• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

白神爺のブログ一覧

2014年09月06日 イイね!

まわる まわる~よ 時代はまわる

まわる まわる~よ 時代はまわる私も、家のPCで観てましたよ、モントレー画面とと、舞浜画面を並べて
いや~さすがに、日本の広報、イイ仕事してましたね
USなんか、デュランデュランを、よんだ時点で、能力使い果たしたのか?(笑)

日本の前振りでの、「琴線に触れるワード連発」で、涙腺緩みっぱなし
この時点で、行かなかったのを後悔しました...。

さて
私は、服飾はもちろん、クルマ、いや、「製品のデザイン」とかに、関わったことは一度もない素人です(笑)
服飾の流行って、プレタポルテやオートクチュールのコレクションを、見た人が
そこから、流行を感じ取って、それを取り入れ、自分なりにデザインするのですよね
その「トレンド」の部分の解釈によって、みんな違うものになるのですね

でも、やはり、その世界で生きていると、そのトレンドのディテイルには敏感で
自分のスタイルとは違う分野でも、「今(トレンド・流行)」を取り入れないと、「外れる事になる」かもしれないとか思ったりするのではないかと思うのです。

でも、昨今は、その大きなコレクションの有名ブランド?のデザイナーのアイデアが枯渇したりして、逆に原宿とかに「ヒント」を求めていたり、逆転現象が起きたりしてますよね??(笑)

※ クルマの場合は、ベルトーネやピニンファリーナの、これからのトレンドを創る工房(カロッツェリア?)から、トレンドのデザイン画ですね



本題
トレンドを取り入れ、「他の作品で、実績を上げている」その気鋭の若手デザイナーは、トレンドに、「より敏感」だったのですね!

ましてや、情報によると、フィアットとの提携で、アルファスパイダーデザインチームと、お互い行ったりきたりしながら、デザインを完成させていたとも聞きます。
ダサイとか思われたくなかったでしょうし、

そして、チームコンセプトは「守るために変えること」
ですからね、わが意を得たり?
過去を振り返ったり、後ろ向き(時代遅れ)なんて...、

完成した「作品」は、見事に、昨今のトレンドを押さえた、「流行」を表現してますね。

乗員保護のボンネット高を感じさせないとか、開放感を司る?オープンエルボ?を採用しつつなお不自然さの解消とか、提携による幅広さによる大柄感を消すフェンダー処理とか、少し違うけど、魂動にも通じ、NCとの連続性も感じさせる「凄い才能」を発揮してますね。



でも、でも、私の想像していたモノとは、ぜんぜん違う...、私の好みじゃないだけです  (汗)











動画コチラ?
Posted at 2014/09/06 08:54:02 | コメント(9) | トラックバック(0) | 眉唾話 | 日記
2014年08月13日 イイね!

新型

「新型のシルエット」か~?



と言うことで、見てみました。

なんだか中身が、NCっぽい!??
とにかく、ベールのシルエットを出すために、引っ張ったり、しわ寄せ足り
演出写真ぽさ、満開なので、
逆に、モノホンかも?

後ろの部分に詰め物?して、シルエットを隠してますし
タイヤは、これダンボールで型を造って撮影してるかも、デッサン狂ってる??


で、本題

この基の画像を探す為に、「MX-5 Miata」って、検索かけたら

>この画像が!!


まさか、これって、ホイールが5穴だし
大きさも、違うっぽいよね??

Aピラー寝てるし、アテンザのオープンモデル??(、FFか?)
「大きくして欲しい!」のUS対策の、別モデルの検証??
Posted at 2014/08/13 06:26:54 | コメント(6) | トラックバック(0) | 眉唾話 | 日記
2012年08月04日 イイね!

ヘイ 柔道

ロンドン五輪で、柔道が絶不調で終えました、なんと言っても、柔道は日本を象徴する競技ですから
(神永が、ヘーシンクに敗れたのが東京五輪で、1964年!)

今回のロンドン五輪の開会式で、元ビートルズのポールマッカトニーが、「HEY JUDO」を、歌いましたが
ネットで検索すると、「あれは、ジョンの息子のジュリアンの為につくった..」とか、
ユダヤ人を、揶揄するとか、逆に励ましているとか、色々な説がありますが

※歌詞は、 こちら とかが良いかな?


この頃、私のような不勉強な10代は、ビートルズが、米国なのか、英国なのか(それぞれがどんな国なのか)?全然理解できていなかった(汗)

今のような外国についての知識とか、TVでも殆ど解らなかった(ましてラジオでなんて、本も図書館にでも行かないと...)

そんな高校2(3)年の頃、この歌ヘイジュードは、発表されました。
おぼろげな記憶だけれど、深夜放送のラジオのDJが、これは、柔道の事では?なんて言った記憶がある(たぶん、糸○五郎?)

ちょうど、その頃、詳細なんか伝えてくれる雑誌なんか、無かったし、海外からの情報なんて、全部一つだったのだろう...?

