• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

vigor2000のブログ一覧

2017年09月04日 イイね!

ペーパークラフト2017その2(ダンボルギーニカウンタック発表編)

ペーパークラフト2017その2(ダンボルギーニカウンタック発表編)前回,長くなりましたので第2部として前日・当日の内容をお送りします。

前回のあらすじ。

文化祭に向けて,今年もダンボールで実物大のカウンタックを作り始めました。
はたして,ちゃんと形になるのか?そして間に合うのか?



さて,文化祭発表前日です。
いよいよ,展示会場となる教室に移動しました。

ドアですが,昨年同様,「人が運転席に座れる」ようにしようと思います。
これが昨年の。


やっぱりガルウイング・・・・じゃなくてシザースドアはカッコいいですね。

では,今回のバージョンはこちら。



いかがでしょうか。
まずまずだと思います(自画自賛)
正直,本気でドアは「開閉機能」は難しいです。強度の問題だけでなく,開いた状態でいちんと固定するのが前提です。たとえダンボール主体でも乗り降り時にケガがあってはいけません。
そこで,やはり「開いたまま」で作りました。
1本,大きめの柱を作っておき,ここに上からドアを差し込む形にしています。
これは前回同様です。ただしドアは更に軽く作りました。

去年がこっちの青いほうですが,あまり変わらないかも。

ただ,乗り降りに支障が出ないように,ドアは本物より大きく開口するよう,ほぼ垂直に立ててあります。
また,乗り降りで言うと,シート。
前回同様,ウチで転がっていたS2000純正シートです。

本物ならあるべきおよそ30cm幅のサイドシルを,昨年はプラダンで再現しましたが・・・

どうも,乗り降りが不評でためらう人(特にお子様方)が多かったので,

サイドシルはやめました。
また,シートも床に直置きではなく,最低地上高を考慮して,もう少し高くなるよう土台(発泡スチロール製のブロック)を置き,その上に設置しました。

本当は,こちら・・・助手席側にも,シートを収めたかったのですが,

もう1脚のS2000シートは,4期生に装着したまま。うん残念。
去年,「シートくらい本物を」のたまう方もいましたが,
いやそれ大変だから。
あり合わせで勘弁してください。
というかS2000シートって今や結構貴重なんですけど(笑)

それでは,当日の様子です。

それはそれは,ひっそりと片隅で展示しました。
それはもう,文化祭といえば,ステージ発表や食べ物,ライブが中心です。

ですが,

ブースに入ってくるときの
「おお!」「すげえっ」「でかっ」「まじ?!」
という感嘆詞の数々は,本当に嬉しいものがあります。

まさに,このクルマの名前「クンタッシ!(カウンタックの本来の読み方,現地で驚きを示す言葉らしい)」の通りですよね。

もちろん,ひっそりですが,多少の宣伝はしていました。

うん,エビス(笑)

我ながら,なかなかのキャッチセールスだな(笑)


ですが,お客様の中には,
「これを見に来たんですよ」
「昨年よりも完成度上がってますね」
という,リピーターの方からのお褒めの言葉を頂けたのは本当に感激です。

「昨年よりでっかくなってません?w」
という,見事なご指摘まで頂いたことも記しておきます。
はい,勢いで作ったために,全幅は1890mmとすべき(LP400)のところ,
見事に2.2mほどに肥大化しました(笑)


参考までに昨年がこれ。

今回は,こちら。

うん,でかい(笑)

もっとも,時間の関係もあり,やはり未完成の部分はありましたが,
なんとかここまで出来ました。

試しですが,ラインを白いプラダンで貼り直してみたところ,ちょっとしつこい感じでした。もっとも,エッジの部分はガムテープの跡もありますので,しかたない部分もあります。

他にも,ヘッドライトを作り込めなかったり,

エンジンルームやリヤ周りなど,確かにお客様の多くが見ない部分ではありましたが,そこまで仕上げられたらと思うところがあります。

ここで,改めて,当日お越し頂いた皆様に,感謝申し上げます。


なお,
宣伝に書いた
「インスタ映えなら ダンボルギーニ」にある通り,

本当にインスタグラムに投稿頂いておりました!!
ありがとうございます。


次回,後日談や,その他,実際にダンボルギーニにチャレンジされたい方の参考になるような内容を挙げてみようと思います。
Posted at 2017/09/04 23:53:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 学校関係 | 日記
2017年09月04日 イイね!

