変形している部分があったので,タイラップなどで補修して,マフラーカッターを取り付けます。

マフラーカッターは先月補修したアルミ板バージョンから,ステンレスバージョンへと変更しました。

同じ板厚でも,強度が全く異なります。

念のため,マフラー用アルミテープを貼り付けて,熱漏れ&共振防止をします。

前置きが長くなりましたが,本体の取り付けです。

位置決め用部品を付けるための穴を左右2カ所に開けます。
付けられなかったら新しいスカートにすればいいやくらいの感覚でやっているので躊躇うことなく作業が進みます(^^;)

スギット側の加工は,マフラーエンド部分の余計なプラスチックをニッパーで切断。

説明書がないので手探りです。

両面テープを上部に張って貼り付けたら,下部をビス留めして完成です。


溶けてゆがんでいた部分には,黒色のボンドを流して,隙間を目立たなくしています。

隙間は2mmくらいありますが,違和感なく仕上がりました。

後ろが綺麗についてしまうと,前側も欲しくなってしまいますね。

詳細は後日整備手帳に…。
Posted at 2017/07/03 07:25:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年06月20日 イイね!

フーガ タイヤ交換完了。

フーガ タイヤ交換完了。先日バーストしてしまったフーガのタイヤを交換してきました。

近隣の地域では245/40R20のサイズを在庫で持っている店が無く,スーパーオートバックス千葉長沼店まで…。

ブルーアースとルマンⅤどちらも,4本工賃込みで20万円弱だったので,迷わずルマンVを選びました。

計画的に交換していれば,ネット注文&自力交換が一番安いのかもしれませんが,イレギュラーな事態だったため,高くてもお願いしてしまいました。


タイヤの製造年は17年8週。新しいタイヤですね。

交換して感じたことは,直進安定性の良さとノイズの少なさです。

元々ついていたポテンザRE050Aは寿命を迎えていたためか,ハンドルは取られ,ゴゥォゥーーという激しいロードノイズが響き,ライフの後半は良いところがありませんでした。

静粛性と転がり抵抗の少なさを売りにしているタイヤなので,ポテンザと比べてしまうと性格が真逆のタイヤではありますが,疲労感は圧倒的に減ったので交換して良かったと思えるタイヤでした。

もちろんロードノイズは響くのですが,ポテンザの1/3といったところです。
直進安定性は10倍以上変わったかなという印象です。

ポテンザは,一時期空気圧が低いまま走行していたときがあったので,その時にサイドウォールを痛め,何かしらの不具合が起きていたのかもしれないですね。


空気圧はまめに点検していきたいですね。
Posted at 2017/06/20 00:55:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | フーガ | クルマ
2017年06月17日 イイね!

フーガ タイヤバースト。

フーガ タイヤバースト。今日,フーガのリアタイヤがバーストしました。

父が運転していたときに突然「バンッ」と音がして,しばらくしないうちにバタバタと振動。

外に降りたら,後輪が破裂していたそうです。


保険会社経由でロードサービスのお世話になり,テンポラリータイヤに交換。

黄色いタイヤかと思いきや,立派な18インチアルミでした。
ビッグキャリパー対応なので,専用品のようです。

最高速度は100km/h
一般的に駆動輪を避けるのが基本ですが,特に断りは書いてありませんでした。


リム周りの傷は見あたらないので,そのままタイヤ交換しても大丈夫そうです。


空気圧はマメにチェックしていたはずなのですが,割れ方から見て,内側のトレッド部分にパンクの跡があるので,空気が抜けきってしまっていたのかもしれません…。
これがフロントだったり高速走行中だったら…と思うと怖かったですね。


サイズが245/40R20なので,交換費用が…。
Posted at 2017/06/17 23:38:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | フーガ | クルマ

プロフィール

「C2 VTSの中古車試乗。 http://cvw.jp/b/333761/40142622/
何シテル?   07/25 07:11
宜しくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

コルト色々。クラッチ滑り?ロアアーム? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/02/09 22:18:50

ファン

26 人のファンがいます

愛車一覧

シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
2015年3月7日(土)~ 購入時走行距離:4,703km~ 久しぶりのシトロエン。 ...
トヨタ アクア トヨタ アクア
ついに我が家初のエコカーです。
シトロエン DS3 シトロエン DS3
2010/8/22納車 2016/12/3カクタスと入替えのため売却。 4年目にバッテ ...
トヨタ FJクルーザー トヨタ FJクルーザー
2011年5月14日(土)契約,8月28日(日)納車 2015年3月7日(土)シトロエン ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.