曰く、ビートルズが解散危機で、その原因が、オノヨーコ..だと
日本人として、彼女の風貌は、耐え難いものだった(すみません)
ビートルズを愛している私は、もちろん解散して欲しくないし、ジョンの行動は「理解しがたい」事だったのだ

で、
「ザ ロング&ワインディンぐロード」は、ヘイジュードと同じ(解散危機)頃の曲で
これは、ポールがジョンに向かって、「正直に、心境を吐露した歌詞」となっているのは常識で、
「僕を置いてゆかないで」と歌っている。

たぶん、ポールは、メロディ創りの才能は、一番だと思いますが、(その後の印象も含めて)軽い!?
ビートルズが醸し出す色んな深み?は、ジョンが創りだしていたと思われます。(個人の勝手な想いこみです ) ポールの歌、大好きなんですが (^_^;ゞ

共作と言われている、殆どの名曲に、ジョンがチャチをいれて、付け足したりして、深みをだしていた。
ポールは、色んな意味で不安だったのだろうし、他の二人を率いているのもジョンだったのだろうし(その後の行動とかからの推察)

素直な「The Long&WindingRoad」の告白で、耳を貸さなかったジョンにたいして、ポールが物凄い皮肉を混めて「Hey JUDO」なんだろうと..

ビートルズは、色んな海外の音楽とか文化にカブレていて、インドetc
だからこそ、ジョンが、ヨーコに、影響されたのだろうし

日本人について、特にポールは、殆ど知識が無かったのでしょう
数少ない日本のイメージなのだろう、ヘーシンクが日本の心を、敗ったのは聞いていたでしょう
それで、そんな「日本カブレ」のジョンを、皮肉ったのが「JUDO」なんだと、ヘイ柔道!
ホントはそんな彼女と別れて、戻って来いよと言いたいし、(「The Long&WindingRoad」で)言ってきたのだが

酔っていたのか、○の影響か、気の大きくなったポールが、皮肉たっぷりに...

そして、「自分へ言い聞かせる」ように、(そして、糾弾されたときに、どうにも取れるように)

ヘイ!日本カブレよ、そうさ、彼女は最高さ 彼女を受け入れれば全てが上手く行く(...のかい?)

彼女を君の心に受け入れるのさ
その時 全てが良い方向に向かいはじめるさ


なんて、\(^o^)/

その後、色んなポールとジョンの応酬もあり、時が流れ..大人になった彼らが、色んな事を慮って
ジュリアンの事を歌った...とか、ポールの事をクサす事が出来るのはオレだけ...とか

JUDOは、柔道の意味だ!

少なくとも、私はそう思っている!(笑)






この歌は、  The Drifters " Save The Last Dance For Me  を聞きながら作ったのだとか...、

すべて眉唾ですf(^_^;



Posted at 2012/08/04 15:18:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 眉唾話 | 日記
2012年07月04日 イイね!

NDロードスターへの期待 その二番目

NDロードスターへの期待 その二番目次期ロードスターについての、「話(報道、スクープ眉唾、話題、世間話etc)」の中で、
一番衝撃を受けたのが

 この方 の、
一連の このブログ !!


必ず採用されるとは思いませんが、この思想に賛同します
(その思想って、何よ?)

お~っと、仕事へ出掛ける時間    また、夕方(^_^;ゞ












追記

その昔、製品化されたものに、豪華仕様(で価格も高い)なのに「パワーステアリングも、パワーウインドーもない」製品がありましたね、それについて、企画者は、「それを、粋と思って乗ってください」とか、


製品化するのに困難だったのを、まとめた人は、「欲をかいてはいかん!」とかね(*^^)v
何を残して、何を捨てるかの取捨選択が大事なんですよね

前者の「粋」の領域になると、語る言葉に、人格とか..説得力が必要となりますが...(*^^)v



あ~また、何を言いたいのか解らなくなってきましたが

ヨー慣性低減の為のバッテリーの位置よりも、「助手席はスライドしなくても、構わない」!?

この考えこそが、ワクワクするのです!(^^)v

隣の女性とは、目が合わない、そんなドライバーオリエンテッド?なクルマ
それがスポーツカー!  ってがー! f(^_^;

らいとうえいと(軽量、価格も軽量)を実現するには、そんなマインドがないと
その意味で、これが採用されなくても、そんな事まで考えた人が、
「造ったクルマ」だと言う事に、共感したりするのですよね (*^^)v

Posted at 2012/07/04 07:09:52 | コメント(6) | トラックバック(0) | 眉唾話 | 日記
2012年07月03日 イイね!

NDロードスターへの期待 その最初

NDロードスターへの期待 その最初  スポーツカーは売れないし、86の開発本をみても「どのように、商業的に成り立たせるか」
某他メーカーの主査への質問も「売れない車の開発承認を、どのように取っているのか?」でしたね

で、開発コストの削減の為に、多品種少量生産でも元が取れるように?
「流用プラットフォーム案」が浮かぶのですね(まあ~、FFでのスポーツカーや、ミッドシップとかの方が
それこそ流用できるのですが、FRに拘ると、コストが嵩む...)