ペーパークラフト2017その1(ダンボルギーニカウンタック製作編)

ペーパークラフト2017その1(ダンボルギーニカウンタック製作編)今年も,この時期がやってきました。

文化祭の催しものの一つとして,毎年行っているのが,ペーパークラフト。

本来は,大きな展示物でお客様の目を引き,作ってみようコーナーで楽しんでもらおうとしていた時期もありましたが,

「大きな展示物」

の制作・製作にかかる手間と時間がメインになります。

今年は,体験コーナーは一切なしにして,この展示物に専念することにしました。

(なお,文中では「制作」ではなく「製作」で統一しますのでご了承ください)



ところで,昨年の作品は,これ。

無謀にも,実物大のランボルギーニ・カウンタックをダンボールで製作しようとしたのですが,時間切れでこの完成度で展示せざるを得ませんでした。
とっても頑張ったんですが・・・・。

これを作るきっかけとなったのは,皆さんご存じのこちら。

宮城県は女川に展示されています,今野梱包社製の本家「ダンボルギーニ」です。

その完成度の高さと,これを製作した社長の熱き思いにすっかり心打たれたこともあり,さすがにこれには及ばなくとも,挑んだのが去年。
だから,今年も,同じものにチャレンジしようと思い立ちました。
もちろん,完成度は昨年同様ではいけません。

さあ,自分自身を追い込みました(笑)

夏休み中に,ある程度進めるつもりでいたのですが,
予定外の事態が,ここ仙台をはじめ,東日本に起きていました。

それは,「全く晴れない」「雨の日が続く」こと。
特に仙台では,36日間連続の降雨を記録するという異常事態。
学校では夏休みに突入し,そしてちょうど1ヶ月後に夏休みが終わったにも関わらず,ほとんど晴れませんでした。

それが,ペーパークラフトに影響するのです。

湿気です。

上記はまだ良い方で,日によっては廊下が結露したりということもありました。
ですから,なるべく天候が回復してから作業を開始したかったのですが,なんと夏休みが終わってしまった。
さあどうする。

そこで,ダンボールではなく,
プラダン(プラスチックダンボール)を使っての骨組み作りを行うことにしました。


カウンタックを意識して,赤いプラダンと,白いプラダン(いずれも90cm×90cm)を調達。

それをカットし,長さ90cmの棒材として,布ガムテープで組んでいきます。

設計図は,今回も作りませんでした。何度も何度もカウンタックの本やイラストと見比べながら,多少のラインや長さを調節していきます。
ベースとなるのが,床部分の赤い格子部分。1辺90cm,幅10cmなのを利用して,モノサシとして寸法を見ながら作り上げます。


ただ,これだけで「あ,カウンタックだ」と当てられる人はいません(笑)
それどころか,クルマだと気づく人もいないでしょうね。
これが,作業1日目です。

そして2日目以降。
作業が本格化します。

赤は柱の部分,白はボディラインというのが次第になじんできました。

カウンタックの顔にあたる部分も,このように次第に再現しつつあります。

そして,もう半分のボディも,製作スタッフの手によって急ピッチで作られます。
要するに私の手でボディ半分を作り,それを見てスタッフがもう半分をコピーするように作るという作業になります。
ですから,お手本となるべき左ボディに手抜きは許されません。
同時に,複雑すぎてもいけません。

そして,3・4日目。

ようやく,屋根の部分まで見えてきました。

全長は4mちょっとになるようにしてあります。
もちろん,本物サイズになるには4.14mにする必要がありますが,今回はラインの再現を優先しました。本物らしくない原寸なら,意味がないという割り切りです。

リヤから見たところ。そろそろ,カウンタックらしい様子が見えてきました。

そろそろ,ラインだけでなく,強度を持った骨格にする必要がありました。
天気はようやく晴れ間も出るようになったので,いよいよダンボール投入です。

本当のカウンタックは,芸術品かと思うほどの複雑なパイプフレームが主です。
昨年は,その考え方で作りました。


しかし軽く強度を出すなら,バスタブ構造やモノコック構造が有利ですので,市販のダンボール(120,130,140)をそのまま箱に近い形で並べ,赤い柱部分と接合することにしました。

接合といっても,すべて布ガムテープのみでくっつけています。
解体時の簡単さも考えると,接着剤は使えません。
しかし,ガムテープは見映えが悪い。
せめて何とかしようと,赤いガムテープを使うことで,少しでも見映えを整えます。




例のガルウイング・・・・もとい,正式にはシザースドア(シザードアとも)らしいですが,そのラインも再現しつつあります。


この3日間で,かなり形になってきたのは好材料です。



ところで,昨年もそうですが,この車体は,いつでも4分割できるように作っています。

右前,左前,右後ろ,左後ろ,に分かれています。
これは,運ぶときに必要なことです。
実物大だと,幅2m,全長4mちょい,という巨大なものになりますので,建物の中を移動させるのは困難です。もっとも困難なのが,廊下から教室に入れるとき。そして,できれば階段を運べるサイズにしたい。そのための措置です。分割してしまえば,全長2m,幅1m程度ですので,何とかなるというわけです。



そして,4・5日目になります。
いよいよ,骨格から肉付けされていきます。

ボディラインの修正と構造の補強に時間をかけたおかげで,パネル部分のダンボールを載せてもゆがみはあまり出ません。ここが昨年との決定的な違い。

それでも,大仕事なので作業中は散らかし放題です(笑)
タイヤ部分も,サンプルに2つ,直径60cmで作ってみました。

本当は前後異径なのですが,作業の効率化もあり,いわゆる手抜きになってしまいました。
昨年は,サイズだけは再現したのですが,このように円筒形でした。

今年は,もう少し立体になるよう工夫します。


このタイヤを作るのには,通常のダンボールでは困難です。
そこで,「巻きダンボール」を使います。
これは軽量で安く,非常に使い勝手が良いのですが,充分な量が入手できず,タイヤもリヤタイヤの作り込みが最後までできなかったのが悔やまれます。


心配された背中のラインは,なかなかの出来です。
昨年のこの画像と比べると,.劇的に改善しています。


次回,いよいよ展示前日・当日編です。
Posted at 2017/09/04 23:10:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 学校関係 | 日記
2016年09月10日 イイね!

ペーパークラフト2016 その4「ダンボルギーニ」

ペーパークラフト2016 その4「ダンボルギーニ」いよいよ文化祭当日を迎えました。



何とか開けたドアの向こうには,運転席のスペースがあります。

ここに,ウチで転がっていたこいつを持ち込みました。



ホンダS2000純正シートです。
ちなみにこれは助手席用。
運転席用は,4期生CB5に装着しています。その片割れということですが,
使い道がなく,部屋で使ってました(笑)

このたび,見事に「運転席」として演出してくれます。



実物大でつくってきた甲斐があったというものです。
もっとも,本音は・・・席もダンボールでつくれたら,とか,本物のカウンタックの座席なら,ということも一瞬考えましたが(笑)

それを言えば,やはり作業工程を簡略化したため,
様々な点でやり残したところはあります。



そこまでディテールはこだわってはいませんでしたが,
やはり本物を見て見たかったです。



結局,リヤ周りは,作りかけの部分をあえて残し,車体の中がどうなっているのか見えるようにしました。



サスまでつくろうとは言いませんが,できればタイヤでボディを支える構造にしてみたかったです。

また,カウンタックは一見直線基調に思えますが,ボディの横面は実に美しい曲面で絞り込まれています。その絞り込みを再現できなかったのも悔やまれます。



それでも,運転席に乗り込めるように,30cmほどのサイドシルをつくり,「座ってみてください」の表示を付けました。



当日の展示時間,多くの方々が訪れました。
代わる代わる座席に乗り込んでみたり,ウインドウが無いので座席に立ち上がってみたりする人も(笑)





あまりの低さに,皆さんかなり驚かれていました。もっとも,シートは教室の床に置いたままですので,本来のカウンタックより明らかに低い座面ですが(笑)



ところで,最後に,どうしてもやりたかったものを紹介します。

女川のダンボルギーニ展示コーナーで手に入れた,あるものを,あるべき場所に貼りました。





このステッカーが,これ以上ふさわしい場所はありませんね。
もう,このクルマのために存在するかのようです(笑)