その際に、問題となるのは(いやロードスターFANとしてのです、ロータリーFANからみれば可となるのでしょうけど)
そのシャシーの受け入れパワーの数値を、幾らに設定するか、でしょうか?
(J58Gの時代、主査が、「このクルマにはロータリーは乗らない、このパワーで精一杯のシャシーだ...」   涙モノです (~_~))



私自身、2003年には
『流用プラットフォームの嘆き』  なんて、恥ずかしいブログも書いてますが (^_^;ゞ

海外からは、特にUSでは、もっと(ATで)楽にハイウエイに合流できるパワーと、体格に合わせたサイズアップが望まれていたとかもあって、
誰もが「正論」だと思っていたのでしょう(松○、スポーツカー担当主査の時代でしたっけ?)
(でも、サイズアップとモアパワーって、ホントにオーナーの意見なんでしょうか?、もっとユーザー層を広げるために、
一般の人にアンケートを行った結果...ではないかとも思いますけど  汗)

しかし、結果的には、NEWRX-7は、誕生しなかったし、RX-8も消滅した...(??)
(将来復活するかも?   f(^_^;)


いずれにしても、ロードスターだけは、存続させる!と言う結論になったのでしょうね?


その(USから提示された)解決策は、どうなるのか解りませんが(NCと併売?)いずれにしても
NCで、流用プラットフォームの限界を感じた人が、多かったのでしょうか? それとも、強い意志を持った誰かが
「ライトウエイトスポーツは、こうあるべき」と推したのでしょうか?  

そして、エコ(軽量化と少燃費)と言う『時代の後押し』もあって

NDは、1トンを超えない、原点回帰(1.6?)に、なるんですよね!! \(^o^)/


J58Gの時代からみれば、数々の安全装備の追加もありますし、もっと小さな車体(ホイール・タイヤ・パーツ)にせざるをえないのは明白で
(でも、時代と共に、技術が進んでいるのだから、素材撰も当然だし、アイデアと情熱さえあれば...と、2代目人馬一体主査も、言ってますね)


(書いていて自分で纏まらないので)で、突然のこのブログの結末(笑)

NCが、「3」にマイナーチェンジしたんですね(NDの発売遅れもあって)
今回の最も注目なのが、「衝撃緩衝ボンネット?」

歩行者保護の為に、エンジンとボンネットとの間に「すきまをあけろ!」とのお達しが、スポーツカーの形とは矛盾するのは明白?
いや、流線型好きには、受け入れられない「お達し」です(私は、世界中の自動車メーカーからの抗議で、いずれ消滅すると思ってましたが
現在は、人命第一の元に「声をあげられない」時期なんでしょうけど.. (>_<)

 水平対抗エンジンで乗り切っているのもありますし、いや、マツダだってロータリーにすれば、良いんですが...、(汗)

でも、そう、手持ちのエンジンでは、乗り切れない技術を、「他の方法に見出した」...んですね!!? (笑)

(どの位の重量増&コスト増になっているのかは、気になりますが、実験的に採用し、部品メーカーのコストを下げる狙いなのか?)




Posted at 2012/07/03 16:03:17 | コメント(6) | トラックバック(0) | 眉唾話 | 日記

プロフィール

「畑の倉庫を整理して、コンテナを運び込んだ。 何度かの台風の来襲を免れたリンゴの収穫間近?」
何シテル?   11/01 21:06
春夏秋冬、美しい「青い森」に住んでいます。 ロードスターは、もう乗ってから29年か~? ! 同じ年に、LEGACYも、デビュー! こちらは初代から...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/12 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

Alfa@KAZさんのマツダ ユーノスロードスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/23 22:28:08
(秋休みの) 『絵日記』 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/03 04:53:43
紅葉を求めて 秋分の日 北海道 いろいろ三のつく旅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/09/27 10:34:22

お友達

いい加減な、ロードスター乗りです、お気軽に、どうぞ 
214 人のお友達がいます
ニッタ@標準車ニッタ@標準車 * コロ衛門コロ衛門 *
Koji GSⅡKoji GSⅡ * 青い月青い月 *
ぱっつん@キリノミクス3ぱっつん@キリノミクス3 * できでき *

ファン

99 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター マツダ ユーノスロードスター
コイツが、我が家に来てから、29年目に...、色々な想い出を、一緒に過ごしました。 も ...
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
レガシィを、処分したので、ステングレイの買い替えにターボを選択 車高の高さで、「田んぼ ...
スバル レガシィグランドワゴン スバル レガシィグランドワゴン
LEGACYが発売されてすぐ、「BF型の1800M」 「BFのGT」 「BGのグランドワ ...
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
同じ年にデビューしたロードスターの支援戦闘機として、我が家に配属されたのが、レガシィツー ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.