こうして,文化祭展示は終わりました。

この後,役目を終えた車体は,皆の手で解体されました。
毎年思いますが,この解体作業だけは,何度やっても慣れないモノです。
せっかく手がけたものですから。

印象的だったのは,たとえば家族連れのお客様でした。
小さな子どもを運転席に乗せて,記念撮影をしていました。
もし将来,大きくなった時,本物のステアリングを握る日が来たら・・・
なんてことを思い描きながら,そのほほえましい様子を見させて頂きました。
運転席に座ってみた中学生たちも,ひょっとして,これをきっかけにクルマに対する興味を持ってくれたら,こんなにすばらしいことはないと思います。

私自身も,今回は大変勉強させてもらいました。
ランボルギーニをはじめ,スーパーカーと呼ばれた名車達のことを知る機会になりましたし,カウンタックそのものについての知識を学ぶにつれて,当時の設計者達の熱意を感じずにはいられませんでした。
ミウラ,カウンタック,ディアブロ,ムルシエラゴ,ガヤルド,アヴェンタドール,ウラカン。名前を聞いただけでもワクワクするクルマ達について学ぶのは,とても楽しい時間でした。
奇しくも,新型NSXの登場の時期に重なったことも,私の中で何かの機会になったのかもしれません。

以上,4回に渡ってお送りしてきた,原寸大のカウンタックを模したペーパークラフト製作記を終了したいと思います。
また来年,このような素晴らしい機会があることを祈って。
このブログをご覧くださった皆様に,深く感謝申し上げます。
Posted at 2016/09/10 00:58:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 学校関係 | 日記
2016年09月04日 イイね!

ペーパークラフト2016 その3 追い込み編

ペーパークラフト2016 その3 追い込み編いよいよ時間がなくなってきました。

骨組みが固まりましたが、これに段ボールを外装として載せて大丈夫なのかどうか、心配です。

とりあえず載せてみたのがこちら。
遠目ではわかりませんが、段ボールの重さに少しずつ傾き始めてます。

各部の補強と、寸法違いが生じた所を現物あわせをしていきます。

タイヤは、細かく作ると全体の出来がグッとアップするのですが、これが難しい!何しろ丸いものを段ボールで作るのはちょっと大変。
しかし今回は、良いものを見つけました。段ボールロールです。これなら曲面もいけそう。
というわけで、出来たのがこちら。

スタッフにお任せしましたが見事な出来栄えです。綺麗に転がるほど円形が整っていて、とても感心しました。

なお、タイヤサイズはこっそりアップさせてます。ディテールが作れない分、サイズで迫力を演出します。

ちなみに本物だと,
LP400: F:205/70R14(外径642mm)  R:215/70R14(外径657mm)
LP400S, LP5000S: F:205/50R15(外径586mm)  R:345/35R15(外径622mm)
QV, Aniv:: F:225/50R15(外径606mm)  R:345/35R15(外径622mm)

これをもとに,
フロントは外径620mm,幅220mm
リヤは外径650mm,幅350mm
としています。
しかもオーバーフェンダーなしで収めてしまおうという計画(笑)

それではご覧ください。



フェンダーの隙間ゼロの,すさまじい迫力になりました!

さて,左右分割状態の屋根ですが,ここにきて左右の高さが違うことが判明。
早速手直しです。


基本は,プラダンとガムテープor梱包テープです。


こんなかんじで,何とか修正できました。


リヤセクションも,大詰めです。


左側に段ボールを貼ってみたところ,ゆがみ始めたので考え中。
ついでにセンターのエンジンフード部分もどうするか。

こうしてみました。



大きなプラダンがちょうど収まる幅でしたので,これで埋めます。
本当は細かい造形を駆使したいところですが,とにかく時間がありません。

そして,どうする運転席。
ガルウィングも再現したいが,どう考えても開閉機能なんて段ボールでは無茶です。
イラスト書いて考え中。


思い切って,運転席(左席)だけ,やってみることにしました。


まずは,ドア部分を切り取りました。
正直言うと,屋根の高さ調整と同時進行です。



多少は見栄えを何とかしたいので,プラダンで形を作っていきます。


同じ段ボールでも,プラダンだと値段も違いますが仕上がりもなかなか。
ちなみに青いサイドシル,幅約30cm!とコミック「カウンタック」にありました。
暇さえあれば読み漁って,もう頭の中はカウンタック一色です(笑)

で,ガルウィングは,開いたままで固定することにしました。


裏から補強を入れてたわみを抑え,接合部はシャトルの筒を加工してボディ側の筒に差し込む形です。いつでも取り外しできます。閉めることはできませんが(笑)


というわけで,いよいよ当日を迎えることとなります。

果たして,展示時刻に間に合うのか?(注:例年間に合わない)

次回,展示当日の報告です。
Posted at 2016/09/05 21:32:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 学校関係 | 日記
2016年09月03日 イイね!

ペーパークラフト2016 その2 製作編

ペーパークラフト2016 その2 製作編文化祭に向けて,ダンボルギーニをつくることにした今回。
果たして,間に合うのか?

というわけで第2回です。

実は,ここで想定外の事態が発生。

2016年を騒がせた,大型台風10号の襲来です。

仙台は,台風こそ通過することもありますが,
まさか,太平洋から「上陸」の可能性があるとは,あまり遭遇しない事態。

早い段階で,臨時休業の措置が採られることとなりました。

職員は何かあったときのため,待機していますが,
この時間を利用し,製作を進めることができました。



こんなに一気に進みました。


大体の寸法のみで,あとはミニカーや資料写真と見比べながらの仮組ですが,
なかなか悪くない感じです。

繰り返しますが,この青いのはプラダンですので,これだけの大きさになると強度が足りません。そこで,3本を組み合わせて三角柱のようにし,それで組むと劇的に剛性が改善しました。
それでも,接合部はただガムテープで貼っているだけですので,心配です。

場所を移して,ここまでの出来をチェックします。

スーパーカーらしい,低さとワイドさが次第に姿を現してきました。

なんだかワクワクします。
一応原寸大を目指しているので,現段階で全長4.2mほど,全高1.1m,全幅1.9m程度にしています。

運転席は,時間的に厳しいところですが,一応スペースを空けています。

ドアも,今は形だけですが,その気になれば開くようにできる余地を持たせるため,ドアのラインも入れてあります。


仮に運転席をつくるとしても,シートは難しいですね。人の体重を支えるものをダンボールでつくるのは,ちょっと困難すぎます。

でも,だいぶ形になったので,見通しは立ったかな?

次回,追い込み編に続きます。
Posted at 2016/09/04 11:33:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 学校関係 | 日記

プロフィール

「ブガッティにミウラ、特別な車たち....ここに居ると何かの感覚が麻痺したかのようですw」
何シテル?   08/19 22:35
vigor2000です。このたび,みんカラにてまとめていこうと思いました。よろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

ブレーキペダルの異音修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/06 22:03:38
ルーフに断熱材挿入 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/06 21:57:13
間欠ワイパーの時間調整加工 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/09/06 21:49:25

お友達

あまりまめな性分でなくて申し訳ありません。こんな私で良ければ喜んで。
43 人のお友達がいます
きとよきとよ * 杉下右京Z杉下右京Z *
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認 Z.O.E.Z.O.E.
REIZ TRADINGREIZ TRADINGみんカラ公認 HinaSaraHinaSara

ファン

46 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インスパイア 8期生「アロンダイト」 (ホンダ インスパイア)
ホンダ CC2インスパイアエクスクルーシブに乗っています。これが8台目,通称「8期生」と ...
ダイハツ ミラジーノ 軽3期生「ネル・ラ・ジーノ」 (ダイハツ ミラジーノ)
我が家で部品取りとして置いていた15万kmのミラジーノを,直して乗ることにしました。最終 ...
カワサキ エストレヤ 「エスト」 (カワサキ エストレヤ)
エストレヤの初期型になります。自動二輪免許を取得し,初めての脱原付がこれです。最初から乗 ...
ホンダ スーパーカブ50 「Azur (アズール)」 (ホンダ スーパーカブ50)
スーパーカブ50の,ちょっとしたモデルです。 ボディカラーはPB275,「セラーナブルー ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.